波越・大正の堅田踊り

本調子:

 

・ほんかいな

 現在踊られていない。扇子踊り。泥谷の「本調子」と同じ唄だが三味線が違い、前唄も入らない。同種の唄は全国的に流行したようで、山形の「菊と桔梗」ほか、中国地方でも盆踊り唄として広く唄われたらしい。また端唄の「竹に雀」も同種のものと思われる。

 

・無理かいな

 現在踊られていない。綾棒踊り。これは「ほんかいな」の変調ともいえるような節で、西野の「花笠」と同種の唄である。

 

・十二梯子

 仮名手本忠臣蔵の見せ場を寄せ集めた、おそらく江戸時代に流行したと思われる小唄「よしよし」で、波越では「十二梯子の二階より…」の文句から唄い始めるので、唄い出しをとって「十二梯子」と呼んでいる。この唄は全国各地で点々と盆踊り唄として唄われたようで、たとえば京都の福知山で行われた「鶴が岡踊り」もこれと全く同じ唄。わりと易しい節回しで唄い易い。昔は綾棒を1本持って踊ったようだが、今は畳んだ扇子で代用している。のんびりとした踊り方でそう難しくはないが、途中で足を止め、畳んだ扇子の端と端を挟むようにして持ち、高くかかげてゆっくりとかいぐりするように回す所作がなんとも独特でとてもおもしろい。

 

・淀の川瀬

 この踊りは波越・大正の名物といっても過言ではないほど手の込んだもので、両手に扇子を持って踊る。段前という賑やかな雰囲気の長い前弾きがついており、このとき扇子は2本とも半開きで、ごく易しい所作で進みながら音頭の棚の周りに繰り込む。輪が整い段前が終わると同時に両手の扇子を振って開き、そこからは雰囲気が一変し、とても優雅なお座敷風の踊りに変わる。西野にも花笠という扇子を2本使う踊りがあるが、それに比べてもずっと所作が難しい。なにしろ踊りのタームが長く、当て振りなので唄の節を覚えていなければ到底踊りこなせるものではない。しかもキメの部分で、前向きの人、後ろ向きの人…と交互になり、二人ずつ向かい合わせになるように工夫されている。おそらく、段前で踊りの坪に繰り込む際にめいめいが奇数番目だったか偶数番目だったかを覚えておくのだろう。唄の方は、上方唄としても著名な端唄「淀の川瀬」(淀の川瀬のナー、景色をここに引いてあがる…の唄)とは節も文句も全く異なる。節回しが難しいし、文句も長い。

 

二上り:

 

・高い山

 節回しは、西野のものに近く賑やかな雰囲気。手踊りで、踊り方は西野とも北部とも異なる。波越・大正の踊りの中ではもっとも易しい踊りだが、所作が独特なので他集落の踊り方に慣れていると戸惑う。難しい踊りの多い当地域の人にとっては朝飯前のようで、輪が立ち易い。

 

・与勘兵衛

 少しだけ開いた扇子を右手に持って踊る。ここの与勘兵衛は、他の集落と比べるととてもテンポが速い。三味線の節も賑やかな感じがする。踊り方を見ると、石打のものに少し似ているような気がするが、こちらの方が一つひとつの動きが素早く、洗練された印象がある。右手、左手と交互に払いながら継ぎ足で進んで、チョンチョンチョンと畳んだ扇子を打ちながら急いで一回りする所作がおもしろく、与勘兵衛の文句の浮かれた雰囲気によく合っている。堅田踊りの夕べのときに披露することもあってか、若い人からお年寄りまでよく踊っており大きな輪ができる。

 

・南無弥大悲

 易しい手踊り。泥谷の「伊勢節」と同じ節回しだが、こちらの方がテンポが遅めで、三味線の節も伊勢節ほど賑やかではない。通常この踊りから始めるようだが、最初の踊りということもあってか輪はごく小さい。しかし易しい踊りなので、踊れる人は多いと思われる。

 

・芸子

 昔は左手に開いた扇子、右手に綾棒を持って踊っていたが、現在は綾棒を畳んだ扇子で代用している。易しい踊りだが、開いた扇子の方はあまり活躍せず、畳んだ扇子に重きが置かれているということに意表をつかれる。「十二梯子」と同様、陽旋ののんびりとした節回しで、文句も短い素朴な唄。おそらく昔、上方の遊郭で唄われた戯れ唄だろう。

