かますかの由来

川べた今朝頃かますか踏みよ 水も出頃で踏みようござる

これの元をば細かに問えば 豊後岡領はお城がござる

お城町なら竹田とござる ここのお医者で白道というて

白道若うて長崎修行 三年修行もことなくすんで

帰り道筋 柳川町で 食うた魚のその味のよさ

訊けば川魚 清水に育つ わしが町にも川数あるに

ここで育てばいつでも食える そこで白道 子魚を探し

桶にゃ口付け速馬頼み 夜に目掛けて早や発ち帰る

前の川にと魚を放す 裏の川にも少しは放す

三月三年 年月経って 近所小川やあの大川も

上は水口 下川河口 増えて味増すかますか魚

語り伝えるかますか由来

 

※専ら「かますか踏み」の節で唄われる。