木挽き唄(山国町守実)
☆ヤーレ 親は親竹子は樋の水 親の遣る先ゃどこまでも
 (ジャラッキンジャラッキン)
☆様よ忘れた豊前坊の原で 羅紗の羽織を茣蓙とした
☆灯り障子に梅屋と書いて 客は鶯来てとまる

 

木挽き唄(山国町宇曽)

☆ハー 木挽さんとて一升飯ゃ食ろうて

 鋸と二人で金儲け(ヤーゾロッコン ゾロッコン)

☆登りゃ英彦山 下れば中津 ここが思案の朝日橋

☆木挽さん帰るかと 鋸の柄にすがる 離せまた来る秋山に

 

こば出し唄(山国町宇曽)

☆さあさ始まり山師のコバじゃヨ 拍子は揃うてドンとゆこかヨ

 (ヨイトーンコーリャ ヨイトーンコーリャ)

☆ここが難儀の峠の茶屋ぞ 一寸ずつでも十曳きゃ百尺ぞ

☆正月十五日にゃ花餅あげて 持ちゃげて曳くのが人力車

メモ:伐り倒した木材を集材地まで曳きずって運ぶ際に唄ったもの。

 

どうづき唄(本耶馬溪町落合)

☆わしがヨー 出します(アーヨイコラショイト) 藪から コリャ笹を(ハーヨイヨイ)

 つけておくれよ(ソリャヨーイヨーイヨーイトナ) ドッコイ

 (アレワイサーコレワイサー ヤンハットナー)

メモ:地形唄。

 

どうづき唄(中津市伊藤田)

☆梅とナー 桜を(ヨイヨイ) 両手にマ 持ちて どちがナー 梅やら桜やら

 (ソラヨーイヨーイヨーイトナ アリャンリャーコリャンリャー リャンリャートセー)

☆わしが 出します やぶから 笹を つけて ください短冊を

☆わしが 百まで あんた 九十九まで ともに 白髪の生えるまで

メモ:地形及び池普請で唄った。

 

石刀唄(山国町草本金山)
☆様を持つなら川越しにゃ持つな 水に降る雪たまりゃせぬ
 (アーチンカポイ チンカポイ)
☆あんた正宗わしゃ錆び刀 あんた切れてもわしゃ切れぬ
メモ:草本金山で唄われたが現在は閉山しており、伝承者もごく僅かであると思われる。

水引き唄(山国町草本金山)
☆草本金山ヨ かねつく音はヨ 聞こえますぞえ守実にヨ
☆あなた鉱夫でわしゃ水引きで 同じ山にて苦労する
☆鉱夫女房にゃなれなれ妹 米の飯食うて楽をする
☆花の草本まわりの山は ここもかしこも金が出る
☆唄じゃ小屋川仕事じゃ吉野 花の草本御所どころ

道中唄「山行き小唄」(山国町)
☆様が来たじゃろヨー 上野の春にヨー 駒のいななく鈴の音ヨー
☆駒は七匹 馬方一人 駒の沓打つ暇はない
☆わしとお前と立てたる山を 誰が切るやら荒らすやら
☆逢うて話しましょ小松の下で 松の葉のよにこまごまと
☆思うて通えば千里が一里 逢わで帰ればまた千里
☆富士の山ほど登らせおいて 今は釣瓶の逆落とし
☆花の奥谷流れちゃならぬ 植えた木もありゃ花もある
メモ:秣刈りなどのために馬を連れて山に行くときに唄った道中唄。

 

駄賃取り唄(耶馬溪町川原口)

☆ハー 駄賃取りちゃあヨーホー 聞く名も恋しヨー

 いつも小銭の 絶えがないヨー

☆わしのスーちゃんの 引かしゃる駒は 紺の前だつ 白の駒

☆白の駒引く あの馬子さんに 契こめたぞ 深々と

 

青海苔とり唄(中津市)

☆何の因果やでヨー 青海苔取りゅなろうたヨー(寒の師走も川の中ヨー)

☆七つ下がれば わしが目は見えんぞ(鳥を殺したそのとがか)

☆思い出しゃせんか 泣きゃせんか殿御(思い出しもせにゃ泣きもせぬ)

☆今朝の寒さに 笹やぶ越えて(笹の露やら涙やら)

☆恋し小川の 鵜のとりょ見やれ(鮎をくわえて瀬をのぼる)

☆浅い川じゃと 小褄をからげ(深くなるほど帯をとく)

☆沖のかもめに 潮時ゅ問えば(わたしゃ立つ鳥波に問え)

☆波に問うのは いとやすけれど(沖の白波ゃもの言わぬ)

☆沖のとなかに お茶屋を立てて(上り下りの船を待つ)


ものすり唄(山国町)
☆アー いちぜ後家でも塩売ゃするな どこの角でもしおしおと
☆一夜泊りとうちゃ言うて出たが どこの小女郎が泊めたやら
☆臼はすれすれ すりにこ来たよ 小言こまごと聞きにゃ来ぬ
☆わしとあなたのこのよい仲を 誰が横槍ゅ入れたやら
☆私ゃあなたに千夜の願い 千夜叶わにゃただ一夜

