盆踊り唄「さっさ」(本耶馬溪町落合) <77・75切口説>

☆ア 今宵ハンハー よい晩サー 嵐もヨーホーホンハ(ショイ)

 ヨホホンナー 吹かぬ(ショイショイ) ヤッコラセー 梅の

 チョイトチョイト 梅のヨホホイ(小枝もヨー ホン折りよかろ)

☆梅の小枝を折りかけおいて あとで あとで(咲くやら咲かぬやら)

メモ:かつては耶馬溪地方で広く踊られたようだが、節回しが難しい上に踊りが揃いにくいので、廃れてきている。下の句を途中から囃子が取っているが、これは耶馬溪地方の盆踊り唄の特徴で、「マッカセ」なども同様。

 

盆踊り唄「さっさ」(本耶馬溪町樋田) <77・75切口説>

☆秋のヨー 耶馬渓はおしゃれな ヨホホーンオ(ショイショイ)

 ヨーホンホーリャ ところ(ショイショイ) ヤットコリャセー

 山はホント チョイト 山はヨンオー(もみじでヨー 化粧する)

☆わしが思いは大貞山よ ほかに ほかに(木はない松ばかり)

 

盆踊り唄「さっさ」(耶馬溪町城井) <77・75切口説>

☆一つヨホホー 出しますはばかり ヨホホー(コリャコリャ)

 ヨホホンホー ながら(サッサ) ヤーコラサーノサノ 唄の

 チョイト 唄のヨホホイ(文句はヨー 知らねども)

メモ:昔、城井地区では「マッカセ」と「さっさ」が特によく踊られていた。しかし「さっさ」は踊りを揃えにくいので敬遠され、長い間踊られていなかった。耶馬溪地方の盆踊りは基本的に無伴奏なので、音引きが多いこの唄を音頭と囃子が息を合わせて唄うのは、確かに容易いことではないだろう。城井の「さっさ」は、手数はごく少ないものの、ほかの踊りには見られない独特の踊り方である。腰を折り曲げて左手をかざし、右手を左に差しながら上体をねじまげて左側を覗き込むような所作がおもしろく、簡単だがなかなか優美で近隣地域でも評判だったようだ。地元住民にもこの踊りを惜しむ声があったらしく、平成20年頃よりこの踊りを復活させようという機運が高まっている。

 

盆踊り唄「寿司押し」(耶馬溪町下郷大島) <77/75切口説>

☆押そな押しましょな 鯛の寿司押そなヨ

 (トコヤンサガヨイヨイ ヤンサガヨイヨイ)

☆鯛は高うつく鯖の寿司押そな

メモ:近隣の「トコヤン」と同一である。「トコヤン」あるいは「寿司押し」のうち、1つの文句が2節にまたがっているものは、本来の曲の後半が失われたものと思われる。(曲の前半のみが残っている)

 

盆踊り唄「トコヤン」(耶馬溪町下郷奥の鶴) <77・75切口説>

☆もはや夜更けに ヤレサン 相成りましたヨ(トコヤンソラヨイヨイ ヤンソラヨイヨイ)

☆次の手拍子で 千本搗きやろな

 

盆踊り唄「寿司押し」(山国町) <77・75切口説>

☆押そうな押しましょな 鯛の寿司押そな (トコセーヨイヨイ)

 鯛は高うつく ヤレサン 鯖ん寿司押そなヨ

 (トコヤンサガコイコイ ヤンサガコイコイ)

 

盆踊り唄「トコヤン」(耶馬溪町山移) <77/75切口説>

☆やろなやりましょな 手叩きサやろな(トコヤンサガヨイヨイ)

☆どうせ踊りは手叩きサ限るヨ

※手叩きサやろな…とは、トコヤンの振りの中に何度も手拍子が出て来るから。手拍子を打ちながら左右に小さく移動し、あとは祭文と同じ。易しいがおもしろく、人気があるようだ。

 

盆踊り唄「トコヤン」(耶馬溪町津民) <77/75切口説>

☆待つがよいかよ ドッコイサン 別れがよいかナ(トコヤンサガヨイヨイ)

☆嫌な別れよそりゃ待つがよい

 

盆踊り唄「トコヤン」(耶馬溪町柿坂) <77・77段物>

☆ちょいと待ちなれ 姉さん 手叩き踊りヨ(トコヤン ソラヨイヨイ)

☆今夜よい晩 ドッコイサン 観音さん踊りヨ(トコヤン ソラヨイヨイ)

☆様は三夜の 三日月様かヨ(トコヤン ソラヨイヨイ)

☆宵にチラリと ドッコイサン ソリャ妹やらヨ(トコヤン ソラヨイヨイ)

