盆踊り唄「千本搗き」(耶馬溪町柿坂) <77・77段物>

☆あーら嬉しや坪借りました(ハーアレワイサッサー コレワイサ)

 みんなどなたもヨ しっかりしゃんと踊れヨ

 (アー揃うた揃うたよ足拍子手拍子よ アレワイサッサーコレワイサ)

 ホイ(ヨーイトナ)

☆盆のナー 踊りも由来がござる(ハーアレワイサッサー コレワイサ)

 昔ナー 古事記の御釈迦の時代ヨ(

 (ヨーイトセーノヨーイヨナ アレワイサッサー コレワイサ) ホイ(ヨーイトナ)

☆釈迦の御弟子の数ある中に(ハーアレワイサッサー コレワイサ)

 あるがナー 中にも目連尊者ヨ

 (アー御弟子の目連尊者よ アレワイサッサー コレワイサ) ホイ(ヨーイトナ)

メモ:耶馬溪地方における盆踊りの最初と最後は必ず「千本搗き」である。伊勢音頭の転用であり、同種の盆踊り唄は玖珠郡や日田地方に広く伝わっている。踊り方はごく易しく、全域でほぼ同じ踊り方をするが、うちわをくるくると翻しながら踊る地域もあれば、ただ振り上げる地域もあるようだ。柿坂では長囃子が自由奔放で、基本のヨーイトセーノヨーイヨナ…以外にも、音頭の下の句の返したり、即興で「みんなどなたもよう来てくれた…」と囃すなど、そのときどきで好きに囃している。

 

盆踊り唄「千本搗き」(山国町、耶馬溪町) <77・77段物>

☆千秋ヨー 万歳 地はこのたまり(ヤハレワイサ コレワイサ)

 踊りサー 納めし ただ今ここに(ヨイトセノ ヨイヨナ

 ハレワイサ コレワイサ ホイ ヨイトナ)

☆千秋万歳から傘たたむ わしが音頭もこの口限り

 

盆踊り唄「坪借り」(三光村小袋) <77・77段物>

☆東西南北おごめんなされ(アレワイサー コレワイサー)

 しばしナーワ 間は坪貸しなされヨー(アヨーイトセーノ ヨーイトナー

 アレワイサー コレワイサー ヨホホーイトナー)

☆坪は借りても持ちては行かぬ 坪を借りたるその御礼にゃ

メモ:「坪借り」というのは、初盆の家の庭で盆踊りをしていたときに、最初にこの踊りを踊ったことから来た呼び名である。千本搗きと同一。

 

盆踊り唄「祭文」(本耶馬溪町西谷) <77・75切口説>

☆やろなやりましょな さえもんやろなコラサノサ

 (ヨイショヨイショー) さえもん踊りは ナント品がよい

 (ソラヤレ ソラヤレ ヤートヤンソレー)

☆竹に短冊 七夕さまよ 思い思いの歌を書く

メモ:本耶馬渓町西谷の祭文は耶馬溪町の祭文によく似た節だが、こちらの方がより、鶴崎踊りの節に近くなっている(はずんだリズムだが)。こちらは中囃子の「ヨイショヨイショー」を耶馬溪町の倍のばす。またお囃子の末尾「ヤートヤンソレー」が1呼間短くなっているので次の文句の頭となめらかにつながるようになっている。また踊り方は耶馬溪町・山国町のものとは違っていて、両手を前後に振り分けて上げ下げするところには宇佐地方の「レソ」の踊り方の影響が感じられる。或いは、本耶馬溪屋形地区で踊られる「レソ」もこれと同じ踊り方かもしれない。

 

盆踊り唄「祭文」(耶馬溪町金吉) <77・75切口説>

☆待つがよいかよ 別れがよいかホホンホー (ヨイショヨイショ)

 嫌なヨーサ別れを チョイト待つがよい

 (ソラヤレ ソラヤレ ヤートヤンソレサ)

☆色で売り出す西瓜でさえも 中にゃ苦労の種がある

メモ:耶馬溪町・山国町の祭文は、踊り方には大きな地域差は見られない。基本的に円心向きで、前後に体重移動して左右にうちわを振り、円心を向いて手拍子を打つような踊り方で、ごく易しいがおもしろく人気が高かったようだ。この踊り方は耶馬溪地方の盆踊りによく見られるもので、トコヤン、ネットサ、米搗きなどの踊りの基本になっている。

 

