猿丸太夫と笠づくし

はじめに

 大分県内には数多くの盆踊り唄が伝承されているが、この記事では、その中から「猿丸太夫」と「笠づくし」を取り上げてみる。結論から先に言うと、「猿丸太夫」と「笠づくし」は元をただせば同じ唄なのではないか?と思う。
 どうしてそう思うのかについて、県内各地の「猿丸太夫」と「笠づくし」、それから盆踊り唄ではないが「そよそよ風」という祭礼唄や県外に伝承されている同種の唄を例示し、比較してみたい。そのために、節回しの類似性や呼称から、いくつかにグループ分けをして、順番に詳しく見ていくことにする。
(グループ分けは下記の通り)
・大野地方、直入地方の猿丸太夫
・笠づくし
・そよそよ風
・鶴崎踊りの猿丸太夫
※挾間町の猿丸太夫は、実際は「祭文」なので除外する
※姫島村の猿丸太夫は、踊りの呼称であって、唄自体は猿丸太夫ではないので除外する
※「さるまるだゆう」の用字は本来「猿丸大夫」が正しいのだが、一般に盆踊り唄としては「猿丸太夫」の用字が通用しているのでそれに従う

 

 

大野地方および直入地方の「猿丸太夫」

 まず、大野地方および直入地方、それから直入地方と似通った盆踊り唄が伝承されている熊本県高森町の盆踊り唄「猿丸太夫」をいくつか例示する。どれも短調の節回しで、この地域の一連の盆踊り唄の中ではやや趣を異にしている。なお、例示するにあたってどの唄も2節目以降は囃子を省略している。(以下、断りなく囃子を省略する)

a 盆踊り唄「猿丸太夫」(大野町夏足・片島) <77・75切口説>
☆猿丸太夫は(コリャコリャ) 奥山の 紅葉踏み分け鳴く鹿の
 (ヨイヨイ ヨイヨイ ヨイヤーサー トッチンチンリン トッチンチンリン)
☆川端通る薪売り 上も木が行く下も行く
☆割れたもあれば割れぬのも あるは唐津屋の縁の下
☆長いもあれば短いも あるはお侍の腰のもの
☆畑の中の茶園株 八十八夜を待つばかり
☆忠臣蔵なる初段目は 初段目 鎌倉 鶴岡

b 盆踊り唄「猿丸太夫」(朝地町志賀)
☆猿丸太夫は(コリャコリャ) 奥山の 紅葉踏み分け鳴く鹿の
 (ヨイヨイ ヨイヨイ ヨイヤサー トッチンチンリン トッチンチンリン)
☆忠臣蔵なる初段目の 初段目 鎌倉 鶴ヶ岡
☆鶴ヶ丘なる神殿に 数多の兜を飾り立て

 とりあえず2種類例示してみた。「猿丸太夫」の呼称は、1節目の文句の冒頭を取ってそう呼んでいることがわかる。このような名付け方は端唄や小唄、俗曲等によく見られるものであり、この唄の出自が流行り唄、座興唄的なものであったのだろうと推測できる。「トッチンチンリン」の囃子言葉も、いかにも口三味線のような雰囲気だ。元々は三味線の入った流行り唄だったのを、盆踊りに転用し太鼓伴奏のみで唄ったために三味線の節の部分もお囃子が担ったのかもしれない。
 冒頭に唄っている「猿丸太夫…」の文句は、百人一首の「奥山に、紅葉踏み分け鳴く鹿の…」の歌の上の句を取って、その作者の「猿丸大夫」の後につけたものである。これだけだと何のことだかわからないが、きっと元々は数え唄或いは「ものはづくし」のように、「和歌の作者+上の句」の文句を次々に並べたような唄だったのだろう。長野県中野市松川の古い盆踊り唄に、このような趣向のものがあるので参考までに文句を紹介する。
  盆踊り唄「川崎」(長野県中野市松川)
   ☆瀬川と書いてさかさまに 淀の川瀬の水車
   ☆猿丸太夫 奥山に 紅葉踏み分け鳴く鹿の
   ☆小式部内侍 大江山 幾野の道の遠ければ
   ☆周防の内侍 春の夜の 夢ばかりなる手枕に
 現在、a及びbでは1節目の「猿丸太夫は奥山の…」の文句と、2節目以降は全く連絡がなく、「猿丸太夫…」の文句の後は「七五七五」の字脚に合う文句を自由に唄いついでいるようだ。
 aについて詳しく見てみると、「川端通る」「割れたもあれば」「長いもあれば」の3節はちょっときわどいバレ唄で、類似した文句は全国的に見られ、やはり流行り唄的な雰囲気を感じる。それに対してbは、2節目以降は仮名手本忠臣蔵の見せ場を、初段目から順々に並べて唄っている。同様の趣向は堅田踊りで唄われる「十二梯子」(全国的に流行った「よしよし節」と同じもの)でも見られる。これは「忠臣蔵」の見せ場を集めた「ものづくし」かつ初段目から順に唄うという点で「数え唄」的な性格をも持つもので、やはり流行り唄の雰囲気がある。

