盆踊り唄「恋慕」(佐伯市宇山・汐月・江頭・長谷) <77・75小唄、三下り>

☆船は出て行く帆かけて走る 茶屋の娘は出て招く

 サー恋慕(恋慕 恋慕 ヤー恋慕や)

☆咲いた桜になぜ駒つなぐ 駒が勇めば花が散る

☆遠く離れて逢いたいときは 月が鏡になればよい 

☆恋に焦がれて鳴く蝉よりも 鳴かぬ蛍が身を焦がす

☆灘と女島は棹差しゃ届く なぜに思いは届かぬか

メモ:手踊り。ぶらぶらと両手を振りながら行ったり来たりする所作がおもしろい。

 

盆踊り唄「芸子」(佐伯市波越) <77・75小唄、二上り>

☆わしは卑しき芸子はすれど 言うた言葉は変わりゃせぬ

 ヨーイヨーイ ヨーイヨーイヤナー

☆縞の木綿の切り売りゃなろが 芸子切り売りゃそりゃならん

☆わしは今来てまたいつござる 明けて四月の茶摘み頃

メモ:佐伯市波越のみに伝承されている。左手に開いた扇子、右手に畳んだ扇子を持って踊っているが、おそらく昔は右手には綾棒を持っていたのだろう。唄も踊りも比較的易しい。

 

盆踊り唄「わが恋」(佐伯市竹角・波越) <5・75・75・75小唄、本調子>

☆わが恋は 住吉浦の(ヤレソレヤレ) 夕景色(合)

 ただ青々と待つばかり(合) 待つは憂いもの辛いもの

☆わが恋は 細谷川の 丸木橋 渡るに怖き渡らねば 可愛いトイチの手が切れる

☆奥山の 紅葉踏み分け 鳴く鹿の 声聞く度に慕い来る 逢うてどうしょうこうしょうと

☆初花が 夫の勝五郎 介抱して 箱根の山を引く車 さても貞女な操かな

メモ:この唄は端唄として今でも広く知られている「三下り(わが恋)」だが、節回しはかなり変化している。同種の唄は県内の他地域でも座興唄として唄われたようで、広く流行していたらしい。波越では左手に開いた扇子、右手に畳んだ扇子を持って踊る。畳んだ扇子は、提灯の代用と思われる。

 

盆踊り唄「わが恋」(佐伯市府坂) <5・75・75・75小唄、本調子>

☆わが恋は(合) 細谷川の(合) 丸木橋(合)

 渡るに怖し渡らねば(合) 可愛いトイチの手が切れる(ソレ)

☆わが恋は 住吉浦の 景色にて ただ青々と松ばかり まつはよいもの辛いもの

☆出てみれば 蝶が牡丹で 羽を休め 猫めは日向で昼寝する 寝ては夢見る心地かな

☆初花が 夫の勝五郎 介抱して 箱根の山を引く車 さても貞女な操かな

☆美津姫が 主を殺した 天罰に 報いは親にこの通り 槍の穂先に手をかけて

☆奥山の 紅葉踏み分け 鳴く鹿の 声聞く度に慕い来る 逢うてどうしょうこうしよう

メモ:波越とは少し節が違っている。左手に開いた扇子、右手には提灯のついた棒を持って踊る。

 

盆踊り唄「十二梯子」(佐伯市波越) <75・77・75・45小唄、本調子>

☆十二梯子の二階より(ヤレソレヤレ) 上からお軽さんがのんのべ鏡

 下じゃ由良之助文を読む ささ 縁の下 九太夫がな ヨシヨシ

☆塩冶判官高貞が 白木の三方に腹切刀

 力弥 由良之助まだ来ぬか ささ 只今参上でな

☆鶴岡なるご神殿に 数多の兜のある中で

 これが高貞さんの兜じゃと ささ 顔世が目利きでな

メモ:仮名手本忠臣蔵の見せ場を寄せ集めた唄。大昔の流行小唄で、京都や新潟、鹿児島など、あちこちに盆踊り唄として残っていた。特に京都の福知山市では「鶴が岡踊り」の題で、ほぼ同じ曲節のものが唄われた。畳んだ扇子を持って踊っているが、昔は綾棒を持って踊ったのだろう。「芸子」と同じくゆったりとしたテンポの踊りで、途中でその場に留まり、畳んだ扇子の両端を両手で挟んで高く掲げ、ゆっくりと繰る所作が独特でおもしろい。

<参考> 鶴が岡踊り(京都府福知山市)