盆踊り唄「祭文」(耶馬溪町深耶馬) <77・75切口説>

☆やろなやりましょな さえもんぬやろなコラサノサ

 (アヨイトヨイト) どうせヨー さえもんな気の浮く踊り

 (ソラヤレ ソラヤレ ヤートヤンソレサ)

☆わしが若い時ゃ吉野にゃ通うた 吉野小草を踏みなびかせた

○サーエー 夕立ゃ降っちくる むしろ干がぬれだす

 せなん子が泣き出す 団子汁あ煮えつくコラサノサ

 (アヨイトヨイト) おどまどげしちぇいいやら 手はつかぬ

 (ソラヤレ ソラヤレ ヤートヤンソレサ)

 

盆踊り唄「祭文」(耶馬溪町柿坂) <77・75段物>

☆やろなやりましょな さえもんのやろなコラサイノサイ(アヨイショヨイショ)

 どうでナーヨー さえもんな気の浮く踊り

 (ソラヤレ ソラヤレ ヤートヤーソレサ)

☆わしがみたよな 不調法なガキが 話出したがもし行かれずば

 

盆踊り唄「祭文」(耶馬溪町下郷) <77・77段物>

☆やろなナッサー やりましょな さえもんで舞おなホホンホー

 (ハヨイショヨイショ) どうでナッサー

 踊りはさえもんでなけりゃ (ソラヤレソラヤレ ヤットヤンソラエ)

 

盆踊り唄「祭文」(山国町草本) <77・77段物>

☆お菊口説を あらましやろかホホイホイ

 (アヨイショヨイショ) さあさこれから口説にかかる

 (ソラヤレ ソラヤレ ヤートヤンソレサ)

☆国は播州 姫路の御城下 波も寄せ来る大浜町で

 

盆踊り唄「祭文」(山国町守実) <77・75切口説>

☆やろなヨーやりましょな さえもんやろなホホンホー

 (ハヨイショヨイショ) 今日び流行のさえもんやろな

 (ソラエヤ ソラエヤ ヤットヤンソレサイ)

☆中津十万石 おどいもんなないが おどや垂水のエビが淵

※おどい=怖い おどや=怖いなあ

 

盆踊り唄「レソ」(本耶馬溪町屋形) <77・75切口説>

☆レソを踊るなら 品よくしゃんとコリャサノサ レソはヨー

 (アドッコイドッコイ) ア踊りようじゃ品がよい

 (ト レソーヤ レソーヤ アトヤンソレサ)

☆ソリャー来たのは 姉ちゃん誰か 弟馬鹿言うな猫じゃもの

メモ:耶馬溪地方においては、大抵この唄を「祭文」と呼んでいるのに対して矢形では「レソ」と呼んでいる。「祭文」を「レソ」と呼ぶのは宇佐地方である。名前だけではなく、耶馬溪地方の「祭文」では上の句と下の句の中間に囃子が入るのに対して、この場合は下の句3字目の後に囃子が入っている。これも宇佐地方の「祭文」、つまり「レソ」の特徴である。矢形は宇佐地方に隣接しているので、恐らく宇佐からいろいろな盆踊りが伝わったのだろう。

 

盆踊り唄「マッカセ」(中津市伊藤田) <77・77・77段物>

☆マカセマカセをコラ しばらくやろな(ソレマッカセマカセ)

 わしが音頭よ(アヨイショヨイショ) 囃子でしまる

 (ドッコイドッコイドッコイ) 誰もどなたもお囃子しゃんと

 (ヤートハレハレ イシャノエー)

☆鈴木主水と出かけてみましょ 花のお江戸のそのかたわらに

 聞くも珍し心中話

メモ:宇佐地方から伝わったと思われる。現在中津では踊られていない。

 

盆踊り唄「マッカセ」(三光村下深水) <77・77・77段物>

☆ここに哀れな心中話(ソレマッカセマカセ) 所 ヤッコラ

 どこよと(イヤホイ) 尋ねてきけば(ドッコイドッコイドッコイ)

 所四谷の新宿町よ(ヤートハリハリ ヤーノエー)

☆紺の暖簾に桔梗の紋は 音に聞こえし橋本屋とて

 数多女郎衆のあるその中に

 

盆踊り唄「マッカセ」(三光村森山) <77・75切口説>

☆マカセ踊りを習いたきゃござれ(ソレマッカセマカセ)

 マカセ踊りをノヤ(ハーイヤホイ) 習いたきゃおいで

 マカセ踊りを(ドスコイドスコイ) 習いたきゃ教えよ(ヤートハレハレ ヤーノエイ)