☆したいしたいと ドッコイサン 八十の婆さんヨ(トコヤン ソラヨイヨイ)

☆したきゃさせましょ ドッコイサン ソリャ寺参りヨ(トコヤン ソラヨイヨイ)

メモ:77・75の文句を前後に分けて2節で口説いていくのだが、通常77の節のときはドッコイサンとか姉さんを挿入したりしなかったりで、自由奔放な印象。

 

盆踊り唄「トコヤン」(本耶馬渓町西谷) <77/75切口説>

☆宇佐の百段百とはいえどヨ(トコヤン ソラヨイヨイ)

 百はござらぬ ヤレサン 九十九段ヨ(トコヤン ソラヨイヨイ)

メモ:耶馬溪町津民の節にやや似ているも、こちらの方がのんびりとしていて田舎風。踊り方は耶馬溪町のものに似ているが、こちらの方が手数が少なくより簡単。

 

盆踊り唄「ヨイヤサノサ」(中津市大新田) <77・75切口説><77・77・77・77段物>

★踊り踊るならしなよく踊れナ(アラヨイヤサノサ)

 しなのよいのぬ ソリャ嫁にとる(アラヨイヤサノサ)

★わしもかてなれこの横へらにナ(アラヨイヤサノサ)

 つけておくれよ ソリャ短冊を(アラヨイヤサノサ)

☆ア国は京都の三條が町で(アドッコイサッサ)

 三條町にて糸屋がござる 糸屋与衛門 四代目の酒屋

 てがい番頭が七十と五人(アーヨイト ヨイヤマカ ヨイヤサノサ)

☆七十五人のあるその中で 一の番頭に清三というて

 年は二十六 男の盛り 連歌 俳諧 読み書き 算盤

メモ:77.75の一口口説にヨイヤサノサの囃子を挿む単調な節から入って、途中より段物の切り替わり江州音頭の節になる。他県の踊りではあるが、ひところは全国流行したのか中津でも盛んに踊られていたようだ。また、南海部地方の一部においても「ごうし音頭」等の呼び名で踊られている。

 

盆踊り唄「ドッコイサッサ」(中津市今津) <77・77・77・77段物>

☆ハーここに過ぎにしその物語(ハードッコイサッサ)

 国は中国その名も高い 武家の倅に一人の男 平井権八直則こそは

 (ソリャー ヨイトヨヤマカ ドッコイサノサ)

☆同じ家中の本庄氏を 討って立ち退き東をさして

 下る道にて桑名の渡し 僅かばかりの船賃ゆえに

メモ:ヨイヤサノサの同様の節である。

 

盆踊り唄「江州音頭」(中津市伊藤田) <77・77・77・77段物>

☆ヘー京じゃ一番 大阪じゃ二番(アドスコイサッサイ)

 三と下がらぬ白金屋さん 歳が十三酒場が九軒

 居り屋出店が三十と五軒(アラ ヨイトヨヤマカ ドッコイサノサ)

☆金の報いか前世の業か 二十と四の時ゃ両親に別れ

 明けて五の年妻子に別れ 身内兄弟みな死に別れ

 

盆踊り唄「キョクデンマル」(耶馬溪町下郷) <77・75切口説>

☆待つがよいかよ別れがよいか(嫌な別れよ待つがよい)

 別れよ 別れよ 別れよ嫌な(嫌な別れよ待つがよい)

☆後で咲くやら咲くやら後で(後で咲くやら咲かぬやら)

 咲くやら 咲くやら 咲くやら後で(後で咲くやら咲かぬやら)

メモ:踊り手が囃子を担う場合、文句を丸々暗記する必要があるので、誰もが知っているような有名な文句ばかりを口説いたと思われる。この地方の盆踊りにしては珍しく、うちわを叩かない。手を高く上げて左右に振りながら後ろ向きに進み、振り返って右足で地面を叩き、また後ろ向きになるような独特の踊り方。キョクデンマルの意味は不明だが、節回しの特徴や下の句を囃子がとるところから、宇佐の「らんきょう坊主」や安心院町下市の「大津絵」(津房方面のものとは違う)と同種の唄かと思われる。

 

盆踊り唄「キョクデンマル」(耶馬溪町山移) <77・75切口説>

☆咲いたヨー 桜になぜ駒つなぐ(ハつなぐ) 駒が勇めば花が散る

 (花が散る 勇めば駒が コラ駒が) 駒が勇めば花が散る

☆花は 散りてもつながにゃならぬ(ならぬ) 中津殿さま御用の駒

 (御用の駒 殿さま中津 中津) 中津殿さま御用の駒

 

