盆踊り唄「伊勢節」(佐伯市泥谷) <75・75・75小唄、二上り>

☆笛の音に寄る秋の鹿(マダセ) 妻ゆえ身をば焦がすなり

 豊年女の山路笛(ヨイヤサテナー ヨイヤサテナー)

☆そもそも熊谷直実は 花の盛りの敦盛を 打って無情を悟りしが

☆打って無情を悟りしが さすがに猛き熊谷も ものの哀れを今ぞ知る

☆咲いた桜になぜ駒つなぐ 駒が勇めば花が散る 駒が勇めば花が散る

☆一かけ二かけて三かけて 四かけて五かけて橋かけて 橋の欄干に腰かけて

☆一つや二つや三つや四つ 十よりうちの幼子が 賽の河原で砂で??

☆はるか向こうを眺むれば 十七八の小娘が 片手に花持ち線香持ち

メモ:佐伯市泥谷のみに伝承されている。テンポがよく賑やかで、節回しがおもしろい。扇子踊りだが踊り方は簡単。

 

盆踊り唄「団七棒踊り」(佐伯市石打) <77・75小唄>

☆富士の白雪朝日でとける 娘島田は寝てとける(アーヒヤ アーヒヤ)

☆娘島田に蝶々がとまる とまるはずだよ花じゃもの

メモ:団七といっても、志賀団七口説ではない。棒踊りなので「団七」と呼んだと思われる。佐伯市石打にのみ伝承。

 

盆踊り唄「本調子」(佐伯市泥谷、蒲江町屋形島) <77・75・75・75小唄、本調子>

△オイヤ桶屋さん門中で 底つきなき輪を締めしゃんせ

 やっぱり本輪がよいわいな

☆ハイヤハー 船は出て行く帆かけて走る(アリャアリャアリャ)

 茶屋の娘が(合) 出て招く ヤー(合) ヤー(合) 招けど船は寄らばこそ

 思い切れとの風が吹く(イヤマダマダ) ソレソレソレ ホンカイナ(ハー)

☆竹になりたや紫竹の竹に もとは尺八 中は笛

 裏はそもじの筆の軸 思い参らせ候かしこ

☆文はやりたし書く手は持たぬ やるぞ白紙 文と読め

 書いたる文さえ読めないわしが まして白紙なんと読む

☆梅も八重咲く桜も八重に なぜに朝顔 一重咲く

 わしは朝日に憎まれて お日の出ぬ間にちらと咲く

☆ここは色街 廓の茶屋よ のれん引き上げ お軽さん

 由良之助さんわしゃここに 風に吹かれているわいな

☆鷺を烏と見たのが無理か 一羽の鳥さえ鶏と

 雪という字も墨で書く あおいの花も赤く咲く

メモ:泥谷では、現在踊られていない。佐伯市波越の「ほんかいな」もこれと同じ唄だが、現在踊られていない。

 

盆踊り唄「ほんかいな」(佐伯市波越) <77・75・75・75小唄、本調子>

☆船は出てゆく帆かけて走る(イヤマダマダマダ)

 茶屋の娘が出て招く ヤー(合) ヤー(合) ソイ

 招けど船の(アーヨイトセー) 寄らばこそ

 思い切れとの風が吹く(イヤマダマダ)

 ソーレソレソレ ほんかいな ヤー(合) ヤー(合) ソイ

メモ:泥谷の「本調子」と同じ唄だが、三味線の手が違い、こちらは「ヤレソレソレほんかいな」の後もチントンシャン、チントンシャンの繰り返しだけですぐ次の文句に入る。高調子の難しい唄で間合いが取りにくい。今は踊られていない。

 

盆踊り唄「無理かいな」(佐伯市波越) <77・75・75・75小唄、本調子>

☆江戸に姉さん大阪に妹(合) 母は京都の(合) 島原に

 花じゃなけれども散り散りに 明けて悔しい玉手箱 思うてみさんせ無理かいな

メモ:「ほんかいな」を陰旋にしたような節でよく似ているが、こちらの方が唄い易い。おそらく元々は同じ唄だったのだろうが、新しい節が分かれ、古いものと新しいものと、どちらも残ったのだろう。今となっては「ほんかいな」と「無理かいな」のどちらが古いのかはわからない。「ほんかいな」の方がより技巧的であることから、或いは、より簡単に唄える節として「無理かいな」が分かれたのかもしれない。

 

盆踊り唄「花笠」(佐伯市西野) <77・75・75・75小唄、本調子>

☆菊も八重咲く桜も八重に(合) なぜに朝顔(ヨイトセ) 一重と咲く

 わしは一重に咲きかねて お日の出ぬ間にちらと咲く

 (思うてみさんせ 無理かいな ソレ)

