寝させ唄(山国町)

☆坊やは寝た 寝たよ 坊やは寝た 来なさんせ 坊やが寝た どうそいな

 団子を搗いて冷まいて 迫々上がり寄たりゃ 迫の辻に宿借る どの中を見たりゃ

 うっついほっぽがひとみょうと ばっしょいぽっぽがふたみょうと

 ばっしょいぽっぽの言うことにゃ 芦毛のねぐらが狭いとて

 莚を千枚 菰千枚 黄金の臼を搗き終えて ごろりごろり摺りよったら

 立派な坊ちゃんを摺りだした 坊やは寝た 寝たよ

 

寝させ唄(中津市金谷町)

☆隣が人と我が人と 言することを聞すれば 旅人を刺すと言すなり

 草の上の草をとり 山に山を重ねよ そりゃねんねん ねんねんよ

 そりゃねんねん ねんねんよ

※草から草冠をとると「早」、山を重ねると「出」、つまり殺される前にさっさと逃げなさい、の意味。

 

寝させ唄「おむくの父さん」(中津市金谷町)

☆おむくの父さんどこへ行った 寒田の金山 金掘りに

 金が掘れたか掘れぬやら 一年待てどもまだ見えぬ

 二年待てどもまだ見えぬ 三年ぶりの霜月に

 おむくに来いとの状が来た そりゃねんねん ねんねんよ

 おむくを遣ること易けれど 着物着替えを持ちませぬ

 下には木綿の中小袖 上には越後のお帷子

 これほど仕立ててやるほどに あとに帰ろと思やるな

 先に蓮華の花が散る あとに時雨の雨が降る

 そりゃねんねん ねんねんよ そりゃねんねん ねんねんよ

 

遊ばせ唄(中津市下正路町)

☆眉毛の殿さまが妾を連れて 花見に行ったら方々の者が 口々言うて

 無念のことをおへそが聞いて ちんちこりんが笑うた

 

遊ばせ唄(中津市下正路町)

☆開いた開いた 何の花が開いた 蓮華の花が開いた 開いたと思ったらいつの間にかしぼんだ

 しぼんだしぼんだ 蓮華の花がしぼんだ しぼんだと思ったらいつの間にか開いた

 

手まり唄(山国町)

☆紅屋のおっ母さん染物屋 立っても座ってもよう染まる 人はちらちら藍絞り

 雀の小枕こまがらせ あんどん車 水車 水がないとてお江戸行き

 お江戸の長崎腰かけて 子供衆さん 子供衆さん ここは何という所

 ここは長野の善光寺 梅と桜をあげましょか

 梅はすいすい戻された 桜はよいよいほめられた

メモ:同種の唄は全国的に唄われていたらしく、一般に「おんきょう京橋」などと呼ばれた。

 

手まり唄(山国町守実)

☆あの山の 花摘み女郎が十七八の嫁々盛り あちから頼みこちから頼み

 頼みの帯が十三四筋 一筋まいては頭の雀 紺屋のおきどでキリショが鳴いた

 どう言うて鳴いた こう言うて鳴いた すめすめこすめ 染物畑

 藍玉 小玉つき並べ つき並べ 京から船が三千下る

 そのお船の恐ろしさ 恐ろしさ

 

手まり唄(山国町中摩)

☆ひとふたまんどう まんどで十よ 十よで二十 二十で三十 三十で四十

 四十で五十 五十で六十 六十で七十 七十で八十 八十で九十

 九十で百 百で一転渡した お前さんに一点かるわせた

 

人寄せ唄(中津市下正路町)

☆鬼ごっこするもんな寄って来い来い みんな揃って寄って来いの小犬丸

 

手遊び唄(中津市下正路町)

☆火番かたここか あの山越えて この川越えて 火番ここここ ここここよ

 

人当て鬼の唄(中津市下正路町)

☆中ん中ん小坊さん なぜ腰がかがんだ 親ん日にえび食うて それで腰がかがんだ

 一皿二皿三皿の上に やいとをすえて 熱や悲しや金仏 金仏

 

つかまえ鬼の唄(中津市下正路町)

☆前のおばさんお茶飲みおいで 鬼がおって行かれません

 鬼を突きのけさっさとおいで 鬼の来ん間に豆ども拾お 鬼の来ん間にお茶ども飲もう

 

履物隠しの唄(中津市下正路町)

☆ジョリカン隠しに加たって加たらん者は 鬼踏み蛇踏み

 蛇の口踏んで あー踏みしゃいた あー踏みしゃいた

 

輪遊びの唄(中津市下正路町)

☆ろうそく心棒 ろうそく心棒 輪になって回れ 輪になって回れ

 ろうそく心棒 ろくそく心棒 輪になって開け 輪になって開け

 

雪の唄(中津市下正路町)

☆雪やこんこん霰やこんこん 子供は風ん子 大人は火の子

 雪やこんこん霰やこんこん 馬屋も背戸屋も小麦団子 小麦団子

 

冬の唄(中津市下正路町)

☆大寒小寒 こーさんかて行たら 芋似て隠した その芋どうした 犬が食うてしもうた

 

かたつむりの唄(中津市下正路町)

☆けえつうに ケツ火がついた 早うくぐらにゃ 火事になるぞ

メモ:けえつうとはかたつむりのこと。

 

蟹の唄(中津市下正路町)

☆蟹さん蟹さん まま炊けまま炊け 雨が降るのでじいじいまま炊け

 蟹さん蟹さん まま炊けまま炊け じいじいまま炊け逃がしてやるぞ

 

どんぐりコマ回しの唄(中津市下正路町)

☆まいまいどんぐり目がもうた 金谷がまうか目がまうか

 

つくしの唄(中津市下正路町)

☆つくしんぼう 出ておいで 袴をはいて出ておいで

 いつまで待っても出て来んと お前の坊主をちょん切るぞ

 

よしのみの唄(中津市下正路町)

☆よしのみ一杯 粥一杯 鍋釜売ってもよしのみゃ祝え

 よしのみ一杯 粥一杯 長々お世話になりました

 よしのみ一杯 粥一杯 ごりょんさんさよならケツねぶれ

メモ:正月十四日の夕食に米・麦・粟・小豆で炊いたごはんをよしのみといい、翌日は小正月のお祝いをする。奉公人は、藪入りを迎える明るい気持ちで唄ったものである。

 

虫送りの唄(中津市福島)

☆実盛どんはごうじんだ ごうじんだ その虫は おん供で

 アータフーケ マンプクリン エーイエーイ ワー

 

囃し唄(中津市下正路町)

☆三百間の燈明台 ひっくり返して罰金ぞ 罰金どころか懲役ぞ 懲役どころか首がない

 

火傷のまじないの唄(中津市下正路町)

☆あぶらほんけん 猫の皮 猫 七力の皮

 

からかい唄(中津市下正路町)

☆ここまでおいで 来きらんか ここまで来きらん土人形 土から生まれた藁人形

 

からかい唄(中津市下正路町)

☆泣けべそこべそ 海に行って泣いてこい

 

遊びを止めるときの唄(中津市下正路町)

☆せんこまんこ 日が暮れた