盆踊り唄「キョクデンマル」(耶馬溪町津民) <77・75切口説>

☆あなたナー 百まで わしゃ九十 コリャ九まで

 (ともに白髪の生ゆるまで) ハイソリャヨー

 生ゆるまで 白髪のコリャともに(ともに白髪の生ゆるまで)

☆娘十七八ゃ停車場の汽車よ(はやく乗らなきゃ人が乗る)

 人が乗る 乗らなきゃ はやく(はやく乗らなきゃ人が乗る)

メモ:下の句を丸々囃子が取っている。

 

盆踊り唄「曲典丸」(山国町) <77・75切口説>

☆秋の耶馬溪おしゃれなところ(山は紅葉で化粧する)

 

盆踊り唄「佐伯」(耶馬溪町下郷大島) <77・75切口説>

☆佐伯なば山 鶴崎ゃ木挽き ドッコイサッサー

 日田の下駄ひき ナント軒の下(ソリャ ヤトセーノオカゲデネ)

☆色は竹田よ 情けは杵築 情けないのが日出府内

メモ:唄い出しから「佐伯」と呼んでいるが、節は臼杵方面の「祭文」と同種である。片足を浮かして2回うちわを叩く所作を左右繰り返し、右左右、右左右…と踏みながらその場で一回りする、ごく簡単な踊り方。前後左右にほとんど移動しないのがおもしろい。この踊り方には「佐伯踊り」の名残が感じられる。臼杵の祭文の中でも、佐志生の節とそっくりである。臼杵方面の「祭文」は佐伯踊りなので、このことからも臼杵方面の祭文が縁故関係か何かで当地に根付き、節も踊りも変化したと考えるのが妥当だろう。

 

盆踊り唄「佐伯」(耶馬溪町下郷奥の鶴)

☆佐伯なば山 鶴崎ゃ木挽き(ドッコイサー)

 日田のコリャ 下駄ひき ナント軒の下(ソリャヤットセーのオカゲデネ)

 

盆踊り唄「佐伯」(山国町) <77・75切口説>

☆佐伯なば山 鶴崎ゃ木挽き ドッコイサッサー

 日田の下駄ひき ナント軒の下(オカゲデネー オヤヤトセ)

 

盆踊り唄「米搗き」(耶馬溪町下郷) <77・75切口説>

☆搗けど小突けど この米ゃヨー(ショイショイ) アーはげぬ

 ノンホードッコイショー どこのお蔵の底米か

 ヨイサよく言うた よく言うたヨー(ショイショイ) アーどこの

 ノンホードッコイショー どこのお蔵の底米か

☆咲いた花にはなぜ駒つなぐ 駒が勇めば花が散る

 よく言うた よく言うた 駒が 駒が勇めば花が散る

メモ:作業唄の転用と思われる。同種の唄は玖珠郡にも伝わっている。本来は、下の句を囃子が取っていたのではないかと思う。返しの「よく言うた」という文句からも、想像できる。踊り方は祭文に大変よく似ているが、おそらく米を杵で搗くか、あるいは米を踏む動作を取り入れたのだろう、片足跳びをして両手を振り下ろすような所作が入っている。この所作は玖珠町北山田の「米搗き」にも見られる。

 

盆踊り唄「米搗き」(耶馬溪町柿坂) <77・75切口説>

☆さいたからかさ 柄漏りがヨ(ショイショイ) アーすれど

 ノンホードッコイサー(あなた一人は濡らしゃせぬ)

 おいさよく言うた よく言うたヨー(ショイショイ) アーあなた

 ノンホードッコイサー(あなた一人は濡らしゃせぬ)

メモ:昔は柿坂でも踊っていたが、平成26年現在、耶馬溪町内では下郷に残るのみである。

 

盆踊り唄「米搗き」(山国町守実) <77・75切口説>

☆搗けど小突けど この米ゃヨー(ショイショイ) 搗けぬ

 ノンホーヨイトセー(どこのお蔵の底米か)

 アイサよく言うた よく言うた(ショイショイ) どこの

 ノンホーヨイトセー(どこのお蔵の底米か)

☆鮎は瀬にすむ 鳥ゃ木にとまる(人は情けの下に住む)

 よく言うた よく言うた 人は(人は情けの下に住む)

 

盆踊り唄「小倉」(耶馬溪町下郷、山国町) <77/75切口説>

☆小倉踊りでどなたもやろな(ソラヨイヨーイ ヨヤサノサ)

メモ:豊前、北九州地方で古くから唄われていた盆踊り唄である。小倉から伝わってきたという意味で「小倉」と呼ばれている。唄も踊りもごく易しく、今でも盛んに踊られている。祭文に似た踊り方。

 

盆踊り唄「小倉」(耶馬溪町津民) <77段物>

☆東西南北おごめんなされ(サーヨイヨーイ ヨヤサノサ)