☆鷺を烏と見たのが無理か 一羽の鳥さえ鶏と

 雪という字も墨で書く あおいの花も赤く咲く

☆会いた見たさは飛び立つごとく かごの鳥かや ままならぬ

 かごの鳥ではなけれども 親が許さぬかごの鳥

☆竹になりたや紫竹の竹に もとは尺八 中は笛

 裏はそもじの筆の軸 思い参らせ候かしこ

☆文はやりたし書く手は持たぬ やるぞ白紙 文と読め

 書いたる文さえ読めないわしが まして白紙なんと読む

☆江戸にあねさん大阪に妹 母は京都の島原へ

 花じゃなけれど散り散りと 開けて悔しき玉手箱 

メモ:波越の「無理かいな」と同じ唄だが、三味線の手が違う。波越ではもう唄われておらず、今は西野のみで唄い踊られている。昔は花笠などを用いたらしいが、現在は一般に扇子2本で踊る。花扇に比べると全体的に易しいが、片足を引いて重心を乗せ、その側の扇子を引きあげて反対の扇子を差し伸べながら体を傾ける所作が難しい。手が込んでいるので覚えるのは容易ではない。

 

盆踊り唄「花扇」(佐伯市西野) <75・75・75・77小唄、本調子>

☆三五の月の乱れ髪(合) 兼ねて逢いたさ 見たさをば

 その日の契りカネつけて ソリャ(合) ソリャ(合) 末はお前に任せる身じゃぞえ

☆熊谷次郎真実は 須磨の浦にて敦盛を

 打ちて無情を悟りしが 末は蓮浄法師となる身じゃぞえ

☆千鳥も今はこの里に いとし可愛いの源太さん

 鎧代わりに三百両 辛や無間の鐘つく身じゃぞえ

☆手樽の山に差し向い 茶碗引き寄せ二つ三つ

 たがやき水の香りぞや 顔に紅葉がちりちりぱっとえ

☆軒端を伝う鶯の いとし恋しに来たものに

 もとの古巣に帰れとは あまりつれなや情けないぞえ

メモ:西野のみに伝わってる。扇子1本だが、内側に返した扇子を逆回りで押し上げるような所作が何回も出てくる、かなり難しい踊り方。他地域の扇子踊りとは反対向きに扇子を回すので、慣れないと扇子を落としてしまいそうになる。踊れる人が少なく、この踊りになると輪が小さくなってしまう。多分、15人くらいしか踊ってない。唄の方も音引きが多く、難しい。陰旋法で、とても暗く重々しい雰囲気。大昔に流行した端唄か何かだろう。

 

盆踊り唄「小野道風」(佐伯市竹角・西野・青山) <77・75・75小唄、本調子>

☆小野道風 青柳硯(合) 姥が情けで清書書く

 ソリャ情けで姥がナ 姥が(ヤットセイ) 情けで清書書く

 イヤ(それでもなったらしょうがない そうじゃわ そうじゃいな ソレ)

☆小野道風 青柳硯 一つお公家に子を産めば

 お公家に一つ 一つお武家に子を産めば

 イヤ(忠義のお武家に名が残る そうじゃわ そうじゃいな)

☆斧九太夫は胴欲者よ 主の逮夜に蛸肴

 逮夜に主の 主の逮夜に蛸肴

 ソヤ(胴欲者なら仕方がない そうじゃわ そうじゃいな)

☆早野勘平さんは主人のために 妻のお軽にゃ勤めさす

 お軽にゃ妻の 妻のお軽にゃ勤めさす

 ソリャ(前世の業なら仕方がない そうじゃわ そうじゃいな)

☆もののあわれは石堂丸よ 父を尋ねて高山に

 尋ねて父を 父を尋ねて高山に

 アラ(登れど父方 名が知れぬ そうじゃわ そうじゃいな

☆ものの不思議やクネンボが生えた 九年待てとのことじゃげな

 ソレ(九年待てとのことじゃげな そうじゃわ そうじゃいな)

メモ:括弧内の文句の部分の唄い方に勢いがあっておもしろい。手踊りで、野趣に富んだ踊り方。

 

盆踊り唄「様は三夜」(佐伯市泥谷・石打) <77・75小唄、二上り>

☆様は三夜の三日月様よ 宵にちらりと見たばかり(アラホーンボニ)

