西野の堅田踊り

 

 

本調子:

 

・女踊り 花笠

 昔は扇子と笠を持って踊ったようだが、今は両手に開いた扇子を持って踊っている。扇子を2本使うということで難しそうに見えるが、キメの所作以外はとても簡単で、同じことの繰り返しなので覚えやすい。波越の「無理かいな」と同種の唄で、泥谷の「本調子」や波越の「ほんかいな」とも同系統と思われるが、「本調子」「ほんかいな」「無理かいな」のいずれも伝承が途絶えており、この種の唄としては当集落に残るのみとなっている。三味線の節がいかにもお座敷風。山形の「菊と桔梗」をはじめ、中国地方で唄われた「ほんかいな」など、同種の唄は全国各地に転々と伝承されている。おそらく、端唄の「竹になりたや」も同系統だろう。

 

・女踊り 花扇

 右手に開いた扇子を持って踊る。現在、西野集落で踊っている踊りの中では屈指の難しさを誇る踊りで、扇子を2本使う花笠よりもずっと難しい。扇子を普通とは反対の方向に回しながら何度も上げたり下げたりする所作が印象に残る。また、途中で扇子を畳んだり、一振りで開く所作も出てくる。あまり難しいので踊り手の減少が著しいようだ。唄は「花笠」と同系統と思われるが節が違い、こちらの方が暗くて重たい印象。三味線の節も暗い。

 

・女踊り 浮名

 現在踊られていない。加藤正人先生の録音音源をCD化したものを聴いたところ、三味線を使わずに口三味線を入れて唄っていた。或いは、この踊りは廃絶してからかなり時間が経っているのかもしれない。かなり古い流行小唄に同名のものがあるが、西野の「浮名」は流行小唄の「浮名」と文句は似通っているも、下の句が欠落しているようだ。かなり遅いテンポで、踊り方も随分難しいものだったのだろう。

 

・男踊り 小野道風

 手踊り。現在踊られている男踊りの中では最も難しく、高い山などに比べると踊れる人が少ないようだ。西野の男踊りの主要な所作を全て取り入れている感があり、ひとつひとつの所作は難しくなくても、全体としては覚えにくい上に間が取りにくいところがあり難しい。唄は、騒ぎ唄風の賑やかな節回しで、途中に入る地口のお囃子が何とも愉快。

 

二上り:

 

・女踊り 女だんば

 手踊り。たったの8呼間で一巡する簡単な踊りで、おそらく堅田踊りの中でいちばん簡単だろう。唄は段物口説で、長音頭とは全く異なる節回し。男だんばにやや近いが、それともまた異なる。ところどころに違う節回しの句を挟んで、節に変化を持たせている。とてもおもしろい節だが、そう難しくはない。

 

・女踊り いろは

 現在踊られていない。文句の途中に長めの三味線の合の手が入り、その後の部分は少しテンポを落として唄い始めるなど、かなり洗練されている。一節が長く、かなり難しい踊り方だったのだろうと想像される。

 

・女踊り チョイトナ

 現在踊られていない。「いろは」等に比べるとわりと簡単な節回しの唄で、お囃子の「アレチョイトナー」とか「チョイトナー」など何とも浮かれた感じで面白い。しかし、唄は易しくても、難しい踊りだったのだろう。

 

・男踊り 男だんば

 房飾りのついた長い棒(采配)を持って踊る。女だんばと同様に簡単な踊りで、10呼間で一巡する。堅田踊りの中では、女だんばの次に簡単だろう。唄は段物口説で、長音頭とは全く異なる節回し。女だんばにやや近いがそれともまた異なり、こちらの方がやや軽やかな印象を受ける。北部地区あたりの切音頭「那須与一」と同系統のものと思われるが、全く別の節になっている。ところどころに違う節回しの句を挟んで節に変化を持たせているが、節回しは簡単。

 

・男踊り ご繁盛

 一本の手ぬぐいの端と端を両手で持って左右に振ったり、首にかけたりして踊る。反復横とびのように行ったり来たりする所作や、首にかけた手ぬぐいの端を持ってパッパッと開いてみせる所作が印象に残る。ご繁盛エーの部分で両手を腰に当ててのけぞる所作など、唄の内容によく合っていると思う。西野の男踊りの中で、このご繁盛だけは踊り方の点で他のものとの類似性が殆ど見られず、ちょっと風変わりでおもしろい。唄は波越の「智慧の海山」と同じ節だが、こちらの方がテンポが速く賑やか。簡単な節だが、途中で2文字だけ地口になるのがおもしろい。

 

・男踊り お市後家女

 手踊り。両手を腰に当てて右、右、左、左…とその場で小さく足を運ぶ所作や、左手を腰に当てて右手をかざした状態で一回りする所作が独特。いかにも男踊りといった体の、大雑把な踊り方。唄は小野道風と同様、騒ぎ唄風の賑やかな節回し。昔からこの踊りになると、いろいろな仮装が出てくる。集落の方いわく、「お市後家女」なので、昔はお腹の大きい後家さんに扮して面白おかしく踊った由。今は「お市さん」以外の仮装も出て、とても賑やか。その準備等もあるのか、この踊りの直前の「花扇」では人が減りやや寂しい。

 

三下り:

 