☆昔お釈迦のまします時分

 

盆踊り唄「小倉」(耶馬溪町城井) <77段物>

☆アラ揃うた揃うたよ踊り子が揃うた(ソラヨイヨーイ ヨヤサノサ)

☆今夜よい晩 嵐も吹かで

メモ:城井では、高く唄い始める節と低く唄い始める節とを交互に唄っている。

 

盆踊り唄「小倉」(耶馬溪町柿坂) <77・75切口説>

☆小倉踊りでお寄りなれ来なれ(ソラヨイヨーイ ヨイヤサノサ)

☆アラ小倉踊りは気の浮く踊り

☆アラ月の出端と約束したに

☆アラお月ゃ山端にわしゃ今ここに

メモ:冒頭の「小倉踊りで…」の節のみ唄い出しの節が違っていて、次からは高い節と低い節を交互に唄う。

 

盆踊り唄「小倉」(中津市伊藤田) <77・77段物>

☆九州豊前の宇佐八幡で 五百年忌の開帳がござる

 (サーヨイヨイ ヨヤサノサイ)

☆開帳ござれば芝居もござる 踊る役者はどこから下る

メモ:中津では現在踊られていないと思われる。

 

盆踊り唄「番所踊り」(中津市小祝) <77・72切口説>

△シャンシャン オシャシャンノ シャン ホラ番所エー

 お場が広うなったヤ コラサー広い(番所場の木を)

☆揃うた揃うたよ みなハーハーエー ワーハハンハー ハーハーエー

 みな手が揃うたヤ コラサー稲の(出穂よりゃよく)

☆後生を願うなら 宇佐よりゃ中津 中津(寺町ゃ後生)

メモ:大分県内では中津市小祝地区にのみ残っている踊りであるが、隣接する福岡県新吉富町の一部地区でも伝承されている。一部を伏せた下の句を囃子が取るという特徴は、宇佐地方の「らんきょう坊主」と同一であり、何か関連があるのかもしれない。踊り方は、手数が少なく易しいが、所作が独特でおもしろい。

 

盆踊り唄「番所踊り」(中津市小祝) <77・75切口説>

△番所エー 御場が広い ヤッコラセ 広い番所に来て踊れ

☆番所役人 ソレヤホンホーエ 親切物よ

 ヤッコラセ 腹の痛い時ゃ万金丹

☆後生願うなら宇佐よりゃ中津 中津寺町ゃ後生楽

メモ:こちらは全く踊られておらず、絶えてしまっている。思うに、「番所踊り」というのは盆踊りそのものを指す言葉で、唄や踊りの種類そのものでは元来なかったのではないだろうか。つまり、2つの「番所踊り」は全く別の唄・踊りであり、それぞれ別の名前で呼んでいたが、片方だけが残ったので、呼び分ける必要がなくなり、今では「番所踊り」の名だけ残っているのではないか?ということ。あくまでも仮説。

 

盆踊り唄「げんきょろ坊主」(中津市今津) <77・75切口説>

☆宇佐の百段 百とはいえど (ショイショイ)

 ハンハー百は(ござらぬ九十) 九十九段

 ハンハースボン (げんきょろ坊主こねん ショイショイ)

☆わしが唄うたら大工さんが笑うた

 唄にかんながかけら かけらりょか

メモ:宇佐市封戸と山香町向野に伝わる「らんきょう坊主」に名前がよく似ているが、別の曲。テンポの速いはずんだリズムの唄で大変調子がよいが、ずいぶん変わった節でなかなかおもしろい。宇佐の百段…の文句で言うと、音頭取りは「百はござらぬ」まで唄うが、この「ござらぬ」から囃子が入ってきて「九十」は囃子のみ、音頭に返って「九十九段」と唄うところなど、近隣の盆踊り唄にあまり見られない唄い方である。恐らく、今では全く踊られていないと思われる。

 

盆踊り唄「ネットサ」(耶馬溪町、山国町) <77・75切口説>

☆ねっとさ踊りが習いたきゃござれヨ ネット(ハネッチョケ ネッチョケ)

 わしが手を取り ヤーハレサー教えましょ(ハネッチョケ ネッチョケ)

☆あなたみたよにご器量がよければ 五尺袂にゃ文ゃ絶えぬ

メモ:曲節や囃子が杵築市加貫の「ベッチョセ」によく似ている。おそらく「ネットサ」が変化したものと思われる。ネットサの踊り方は祭文に大変よく似ており、両手を前で互い違いに上下しながら移動する所作が加わっている。この所作は下毛地方の踊りによく見られ、左足が右足よりも前に出ないように歩く。だいたいゆっくり移動するときはナンバで歩くのに対して、急いで移動するときはこの所作で進むようだ。