 見たばかり 宵にちらりと見たばかり(ハーテッショニ) 様はよいよなあ

☆咲いた桜になぜ駒つなぐ 駒が勇めば花が散る

 花が散る 駒が勇めば花が散る 様はよいよなあ

☆お前釣竿わしゃ池の鯉 釣られながらも面白や

 面白や 釣られながらも面白や 様はよいよなあ

☆お前松の木わしゃ蔦かずら 絡みついたら離りゃせぬ

 離りゃせぬ 絡みついたら離りゃせぬ 様はよいよなあ

☆お前百までわしゃ九十九まで ともに白髪の生ゆるまで

 生えるまで ともに白髪の生ゆるまで 様はよいよなあ

☆山があるから故郷が見えぬ 故郷可愛や山憎い

 山憎い 故郷可愛いや山憎い 様はよいよなあ

メモ:ゆったりとした唄だが、節の上り下りの調子がよい。ホンボニ、テッショニの囃子がおもしろい。泥谷では、扇子を両手で持ってぐるぐるとこね回すようにしながら出たり戻ったりして進むような踊り方をする。

 

盆踊り唄「祝い音頭」(蒲江町屋形島) <77・77段物>

☆祝いめでたの若松様よ サー枝も ホイ 栄えて アー根も葉も茂る

 アーレバエー サーンヨーンヨーイヤナー

 

盆踊り唄「繁昌づくし」(蒲江町屋形島) <75・77・77小唄>

☆さて正月は大黒の ハーソコラデセー 根松ゆずれし裏白飾る

 手まりオイナ 破魔弓オイナ 羽根突く繁昌

 ハーシテコイナー マッカショエ ヤトセ ハレバリヤン

☆二月小なる初子の日 子の日遊びといずこの人が 茶屋や酒屋や出店の繁昌

☆さて三月は大名衆の 日にも間もないお江戸の勤め 彼方此方や出代わり繁昌

☆四月小なる朔日に 戌の吉日麦刈り初めて 刈るも豊かや釜戸の繁昌

☆五月めでたや辰の日に 稲を刈る日に田を植え初めて 田植音頭でちょうとめ繁昌

☆さて六月はお祇園の 祇園祭りは中旬の頃 氏子賑わし芝居繁昌

☆さて七月は盂蘭盆の 先祖供養は精霊で送る 浴衣 折笠 踊り子の繁昌

☆さて八月はお彼岸の 羽織袴や麻裃で 彼岸参りはお寺の繁昌

☆九月めでたの百姓衆の 稲の実りの終いであれば 倉に詰めおく俵の繁昌

☆さて十月は初亥の日 亥の子祝いといずこの人が 餅を搗き搗きお祝い繁昌

☆さて霜月は大切な 神に神楽は太夫衆の手芸 秋が勇めば氏子の繁昌

☆師走めでたや大晦日に 飾るつるの葉お鏡餅に 揃うた笑顔は御家内繁昌

メモ:佐伯市西野の「しんじゅ」や玖珠町の山路踊り「酒宴づくし」に類似。

 

盆踊り唄「帆かけ」(佐伯市西野) <77・77・75小唄、三下り>

☆沖を走るは丸屋じゃないか 船は(コラセ) 新造でソレ櫓は黄金

 丸に(コラセ) 矢の字の帆が見える サー帆かけて来い も一つ

☆船は出て行く帆かけて走る 茶屋の娘はソレ出て招く

 招けど船の寄らばこそ 帆かけて来い も一つ

☆恋の車にお米をのせて 江戸に送ろか大阪に行こか

 又は浪花の島原に 帆かけて来い も一つ

☆沖の暗いのに白帆が見える あれは紀の国ソレみかん船

 明日はみかんの市が立つ 帆かけて来い も一つ

☆前の山椒の木 三四郎さんと 思うて抱いたらわしゃ目をついた

 どうせ養生せにゃならぬ 帆かけて来い も一つ

メモ:佐伯市西野のみに伝承されていたが今は踊っていない。「しんじゅ」と同じテンポで、節回しは全く異なるも三味線の手が「しんじゅ」と少し似ている部分もある。あまり難しい唄ではない。各節末尾を「サー帆かーけーてーこーいモヒトツ」と唄うのだが、そこが印象に残る。

 

盆踊り唄「お夏清十郎」(佐伯市宇山・汐月・江頭・長谷・津志河内・小島) <7775小唄、三下り> 

☆お夏どこ行く手に花持ちて わしは清十郎の ヨイヨー

 墓参り(アラソノ ヨイトナー サーヨイトナー)

