盆踊り唄「ばんば踊り」(院内町大坪) <77・77段物>

☆東西南北おごめんなされ(ヤレショーヤレショ)

 西も東も南も北も(ソーリャ ヨーイヨナー

 アリャセー コリャセー ヨーイヨナー)

☆おおさこの夜はご主人様の ご死去なされし供養の踊り

メモ:ばんば踊りは、庭入り行事の踊りであり、一般の盆踊りとは異なる。通常は成人男性のみで踊るもので、ばんば踊りの後にマッカセやレソなど、一般の盆踊りに移る。大坪のばんば踊りは、耶馬溪地方の「千本搗き」と同様の唄で、伊勢音頭の変化したもの。

 

盆踊り唄「ばんば踊り」(安心院町下市) <77・77段物>

☆東西南北鎮まりたまえ(ヤレショーヤレショー) 西も東も南も北も

 (ソリャヨーイヤナ アリャセー コリャセ ヨーイヨナー)

☆さても盆会の踊りというは 若衆連中の遊びにあらず

 

盆踊り唄「ばんば踊り」(安心院町大) <47・45切口説>

☆南北静まりたまえ(ヤーレショーヨイヨイ) ア東も南も北も

 (ソーリャ ソーリャ アリャセ コリャセ サノ ヨーイ)

☆若い時ゃ吉野に通うた 草木もなびかせた

メモ:上の句、下の句ともに頭3字を伏せている。

 

盆踊り唄「ばんば踊り」(宇佐市熊) 

☆東西南北鎮まりて(ヤレショーヤレショー)

 南北鎮まり(ヨーイヨナー アリャリャ コリャリャ エーイ)

☆よいさよい晩あらせも あらせも吹かず

 

盆踊り唄「ばんば踊り」(院内町上納持) <77・75切口説>

☆鐘とコリャ 撞木が流れて下るヨー

 (とかくコリャ この川 後生の川ヨー)

☆後生は願いなれ若い時も (そよと吹き来る無情の風)

 

盆踊り唄「ばんば踊り」(安心院町楢本) <77・75切口説>

☆エイエイエイソリャ ばんば踊りが始まる頃は

 (ばさま出てみよ ヤレ孫つれて ホンニ孫つれて)

☆生まれ山国 育ちは中津(命棄て場が博多町 博多町)

メモ:楢本のものは、踊りながら順番に唄い継ぐ。下の句を丸々囃子が取っているので、誰もがよく知っているような文句を唄うことが多い。成人男性のみが踊り、ナンバで歩いて円心向きになりうちわを叩くだけの、ごく簡単な踊り。

 

盆踊り唄「ばんば踊り」(安心院町板場) <77・75切口説>

☆アエーイエイソリャ ばんば踊りが始まりました

 (ア爺さん婆さん達ゃ寺参り) サー寺参り

 (ア爺さん婆さん達ゃ寺参り)

☆中津中津とさしては行けど(どこが中津のお城やら)

 お城やら(どこが中津のお城やら)

 

盆踊り唄「ばんば踊り」(安心院町尾立) <77・75切口説>

☆アエイエイエイソリャ 中津中津とさしては行けど

 (アどこが中津のお城やら ホンニお城やら) 

 アエイエイエイソリャ 中津のどこが(アどこが中津のお城やら ホンニお城やら)

 

盆踊り唄「ばんば踊り」(安心院町松本) <77・75切口説>

☆アエイエイエイソリャ 親が大工すりゃ子までも大工

 (ア宇佐の呉橋や 子がかけた)

 ア呉橋ゃ宇佐の(ア宇佐の呉橋ゃ 子がかけた)

メモ:楢本や尾立のばんば踊りは右回りだが、松本のばんば踊りは左回り。マッカセやレソなど一般の踊りになると、右回りにかわる。

 

盆踊り唄「ばんば踊り」(宇佐市麻生) <77・75切口説>

☆エーエイエイソリャ 今夜当家の初盆そうな(婆も出てみよ孫子をつれて)

☆さても見事なお宇佐の榎の実(榎の実ゃならいで葉ばかり茂る)