 ☆鶴ヶ岡の神前に 数多の兜のあるその中で どれが義貞さんの兜やら

  ササ顔世の目利きで ヨシヨシ

 ☆梅と桜の花くらべ 御使者の力弥さんに小浪が惚れて

  顔はほんのり照る紅葉 奥さん作病で

 ☆歌の返事に師直が 塩谷さんに怨みが騒動の元よ

  こらえこらえしその余り 松の間の刀傷

 ☆塩谷判官高貞が 白木の三宝に腹切刀

  力弥由良之助はまだ来ぬか ただいま参上

 ☆主の恨みの数々を 胸にひそめて由良之助

  家中なだめて解散す これからお城の明け渡し

 ☆正月二日の初夢は 数多の公家衆が寄り集まりて

  沖を見晴らす天保山 宝の入船

 

盆踊り唄「高い山」(佐伯市長谷・宇山・汐月・江頭・津志河内・小島) <77・75小唄、二上り>

☆高い山から谷底見ればヨ(ソコソコ)

 瓜や茄子の花盛りヨ アラソーレモ(合) アラも一つ

☆高い山からお寺を見れば お寺寂しや小僧一人

☆あの子よい子だ 牡丹餅顔で 黄粉つけたらなおよかろ

☆あの子見るとて垣で目をついた あの子 目にゃ毒 気にゃ薬

☆好いてはまれば泥田の水も 飲めば甘露の味がする

メモ:「与勘兵衛」と同じく、堅田周辺の集落に広く伝承されている。難しい唄と踊りが多い堅田踊りの中で、比較的簡単なものである。同種の唄は福岡県でも一部地域で盆踊りの際唄われるほか、座興唄としては全国的に伝承されていたようである。宇山辺りではゆったりとしたテンポで踊り方も大人しいが、波越や西野ではテンポが速く、野趣に富んだ踊り方である。いずれも手踊り。

 

盆踊り唄「高い山」(波越・石打・府坂・竹角) <77・75小唄、二上り>

☆高い山から谷底見ればヨ(合) 瓜や茄子の花盛りヨ

☆高い山からお寺を見れば お寺寂しや小僧一人

☆あの子よい子だ 牡丹餅顔で 黄粉つけたらなおよかろ

☆あの子見るとて垣で目をついた あの子 目にゃ毒 気にゃ薬

☆好いてはまれば泥田の水も 飲めば甘露の味がする

 

盆踊り唄「牡丹餅顔(高い山)」(西野) <77・75小唄、三下り>

☆ソレー 高い山から谷底見ればヨ(ソコソコ)

 瓜や茄子の花盛りヨ アラソーレワ(合) アラま一つ

☆高い山からお寺を見れば お寺寂しや小僧一人

☆恋で身を病みゃ親達ゃ知らず 薬飲めとは親心

☆ござれ話しましょ小松のかげで 松の葉のよに細やかに

☆あの子ぁよい子じゃ 牡丹餅顔で 黄粉つけたらなおよかろ

☆鮎は瀬に棲む 鳥ゃ木にとまる 人は情けの下に住む

☆あの子見るとて垣で目をついた あの子 目にゃ毒 気にゃ薬

☆好いてはまれば泥田の水も 飲めば甘露の味がする

 

盆踊り唄「牡丹餅顔」(佐伯市青山) <77・75小唄>

☆あの子よい子よ 牡丹餅顔じゃナ(ソレ)

 黄粉つけたらなおよかろ(イヤ ソーレバ)

☆今朝の寒さが笹山越えて 露が袴の裾濡らす

メモ:堅田の「高い山」と同種。

 

盆踊り唄「お竹さん」(佐伯市波越) <その他の字脚、二上り>

☆黒い羽織に三つ紋つけてナー シテコリャ 男がどうしゃんす

 小藪の陰からストトントン もうしもうしとお竹さんかいな

 アイナアイナ アーンコアイナ

☆黒い羽織に三つ紋つけてナー シテコリャ 男がどうしゃんす

 しゃならしゃならでストトントン アンゲラモンゲラアンゲラモンゲラ

 しゃならしゃならとストトントン 障子の陰から

 もうしもうしとお竹さんかいな アイナアイナ アーンコアイナ

メモ:テンポが速め。半開きの扇子を持って踊るが、野趣に富んでおり、両手を互い違いに上下させながら足を互い違いに踏む所作もおどけた感じでおもしろい。途中、淀の川瀬と同じく同じ輪の中で前向きの人と後ろ向きの人が交互になるところがあり、向かい合わせになるという凝った踊り方である。

 

盆踊り唄「お竹さん」(佐伯市石打) <その他の字脚>

☆嘘じゃござんせんほんとの女郎衆 なんしてなんして 男がなんとするか

 いつも振袖ナンアンアン アンゲラモンゲラモンゲラアンゲラ

 いつも振袖ナンアンアン 柳の木陰で もうしもうしとお竹さんかいな

 アイナ アーンガ アイナ

 