☆み墓参りて拝もとすれば 涙せきあげ拝まれぬ

☆清十郎二十一お夏は七つ 合わぬ毛抜きを合わしょとすれば

☆合わぬ毛抜きを合わしょとすれば 森の夜鴉 啼き明かす

☆向こう通るは清十郎じゃないか 笠がよく似た菅の笠

☆笠が似たとて清十郎であれば お伊勢参りは皆清十郎

メモ:文句が、奇数説と偶数説とで対になっている。扇子踊りで、比較的易しい。両手で扇子を持ち、仰ぎながら一回りしたり、要を前に倒してささげ持ちながら前に出る所作が独特。

 

盆踊り唄「お夏清十郎」(泥谷) <7775小唄、二下り>

☆お夏どこ行く手に花持ちて わしは清十郎の

 ほんに清十郎の墓参り(アラソノ ヨイヨナー サーヨイヨナー)

☆向こう通るは清十郎じゃないか 笠がよく似た ほんによく似た菅の笠

☆笠が似たとて清十郎であれば お伊勢参りは ほんに参りは皆清十郎

☆み墓参りて拝もとすれば 涙せきあげ ほんにせきあげ拝まれぬ

メモ:泥谷では、扇子を両手で持ってすくいあげるような所作が目立ち、どちらかというと大人しい印象を受ける。節回しも三味線の弾き方も宇山辺りとは異なり、こちらの方が少し素朴な感じがする。

 

盆踊り唄「きりん」(佐伯市西野) <77・77・75小唄、三下り>

☆清十郎二十一お夏が七つ(ヤレーソレーソレ)

 合わぬ毛抜きを合わしょとすれば(アーオイ)

 森の夜鴉鳴き明かす ヨイヤサー(アーソーレー ソーレードッコイ ソーレーヤットヤー)

☆天下太平治まる御代に 弓は袋にその矢は壺に 槍は館のお広間に

☆関の女郎衆と将棋の駒は 差しつ差されつ差し戻されつ 金銀なければ不挨拶

☆関の女郎衆と御手洗つつじ 宵につぼみて夜中に開く 朝の嵐に散り散りと

メモ:佐伯市西野のみに伝承されている。扇子踊りで、途中、扇子を持たない左手でくるりと円を描く所作が独特。全く間奏が入らないが、各節の唄い出しの部分が無拍子になっており、節をためて唄う。また、ヤレーソレーソレのお囃子の終わらないうちに「合わぬ毛抜きを」を唄い始めるので、両者の声が少し重なっている。紹介した4つの文句のほかにも「お夏々々夏かたびらよ…」とか「お夏どこゆく…」の文句も唄っている。

 

盆踊り唄「チョイトナ」(佐伯市西野) <75・75・75小唄、二上り>

☆天地天野の秋の日の(アレチョイトナー) 刈穂の上の(オイオイ) 群雀

 引くに(オイオイ) 触らぬ鳴子縄 アチョイトナー(ソレーソレーソレ)

☆酒はよいもの色に出て 飲みたや加賀の菊酒を 飲めば心はうきの島

☆父は長良の人柱 鳴かずば雉も撃たれまい 助け給えやほけきょ鳥

メモ:佐伯市西野のみに伝承されていたが、今は踊っていない。「しんじゅ」と同じテンポで、こちらは陰旋法。これをはずんだリズムにすれば、いかにも「騒ぎ唄」のような雰囲気になる。元々は遊郭で唄われた流行小唄なのだろう。

 

盆踊り唄「数え唄」(佐伯市府坂・竹角・黒沢) <775・75・7>

☆一つとのよのえ 柄杓に杖笠おいづるを 巡礼姿で父母を 訪にょうかいな

☆二つとのよのえ ふだらく岸うつみ熊野の 那智の小山に音高く 響こうかいな

☆三つとのよのえ 見るよりお弓は立ち上がり 盆にしろげの志 進上かいな

☆四つとのよのえ ようまあ旅に出しゃんした さだめし親子と二人連れ 同行かいな

☆五つとのよのえ いえいえ私二人旅 父さん母さん顔知らず 恋しいわいな

☆六つとのよのえ 無理に押し遣る餞を 僅かの金じゃと志 進上かいな

☆七つとのよのえ 泣く泣く別れて行く後を 見送り見送り伸上がり 恋しいわいな

☆八つとのよのえ 山川海里遥々と 憧れ訪ねる愛し子を 返そうかいな

☆九つとのよのえ 九つなる子の手を引いて 我が家に帰りて玄関口 入ろうかいな

☆十とのよのえ 徳島城下の十郎兵衛 我が子と知らず巡礼を 殺そうかいな

メモ:同種の数え唄は童唄や座興唄として全国的に伝承されている。しかし、堅田踊りの数え唄はテンポがゆっくりで、三味線伴奏も唄の節をなぞるだけでなくきちんとした手がついているし、節回しがやや端唄風に変化していてより洗練されている。