メモ:旧四日市町の地域の中では、麻生地区のみに庭入り行事が残っている。今は寄せ踊りでしているが、傘鉾を出してシカシカ、和讃など一通り済ましたあと、ばんば踊りを踊る。麻生のばんば踊りは、安心院町のうち津房地区で行われるものによく似た節である。踊りは、麻生のものの方がやや手数が多い。今は女性も子供も一緒に踊っている。この後が一般の踊りで、二つ拍子、マッカセ、三勝(ヤンソレ)、レソを踊っているが、昔はもっと踊りの種類が多かったのではないかと思う。 

 

盆踊り唄「マッカセ」(院内町上納持) <77・77段物>

☆マカセマカセをばしばらくやろか(ソレマッカセドッコイセ)

 マカセ踊りよで(ヨイトヨイト) そりゃ品がよい

 (トハリハリ ヤーノヨイトヨイト)

☆時に天照皇大神宮 天岩戸におこもりなさる

メモ:マッカセは宇佐地方全域に伝承されており、レソと並んで宇佐を代表する踊りである。ひところは広く流行したとみえて、耶馬溪方面、日田・玖珠方面でも盛んに踊られているほか、速見地方や西国東地方の一部でも踊られている。

 

盆踊り唄「マッカセ」(院内町原口) <77・75切口説>

☆何をくよくよ サー川端柳(ソレマッカセマカセ)

 水の流れを(ハドスコイドスコイ) ソリャ待つばかり

 (トハリハリ ヤーノエイエイ)

☆何を言おうにも かを語ろうも 声が幼うで語られぬ

 

盆踊り唄「マッカセ」(安心院町大仏) <77・75切口説>

☆安心院盆地の不思議な話(アソレ マッカセドッコイセ)

 語り伝えて(ドスコイドスコイドスコイ)

 ヤレ七不思議(ヤーレハリハリ ヤーノエイエイ)

☆乳を貰いに五十里百里 岩に刻んだ生不動

 

盆踊り唄「マッカセ」(安心院町下市) <77・75切口説>

☆乳を貰いにサ 五十里百里(ソーレ マッカセドッコイセ)

 岩に刻んだ(ドスコイドスコイドスコイ)

 ヤレ生不動(トハリハリ ヤーノエイエイ)

 

盆踊り唄「マッカセ」(安心院町佐田) <77・75切口説>

☆宇佐の百段 百とはいえど(ソーリャ マッカセドッコイショ)

 百はござらぬソーリャ(ヨイショヨイショ)

 ヤーレ 九十九段(トハーリハリ ヤーノエーイエイ)

メモ佐田のマッカセは町内の他地区のものと比べてもテンポが速い。昔、佐田地区では集落ごとに初盆の家をまわって庭入りを行い、マッカセ・レソ・二つ拍子・三つ拍子・六調子・七つ拍子・蹴出し・三勝の8種類を踊っていた。しかし高齢化が進み初盆の家で踊るどころか寄せ踊りを行うのも困難な集落が増えてきたため、今は佐田地区全体で寄せ踊りをしている。踊りも、マッカセ・レソ・二つ拍子の3種類を残すのみとなっている。

 

盆踊り唄「マッカセ」(安心院町楢本) <77・77段物>

☆那須与一という侍は(ソーレマッカセドッコイセ)

 背は小兵に(ヨイショヨイショ)

 ござそうらえど(トハーリハリ ヤーノエーイエイ)

メモ;安心院町のマッカセは宇佐市四日市のマッカセに踊り方が似ており、同じ宇佐市内でも法鏡寺や南宇佐とはまた異なる。うちわを高い位置で回しながら継ぎ足で進み、円心を向いて蹴り出してうちわを叩くという簡単な踊り方。子供でもたやすく踊れるので運動会などでも盛んに踊られている。

 

盆踊り唄「マッカセ」(安心院町尾立) <77・77段物>

☆国は関東 名は下野よ(ソレマッカセドッコイセ)

 那須与一と(ヨイショヨイショ) いう侍は(トハーリハリ ヤーノエーイエイ)

 

盆踊り唄(宇佐市長洲) <77・75切口説>

☆嫌じゃ嫌じゃよ(ハドッコイショ) 畑の芋は

 頭振る振る ホントニ子ができる

☆沖の暗いのに白帆が見ゆる あれは紀の国 蜜柑船

メモ:『日本民謡大観』には「マッカセ」として載っていたが、明らかに誤りである。ここでは「盆踊り唄」としたが、近隣地域に同様の唄が全く見られないため、正体不明である。今でも踊っているかどうかも不明。

