目連尊者口説(ここに語るは)

ここに語るは盂蘭盆経よ 心定めてこれ聞き給え 国を申さば中天竺の
マガダ国なるその霊地にて 釈迦の御前その御弟子に まず第一が目連尊者
なんで初なんそのあくり巾は 須弥の山をば七重に巻いて 雲を吹き立て暗闇となし
虎を吹き出し火煙吹いて 人を悩まし病を起こす そこで目連大龍となりて
彼が上らば一四重舞いて 白き雲をば吹き立ち給う 闇に照らしたさてその後で
薬吹き出し人をば助け それで悪龍は恐れをなすよ さてはその時目連尊者
または八万四千の虫に 身をば変化てその悪龍の 鱗々のその下に入る
皮肉せしむるくいやき給う 龍の苦しみ限りをなして 遂に目連降服なさる
それに悪逆おばん弟子の 五百人なるその人々の 布の袋を皆出し入れて
肘に引きかけ仏前送り じんずむべんの御身あれど 自業自得は逃れはないぞ
母御浄土の人とは言うは 邪険なれども罪科深い 遂に餓鬼道にだたいをなさる
ききぬさかつの苦しみ送る これを目連よく見給えば 肉もなければ骨皮ばかり
首は僅かに糸筋の如く 口は僅かに針穴ばかり 御身火煙を燃えさせ給う
煙口より渦巻き出るに 顔もすぼけて哀れな姿 涙流すにそりゃ雨の如し
飢者は尊者に向かって曰く 飢渇おかつの苦しみ受くる これをつぶさに語るぞ尽きず
それで目連涙に暮れる 珍味調え膳部を供え 母御お膳を差し上げなさる
母御お膳にお着きになれば 大地響きて陥り給う 地より掘り出し膳をば上げる
膳部残らずわたしとなりて 国か遥かに空燃えのぼる それで目連涙に暮れて
木の実拾って母御にあげる それを母御がお上がりなせば

木の実たちまち剣となりて 御身前部にそりゃ切り身裂く

水をむすびて手向けてみれば 水は火とはり肌をば焦がす
天にゃ焦がれて大地にゃまろぶ 嘆き悲しみ涙にむせて わしはにらびの親族一の
手なでありつつ母上様の 難を助くるそのことできず 親御女の悲しみ深く
そこで仏にお訊ねなさる 仏答えて経文なさる 自業自得に遁れはないが
汝自力で叶いはせぬぞ いつけ終わりの七月半ば 盂蘭盆会はヤレありがたや
無間地獄に沈みし者も 暫し間は逃るる時節 そこで遍く供養をなさる
母のけんどく罪科深く 教え給えば目連尊者 珍味調え膳部をつくり
数多御僧御供養をなさる よくも信心さてありがたや 西方極楽花降る地にて
池の中には蓮華が開く 花の中から光を放つ 孔雀鳳凰初音を出だす
風の音さえあらありがたや 千夜篳篥音楽囃子 さては空殿黄金瑠璃や
麝香赤珠珊瑚や琥珀 しゃほうしゃごんはあらありがたや 五百空殿はや鳴り渡る
数も限りもその荘厳も 瑠璃は地に敷きいさごをなして 善の柱に光を出だす
瑪瑙の打ち張り白金壁よ 瑠璃の欄間にゃ光を出だす 光花当て蓮華に上がる
百身御会心の誠 それで目連数多のお弟子 勇み喜踊らせ給う
盆のいわれはここから始め すべてお経は仏の教え 遂に唐土またその後は
日本国にも渡らせ給う 人皇二十九欽明天皇 天治十三午年なるに
お経始めて渡らせ給う 盆の至りてただ今までも 盆の供養はますます繁盛