c 盆踊り唄「猿丸太夫」(清川村、緒方町)
☆猿丸太夫は(ショイショイ) 奥山の 紅葉踏み分け鳴く鹿の
 (ヨイヨイ ヨイヨイ ヨイヤサー トッチンチンリン トッチンチンリン)
☆様よ出て見よ御嶽山にゃ みかん売り子が灯をとぼす
☆みかん売り子じゃわしゃないけれど 道が難所で灯をとぼす
☆道は新道でいと易けれど 家が難渋で灯をとぼす

d 盆踊り唄「猿丸太夫」(荻町柏原、直入町、久住町、竹田市)
☆猿丸太夫は(アラショイショイ) 奥山の 紅葉踏み分け鳴く鹿の
 (アラヨイヨイ ヨイヨイ ヨイヤナー サートッチンチンリン トッチンチンリン)
☆山は焼けても山鳥ゃ立たぬ なんで立たりょか子のあるに

 次に、cとdを見てみよう。abとほぼ同じだが、文句を見ると字脚が崩れて、2節目以降は「七七七五」の近世調、都々逸の字脚になっている。この地域の盆踊り唄は、一般に「七七」を繰り返す段物か、または「七七七五」の文句を自由に唄う一口口説になっており、「七五七五」の字脚は見られない。おそらく一連の盆踊り唄の中で文句を融通する関係で、冒頭の固定文句「猿丸太夫は…」のみ「七五七五」のままで、そこから先は「七七七五」の字脚に変化したのだろう。こうなると、文句には流行り唄的な雰囲気が薄れている。cに見られるように「七七七五」の文句で連続性を持たせるような例もあるが、これは音頭取りの腕次第といったところだろう。

e 盆踊り唄「猿丸太夫」(熊本県高森町)
☆猿丸太夫はホイ アラショイショイ あの奥山の 紅葉踏み分け鳴く鹿の声
 ヨイヨイ ヨイヨイ ヨイトナー サートッチンチンリン トッチンチンリン
☆踊る内でも あの娘が一よ あの娘育てた親様見たい
☆阿蘇の御嶽に 登ろじゃないか おちく見たさに嶽参り
☆おちくおちくと 名は高けれど おちくはトラ屋の下女じゃもの

 最後に、eは熊本県高森町に伝承されているもので、これは大分県から入ってきたと見えてdとほぼ同じものである。
 以上、5種類の猿丸太夫を例示した。短調の節回しで、この地域の盆踊り唄の中ではやや洗練されたような印象を受ける。生み字のない易しい唄だが、最後の「ヨイヤサー」をせり上げて唄う点など、少しお座敷風の雰囲気が残されている。ずっとテンポを落として、三味線伴奏などつけて「アラショイショイ」と「トッチンチンリン…」のお囃子部分を三味線に任せれば、いよいよお座敷風になるだろう。a~e、どれも節回しがほぼ同じなのは、緒方町・清川村・大野町の一連の盆踊りは朝地町志賀から伝わったとされていることからも納得できる(以前の記事「志賀盆踊り」を参照)。志賀から伝わったのが明治以降で、各地各様に節回しが大きく変化するには至らなかったのだろう。大野・直入ならびに阿蘇の「猿丸太夫」は、後述する鶴崎踊りの「猿丸太夫」と比べてもずっと田舎風の雰囲気で、素朴な印象を受ける。

 

 