 

盆踊り唄「マッカセ」(宇佐市長洲) <77・77・77段物>

☆わしが出しますヤブから笹を(ソレマッカセマカセ)

 つけておくれよ(コラショイ) ナント短冊を(ヤホーイコリャ)

 それじゃこれから文句にかかる(ソレー ヤートハーリサテ ヤートホイ)

☆国は奥州仙台のこと 牡丹長者の由来を聞けば 四方四面に蔵建て並べ

メモ:内陸部のマッカセは一節二句のものばかりだが、沿岸部のマッカセは一節三句であり、節回しが変化に富んでいる。

 

盆踊り唄「マッカセ」(宇佐市南宇佐) <77・77・77段物>

☆女房エー 持ちにて二人の子供(ソリャマッカセマカセ)

 二人子供は(ヨイショヨイショ) 伊達には持たぬ(ドッコイドッコイナ)

 二人子供のあるその中に(ヤットハーリハリ ヤーノエイ)

 

盆踊り唄「マッカセ」(宇佐市法鏡寺) <77・77・77段物>

☆しばしヨー オー間は マカセでせろな(ソラマッカセドッコイセ)

 しばしサ 間は(ヨイショヨイショ) マカセでせろな(ヨイヨイ)

 マカセマカセのサ お囃子頼む(トハーリハリ ヤーノヨイショヨイショ)

メモ:法鏡寺のマッカセは唄い出しを長めに引き伸ばして唄う。右足を左前にすべらせて、うちわを高い位置で回しながら継ぎ足で進み、ナンバでさがって手拍子を打つという簡単な踊り方。

 

盆踊り唄「マッカセ」(宇佐市長峰)

☆エーお江戸のそのかたわらに(ソリャマッカセマカセ)

 春は花咲く(ヨイショヨイショ) 青山へんの(ドスコイドスコイドスコイ)

 鈴木主水と らいはナー(トハーリハリ ヤーノヨイショヨイショ)

☆エー女房持ちにて二人の子供(ソリャマッカセマカセ)

 二人子供の(ヨイショヨイショ) あるその中に(ドスコイドスコイドスコイ)

 日にち毎日 ばかりナー(トハーリハリ ヤーノヨイショヨイショ)

メモ:宇佐市内の他集落とは節がずいぶん違う。上の句の下7字をつめているほか、下の句の下7字のうち頭4字を伏せてそこをとばしており、調子がよい。

 

盆踊り唄「マッカセ」(宇佐市四日市) <77・77・77段物>

☆花のサーハエー お江戸のそのかたわらに(ソリャマッカセマカセ)

 春は花咲く(ヨイショヨイショ) 青山へんの(ドスコイドスコイドスコイ)

 鈴木主水という侍は(トハーリハリ ヤーノヨイショヨイショ)

★エー お江戸のそのかたわらに(ソリャマッカセマカセ)

 花のお江戸の(ヨイショヨイショ) そのかたわらに(ドスコイドスコイドスコイ)

 花のお江戸のそのかたわらに(エー ヤートハーリハリ ヤーノエー)

メモ:四日市のマッカセは、唄い方が2つある。☆は、宇佐市内の他地域とそうかわらない唄い方である。それに対して★は、頭3字を伏せる上に、一節の中に同じ句を3度繰り返して唄っており、お囃子の入りもやや長くなっている。踊り方はどちらも同じ。☆と★を自由に唄っていくのではなくて、☆の唄い方のときはずっと☆で、★のときはずっと★で唄っている。

 

盆踊り唄「マッカセ」(宇佐市横山) <77・77・77段物>

☆しばしエー 間はマカセでせろな(ソラマッカセマカセ)

 しばし間は(オイオイ) マカセでせろな(ドスコイドスコイドスコイ)

 マカセマカセのコラエー お囃子頼む(ヤトハーリハリ ヤーノエー)

☆哀れなるかや石堂丸は 父を尋ねて高野へ上がる 母は麓の玉屋が茶屋に

 

盆踊り唄「マッカセ」(宇佐市麻生)

☆梅のエー 小枝をサ 折りかけおいた(ソレマッカセマカセ)