盆踊り唄「初春」(佐伯市青山) <75・75・75小唄>

☆明けて初春 初春に ヨーイ 恋という字を帆にあげて お客を ヨイセ

 乗せます宝船 ハーヤレ イヤソレ ソレソレ ヨーイヤナー

☆もはや紋日の如月の 客を待つ夜のその長さ 道理じゃ今年は午の年

 

盆踊り唄「いろは」(佐伯市西野) <5・7・77・75・5小唄、二上り>

☆アリャドッコイ

 いの字がエ いの字がエ ヤレーサテーナ

 いの字で言わば サイナー いつの(ドッコイ) 頃より

 つい馴れ初めて(ドッコイ) ソーレジャワー ソーレジャワー(合)

 今は思いの種となる 恋じゃえ ソーリャー

☆ろの字がえ ろの字がえ ろの字で言わば

 路地の駒下駄つい踏み鳴らし あとは思いの種となる 恋じゃえ

☆はの字がえ はの字がえ はの字で言わば

 羽交揃えて空舞う鳥も 吹いて止めます尺八の 音色かな

☆にの字がえ にの字がえ にの字で言わば

 憎い男のその立ち振りは 思い直して晴れ晴れと 恋じゃえ

☆ほの字がえ ほの字がえ ほの字で言わば

 惚れた男のその立ち姿 長い羽織に落とし差し 恋じゃえ

メモ:佐伯市西野のみに伝承されていたが、現在踊られていない。「花笠」と同程度のテンポ。陽旋法だが、1節目でいうと「ソレジャワーソレジャワー」の後に三味線の合の手が入り、テンポを少し落として「今は思いの…」と唄い始める点などとても洗練されている。小唄というよりは「小歌」といった雰囲気。とてもよい唄なので、今は全く唄い踊る機会がないのが惜しまれる。

 

盆踊り唄「南無阿大悲」(佐伯市波越) <75・75・75小唄、二上り>

☆南無弥大悲の観世音 導き給えや観世音 いつよりわれらを流転して

 (ヨイヤサテナー ヨイヤサテナー)

☆むつの巷にさまよえる 大師は娑婆に流転して あらゆる苦患にさまよえる

☆今年は豊年万作じゃ 道の小草に米がなる 道の小草に米がなる

メモ:佐伯市波越のみに伝承されている。伊勢節と同じ節だがこちらは手踊り。

 

盆踊り唄「お染」(佐伯市石打) <75・75・75・75小唄>

☆夕べの風呂の上がり場で(合) この腹帯を(コラセ) 母さんに

 見つけられてこりゃお染 この腹帯は何事ぞ ホホお染さんせ(ハイ)

☆父は高いのを上と言うて 母は低いのを 上と言う

 何のことかと問うたなら 上りかまちのことじゃげな

☆ここは都の大阪で きいつ着物を 角屋敷

 瓦屋橋とや油屋の 一人娘のお染とて

☆夕べお染が寝間にいて といつくどいつ 意見すりゃ

 泣いてばっかりいやしゃんす 泣いてばっかりいるわいな

☆さても優しき蛍虫 昼は草葉に 身を隠し

 夜は細道 灯をとぼす 今の若い衆のためになる

メモ:佐伯市石打のみに伝承されている。手拭い踊りで、軽やかなテンポだが所作が一巡するまでが長く、なかなか難しい。手拭いをさっと振り回して左肩にひっかけながらクルリと回って後ろ向きになる部分が何とも言えない風情があり、よい踊りである。

 

盆踊り唄「大阪節」(佐伯市府坂・竹角) <77・75小唄>

☆大阪出てからまだ帯ゃとかぬ 帯はとけても気はとかぬ

☆ござれ話しましょ小松の下で 松の葉のよに細やかに

☆松の葉のよな細い気持たず 広い芭蕉葉の気を持ちゃれ

 

盆踊り唄「浮名」(佐伯市西野) <75・75・75小唄、本調子>

☆浮名は立つとも変わるまい 身はただ塵と捨てら 捨てられぬ

 ナンマイダー コラセ ナンマイダーで浮名立つ

 ハレワイサーコノ トチンチン トチンチチンチリ チリツンシャン

 ヤレーサーテー ヤレーサーテー ヤーヤートヤー

☆恋しき人のためじゃとて しきびの花を手向け 手向けつつ

 ナンマイダー ナンマイダーで浮名立つ

☆仏の奥の大黒は 福神ならで貧乏 貧乏神

 ナンマイダー ナンマイダーで浮名立つ

メモ:大昔の流行小唄である。佐伯市西野のみに伝承されていたが今は踊っていない。加藤正人先生の録音された音源のCDを聴くと、これのみ無伴奏で唄っている。きっとトチンチン、トチンチチンチリチリツンシャンの部分は本来は三味線の節であったのを、口三味線としたのだろう。踊られなくなってかなり時間が経っているようだ。

 