笠づくし

 『民謡大観』などの資料や、ネット上で知り得た情報によれば、「笠づくし」は日本全国のかなり広範囲に亙って、座興唄、踊り唄、祭礼唄など様々な名目で点々と伝承されている(伝承されていた)ようだ。大分県下においては、記録に残っている伝承例としては下記fのみだが、他地域においても流行小唄的な意味合いで、宴席等で唄われることはあったかもしれない。
 この唄に限らず、文句や節回しにあまり地域性が感じられない地域の戯れ唄・流行り唄の類は、それが盆踊り等に転用されていたり、地域性のある替え唄があった場合を除いて、俚謡採集の網から漏れることが往々にしてあったと思う。たとえば現在、佐賀県民謡として一般に知られている「梅干し」も、端唄として大坂南地の芸者が戦前にレコード吹き込みしていることから、佐賀特有の唄ではなく全国的な端唄・流行り唄だったようだ。(1)端唄としては下火になったが、(2)佐賀では花柳界を中心として比較的最近までよく唄われていた上に、(3)佐賀県には著名な民謡が少ないため、たまたま佐賀民謡として前面に出ているだけだろう。これが、(1)~(3)の条件のうちどれか1つでも欠いていれば、佐賀民謡として全国的に知られることはなかったのではないだろうか。同様に、「笠づくし」が宴席等で唄われていた土地が大分県内外問わず他にもたくさんあったとしても、その土地の民謡、俚謡としてに認識され、かつ全国的に紹介される可能性は極めて低かったと言えるだろう。

f 盆踊り唄「笠づくし」(湯布院町鮎川・津々良)
☆一つ人目を忍ぶ夜は 女心の吉野笠
(アソレ エーソレ ヨイソレ ソレーヤートエ トンチリリンリン トンチリリンリン)
☆二つ深草少将は 小野小町に通い笠
☆三つ見もせぬ仲なれど 君が心の知れぬ笠
☆四つ夜な夜な門に立つ 人が咎むりゃ隠れ笠
☆五つ今まで逢うたれど 一夜も逢わずに帰り笠
☆六つ紫小紫 顔にちらちら紅葉笠
☆七つ情けのない客に お寄りお寄りと遊女笠
☆八つ山城小山城 国を隔てて近江笠
☆九つここに小網笠 雨の降り笠日照り笠
☆十で十まで上り詰め 笠もこれまで終わり笠

 fは、湯布院町の鮎川・津々良地区で行われる盆踊り(一般に津鮎踊りと呼んでいる)で唄われるものである。津鮎踊りという呼称からは、近隣地域の盆踊りとの差別化が感じられる。実際、鮎川・津々良の盆踊りは湯布院町内の他地域における盆踊りとは趣を異にしており、かつては15種類もの唄・踊りが伝承されていた。その演目には、マッカセや六調子等、大分県下において盆踊り唄として広く伝承されているものに混じって、「ノンヤホー」「恋慕」「五尺」などといった古い流行小唄の転用例が多く見受けられる。笠づくしも、後者にあたるものと言える。「笠づくし」を盆踊り唄として使用している例は、県内においては津鮎踊りのみである。
 文句を見ると、数え唄形式をとりつつ、さらに「ものづくし」としても一貫しており、洗練された印象を受ける。近隣の盆踊り唄は七・七を繰り返す長篇の段物か、或いは七・七・七・五の字脚の文句を自由に唄う一口口説のどちらかに当てはまり、文句を自由自在に使いまわせるのに対して、これは文句が固定された小唄形式の盆踊り唄である。段物・一口口説以前には盆踊りにも使われたであろう「小町踊り」とか「御所の踊り」「恋の踊り」等の、各節末尾を「~踊りはひと踊り」等で結ぶ「小歌踊り」形式(県内においては南海部地方等で行われる風流、神社の祭礼歌として知られている)ともまた異なり、流行り唄の転用であろうことが一目瞭然だ。
 節回しは、下の句の部分(女心の吉野笠…にあたる部分)の節が、前項(前記事参照)で紹介した大野地方・直入地方の盆踊り唄「猿丸太夫」の下の句(紅葉踏み分け鳴く鹿の…の部分)に酷似している。また上の句においては、猿丸太夫は七・五の間を少し開けてそこに「ショイショイ」等の囃子を挿入するなどしているのに対して、笠づくしは切れ目なく続けて唄っている点などに差異があるも、その点を除けばやはり酷似している。しかも最後の口三味線風の囃子の節も全く同じである。テンポは、笠づくしの方がずっと遅い。しかし、こうも似通っていては、同種の唄、元を辿れば同じ唄であると考えざるを得ない。両者に共通する文句がないという問題が残るが、これについては次項に譲る。
 大野・直入の猿丸太夫は唄い出しの「猿丸太夫は奥山に」云々の文句のみ固定されていて、後は自由奔放に好きな文句を唄っており各節の連絡がないのに対して、笠づくしでは全部の文句が固定されており各節の連絡を保っていることや、節回しの雰囲気から見ても、「笠づくし」の方がよりお座敷調の雰囲気が色濃く残っている。このことから津鮎踊りの「笠づくし」の方が、より座興唄・流行り唄としての性格をよく保っており、反対に大野・直入の「猿丸太夫」はより田舎風に変化していると言えるだろう。