ものすり唄(中津市東浜)
☆アー今晩来れん臼ぁ 身持ちでないかヨ(アラヨイヨイ)
 中の白いのが粉でないかヨ(アラギッコンギッコン)
☆わしが心と大奥山は 他に木はない松ばかり
☆様は三夜の三日月様で 宵に見初めて見たばかり
☆好いて好き合うて行く子の縁よ 親のやるのは無理な縁

 

臼すり唄(耶馬溪町深耶馬)

☆臼はすれすれすりこに来たよ 臼はやめまい夜明けまで

 やめまい臼は 臼はやめまい夜明けまで

☆思うて来たのに去ねとは何か 秋の田をこそ稲と言う

 田をこそ稲と 秋の田をこそ稲と言う

☆思うて七年通うたが五年 そばに添い寝がただ一夜

 添い寝がそばに そばに添い寝がただ一夜

☆恋の小刀身は細けれど 切れて思いは太うござる

 

臼すり唄(山国町中摩)

☆臼をすり来たすらせてヨーイ おくれ(ヨイヨイ) 尾越え山越えヨーイ 来たほどに

☆尾越え山越え草踏み 分けて 茅じゃ足ゅ切る その痛さ

☆臼は石臼やれ木は 堅木 臼の元ずりゃ お染さん

 

臼すり唄(山国町宇曽)

☆臼はナー 石臼やれ木は堅木 そばにいるのがエー 忍び様

 アーすれたなすれたな そばに そばにいるのが忍び様

☆臼の 元ずりゃなりふりゃいらぬ 襷つめかけ 引き回せ

 すれたなすれたな 襷 襷つめかけ引き回せ

☆臼は 引きゃまう引かねばまわぬ 引かでまうのは 風車

 すれたなすれたな 引かで 引かでまうのは風車

☆好かぬ 男がまた来て失せた 破れアシナカの 音がする

 すれたなすれたな 破れ 破れアシナカの音がする

 

臼すり唄(山国町槻木)

☆お月ゃ山端にヨー 操の鑑ヨー 私ゃ手桶の水鏡ヨー

☆臼をすり来て すらん様帰れ 臼の音も立ちゃ腹も立つ

☆重い義理じゃ とさす盃は 中は御酒やら涙やら

 

臼すり唄(中津市福島)

☆お寺に参りょかナ 臼すりござれヨ 二升と三升すりゃ後生になるヨ ギッコンギッコン

☆声はすれども 姿は見えぬ 主は深野のきりぎりす

☆わしが死んでから 誰が泣いてくりょか 裏のお山の蝉が鳴く

 

臼すり唄(中津市東浜)

☆ハわしの心とナ 大貞山はヨ(アラヨーイヨイ) ほかに木はない松ばかりヨ(アラギッコンギッコン)

☆腰の痛さよこの田の長さ 四月五月の日の長さ

☆惚れて通えば千里が一里 逢わず帰ればまた千里

☆様は三夜の三日月様か 宵に来初めてすぐ帰る

 

田植唄(山国町)
☆一つ出しましょか藪から笹をヨー ヨイトナー つけておくれよ短冊を
☆様と植えたる前田の稲は 丈に六尺穂に五尺
☆腰の痛さにこの田の長さ 四月五月の日の長さ

田植唄(山国町槻木)
☆坊さん忍ぶにゃ闇がよい ア月夜には 頭がぶーらりしゃーらりと
 コチャ 頭がぶーらりしゃーらりと コチャヤレコチャヤレ
☆お前さんの物が太いとて 彦山の

 講堂の柱にゃなりゃすまい 講堂の柱にゃなりゃすまい

 

田植唄(山国町槻木)

☆腰の痛さやこの田の長さ はやくこの田が終わりゃよい この田がはやく

 はやくこの田が終わりゃよい(トコサイサイ)

☆わしが唄えば栄耀じゃとおしゃる 栄耀じゃござらぬ苦のあまり

 ござらぬ栄耀じゃ 栄耀じゃござらぬ苦のあまり

 

田植唄(山国町平小野)

☆田植小話ゃナ 田主の(ソレソレ) 嫌いヨーヨイヨナ(唄うて植えましょしなやかに)

 アイサ植えましょナ 植えましょ(ソレソレ) 唄うてナーヨイヨナ

 (唄うて植えましょしなやかに)

☆唄いなされよお唄いなされ (唄は仕事のはかがゆく)

 仕事の 仕事の 唄は(唄は仕事のはかがゆく)

 

田植唄(山国町宇曽)

☆田植小話ゃ田主が嫌う(ハーヨイトナー) 唄うて植えましょしなやかに

 (唄うて植えましょしなやかに ハーヨーイナー)

☆唄うて植えたる前田の稲は 秋にゃ黄金の穂が稔る(秋にゃ小金の穂が稔る)

 

田植唄(中津市福島)

☆腰の痛さよナー この田の長さヨ 四月五月のナー 日の長さヨ(ヨイショヨイショ)