☆盆の十六日踊らぬ者は 猫かネズミか ナントもぐらもち 猫がネズミか ナントもぐらもち

 

盆踊り唄「マッカセ」(本耶馬溪町樋田) <77・75切口説>

☆わしが出します薮から笹を(アマッカセマカセ) つけてコリャ

 おくれよ(アヨイショヨイショ) 短冊を つけておくれよ

 (ヨーンデ短冊を)

☆西へ西へとお月も星も さぞや東はさみしかろ さぞや東は(さみしかろ)

メモ:下の句の後半5文字を囃子が取っている。おそらく「ヤットハリハリ…」の囃子も元々はあったのだろうが失われたのではないだろうか。踊り方は宇佐市法鏡あたりのものとそっくりで、うちわを高いところで回すところなど宇佐地方の踊りの特徴を色濃く残している。易しいしおもしろいので今でも人気が高く、小学生などにもよく親しまれているようだ。

 

盆踊り唄「マッカセ」(本耶馬溪町西谷) <77・75切口説>

☆わしがナー 出しますコラサー 薮から笹を(アマッカセドッコイショ) つけてコリャコリャ

 おくれよ(アヨーイソラ) ナント短冊を つけておくれよ エーサ短冊を

☆西へ西へとお月も星も さぞや東はさみしかろ さぞや東はさみしかろ

メモ:西谷のマッカセは、宇佐地方のマッカセに節回しが近い。おもしろいのは「ヤットハリハリヤーノエイエイ」の囃子を捨ててしまって、下の句の末尾「エーサ短冊を」と終わったらそのまま別の音頭取りが「西へヨー」と唄い始める点である。各節の頭をやや食い気味に唄い始めるために下の句の末尾と微妙に重なることがある。一人の音頭取りがずっと唄うのではなく、必ず2人以上の音頭取りが順繰りに唄っていく。西谷のうち下組では、特定の音頭取りさえ置かずに、踊りの輪に入っている人が踊りながらに順々に唄い継いでいくが、これは初盆の家の庭を廻って踊っていた頃の名残と思われる。

 

盆踊り唄「マッカセ」(耶馬溪町城井) <77・75切口説>

☆マカセ踊りを習いたきゃござれ(マッカセマカセ) わしがコリャ

 世話して(ヨイヨイ) ソラ教えましょ わしが世話して

 (ヨンデ教えましょ ナントハレハレ ナントドッコイドッコイ)

メモ:下の句後半を囃子が取った上に、ナントハレハレ…も残っている。下の句を囃子が取るのは「さっさ」と同様の特徴。城井のマッカセは本耶馬溪町のものとは踊り方は全く異なり、安心院町や院内町のマッカセに大変よく似ている。安心院町あたりではいちいち継ぎ足で踏み替えて踊るのに対して、城井では継ぎ足をせずにゆったりと踊る。

 

盆踊り唄「マッカセ」(耶馬溪町深耶馬) <77・75切口説>

☆待つがよいかよ別れがよいか(マッカセマカセ) 嫌な別れよ

 (ソリャヨイヨイ) ナント待つがよい(ハレハレヤットエー)

メモ:深耶馬渓の「マッカセ」は、唄自体は玖珠地方からの伝来と思われる。踊り方は耶馬溪地方の祭文に似ている。手数が少なく易しいので、今も盛んに踊られている。

 

盆踊り唄「マッカセ」(山国町) <77・75切口説>

☆マカセ踊りにわしゅかてなされ(マッカセマカセ) わしもこの頃

 (ヨイヨイ) ヤンサ習うてきた 習うてきた

 (ヤットハレハレ ナントドッコイドッコイ)

メモ:山国では廃れつつあるが、一部の集落に残っているようだ。

 

盆踊り唄「二つ拍子」(本耶馬溪町西谷) <77・77段物>

☆二つ拍子は二人でなけりゃ(アラサイコラサイ)

 一人音頭じゃ踊られませぬ(アヨーイヨイトナー)

☆わしが出します薮から笹を つけておくれよこの短冊を

メモ:本耶馬溪では、「マッカセ」と「二つ拍子」「祭文」がよく踊られる。ごく簡単な踊り方で、小学生にもよく親しまれているようだ。「レソ」や「トコヤン」などが残っているところもある。曽木地区には「サイコロサイ」という踊りもあったそうだが踊れる人が少なくなり、近年はほとんど踊らないとのこと。西谷の「二つ拍子」は、上の句の頭を少し伸ばし気味にしているが、節回しは西国東の「杵築踊り」や速見の「六調子」などと同種である。

 