g 盆踊り唄「笠づくし」(熊本県高森町)
☆一つ人目を忍ぶには 女心の吉野笠(エソレーヤソレ ソレソレソレー ヨイトサ)
☆三つ見もせぬ仲なれど 深き思いの三度笠(ソレーヤソレ ソレソレソレー ヨイトセ)
☆四つ夜な夜な門に立つ 人に知られて隠れ笠
 人に知られて隠れ笠(ソレーヤソレ ソレソレソレー ヤットセ)
☆五ついつまで通いても 君の心は曇り笠
 君の心は曇り笠(エソレーヤソレ エソレソレソレー ヤットセ)

 gは熊本県高森町に伝承されているもので、前項で紹介したeの猿丸太夫と同じく、一連の盆踊り唄の中の一つである。ここに紹介したのは『民謡大観』に収録されている音源から起こしたものであり、「二つ」と「六つ」以降が唄われていないが、実際の盆踊りでは唄われていたと思う。「四つ」「五つ」は下の句を返して唄っている点など、fに比べると自由奔放な感じがする。
 テンポはfよりも速く、同地や大野・直入地方の猿丸太夫とほぼ同じである。各節の唄い出しの部分など、fと比べるとやや田舎風になっているほか、末尾の口三味線風の「トッチンチンリン」或いは「トンチリリンリン」等の囃子も失われている。同地の猿丸太夫には「トッチンチンリン」の囃子が残っていることから、この変化は高森町において生じたのではなく、「笠づくし」が入ってきたときから既に口三味線の囃子が失われていたと考えられる。
 fの説明において「笠づくし」と「猿丸太夫」は明らかに同種であると書いたが、そうなると高森町の一連の盆踊りで「笠づくし」と「猿丸太夫」の両方が伝承されていることに違和感があるかもしれない。しかしこれは全くおかしなことではなくて、この地域には猿丸太夫と笠づくしが、全く別の唄として入ってきただけのことだろう。おそらく伝播時期も違うだろうし、節回しも完全に同じではない上に「笠づくし」の方は文句が固定されていて、ましてこの地域では猿丸太夫は冒頭の文句以外は全部七・七・七・五であり字脚が異なっているから、別の唄として認識されて当たり前である。
  阿蘇地方の盆踊り唄の大部分が大分県の直入地方のものと共通だが、笠づくしについては、直入地方においては盆踊り唄として唄われていないだけでなく、かつて唄われたという記録もない。しかし、eで説明したように採集の網から漏れただけであって、流行り唄・戯れ唄として唄われていたものが阿蘇に伝わって盆踊り唄化したと考えることもできる。或いは、この唄については大分県からでなく、他の伝播経路があったと考えることもできるだろう。
 さて、先述の通りこの唄は全国的に唄われたもので、文句や囃子が地域によって少しずつ異なっている。しかし他地域のものは大分県から離れているので割愛することにして、次項では「猿丸太夫」と「笠づくし」に共通する文句がない…という問題について考えるために、耶馬溪方面や玖珠辺りで唄われた「そよそよ風」という唄を紹介したい。

 

 