 後で咲くやらソーラ ヤレ咲かぬやら(トハーリハリ ヤーノエーイエー)

メモ:旧宇佐市のマッカセはほとんどが3句の長い節なのに、麻生のマッカセは2句の短い節で、院内町や安心院町のものに近い。踊り方を見ると四日市市街地のものに似ているが、安心院町のものにより近い。簡単な踊りなので子供もよく踊っている。

 

盆踊り唄「レソ」(安心院町大仏) <77・75切口説>

☆レソー踊るなら 三十まで踊れコリャサノサ

 三十ヨー(アヨイヨイ) 過ぐればヨー 子が踊るヨー

 (ハレソーヤ レソーヤ ヤトヤンソレサ)

☆宇佐に参らず宇佐餅ゃ搗かず 何を力に髪とこか

メモ:マッカセと同様、宇佐地方を代表する踊りである。レソとは祭文のことである。「其れ」の隠語のレソなのか、また囃子言葉から「レソ」と呼んだのか、全く不明である。安心院町のレソはごく簡単な踊り方で、マッカセと大変よく似ている。両手を高く振り上げてうちわを回しながら踊る人と、左右の手を交互に振り上げて踊る人がいるようだ。マッカセと同じく、運動会などでよく踊られている。

 

盆踊り唄「レソ」(安心院町佐田) <77・75切口説>

☆わしが出しましょ やぶから笹を(コラサノサー)

 つけておくれよ ナント短冊を(アレソーヤ レソーヤ アトヤンソレサー)

メモ:佐田のレソは「コラサノサ」を囃子がとっている。そのため下の句の頭3字が上の句にくっついておらず、津房地区のレソとは節が少し違う。

 

盆踊り唄「レソ」(安心院町尾立・楢本) <77・77段物>

☆哀れなるかや石堂丸は 父をヨ(ヨイヨイ) 訪ねて高野へ上がる

 (ソレーヤ レソーヤ ヤトヤンソレサ)

 

盆踊り唄「レソ」(安心院町下市) <77・75切口説>

☆佐田の京石昔の名残 都ヨー 偲んだ祭り跡

 (アレソーヤ レソーヤートヤンソレサ)

☆お前百までわしゃ九十九まで ともに白髪の生ゆるまで

 

盆踊り唄「レソ」(宇佐市南宇佐) <77段物>

☆紺の暖簾に桔梗の御紋 コラサットコサ 紺の(アードスコイドスコイ)

 暖簾に桔梗の御紋(ソレーヤ ソレーヤット ヤンソレサ)

メモ:法鏡寺とは踊り方が全く異なり、山香町向野のものに類似。

 

盆踊り唄「レソ」(宇佐市法鏡寺) <77・75切口説>

☆レソー踊るなら品よく踊れコラサノサ 品の(ヨイショヨイショ)

 良いのぬ嫁にとる(ソレイヤ ソレイヤット ヤンソレサ)

☆どうでレソやんな品よい踊り 揃うた踊りのほどのよさ

メモ:法鏡寺のレソは、頭3文字目をこれでもかというくらいに引き伸ばして唄うのが特徴。踊り方は安心院のものとは全く異なり、2歩進んで円心向きになり足を浮かせながら高い位置でうちわを回し、左、右と継ぎ足をしながらうちわを叩く。

 

盆踊り唄「レソ」(宇佐市横山) <77・75切口説>

☆レソー踊るなら ドッコイ しな良く踊れ コラサノサ

 しなの良いのぬ嫁にとる(レソーヤ レソーヤ ヤットヤンソレサイ)

 良いのぬ ドッコイ 良いのぬしなの コラサノサ

 しなの良いのぬ嫁にとる(レソーヤ レソーヤ ヤットヤンソレサイ)

☆レソー踊りは三十まで踊れ 三十過ぐれば子が踊る

 過ぐれば 過ぐれば三十 三十過ぐれば子が踊る

メモ:返しのついたレソはとても珍しい。

 

盆踊り唄「レソ」(宇佐市麻生) <77・75切口説>

☆レソー踊るなら コラお寺の庭で(コラサーノサー)

 踊るかたでに後生願う(レソーヤ レソーヤ ヤットヤンソレサー)