盆踊り唄「新茶」(佐伯市西野) <7・75小唄>

☆新茶点ちょうより 濃茶買うて ちと買うて 茶々とでな

 新茶点ちょうより 濃茶買うて ちと買うて 茶々買うて ションガイー

 アーコノ オー買うて ちと買うて 茶々買うてな

☆わしはこの町の すいか ぼうぶら 売りじゃとな

 わしはこの町の すいか ぼうぶら 売りじゃと ションガイー

 アーコノ すいか ぼうぶら 売りじゃとな

☆わしは黒沢の おすみ すみつけ 駄賃とり

 わしは黒沢の おすい すみつけ 駄賃と ションガイー

 アーコノ おすみ すみつけ 駄賃とり

メモ:わりと最近まで踊られていたようだが、今は全く踊っていない。集落の方いわく「踊り方が何だかよくわからなくなっている」由。唄の節は「お市後家女」と同程度のテンポで、陽旋法。古い流行小唄に「新茶点ちょうより…」の文句があるが、あれは昔の節は廃絶しており、今は関屋敏子が新しくつけた節で唄われており「裏の背戸屋」の題名で親しまれている。或いは、字脚は随分違うも西野の「新茶」は、もしかしたら「裏の背戸屋」の昔の節に近いのかもしれない。

 

盆踊り唄「ぼんさん忍ぶ」(佐伯市府坂・竹角・青山) <75・5・75小唄、二上り>

☆ぼんさん忍ぶは闇が良い ソーレ月夜には 頭がぶうらりしゃあらりと

 コチャ 頭がぶうらりしゃあらりと ヨーイ

☆お前待ち待ち蚊帳の外 蚊に食われ

 七つの鐘の鳴るまでは 七つの鐘の鳴るまでは

☆お前さんとならばどこまでも 奥山の

 ししかけいいとろの中までも ししかけいいとろの中までも

☆ここは石原 小石原 ちょっと出て

 下駄のはまちゃんとしもうた 下駄のはまちゃんとしもうた

メモ:流行小唄「コチャエ節(=お江戸日本橋)」と同種のものである。県内の他地域では、座興唄として唄われたようである。

 

盆踊り唄「竹に雀」(佐伯市石打) <77・75小唄、二上り>

☆竹に雀がしな良くとまる 止めて止まらぬ色の道

 (サマ 三石六斗で二升八合 サマションガエー)

☆お前や加古川本蔵が娘 力弥さんとは二世の縁

☆お前や嫌でもまた好く人が なけりゃ私の身が立たぬ

メモ:佐伯市石打のみに伝承されている。

 

盆踊り唄「ご繁昌」(佐伯市西野) <75・75・75小唄、二上り>

☆これな座敷はめでたい座敷(合) 鶴と亀とが舞い遊ぶ(ドッコイ)

 これもお家の福となる おお、ご繁昌エー ソレ(合) トコ(合) ソレ

☆これなお庭に茗荷と蕗よ 茗荷めでたや蕗繁盛 これもお家の福となる

☆これなおうちに二又榎木 榎実ならいで金がなる これもお家の福となる

☆飲めや大黒 唄えや恵比寿 中で酌する宇迦の神 これもお家の福となる

☆年の始めに若水むかえ 長い柄杓で宝汲む これもお家の福となる

☆お前や百までわしゃ九十九まで ともに命のある限り ともに命のある限り

☆智慧の海山 唐高麗の 寄せ物細工 からくりの 夜毎走るが智慧くらべ

☆お前や釣竿わしゃ池の鮒 釣り上げられてお座敷の 酒の肴となるわいな

☆これなお庭に井戸掘りすえて 水はもちろん金が湧く これもお家の福となる

メモ:佐伯市西野のみに伝承されている。手拭踊り。波越の「智慧のうみやま」と同じ節だがずっとテンポが速く、反復横とびをするように急いで左右に行ったり来たりしたり、両手を背中で組んで体を反らせて威張るなどおもしろい踊り方で、西野でも特に人気の高い踊りのようだ。

 

盆踊り唄「智慧のうみやま」(佐伯市波越) <75・75・75小唄、二上り>

☆知恵のうみやま唐高麗の(合) 寄せ物細工カラクリの

 (アラドッコイ) 智慧と竹田の知恵くらべ アーそうじゃいな(ソレジャワナーソレジャワナー)

☆お前や百までわしゃ九十九まで ともに白髪の生えるまで ともに白髪の生えるまで

☆恋し小川の鵜の鳥見やれ 鮎をくわえて瀬をのぼる 鮎をくわえて瀬をのぼる

メモ:ご繁盛と同じ節。佐伯市波越のみに伝承。ご繁盛と同じく手ぬぐい踊りだが、踊り方は異なる。ご繁盛よりもテンポがのろく踊り方もおとなしめ。