そよそよ風

 「そよそよ風」という唄は耶馬溪方面から玖珠郡にかけて祭礼唄・座興唄として採集されているもので、猿丸太夫ならびに笠づくしの伝承範囲とは全く重なっていない。しかし節や文句を見ると、これも猿丸太夫・笠づくしと同種のものと思われる。

h 祭礼唄「そよそよ風」(耶馬溪町下郷 雲八幡)
☆そよそよ風に誘われて 裾もほらほら歩みよる
 ヨイヨイヨイヨイ ヨイヤサ
 歩みよる 歩みよる 裾もほらほら歩みよる
 ヨイヨイヨイヨイ ヨイヤサ
☆二つ深草小将の 深き思いの三度笠
 三度笠 三度笠 深き思いの三度笠
☆三つ見もせぬあの客に お寄れとまれの ノーエ笠
 ノーエ笠 ノーエ笠 お寄れとまれの ノーエ笠
☆四つ夜が夜に通い来て これも逢わずに帰り笠
 帰り笠 帰り笠 これも合わずに帰り笠
☆五ついつまで逢いにきて これも逢わずに帰り笠
 帰り笠 帰り笠 これも逢わずに帰り笠
☆六つ紫 小紫 顔にちらちら紅葉笠
 紅葉笠 紅葉笠 顔にちらちら紅葉笠
☆七つ情けのない客に お寄れ止まれの ノーエ笠
 ノーエ笠 ノーエ笠 お寄れ止まれの ノーエ笠
☆八つ山科 山里の 国を隔つる近江笠
 近江笠 近江笠 国を隔つる近江笠

 hは、耶馬溪町の雲八幡において、河童祭りという行事の際に唄われているものである。文句は『ふるさと集成 耶馬溪の盆踊り』より引いたもの。冒頭に「そよそよ風」の文句を唄っており、2節目以降は笠づくしの文句になっていることに注目されたい。これは祭礼唄ではあるが、元は座興唄であったのを転用したものだろう。神社と座興唄とはあまり関係がないように思われるかもしれないが、実際は神社の祭礼唄に座興唄を転用している例はいくらでもあり、たとえば直入地方の白熊唄では「よしよし節(十二梯子)」とか、「夕桐節」「わが恋」など、端唄や流行小唄を取り入れている場合がある。後述するが山国町や玖珠郡においては「そよそよ風」が座興唄として唄われたことを考えても、座興唄を河童祭りの唄に転用したと見るのが妥当だろう。
 河童祭りの唄の場合は文句の大部分を笠づくしが占めているも、「そよそよ風に…」の文句は笠づくしとは全く無関係の文句である。つまり「笠づくし」の一連の文句と、同じ字脚ではあるが全く関係のない文句が同じ唄の中で共存しているのであって、これは大変重要なことだと思う。残念ながら「そよそよ風」が唄われた地域においては「猿丸太夫は奥山に…」の文句の記録はないが、「そよそよ風」にしろ「笠づくし」にしろ、座興唄として唄う場合には「猿丸太夫」の文句を唄うこともあったかもしれない。また、反対に盆踊りで「猿丸太夫」を唄う際に、文句をいろいろと知っている音頭取りが途中から笠づくしの文句を口説くこともあったかもしれない。
 hの「そよそよ風」における笠づくしの文句は、津鮎踊りの「笠づくし」(f)に比べて同じ言葉を繰り返し使っている箇所が多々見受けられる。口承の過程において変化したものであり、どちらが正しいとかいう問題ではないのだが、fの方がより元唄に近いのではないだろうか。またhは下の句を返して唄っているのだが、この返し方はgとはまた異なっている。gの場合は下の句をそのまま繰り返すことで1句を1,5節で唄っているのに対して、hは下五字を2回繰り返した後に下の句をつけることで、1句を2節で唄っている。ともあれ、下の句を返したり返さなかったりの違いはそう大した問題ではない。

i 座興唄「そよそよ風」(山国町)
☆そよそよ風に誘われて 裾もホラホラ 歩み行く
 ソラ ヨイヨイヨイ ヨイトサー
☆そら舞いまする 舞いまする 空を燕が舞いまする

j 座興唄「そよそよ風」(九重町、玖珠町)
☆そよそよ風に誘われて 裾もちらほら舞い上がる
 ヨイヨイヨイヨイ ヨイヤサ
☆そら舞いまする舞いまする 空を燕が舞いまする
☆そら行きまする行きまする 梁を鼠が行きまする
☆否でも応でもせにゃならぬ まくり落としの屋根がえを
☆長いもあれば短いも ある侍の腰のもの