☆西へ西へと お月もお日も さぞやお東ゃ寂しかろ

メモ:麻生のレソはピョンコ節に近くなっており、市街地のものよりも本耶馬渓町の「祭文」や「レソ」に近い節回しである。今はマッカセと全く同じ踊り方で両手を同じ高さに振り上げてはうちわを返して踊っているが、おそらく昔は片手ずつ振り分けるなど、何らかの区別があったのではないかと思う。

 

盆踊り唄「蹴出し」(安心院町松本) <77・47段物>

☆起こる騒動をどこよと問えば(オイサオイサ)

 讃岐の屋島が磯で(ヤーレショヤレショ)

☆源氏平家の御戦いに 方なる御大将は

メモ:速見地方一円に伝わる「三つ拍子」と同じ唄だが、速見のものは陰旋法であるのに対して、宇佐のものは陽旋法である。昔は成人男性のみで盆踊りの最終に踊ったが、この慣習は崩れた。早間の踊りで、団扇を叩きながら何度も足を蹴り出すことから「蹴出し」と呼んだものである。

 

盆踊り唄「蹴出し」(院内町斉藤) <77・77段物>

☆ここに哀れな巡礼口説(ホイサホイサ)

 アラ国はどこよと尋ねてきけば(ヤーレショヤレショ)

☆国は阿州の徳島町よ 君に忠義な侍なるが

 

盆踊り唄「蹴出し」(安心院町楢本) <47・45切口説>

☆コーリャー橋から酒屋が近い(アラショイ コラショイ)

 戻ろか ナント思案橋(ヤーレショヤレショ)

☆桜になぜ駒つなぐ 勇めば花が散る

メモ:蹴出しは集落によってやや踊り方が異なるが、基本的には円心を向いてうちわを叩きながら右、左、右…と交互に5回から6回程度蹴り出して、途中何度か右に捨てながらナンバで出たり戻ったりして少しずつ左にずれていく(=踊りの輪は右回りに進む)。

 

盆踊り唄「蹴出し」(安心院町尾立) <77・47段物>

☆前に千軒 長屋を立てて(ヨイショヨイショ)

 ア築山 泉水ついて(ヤーレショヤレショ)

メモ:しばしば上の句の頭3字をソーリャーなどにおきかえて伏せる。下の句の頭3字は必ず伏せるが、たまに残りの4字までもアドッコイサデなどにおきかえて全て伏せることもある。

 

盆踊り唄「らんきょう坊主」(宇佐市南宇佐)

☆待つがナー コリャよいかよ(ヨイショヨイショ) 別れがよいか(別れよ待つがよい)

 嫌なナー コリャ別れよ(ヨイショヨイショ) 別れよ嫌な(別れよ待つがよい)

☆今宵さ よい晩 嵐も吹かぬ(小枝も折りよかろ)

 梅の 小枝も 小枝も梅の(小枝も折りよかろ)

メモ:この唄は山香町向野地区など、ごく一部の地区にしか残っていない。山香では返しがつかないので下の句の頭3字を伏せたままなのだが、南宇佐では返しがついており、はじめは伏せた下の句の頭3字が返しのところででてきている。宇佐の俚謡には、このように下の句の頭3字を伏せておいて、返しの部分でのみ伏せた3字を唄うという特徴のある唄が多く、たとえば長洲の「海老打ち唄」などがそれにあたる。らんきょう坊主は盆踊りの最終に踊り、安心院の「大津絵」によく似た簡単な踊り方。

 

盆踊り唄「唐芋踊り」(宇佐市法鏡寺) <77段物>

☆今年ゃ浦辺の唐芋(ヨーイヨイトナ) 唐芋をやろか(サノサ)

☆よんべ浦辺の踊りを 踊りを見たら

メモ:西国東の「六調子」と同じ唄だが、ずっとテンポが遅い。昔は山香町でも流行したが、唄も踊りも単調なので廃れた。今では宇佐市法鏡寺など、一部の集落でしか踊られていない。囃子言葉から「ヨイトナ」とも呼ばれている。たったの3呼間でひとまわりする、簡単な踊り。

 

盆踊り唄「唐芋踊り」(宇佐市山本) <77段物>

☆今年ゃ浦辺の唐芋(ヨーイヨヤナ) 唐芋をやろか(サノサ)

