座興唄「大津絵」(中津市)
☆中津名物水道の水に 遅うなりゃお嬶が八百屋の焼饅頭 蕎麦が太平で
 醤油が佐田屋 酒は貝屋の白酒で 医者が村上 役者が托原で ほしゃが渡辺
 伯楽東浜 湯屋ネブカ 相原大根に小松の胡瓜に 宮永かぼちゃ 島田蓮根
 蛎瀬の一分餅 出小屋の三角 小祝姐さんざっこいらんか つばなつばな
 金谷女に下辺男鏝は桜町 風の吹かぬにお鼻が落ちました
☆中津近くに名高いものがある 大貞放生会に八日羅漢 お取越は十月四日市
 宇佐の万灯篭で約束し 内を抜け出でただ一人 餅は久々姥の川端で
 雨は降り出す 笠町じゃなけれども 濡れて富永 植野で暮れて 風呂敷の着物
 着替えるそのうちに 犬丸さんからピヨピヨ吠えられ 堅い私が助平となりました
メモ:端唄「大津絵」の替唄。盆踊りの「大津絵」とは字脚が異なっている。

座興唄「そよそよ風」(山国町)
☆そよそよ風に誘われて 裾もホラホラ 歩み行く
 (ソラ ヨイヨイヨイ ヨイトサー)
☆そら舞いまする 舞いまする 空を燕が舞いまする
メモ:同種の唄は玖珠郡でも唄われていたようである。

座興唄「コチャヤレ節」(山国町町)
☆ぼんさん忍ぶにゃ闇がよい 月夜には アラ 頭がぶうらりしゃあらりと
 コチャ 頭がぶうらりしゃあらりと(コチャヤレ コチャヤレ)
☆お前待ち待ち蚊帳の外 蚊に食われ 七つの鐘の鳴るまでは
 七つの鐘の鳴るまでは
メモ:端唄「コチャエ節(お江戸日本橋)」である。佐伯市の堅田踊りでも同種の唄が唄われている。

 

座興唄「彦山節」(耶馬溪町深耶馬)

☆僕のおものが太いとて コリャ彦山の 講堂の柱にゃなりゃすめえ

 コリャそっちにゃ寄れ こっちにゃ寄れ

☆私のおものが広いとて 吉岡の 洗濯だらいにゃなりゃすめえ

 そっちにゃ寄れ こっちにゃ寄れ

 

座興唄「なっちょらん節」(三光村諌山)

☆青島よいところと誰が言うた 後ろハゲ山 前は海 ドッコイショー

 尾のない狐が出るそうな 僕も二三度 だまされた ナッチョラン

メモ:全国的に流行した「青島節」だが、諌山で唄われたものは山村豊子のレコード同様、上の句の節に「奈良丸くずし」「大正節」の名残がある。ラッパ節からの改調の過程が垣間見えて大変興味深い。

 

座興唄「どんどん節」(三光村諌山)

☆酒はもとより好きでは飲まぬ 逢えぬ辛さに自棄で飲む

 止めておくれよ自棄酒ばかり 弱い体を持ちながら 後の始末は誰がする ドンドン

メモ:全国的に流行した新ドンドン節。