 iとjは、座興唄として唄われたものである。hと比べると、下の句を返していないのが大きな違いだが、全体としては似たようなものである。笠づくしの文句は記録になかったが、唄う人もあったかもしれない。「そよそよ風」と呼んでいるからには、この文句を冒頭に唄うことは決まっていたのだろうが、それから先は字脚の合う文句を好き好きに唄ったのだろうと思う。実際、jを見ると3節目までは一応連絡を保っているも、4節目以降はそれまでと全く関係のない文句になってきている。
 ところでh~iに共通して、大野・直入地方の「猿丸太夫」ならびに湯布院の「笠づくし」についていたトッチンチンリン等の口三味線風の囃子がない。しかし、このことで「そよそよ風」は「猿丸太夫」「笠づくし」とは全くの別物であるとは言えないだろう。阿蘇の猿丸太夫(g)の例もある。「そよそよ風」が座興唄であるといっても農村部においては三味線を使うことは稀であっただろうから、トッチンチンリン…の部分を三味線で引いたとは考え難く、「ヨイヨイヨイヨイヨイヤサ」の後、トッチンチンリンの節を省いてすぐに次の文句に移行していたと見るのが妥当だろう。玖珠の森町では三味線を使った可能性も考えられるが、その他の地域では、その可能性は極めて低い。
 ヨイヨイヨイヨイ…の囃子の節は、「笠づくし」よりも大野・直入の「猿丸太夫」のそれに近い。しかし河童祭りの「そよそよ風」では笠づくしの文句も唄われている。やや強引かもしれないが、このことによって間接的に「猿丸太夫」と「笠づくし」が本来同じものであったという推論が、より確信的なものになった。

 

 

鶴崎踊りの猿丸太夫

 今度紹介する鶴崎踊りの「猿丸太夫」は、先に紹介した大野・直入の「猿丸太夫」とはガラリと雰囲気が異なる。

k 盆踊り唄「猿丸太夫」(大分市鶴崎)
☆来ませ見せましょ鶴崎踊り いずれ劣らぬ花ばかり
 (ヨイヨイヨイヨイ ヨイヤサ)
☆娘島田に蝶々がとまる とまるはずだよ花じゃもの
 (踊りは花だよ花だよ)

 鶴崎踊りの「猿丸太夫」は大野・直入のものよりもずっとテンポが遅く、文句を長く引き伸ばして唄う。例えば「ヨイヨイヨイヨイヨイヤサ」の囃子にしても、大野・直入においては「ヨイヨイヨイヨイ、ヨイヤサー」と2息で唄うのに対して、kは「ヨイーヨーイー、ヨイーヨイー、ヨイヤーサー」と3息になっている。ほかにも唄い出しからいきなり高音に跳ね上がる点など、より技巧的・お座敷調になっている。上の句の「アラショイショイ」等の囃子言葉がないし、三味線や胡弓等の楽器も用いており、大野・直入のものと比べるとかなり洗練された雰囲気。当然、最後に「トッチンチンリントッチンチンリン」と囃したりしないし、三味線の間奏自体が「トッチンチンリン」の節ではない。それでも、大野・直入の「猿丸太夫」を、かなり遅いテンポで、引き伸ばして唄うと鶴崎の節にそれなりに近くなるのは確かだ。
 鶴崎の「猿丸太夫」は、上方から伝わった唄とされている。そうなると大野・直入の「猿丸太夫」は鶴崎から伝わったものと言えそうだ。では、なぜこんなに両者の雰囲気が異なるのかと言えば、長年の伝承の過程で、それぞれに変化していったからだろう。現在鶴崎で唄われているkの「猿丸太夫」も、鶴崎に最初に入ってきたままの節であるとは考え難く、きっと「よりよい節に」、何度か改められたのではないかと思う。長く引き伸ばして唄うのも、その変化の一つだろう。節の引き伸ばし方には、「潮来節」や「槍さび」の影響が感じられる。ヨイヨイヨイヨイヨイヤサの後の三味線の節が、大野直入における「トッチンチンリントッチンチンリン」の節と全く異なっているのも、おそらく記録に残っていないほど大昔に、三味線の手が改められた結果だろう。
 文句を見ても、大野・直入のものは必ず「猿丸太夫は奥山に」の文句で唄い始めており、それが唄の名前の由来なのに、鶴崎においてはこの文句を排除して「来ませ見せましょ…」と踊り自慢の文句で唄い始めている。そこから先も当たり障りのない七・七・七・五の文句が続いており、各節の連絡が全くないし、最早、なぜこの唄を「猿丸太夫」と読んでいるのかも分かりにくくなっている。これも鶴崎においてこの唄がより優雅に、洗練された雰囲気になるように改められてきたことを物語っている。

