中津祇園「御船歌」(中津市下正路町)
☆ヤンライめでたいな 御代ン若
 めでた ノンノー エーイソリャワン若
 (枝もエーイエイ 栄えの エーこンの葉もエイ)
☆さても見事なお庭の小松 末はハンハー鶴かハンハーめ 五葉の松
 めでた ノンノー エーイソリャワン若
 (枝もエーイエイ 栄えの エーこンの葉もエイ)
☆千代八千代 双葉の松の繁る御代に
 (げにも音聞く 闇無のお宮ンライ)
☆浜の宮居 ノンホイ(年毎にエイ 松ハン
 ヨシノふしごとに エイヤヨエイヤ こんのホーイ)
☆輿ノンノ 音もエーイ(祝えや陸船 曳けよ一節 シオエ歌うて
 御用は歌方の 御代は尽きせぬ 末かけて ヤラヤンライ)
☆めでたのンヤレ(またノンノーエイ) エイ若い(若い)
 (枝葉ハンハーン 葉も千代 エーイエーイエイサラ さんさ繁る)
☆めでたまたノンノー エイ若い(枝葉もやよ)
 エーイエーイ 栄ゆる(ノーエイ こンの葉もエイ)
 メモ:祇園祭の引き出しの際、下正路町の車の前で児童が歌うもの。生み字が多い上に字脚がバラバラで、間合いも複雑なのでなかなか難しい。

中津祇園「松前音頭」(中津市竜王町)
☆ホーラエー 今日は吉日ヨーエー(ヤットコセー ヨイヤナー)
 吉日 祇園さんの祭り(アヨーイトセ ホーラーレバ アリャリャ
 アヨイトコ ヨイトコセー)
○ホーラエー 表に立つのがヤーエー(ヤットコセー ヨイヤナー)
 立つのが浪切不動 碇は金山竜玉権現(ハヨーイトセ ホーラーレバ
 アリャリャ アヨイトコ ヨイトコセー)
○ろくろに水縄が 水縄が惚れたじゃないか 惚れた証拠にゃ巻かりつく
☆めでためでたが めでたが三つ重なって 末は鶴亀 五葉の松
☆めでためでたの めでたの若松様は 枝も栄える葉も繁る
☆この後追います 追います若い衆に頼む
 メモ:祇園祭の引き出しの際、竜王町の老人の音頭とりが唄い、引き手が囃したものである。

中津祇園「影向楽」(中津市豊後町)
☆開けし国は久代の御代 天津神代の政 宮居涼しき闇無の浜
 出船入船あれを見よ 須磨の浦若木の桜 散らで残るはそなれ松
 ちはやぶる ちはやぶる 神と君との道筋に 打ち納まれる御代なれや
 君も豊かに澄む水の 流れの末の末々も 歌えたわむれ千代に八千代に
メモ:豊後町の祇園車で唄われていたものだが今は唄われていないようだ。

桧原まつ神歌「ヤリマキ」(耶馬溪町中畑 正平寺)
☆改まる 年の初めの門松は 君に千年を譲葉の声 ヤンソレ
☆改まる年の 初めの銀の釣瓶落とし
 水汲めば 富もろともに福ぞ増し増す ヤンソレ
☆改まる 年の初めの初鍬は 打ち出の小槌など下ろし下ろし ヤンソレ
☆改まる 年立ち返り空見れば 鳶こそ下れ今降ろうとて ヤンソレ
☆改まる 年立ち返り春来れば 木の芽もつ春 田鶴も映えける ヤンソレ
☆春来れば 小菅の笠の面向けて 渡れるものは鶯の声 ヤンソレ
☆安芸の国なる安芸匠 切ってはいて鉋かけて錐でもんで
 皮でとじてやるぞやりまき ヤンソレ
☆やりまきの 元出の国は安芸の国 伊予うちかけて讃岐たまわれ ヤンソレ
☆あれを見給え御田人(みとうど) 大岩山の裾辺に合わせ鍬打つ ヤンソレ
☆わが殿の 御門の脇に芦植えて 参る人によしと言わりょうよ ヤンソレ
☆わが殿の 何とか祝おう桧皮葺き 黄金の垂木玉の御簾 ヤンソレ
☆わが殿を 新し殿とは誰が申す しらげの米のふるぞ増し増す ヤンソレ
☆わが殿の 戌の隅の神酒は 風は吹かねどササラ波立つ ヤンソレ
☆わが殿の 作らせ給う御代作は 上つ町も千町よ 中つ町も千町よ
 下つ町も千町よ 合わせて三千町の御代作は 歌い給え御田人
 ヤンソレ 竹之内もヤンソレ ヤンソレ 鶯もヤンソレ ヤンソレ
※桧原まつは耶馬溪町の正平寺で四月第二日曜に行われている神仏習合の御田植祭。

 

河童祭りの唄「そよそよ風」(耶馬溪町下郷 雲八幡)
☆そよそよ風に誘われて 裾もほらほら歩みよる
 ヨイヨイヨイヨイ ヨイヤサ
 歩みよる 歩みよる 裾もほらほら歩みよる
 ヨイヨイヨイヨイ ヨイヤサ
☆二つ深草小将の 深き思いの三度笠
 三度笠 三度笠 深き思いの三度笠
☆三つ見もせぬあの客に お寄れとまれの ノーエ笠
 ノーエ笠 ノーエ笠 お寄れとまれの ノーエ笠
☆四つ夜が夜に通い来て これも逢わずに帰り笠
 帰り笠 帰り笠 これも合わずに帰り笠
☆五ついつまで逢いにきて これも逢わずに帰り笠
 帰り笠 帰り笠 これも逢わずに帰り笠
☆六つ紫 小紫 顔にちらちら紅葉笠
 紅葉笠 紅葉笠 顔にちらちら紅葉笠
☆七つ情けのない客に お寄れ止まれの ノーエ笠
 ノーエ笠 ノーエ笠 お寄れ止まれの ノーエ笠
☆八つ山科 山里の 国を隔つる近江笠
 近江笠 近江笠 国を隔つる近江笠