盆踊り唄「長音頭」(佐伯市北部) <77・77・77段物、二上り>

☆佐伯領とや堅田の谷よ(ハドッコイセー) 堅田谷でも宇山は名所

 名所なりゃこそお医者もござる(セノセー ヨーイヤセー)

☆お医者その名は玄了様と これはこの家の油火の 明る行灯もまたたく風に

メモ:この唄は南海部地方一円に広く残っており一般に太鼓のみの伴奏だが、堅田踊りでは三味線を加えた賑やかな伴奏である。通常、「お為半蔵』とか「小五郎」など段物の外題で呼ぶが、堅田周辺では一般に「長音頭」と呼んでいる。それは、他の曲目が「思案橋」やら「茶屋暖簾」やら、小唄形式の唄が多くせいぜい10分程度で終わるのに対して、これは長い段物を延々と口説くもので長時間唄い踊ったからだろう。名前の通りに昔は長時間踊り、途中に「さわ節」や「落とし」という違う節回しを挿み変化を持たせていた(古い音頭本ではその部分を括弧でくくったり庵点を振ってわかるようにしている)。今は一連の堅田踊りの最終にせいぜい十五分程度しか踊らないことが多く、全部同じ節で通している。鶴見町のうち沖松浦で唄われる長音頭は太鼓のみの伴奏だが昔の唄い方がよく残っており、字脚が5字になるところに祭文の節を挿んで変化を持たせている。踊り方に関して言うと、泥谷と柏江を除いて、一般に16足で所作が一巡する。この踊り方は県内各地に影響を及ぼしており、臼杵踊りの「祭文」や津久見の「三勝」、野津の「三重節」、三重の「由来」などは唄は違う唄なのに、明らかに長音頭の16足の踊り方の名残が見られる。また、犬飼、緒方、朝地、牧口などに広く残っている「佐伯踊り」「八百屋」は、節回しも明らかに「長音頭」であり、当然踊り方も16足の長音頭とそっくりである。宮崎県にも類似する踊りが広く残っており、往時の流行の程が伺える。

 

盆踊り唄「長音頭」(佐伯市長谷) <77・77・77段物、二上り>

☆佐伯領とや堅田の谷よ(アラドッコイセ) 堅田谷でも宇山は名所

 名所なりゃこそお医者もござる(ドッコイサノセー ヨーイヤセー)

☆お医者その名は玄了様と これはこの家の油火の 明る行灯もまたたく風に

 

盆踊り唄「長音頭」(佐伯市岸河内) <77・77・77段物、本調子>

☆扇めでたや末広がりて(アラドッコイショ) 鶴は千年 亀万年と

 祝い込んだる炭窯の中(セノセー ヨーイヤナー)

☆真名野長者の由来を聞けば 夏は帷子 冬着る布子 一重二重の三重内山で

メモ:大字長谷の中でも、城村辺りのものは堅田の北部地区のものとほぼ同じだが、岸河内まで行くと節が僅かに異なる(三味線の調弦も異なる)。また、岸河内では「お為半蔵」でなく「炭焼き小五郎」を口説くようだ。

 

盆踊り唄「長音頭」(佐伯市西野・波越・石打・府坂・泥谷) <77・77・77段物、二上り>

☆消ゆる思いは玄了様よ(ヨイヤセー) 一人息子に半蔵というて

 幼だちから利口な生まれ(ヨイヤセー ヨーイヤセー)

☆家の伝えの医者仕習うて 匙もよう利き見立ても当たる 堅田もとよりご城下までも

メモ:西野の長音頭は、宇山や北部のものと足運びが少し異なる。泥谷の踊り方は、一般的な長音頭に2回手拍子を加えており、都合5回手拍子をすることになる。

 

盆踊り唄「大文字」(佐伯市柏江) <77・77・77段物>

☆淵にヨー 身を投げ刃で果つる(ヨイトセ) 心中情死は世に多かれど

 鉄砲腹とは剛毅な最期(ヨイトサノセー ヨーイヤナー)

メモ:柏江では長音頭を大文字と呼んでいる。女踊りは扇子を持ち、クルクルと翻して踊る。男踊りはうちわを持ち、飛び跳ねるように踊る。長音頭とよく似た踊り方だが足運びが異なり、途中で後ろ向きになる部分で扇子(うちわ)をかざす所作が入り、その部分が1呼間短いので15足で一巡することになる。大文字の呼称は、おそらく「大文字屋かぼちゃ」からと思われる。大文字かぼちゃの唄は「一郎兵衛」とか「だいもん」「大文字屋」などと呼んで他集落に多く残り、北部地区では長音頭と同じ踊り方である。多分、大昔は柏江でも「大文字屋かぼちゃ」が唄われていたが廃絶し、踊り方の呼称として「大文字」が残ったのだろう。

 

盆踊り唄「兵庫節」(佐伯市柏江) <77・77・77段物>

☆月は清澄 日は満々と(ヨイヨイ) おどり栄ゆる平家の御代も

 勇む平家の嵐に揉まれ(ヨーイーヤセーノ ヨーイーヤセ)

メモ:他集落の長音頭に類似する手踊りだが、足運びが異なる。節も長音頭と似ているが、こちらは陰旋法。

 

盆踊り唄「那須与一」(佐伯市長谷、宇山、汐月、江頭、蒲江町屋形島) <77・77段物、二上り>

☆月は清澄 日は満々と(アリャナー コリャナー)

 おごり栄ゆる平家の御代も(アリャ ヨイトナー ヨイトナー)