☆唐芋くわなきゃ踊りが(ヨーイヨヤナ) 踊りがでけぬ(サノサ)

 

盆踊り唄「大津絵」(安心院町安心院町) <77・75切口説>

☆待つがよいかよ別れがよいか 嫌な(別れよ待つがよいヨー)

☆鐘が鳴るかや撞木が鳴るか 鐘と(撞木の間が鳴る)

 

盆踊り唄「大津絵」(安心院町下市) <47・75切口説>

☆アーよいかよ別れがよいかナ コリャ嫌なヨ(別れよ待つがよいヨ)

 アー別れよ別れよ嫌なヨ コリャ嫌なヨ(別れよ待つがよいヨ)

☆アー百段百とは言えどヨ コリャ百はヨ(ござらぬ九十九段ヨ)

 アーござらぬござらぬ百はヨ コリャ百はヨ(ござらぬ九十九段ヨ)

メモ:大津絵節とは似ても似つかない節で、宇佐の「らんきょう坊主」や耶馬溪の「キョクデンマル」を思わせる曲調である。おそらく同種のものと思われるが、かなり変化している。踊り方も「らんきょう坊主」に近い。「大津絵」の呼称は、中津の大津絵踊りのように、かつて端唄の大津絵節に合わせてこの踊り方で輪踊りをするところがあったのだろう。その踊り方を転用したことから「大津絵」と呼んだのではあるまいか。下市では、これと大変よく似た踊りの「エッサッサ」も伝わっているが、一応両者は区別されている。しかし津房方面ではいつの間にか両者を混同したようで、「エッサッサ」の方が「大津絵」として唄い踊られている(下記)。

 

盆踊り唄「大津絵」(安心院町楢本) <77・75切口説>

☆鮎は瀬に住む 鳥ゃ木にとまるヨ(アラエッサッサー エッサッサー)

 人は情けの下に住むヨ(ヤレコリャセーノ コリャドッコイセー)

☆山が高うて在所が見えぬ 在所恋しや山憎や

メモ:別名「唄踊り」で、昔は山香町でも流行した。現在は安心院町内でも廃れており、一部集落でしか踊っていない。唄は大津絵節とは全く異なる。わりと早間で、太鼓の叩き方が忙しい。2歩進んで前に捨ててうちわを叩きながら1歩さがり、前に捨ててうちわを叩きながら1歩さがり、「蹴出し」のときのように円心を向いて2回、うちわを叩きながら蹴り出す。中津市の「大津絵」の古い踊り方に少しだけ似ているような気がする。おそらく、中津の「大津絵」が入ってきたが、踊り方のみ残り唄は難しいので他の唄にすりかわったのではないかと思う。この唄は西国東地方の「エッサッサ」と同種で、安心院町内でも下市地区では「エッサッサ」と呼んでおり、「らんきょう坊主」に似た節の別の唄を「大津絵」と呼んでいる。踊り方もエッサッサによく似ているが、大津絵の方がより「らんきょう坊主」に似た踊り方である。あまり踊り方が似ているので、津房方面ではいつの頃かに混同して「エッサッサ」を「大津絵」と呼ぶようになったのだろう。

 

盆踊り唄「大津絵」(安心院町尾立) <77・75切口説>

☆行たら見てこい名古屋の城はヨ(アエッサッサー エッサッサー)

 金の鯱 雨ざらしヨ(イヤマカセーノ ソリャほんかいな)

メモ:楢本のものとほぼ同じ節だが、こちらは唄い出しの部分のみ陰旋化している。

 

盆踊り唄「エッサッサ」(安心院町下市) <77/75切口説>

☆宇佐に参るよりゃ御許にゃ参れヨ(アエッサッサー エッサッサ)

 御許 元宮 元社ヨ(ヤレコノセーノ ソリャほんかいな)

 

盆踊り唄「七つ拍子」(安心院町板場) <77・77段物>

☆ここにサ 過ぎにしその物語(サノヨイヨイヨイ)

 国は中国 その名も高い(アラヨーイサッサ ヨイサノサ)

☆武家の家老の一人のせがれ 平井権八 直則公よ

メモ:かつては旧津房村を中心に安心院町内で広く踊られたが、いまでは一部集落と隣接する別府市天間地区でしか踊られていない。

 