l 盆踊り唄「鶴崎踊り(別府踊り)」(別府市)
☆踊り踊らばしなよく踊れ しなのよいのを嫁にとる
 (アリャヨイトサノ) ヨイヨイ ヨイヨイ ヨイヤサ
☆盆の十六日おばんかて行たら 茄子切りかけ ふろうの煮しめ
☆盆の十六日おばんかて来たら 上がれ茶々飲め やせうま食わんか
☆別府踊りはどこでも流行る 差す手引く手のしなのよさ

 lは別府市で唄われた「猿丸太夫」で、一般に「鶴崎踊り」と呼ばれたものである。市街地を中心に踊られていたようで、タイヘイから戸山愛子が「別府踊り」のタイトルでレコード(SP盤)に吹き込んでおり、ひところはかなり流行したのだろう。また内成地区においても「鶴崎踊り」の名で「猿丸太夫」を踊ったこともあったが、これは元来行われていた「祭文」や「三勝」等の一連の地踊りとは異なり、鶴崎踊りの流行に伴って一時的に「猿丸太夫」を取り入れてみたもので、踊り方が難しいので長続きしなかったそうだ。
 残念ながら実際に別府市街地や内成地区で唄われた「鶴崎踊り(猿丸太夫)」を聴いたことはないのだが、幸い戸山愛子の「別府踊り」のレコードを持っているので、それを参考に本場鶴崎のkと比較してみる。まず気付いたのが、kよりもほんの少しテンポが速いということ。その上、微妙に弾んだような、端唄風の節回しになっている。三味線の節も鶴崎とは異なり、賑やかな騒ぎ唄のような雰囲気。ただしこれはレコード吹き込みの際の改変かもしれないし、或いは別府券番において座興唄・騒ぎ唄として唄うときの唄い方・三味線の弾き方だったのかもしれない。多分、後者にあたるのではないかと思う。戸山愛子のレコード「別府踊り」と、実際に別府の盆踊りで唄われた「鶴崎踊り」とが全く同じかというと、そうではないだろう。
 ともあれ、鶴崎踊りが近隣地域においてもかなり流行し、影響を及ぼしたことがよくわかる。実際、大分市内(平成の合併前)のほぼ全域の盆踊りが鶴崎踊りに同化しているほか、野津原町でも盛んに踊られていたようだ。さらに昔は山香町の一部地域においても「猿丸太夫」が踊られたとのことだが、これは鶴崎のものと同じ節だったかどうかは定かではない。なお、挾間町における「猿丸太夫」は「祭文」の節であり、これは鶴崎踊りの「祭文」が入ってきた際に呼称を混同した結果だろう。また姫島村の「猿丸太夫」は踊りの所作の名前であって、唄自体は猿丸太夫とは全く関係がない。

 

 

おわりに

 以上で、大野・直入の「猿丸太夫」、湯布院の「笠づくし」、耶馬溪・玖珠の「そよそよ風」、鶴崎踊りの「猿丸太夫」の紹介を終える。音楽的な知識の欠如のため、実際に現地の「猿丸太夫」や「笠づくし」を聞いたことのない方にとってはわけのわからない説明になってしまったが、一応、「猿丸太夫」と「笠づくし」の類似性を自分なりに考察してみた。どれもその土地なりに節が違い、それぞれによさがある。鶴崎踊りに関しては伝承が絶える虞は皆無といってもよいが、大野・直入の「猿丸太夫」や湯布院の「笠づくし」は観光化されていないため、今後の伝承はますます困難になっていくだろう。別府の「鶴崎踊り(猿丸太夫)」は絶えてしまっているが、単に「流行りもの」を取り入れただけでなく、きっと別府なりの個性もあったはずであり、その意味で途絶えたことは本当に残念だ。地域ごとの多様性が保たれつつ、唄だけでなく踊りもどうにか伝承されれば…と思う。