・女踊り しんじゅ

 手踊り。きりんの所作と花扇の所作を組み合わせたような踊り方で、扇子を使わない分ハードルは下がったように思われるが、わりと複雑で覚えにくく難しい。踊り手の減少が著しく、直前に踊った高い山では二重に膨れ上がった踊りの輪が、この踊りになったとたんに総崩れとなる始末だ。それでもどうにか余命を保っているが… 唄の方は、間合いを取りにくい箇所が多く難しい。玖珠町森の「山路踊り」の唄や、蒲江町丸市尾浦の「繁盛づくし」と同系統と思われる。この種の唄も、昔は全国的に広く流行したのだろう。

 

・女踊り きりん

 開いた扇子を右手に持って踊る。西野の踊りの中でも特に難しいものの一つだが、花扇よりは優しい。左手、右手の順で右後ろ上で手首を返し、左下前にまっすぐ下ろし、その逆を2回するという所作がとても優雅。扇子は動かさずに、左手でクルリと円を描く所作が独特で印象深い。唄は、わりと音域が広い上に間合いが取りにくく難しい。

 

・女踊り 帆かけ

 現在踊られていない。三味線の手が、「しんじゅ」と少し似ている部分がある。「きりん」等に比べると唄の節はそう難しくもないが、廃絶したところ見ると難しい踊り方だったのだろう。

 

・男踊り 牡丹餅顔(高い山)

 手踊り。いかにも男踊り風の振りがついており、北部のものとは全く異なる。両手を後ろで組んで右左右、左右左…と継ぎ足で進む所作がおもしろい。また、たとえば右足から3歩で円の内側を向くときに、右手、左手、両手の順で振り上げながら歩くような所作を多用している。この所作は西野の男踊りの特徴で、男だんば以外のすべての男踊りに出てくる。唄の節は北部と似たりよったりだが、こちらの方がずっと派手で賑やか。

 

・男踊り 与勘兵衛

 手踊り。高い山の所作を少し複雑にしたような踊り方をする。円の内側を向き、足を開いて立って何度か手拍子をする所作が特徴。それ以外はさして特徴的な踊り方ではないものの、ひとつひとつが易しいので親しみやすい(覚えやすいかどうかは別として)。唄は弾んだリズムで、1句目と2句目の間に三味線の手が入るという点で、北部の各集落とは決定的に異なる。また、一反畑のぼうぶらが云々などの唄囃子はつかない。

 

・男踊り だいもん

 手踊り。16呼間で一巡する、手数の少ない踊りなので覚えやすい。手拍子を2回打ちながら、左足から3歩で反時計回りに回って左にずれる所作がおもしろい。ご繁盛と並んで人気の高い踊りで、二重三重の輪ができる。この踊りは当て振りではないので、唄のどの部分から踊り始めてもかまわない。唄は北部の「一郎衛衛」や府坂の「大文字屋」と同種だが、こちらは弾んだリズムになっており、三味線の節も全く違う。また、「一郎兵衛」のような唄囃子はつけない。上方の古い流行小唄「大文字かぼちゃ」と同種である。

 

調弦不明:

 

・男踊り 新茶

 現在踊られていない。流行小唄に「新茶(裏の背戸屋)」というのがあるが、今唄われているのは声楽家の関屋敏子がつけた新しい節を端唄風に変えたもので、古い節は全く廃絶している。或いは、流行小唄の「新茶(裏の背戸屋)」の古い節は、西野で唄われた「新茶」に近いものだったのかもしれない。

 

 上記17種類のうち、「浮名」「いろは」「チョイトナ」「帆かけ」「新茶」は、今はもう踊っていない。集落の人によれば、「いい女踊りがあったけど、もう踊ってない。新茶も昔は踊ったけど、もう踊り方がよくわからなくなっている。ビデオがある」とのこと。それでも踊りの種類が多い集落である。しかもおもしろいことに、男踊りと女踊りにわかれており、男踊り、女踊り、男踊り…と交互に踊り進めていく。昔は、男踊りは男性のみ、女踊りは女性のみで踊っていたが、高齢化や過疎化で踊り手が著しく減少したので、今はどちらも男女混合で踊っている。ただ、女踊りは特に手が混んでいて難しいので、男性の踊り手はあまりいないようだ。通常、男だんば→女だんば→高い山→しんじゅ→与勘兵衛→花笠→だいもん→(中入れ。佐伯音頭→お為半蔵)→花扇→お市後家女→きりん→小野道風→花笠→ご繁盛の順に踊っており、基本的に男踊りと女踊りが交互になっているものの、女踊りがの種類が減少しているので花笠を2度踊っている。

 西野は、現在8月14日に風流しの盆踊りを公民館で実施している。三味線の人がいないようで、テープを流して、それにあわせて唄ったり、太鼓を叩いたり囃したりしている。一時期は音頭取りもいなくなりテープだけになったこともあったが、平成28年より、音頭が復活した。花笠、花扇、小野道風、女だんば、男だんば、ご繁盛、お市後家女、しんじゅ、きりん、高い山、与勘兵衛、だいもんの計12種類に加えて、余興として佐伯音頭と長音頭も踊る。しんじゅ、きりん、花扇のときは輪がすごく小さくなってしまうが、それ以外の踊りのときは二重の輪が立つし、仮装する人もいるなど割と賑やか。と賑やか。