柏江の堅田踊り

二上り:

・兵庫節

 他の集落の長音頭(柏江でいう大文字)と同種の唄だが、こちらは陰旋法。手踊りで、踊り方もよその長音頭と似通っているも、右で手拍子をする部分では左足を右足の後ろに交叉させて踏み、右に流すのが特徴。他地域では3回手拍子をしたあと右に反転し進むが、ここでは反転せずに後ろにさがる。

 かつては「白滝」などいろいろな口説があったようだが、今は専ら「那須与一」を口説いている。親しみ易く、子供からお年寄りまでよく踊っている。男踊りと女踊りがあり、北部の各集落と同じく女踊りが外側で、男踊りが内側。伴奏は三味線と太鼓。

・大文字

 兵庫節と同じく男踊りと女踊りがある。女踊りは輪の外側で開いた扇子を右手に持って、ひらひらと回しながら優雅に踊る。男踊りは内側でうちわを持って、両手を振り上げたりしながらスキップをするように跳びはねて踊る。

 唄は、他地域における「長音頭」とほぼ同じ。柏江では「お為半蔵」に限らず、他の口説を乗せることもあったが、今は専ら「お為半蔵」を口説いている。「大文字」というのは、おそらく踊り方からそう呼んでいるのだろう。「ここは京の町、大文字屋の…」の文句のある、北部地区の「一郎兵衛」や西野の「だいもん」と同種の唄が昔は柏江でも唄われたのだと思う。北部地区では「一郎兵衛」の女踊りと「長音頭」の踊り方が全く同じだが、柏江もそうだったのだろう。ところが、柏江では「ここは京の町…」の唄は廃絶してしまい、踊り方の名前としてのみ残ったので、「お為半蔵」だとか「白滝」など口説の外題で呼んでいた唄(他地域でいう長音頭)を「大文字」と呼ぶようになったと思われる。

 堅田郷の「長音頭」は、細かい所作に違いはあるものの柏江を除いて一様に手踊りなので、扇子を使う踊り方はとても珍しい。ただ、そうは言っても基本的な部分は手踊りの「長音頭」と大きな違いはない。流しながら一回りする部分の所作が異なり、踊りのタームが1呼間短くなってはいるが。各節、頭3字の後の音引きを他地域に比べると長く引き伸ばすこと以外は、節回しもほぼ同じ。 伴奏は三味線と太鼓。


三下り:

・茶屋暖簾

 手拭を肩にひっかけて拝むように継ぎ足で進んだり、左右に流しながら一回りしたりするなど、とても優雅な雰囲気の踊り。これは柏江名物といえる唄・踊りで、現在他地域に類似するものが全く見られず、完全に柏江オリジナルのものである。唄の文句の一言一句に、また三味線の節に、所作が一つ一つ厳密に割り当てられているので、唄の節を知らないと到底踊りこなせない。踊りのタームが長い上に当て振りなので覚えにくい。手拭いのほか、浴衣の袖を使う所作が多い。だから洋服で踊ると、この踊りの魅力が半減してしまう。

 唄の方は、陰旋の座敷唄で、おそらく大昔に上方の遊郭で唄われたものと思われる。多分ぞめき唄の類のものだったのではないだろうか。起首の「茶屋の暖簾はイロハニホヘト…」の文句など、いかにも遊郭の流行小唄といった体だし、各節の末尾の「~ぞいのう」という言葉遣いもそんな感じがする。「宇治は茶所…」とか「間の山では…」の文句、また近江八景の文句をみても、近畿地方のあれこれが唄い込まれており、上方趣味の唄といえる。 伴奏は三味線と拍子木。 


 柏江では、今でこそ3種類のみしか伝承されていないが、明治までは「鶯」「奴踊り」「待宵」「本調子」「夜盗頭」なども盛んに踊られていたらしい。それもそのはず、柏江は堅田の港であり、玄関口だったのだ。つまり、上方からの文化は一番に柏江に入って来たと考えられ、当然柏江にはたくさんの踊りが伝わってきたはず。他地域の「淀の川瀬」や「様は三夜」なども行われたと思われる。「本調子」は、同系統と思われる唄(花笠、花扇)が西野に残っているほか、かつては泥谷(本調子)や波越(ほんかいな、無理かいな)でも唄われたので録音資料も残っているのに対して、「奴踊り」「待宵」などは同種と思われるものがまったく見られず、最早どんな唄だったのかもわからなくなっている。唄がその銚子なのだから、踊り方はなおさらわからない。昭和の頃には、これらの踊りを踊った経験のある人が生きていてもおかしくなかったはずだが、恐らく映像資料などは残っていないことだろう。残念なことだ。
  柏江では8月16日に風流しの踊りと供養踊りを兼ねた盆踊りをしている。8時頃から10時頃まで。兵庫節、大文字、茶屋のれんと踊って休憩。休憩時間には佐伯音頭のテープを流し、踊りたい人は踊る。後半は兵庫節、大文字、茶屋暖簾で、最後にもう一度だけ大文字を踊って終了。お楽しみの抽選会もあり。

 地踊りは3種類だけだが、どれもおもしろい踊りなので楽しく踊れる。大文字と兵庫節はまだしも、茶屋のれんはかなり難しくハードルが高い踊りだが、子供からお年寄りまでよく踊っており、集落の規模にしてはかなり大きめの輪が立っている。