☆勇む源氏の嵐にもまれ 散りてはかない平家の連よ

メモ:佐伯市長谷・宇山・汐月では「切音頭(那須与一)」と呼ばれるが、現在は「長音頭」を最後に踊っている。扇子踊り。同じことの繰り返しが多いが、踊りが揃いにくい。扇子を一斉に上下に繰りながら少しずつ進み、さっと回って後ろ向きに弓を引く所作など、なかなか壮観である。

 

盆踊り唄「切音頭」(佐伯市岸河内) <77・77段物、二上り>

☆月は清澄 日は満々と(コラセイ ソコセイ)

 おごり栄ゆる平家の御代も(ヨイトナー ヨイトナー)

メモ:大字長谷のうち、城村辺りのものは宇山のものと全く同じ節だが、岸河内のものは少しだけ節が異なっている。

 

盆踊り唄「男だんば」(佐伯市西野) <77・77段物、二上り>

☆国は関東 下野の国(アラセ)

 那須与一という侍は(ヨイヤセー ヨーイヤセ)

☆なりは小兵にござ候えど 弓矢弓手に名は萬天と

☆のぼせ給いしところはいずこ 四国讃岐の屋島が沖で

☆源氏平家の御戦いに どちも勝負がつかざるゆえに

☆平家方なる沖なる船に 的に扇をあげたるていよ

☆あれは源氏に射よとの的よ(アラセ)

○九郎判官それご覧じて 那須与一を御前に召され

 (ヨイヤセー ヨーイヤセ)

☆与一御前にあいつめければ 九郎判官仰せしことに

☆与一あれ見よ沖なる船は 的に扇を立てたるていよ

☆なれが力で射てとるならば 弓の天下を取らしょうものに

☆かしこまったと御前を下がる 与一その日の出で装束は

☆常に変わりていと華やかに 嘉珍明石の錦を召さる

○白糸緋縅の鎧着て 青の名馬を駒引き寄せて

☆手綱かいとりユラリと乗りて 小松原より波打ち際を

☆しんずしんずと歩ませければ 四国讃岐の屋島が沖は

☆風も激しく波高ければ 的の扇も矢に定まらぬ

☆そこで与一が観念深く 南無や八幡那須明神よ

☆どうぞこの的 射させて給え 祈請かくれば屋島が沖は

☆風も治まり波鎮まりて 神の功力か矢に定まりて

☆切りて放せば扇の的は 風に誘われ二舞い三舞い

☆沖の平家が船端叩く 陸の源氏は箙を叩く

○那須の高名 数多かれど 与一功名はまずこれまでに

メモ:采配(房飾りのついた長い棒)を振り回したりかついだりしながら踊る。途中で節の異なる節(○)を挟む。那須与一を口説くが、「兵庫節」のときの文句とも、また国東半島に伝わっている文句とも異なっている。どうも下関の平家踊りの文句に似ているようだ。

 

盆踊り唄「女だんば」(佐伯市西野) <77・77段物、二上り>

○東西 東西 東西南北静まり給え(ヨイヤセー ヨーイヤセ)

☆人の浮き伏し我が身の上は(アラセ)

 たとえがたなき四池の里の(ヨイヤセー ヨーイヤセ)

○お梅伝治がさよいこい衣

☆さてもお梅はいかなる生まれ 目許口許 顔立ちのびて

☆ことに鼻筋 五三の器量 笑顔楊貴妃さてかみの上

☆心島田で人あいぐすね むかし松風 村雨などと

☆たとえがたなき四池の里の 草に育てし見目とも見えず

☆お梅十四の冬籠りより 伝治心はおりおり心

△ほうびき戻りにそれこなさんと 交わす枕の夜は長かれと(ヨイヤセー ヨーイヤセ)

☆思いながらもただ恐ろしゅて 顔に紅葉はちりちりぱっと

☆恋の蕾の開いた夜は 人の色香も匂いの梅に

☆伝治心は鶯の鳥 つけて廻すが月夜も闇も

☆親の許さぬ比翼の契り かかるためしは あな気の毒や

△これのお申し伝治さん お顔見るのも今宵が限り

☆わけも言わずにただ殺してと 怨み涙は五月の雨に

☆伝治驚きこは何事と 様子語れとはや泣きじゃくり

☆ほんにお前に知らせはないか わしはそもじの兄八郎様が

△妻にせんとて今日夕暮れに えこんおさまる吉日定め

☆眉を直せと鏡のいはい それと聞くより気も針箱の

☆底を叩いた私が心 愛しこなたと言うことならぬ

☆狭き袂に石拾い込み まもの池にと最期を急ぐ

☆伝治引きとめこれお梅どの どうも言われぬ嬉しい心

☆死ぬるばかりが心中でもなし 江戸や薩摩に行く身でもなし

☆同じ四池の水飲むからは 時節松風また転び寝の

☆忍び逢う夜もありそう梅の 沖の鴎や磯千鳥

△それと聞くよりなどをして やがて嫁入りしゅうことさ

メモ:男だんばと同種の唄だが、節は異なる。ごく易しい手踊りで、おそらく堅田踊りの中でも最も簡単な部類だろう。

 

盆踊り唄「織助さん」(佐伯市黒沢) <75・75段物、調弦不明>

☆たとえ織助死んだとて 何が卒塔婆に立てらりょか

☆京の三條のまた三條 花は助六 女郎屋町

メモ:1節ごとに三味線の合いの手が入り、囃子言葉はない。易しい節の段物口説だが、それなりに洗練されており堅田踊りらしい雰囲気がある。