盆踊り唄「二つ拍子」(耶馬溪町深耶馬) <77・77段物>

☆ハー 二つ拍子は二人でなけりゃ(アラサイコラサイ)

 一人音頭じゃ踊られませぬ(アヨーイ ヨイトナー)

メモ:現在、深耶馬溪では全く踊られていない。院内町あたりから入ってきた踊りだろう。

 

盆踊り唄「ヨーイヤナー」(三光村下深水) <77・77段物>

☆ここに哀れな巡礼口説(アラサイコラサイ)

 所どこよと尋ねてきけば(ヨーイ ヨーイヤナー)

☆阿波の鳴門の徳島町よ 主人忠義な侍なるが

メモ:西国東の「杵築」が伝わったものと考えられるが、現在は踊られていないと思われる。

 

盆踊り唄「ヤンソレサ」(中津市伊藤田、三光村成恒) <77段物>

☆先の音頭さんな 京都な江戸な(ヤーンソーレヤンソレサ)

☆大阪下りは 新太夫さんか

メモ:西国東の「ヤンソレサ」が伝わったが、曲の前半若しくは後半が失われたと思われる。耶馬溪地方の「六調子」と同種の唄である。

 

盆踊り唄「ヤンソレサ」(本耶馬渓町今行) <77段物>

☆大輪できれば音頭にかかる(ヤーンソーレ ヤンソレサ)

☆どうせヤンソレサにゃイレコが薬

☆誰かどなたかイレコを頼む

○おっさん待ちないちょい止めた ヤンソレ踊りのイレコなら 私が一丁いれやんしょ

 ちょうど去年の盆じゃった 私が踊りに来る道に 豆腐が半丁あえちょって

 しくしくしくしく泣きおった ほんとにしくしく泣きおった なんで泣くかち聞いたなら

 そんまた豆腐の言うことにゃ もとのお豆にわしゃなりたいと(ヤーンソーレ ヤンソレサ)

 

盆踊り唄「六調子」(本耶馬溪町東谷) <77段物>

☆みんなお好きな 六やりましょな(ハヨーヤサヨンヤサ)

☆六でなけらにゃ 子供衆ゃひやけ

 

盆踊り唄「六調子」(耶馬溪町下郷・深耶馬、山国町) <77段物>

☆しばし間は六さんでまおな(ヨーヤーセ ヨーヤーセ)

メモ:広く踊られていたようだが、比較的踊りの手数が多いため近年敬遠されつつあるようだ。踊り方が数種類あり地域によって異なるが、いずれもうちわを叩きながら輪の方向に進み、内側を向いて片足ずつ浮かせながらうちわを叩き、出たり戻ったりしながらまたうちわを叩くような踊り方。下郷や山国町のものはやや複雑で覚えにくいが、柿坂や深耶馬のものはそう難しくはない。

 

盆踊り唄「六調子」(耶馬溪町柿坂) <77段物>

☆みんなどなたも踊りておくれ(アーヨーヤーセ ヨヤーセ)

☆合えば義経千本桜(アーヨーヤーセ ヨヤーセ)

☆合わにゃ高野の石堂丸よ(アーヨーヤーセ ヨヤーセ)

☆みんなどなたも踊りておくれ(アー今年最後の踊りじゃ)

☆こよやよい晩嵐も吹かで(アーみんなどなたもよう来たね)

メモ:普通は同一の節を延々と繰り返して唄うので単調になりがちだが、柿坂では奇数節と偶数節とで節の入りを上り調子と下り調子とに分けており、それなりに変化を持たせて唄っている。また、柿坂では各節頭3字が3連符に近くなっており、下郷や深耶馬よりもややテンポが速い。

 

盆踊り唄「六調子」(三光村臼木) <77段物>

☆哀れなるかや石堂丸は(ヨーヤナ ヨヤナ)

☆父をたずねて高野へあがる(ヨーヤナ ヨヤナ)

メモ:臼木の六調子は、本耶馬渓町柿坂のものと同様に2種類の節を交互に唄っている。太鼓などの鳴り物を一切使わない。囃子が「ヨーヤナヨヤナ」と唄い終わらないうちに、食い気味に音頭取りが唄い出すこともあり、間合いが一定ではない。しかし太鼓も使わないし、踊りも唄と踊りがずれていく踊りなので全く問題なく進んでいく。踊り方は耶馬溪町のものよりもずっと簡単で、子供でも簡単に踊れる。

 