盆踊り唄「七つ拍子」(安心院町尾立) <77・77段物>

☆しばし間は七つでやろな(アラヨイヨイヨイ)

 どうで踊りは七つでなけりゃ(ヨーイ ヨイヤーヨイ)

メモ:尾立では、七つ拍子は長い間踊られていなかったが近年復活した。節回しは速見地方の「六調子」や西国東の「杵築踊り」と同系統のものである。手数が多く、踊り方がややこしいのでこの踊りになると輪が乱れやすい。

 

盆踊り唄「三つ拍子」(安心院町板場) <77・77段物>

☆東西南北 静まりたまえ(アーショイショイ)

 こいさ大事なお供養の踊り(アーヨーヤナ ヨヤナー)

☆西も東も南も北も どっと一度にゃお手振りしゃんと

 

盆踊り唄「三つ拍子」(安心院町楢本) <77・77段物>

☆鈴木主水という侍は 女房持ちにて二人の子供

 (アーヨーイヤサッサノ ヤレマカショイ)

☆二人子供のあるその中で 日にち毎日女郎買いばかり

メモ:山香町などに残っている「豊前」とほぼ同じ唄である。踊り方にも類似点があり、関連があると思われる。きっと「豊前」というのは豊前地方あるいは豊前の国から伝わってきた踊りという意味で、「三つ拍子」というのは踊りの手が一巡りする間に三回手拍子を打つという意味だろう。「豊前」に比べると足の運びがかなり忙しい。外に中に、交互に移動しながら5回すくい、前に捨てて後ろに下がってうちわを叩くのを2回繰り返し、右に移動してうちわを叩く(都合3回叩くことになる)。楢本では、ばんば踊りの後、通常の盆踊りの最初と最後にこれを踊っている。

 

盆踊り唄「三つ拍子」(安心院町尾立) <77・77段物>

☆東西南北 静まりたまえ こいさ大事なお供養の踊り(ヨーイヤナ ヨイヤーナ)

 

盆踊り唄「三つ拍子」(院内町大坪) <77・77段物>

☆東西南北静まり給え(ヤレショーヤレショ) 西も東も南も北も

 (ソリャヨーイヨナー アリャセ コリャセ ホイ ヨーイヨナー)

☆おおさこの夜はご主人様の ご死去なされし供養の踊り

メモ:耶馬溪や玖珠の「千本搗き」と同様で、伊勢音頭の変化した唄。これを「ばんば踊り」としている集落もある。

 

盆踊り唄「二つ拍子」(安心院町大仏) <77・77段物>

☆二つ拍子をしばらくやろな(アリャサイ コリャサイ)

 アそじゃそじゃ 二つがよかろ(ヨーイサッサノヨイサノサ)

☆ここは大阪 難波の町よ

メモ:速見地方一円の「二つ拍子」と全く同じ唄だが、テンポが速め。踊り方は山香町向野のものに大変よく似ており、うちわを叩く所作とナンバで歩く所作だけの、ごく簡単な振り。

 

盆踊り唄「二つ拍子」(安心院町下市) <77・75切口説>

☆あなた百までわしゃ九十九まで(アリャサイ コリャサイ)

 ともに白髪の ナントはゆるまで(ヨーイサッサノ ヤレコラショイ)

メモ:テンポは速いが、頭3字を詰めずに唄っており、節自体は「六調子」とか「七つ拍子」になっている。或いは、昔は頭3字を伏せるか詰めていたのかもしれぬが、下市では現在「二つ拍子」も「七つ拍子」もほとんど踊っていないようなので、この節で「二つ拍子」を踊っても特別混乱することもなく、問題はないのだろう。

 

盆踊り唄「二つ拍子」(安心院町尾立) <47・47段物>

☆アしばらく二つでやろな(アラセー ヨイヨイ)

 ア踊りは二つでなけりゃ(ヨーイ ヨイヤーヨイ)

 

盆踊り唄「二つ拍子」(安心院町楢本) <47・47一口>

☆アラ焼けても山鳥ゃたたぬ(アラショイ コラショイ)

 アラかわいい ナントものはない(ヨーイサッサノ ヤレコラショイ)

メモ:楢本の二つ拍子は町内の他地域に比べるとかなりテンポが速い。踊り方は安心院地区や佐田地区とは違っていて、手拍子が1回だけになっている。

 