 

・智慧の海山

 手拭を持って踊る。西野の「ご繁盛」と同じ節回しだが、こちらの方がテンポが遅めで、唄い方も大人しい印象を受ける。逆に、三味線の節はこちらの方が賑やか。手拭を使うという点も「ご繁盛」と同じだが、踊り方はまるで異なる。手拭の端と端を持って、繰りながら継ぎ足で進むような所作が印象的。

 

・お竹さん

 少しだけ開いた扇子を右手に持って踊る。シナをつけて踊るような、大人しい踊りの多い当地域において、この踊りは与勘兵衛と同様とても浮かれた雰囲気で楽しい。右手と右足、左手と左足…という風に左右交互に滑らすような所作がおもしろい。途中、「淀の川瀬」と同様、前後で向かい合わせになる部分がある。唄も浮かれた雰囲気で、アンゲラモンゲラ…の奇妙な囃子言葉が印象に残る。バレ唄としてよく唄われた「お竹さん」と同種と思われる。

 

・長音頭

 手踊りで、西野のものと同じ。

 

三下り:

 

・我が恋

 右手に開いた扇子を持って踊る。「芸妓」に比べると少し手が込んでいるが、一つ一つの所作は易しいのでわりと覚え易い。それでも、当て振りなので唄の節を覚えていなければなかなか難しいかもしれない。唄は、「三下り」の名でよく知られている端唄「我が恋は、細谷川の丸木橋…」と同じだが、端唄のそれは陰旋であるのに対して、当地域の「我が恋」は陽旋化している。この踊りは石打にも残るが、石打のものとはまた節回しが異なる。「芸妓」や「十二梯子」と同様、のんびりとした雰囲気の節回し。

 

・大文字山

 手踊り。現在踊られていない。

 

 この地域の踊りは、長音頭を除いてどれもこれも端唄ばかりで、お座敷風の踊りのものがすこぶる多い。13種のうち「無理かいな」「ほんかいな」「大文字山」はもう踊られていないが、それでも10種の踊が残っており、西野や上城と並んで特に踊りの種類の多い地域である。しかも「淀の川瀬」や「お竹さん」では、前後で向かい合わせになるという、他集落では見られない工夫が施されている。殊に「淀の川瀬」は、輪踊りというよりは正面踊りの方が適しているのではないかと思われる踊り方で、座敷芸としても立派に通用するものである。他の踊りを見ても、たとえば「十二梯子」の歌舞伎趣味だとか、「芸妓」や「我が恋」に見られるような遊郭の雰囲気が感じられるような小唄の類など、あまり「盆踊り」という雰囲気が感じられない。扇子の使い方にしても半開きで使ってみたり、綾棒がわりに畳んで使ってみたり、また畳んだ扇子と開いた扇子を持ってみたり、とても凝っている。

 現在、波越では8月16日に風流しの盆踊りをしている。大正集落の人も参加しているようだ。昔は8月24日に地蔵踊りもしていたとのこと。踊っているのは女性ばかりで、男性の踊り手はあまり見られない。踊りによって輪の大きさの大小は異なるが、両集落の規模を考えれば踊り手はそれなりに多いと思われ、高齢者のみならず30歳代と思われる踊り手も見られる。唄も三味線も、数名づつ伝承者がおり「淀の川瀬」など難しいものも生演奏で踊っている。なお、昔は踊りの順序が厳密に決まっていたと思われるが、今はそのときの様子を見て何を踊るか決めているようだった。「堅田踊りの夕べ」で披露することもあって「淀の川瀬」と「与勘兵衛」は特に重視されているようで、以前当地の盆踊りに訪れた際は2回ずつ踊っていた。バリエーションに富んだおもしろい踊りばかりで、見るだけでも十分に楽しめる。

(追記)平成28年、6年ぶりに波越の踊りに行ってみようと思って8月16日に現地に向かったが、踊りをしていなかった。また、堅田踊りの夕べにも参加していなかった。伝承が危ぶまれているのかもしれない。気がかりである。