盆踊り唄「三勝」(耶馬溪町下郷、山国町) <75調イレコ>

☆信州信濃の蕎麦よりも(ドスコイ) いつも変わらぬ親の側(ドスコイ)

 さて名物は一の谷(ドスコイ) 無官の太夫敦盛は(ドスコイ)

 道にて敵を見失い(ドスコイ) 御座船にはせ着いて(ドスコイ)

 父経盛に身の上を(ドスコイ) 告げ知らす事もありと(ドスコイ)

 須磨の磯辺に出でられしが(ドスコイ) 船一艘もあらざれば(ドスコイ)

 詮方なしに駒を乗り入れ(ドスコイ) 沖の方へぞ打たせ給う(ドスコイ)

 かかる所へ後ろより(ドスコイ) 駒を早めて追いかくる(ドスコイ)

 熊谷手打ちの敦盛や(ドスコイ) 紀の国蕎麦や銭がんどう(ドスコイ)

 そばに居ながら知りもせず(ドスコイ) 晦日蕎麦の運強く(ドスコイ)

 わしの好きなは主の側(ヤーンソーレ ヤンソーレサー)

メモ:「三勝」は大野地方などにかなり広く伝わっているが、耶馬溪周辺のものは大野地方のものとはかなり異なっている。7・5の入れ子を繰り返して口説く。下郷地区内でも樋山路と大島では踊り方が少し異なり、山国町のものもまた異なる。手数の少ない踊りの多い下毛地方においては、比較的手が込んでいる。

 

盆踊り唄「三つ拍子」(耶馬溪町山移) <77・77段物>

☆やろなやりましょな三つ拍子やろな

 どうせ踊りは三つ拍子限る(アヨイソレナー ヨイヨイ)

☆花のお江戸のそのかたわらに さても珍し人情口説

メモ:耶馬溪地方では「千本搗き」で踊り始めて、2番目にこれを踊ることが多い。これは院内・安心院地方の「三つ拍子」や山香・大田の「豊前踊り」と同種の唄である。踊りは千本搗きとよく似ているが、途中で後ろに数歩戻り、数歩進んで右足で地面を叩く所作(下駄で音を鳴らす意味があると思われる)が加わっている。よく注意して観察すると、後ろに下がって前に出て行くところなど山香の「豊前踊り」とずいぶん共通するところがある。ところで、耶馬溪地方の踊り方の特徴として3歩以上戻ったり進んだりするときは、膝をほとんど曲げずに体を揺らしながらナンバ歩きをするのがおもしろい。しかしこの歩き方はなかなか難しく、近年は普通の歩き方で踊る人も多いようだ。節は19呼間で踊りも19呼間なので、本来は唄と踊りの頭が揃うものだったと思うが、中囃子がなく、息継ぎの関係で上の句の後に1呼間程度、間を置く唄い方をする人が多い。そうなると唄と踊りがずれていくのだが、この地方の踊りは一列にそういったものばかりなので、全く気にする人もないようだ。

 

 

盆踊り唄「三つ拍子」(耶馬溪町柿坂) <77・75切口説>

☆アー河童祭りの音頭のよさよ コラマー

 山の河童もナント 勢ぞろい(アヤンソレナー ヨーイヨイ)

☆秋の化粧したうつくし谷は 紅葉色づく 夢のさと

メモ:柿坂の三つ拍子は頭3字が3連符に近くなっている。おそらく、この唄は本来段物をやっていたと思うのだが、この地方は段物が下火になっており「鈴木主水」や「阿波の鳴門」などが伝わるのみで、一口小唄の方が盛んになっている。

 

盆踊り唄「三つ拍子」(耶馬溪町樋山路) <77・75切口説>

☆花が散りても繋がにゃならぬ コラサーンア

 中津殿様 ナント 御用の駒(アーヨイソレナ コラヨーイヨイ)

 

盆踊り唄「三つ拍子」(山国町守実) <77・75段物>

☆あんりゃあんりゃ言うて後にゃ引きなされ コラサー

 後にゃ引いたならお手打ちなされ(アーヨイソレナ コラヨーイヨイ)

☆しばし間は端唄で流す コラサー

 しばし間は端唄で流そ(アーヤンソレナ コラヨーイヨイ)

☆待つがよいかよ別れがよいか コラサー

 嫌な別れよ チョト 待つがよい(アーヤンソレナ コラヨーイヨイ)

 

盆踊り唄「三つ拍子」(耶馬溪町金吉) <77・75切口説>

☆裏の窓からカニの足投げた コラサ

 今宵這おとの ホント知らせかな(ヨイソレナー ヨイソレナ)