盆踊り唄「二つ拍子」(安心院町佐田) <77・77段物>

☆アラ国はどこよと尋ねてきけば(アラサー ヨイヨイ)

 アラ阿波の鳴門の徳島町で(ヨーイサッサノ ヨイサノサ)

メモ:佐田の二つ拍子は上の句・下の句ともに頭3字がつまっておらず、六調子と同じ節で、テンポだけを速めにして唄っている。

 

盆踊り唄「二つ拍子」(宇佐市麻生) <77・75切口説>

☆わしは唄好き念仏嫌い(アラショイ コラショイ)

 死出の山路も ヤレ唄で越す(ヨーイヨーヤナー)

☆死出の山路も三途の川も 唄で越ゆれば 苦にゃならぬ

メモ:節は「杵築踊り」の節に近く、耶馬溪町のうち屋形地区から東谷・西谷地区で唄われている「二つ拍子」と同じで下句の囃子の後を長く伸ばす。踊り方は「ヤンソレサ」とほとんど同じだが、こちらは輪の内側に片足を蹴り出すようにして踊り、やや所作が大きい。

 

盆踊り唄「ヤンソレサ」(宇佐市南宇佐) <77・77段物>

☆そこでどなたか入れ子はないか(オトショイ コラショイ)

 そこでどなたか入れ子はないか(ヤーンソーレ ヤンソレサ)

○ヤンソレサ音頭さんちょいと止めた(アーちょいと止めた)

 お留め申すは気の毒じゃ(アー気の毒じゃ)

 気の毒ぁ蔓にしておいて(アーしておいて)

 私が一言入れまする(アー入れまする)

 私が音頭に謎かけよ(アー謎かけよ)

 私がかけたら解いてたも(アー解いてたも)

 十三娘とかけたなら(アーかけたなら)

 それまた音頭さん何と解く(アー何と解く)

 音頭が解かねばわしが解く(アーわしが解く)

 十三娘とかけたのは(アーかけたのは)

 竹やぶ雀と解きゃせぬか(アー解きゃせぬか)

 さわれば逃げるじゃないかいな(アーないかいな)

 さあさ音頭さんにお返し申す(オトショイ コラショイ)

 さあさ音頭さんにお返し申す(ヤーンソーレ ヤンソレサ)

☆今の入れごとなかなかお上手 さてもお上手な入れ子の後で

☆何か一つは理と乗せましょか ここで出します主水の口説

メモ:節も踊り方も高田のヤンソレサや、安心院の二つ拍子と同じ。イレコを挟む場合も、踊り方は全く変わらない。

 

盆踊り唄「三勝(ヤンソレ)」(宇佐市麻生) <77・75切口説>

★梅の小枝を折りかけおった(ヤーンソーレ ヤンソレサ)

 後で咲くやら ヤレ咲かぬやら(ヤーンソーレ ヤンソレサ)

☆花はいろいろ五色に咲けど(ヤーンソーレ ヤンソレサ)

 主に見返る ヤレ花はない(ヤンソレサッサノ ヤンソレサ)

メモ:この種の三勝は玖珠地方や湯布院方面、日田方面で行われているものである。宇佐地方でもかつて流行したそうで、院内町の一部に残っているほか、昔は安心院町でも踊っていたという(佐田地区など・今は踊っていない)。また、今は踊っていないが山香町でも流行したそうで、宇佐から入ったのだろう。麻生のものは2つ節があって、★印のものは神句も下句も同じ節である。それに対して☆印のものは下句を高く唄い、囃子をかえている。★がメインで、ときどき☆が入る程度である。全体に陰旋化しているが、節が簡単で唄い易い。踊り方がややこしく、子供や若い人からはあまり好まれないようだ。輪の中向きでうちわを叩きながら出たり入ったりして左にずれて、左に捨てて右向きに返ってうちわを返しながら両手を振り上げ、左に2歩ずれてうちわを返しながら両手を振り上げ、右に2歩ずれてうちわを返しながら両手を振り上げて最初に戻る。

 

※ほかに、院内町では「六調子」「木挽き」「別れ」等あり。今は踊っていないようだが、昔は「せきだ」「相撲取り踊り」「エビすくい踊り」などを踊る集落もあったようだ。