馬追い唄(大分市坂ノ市)

☆別府浜脇 啼いて通る烏 金は持たいで買お買おと シャガンシャガンシャガン


油しめ唄(大分市)

☆一丈五尺の サンフンナンエー かねの柱に サンフンナンエー

 猿つなぎに サンフンナンエー つなぎつないで サンフンナンエー

 それの周りに サンフンナンエー バイラ積み重ねて サンフンナンエー

 四方の隅から サンフンナンエー 火をつければ サンフンナンエー

 お七さんこそ サンフンナンエー 恋に無情の サンフンナンエー


一本釣り唄(佐賀関町)

☆関の一本釣りゃナー 高島のサー沖でナー  波にゃゆられて

 サーよう言うたノー  鯛を釣るわいの  ハーヤンサノゴッチリゴッチリ

 船頭 鰤かな鯛かな 鯛じゃい鯛じゃい

☆釣って釣り上げて ナマイヨにゃ立てて 大阪ジャコバの朝売りじゃいの

☆コンタンベーが下らすときゃ 腰の紺手ぬぐいどま置きゃれ

 様を見る見る顔を拭くわいの

☆平瀬小瀬戸にゃ白帆が見ゆる 上の釣り船が 今が下りじゃいの

△鯛ならはね込め 鰤なら釣り込め

メモ:節を整えて「関の鯛釣り唄」としてレコード化され、民謡歌手にもよく唄われているので、大分県の民謡の中でも特によく知られている。流し踊りの振りもつけられ、佐賀関ではよく踊られている。


ワラ打ち唄(佐賀関町一尺屋)

☆一つエー出しましょ(ヨイヨイ) ヤブから笹を(ヨーイヨーイ ソラセーイ)

 つけてくだんせ ヤンレ 短冊を(ソラヨイヤセー ヨイヤセー

 ヤレ打てナー ソレ打てナー ナンデモセー)

☆親のすねをば離れてみたが 日々の暮らしは楽じゃない

☆俺は船なし磯辺の千鳥 海を眺めて鳴くばかり

☆わしの音頭にハマチや鯛も 浜の藻ぎわで舞い踊る

☆さあさ打て打て縄ないましょよ 沖にゃイワシが寄せて来る

△ハヨイヤセー ヨイヤセー ホイ ホイ ホイ ホイ ホイ

メモ:伊勢音頭の転用である。漁につかう縄を綯うために、砂浜でワラを叩くときに唄ったもの。


籾すり唄(大分市宗方)

☆ヤレ臼はナ(ハイ) 台でもつ(アラヨーイサヨイヨイ)

 なかご(ハイ) で締まる(ハラヨーイヤナ)

 イヤ早野ナ(ハイ) 勘平さんな(アラヨーイサヨイヨイ)

 勘平さんな ノーエヤセー(ハイナーソコ)

 お軽で締まる(セーヨ ソコ ヨヤセーヨ ヨーヤセー)

☆関で女郎買うてうちのカカ見れば 千里奥山 奥山古狸

☆主が振舞う霜消し酒に やり木持つ手に汗が飛ぶ

☆引けや引け引け籾すり済めば 済めば霊山に礼まいり

メモ:同種の唄が、大野・直入地方では一般に麦搗き唄として唄われ、盆踊り唄にも転用されていた。


籾すり唄(大分市上戸次)

☆イヨー お前マ(ソコソコ) 加古川(サーヨーイサヨイヨイ)

 アー本(ソコ) 蔵が娘(サノヨーヤナ)

 イヨー力哉(ソコ) さんとは(ハーヨーイサヨイヨイ)

 アーさんとは ヨーヤレーサ(アイナーソコ) 二世の縁

 (コラセーノ ヨーヤセーヨ ヨーヤセー)

☆関の小花は千尋立つが わしの思いは 思いはまだ深い


籾すり唄(大分市坂ノ市)

☆アー安岐の 宮島(アーヨーイサヨイヨイ) まわりが

 アラまわりが七里(アラヨーヤナ)

 浦がナー 七浦 七浦 浦が(ハイナーソレ) 七えべす

 (トコセーヨ ヨヤーセーヨ ヨーヤセー)

☆水の流れと人間 人間の身は どこのいずくに いずくにどこの とまるやら

☆好いてはまれば泥田の 泥田の水よ 飲めば甘露の 甘露の飲めば 味がする



籾すり唄(大分市国分)

☆揃うた揃うたよ臼挽揃うた(ヨイトコセードッコイセ)

 秋の出穂よりゃ品よく揃うた(アーヨイヤサノセー ヨイヤーセー)

☆さあさやりましょ仕掛けてみましょ どうせ臼挽きゃヨヤセでなけりゃ


ものすり唄(大分市坂ノ市)

☆ハー しばし間は御酒買てなされ

 しばし間は頼みます(アーヨイショヨイショ)

☆二里も隔てて三川も越えて 浅い思いで通わりょか

☆廻りさんなら唄わにゃならぬ 唄うて廻しましょ次の人

☆唄え唄えと責めかけられて 唄は出もせで汗が出た



ものすり唄(大分市丹生)

☆闇夜おそろし月ならよかろ 親と月夜はいつもよい

☆十九立待 二十日の寝待 二十三夜のお月待

☆まさか違えば二足の草鞋 主にはかせてわしもはく

☆髪の結いだち洗いのしだち カネのつけだちゃいつもよい



ものすり唄(大分市鶴崎)

☆花と見られて咲かんのも卑怯な(アーヨイショヨイショ)

 咲けば実がなる恥ずかしや

☆姉がさるなら妹もさせる 同じ蛇の目の傘を

☆忍び妻さん夜は何刻だ 夜這い九つ夜は七つ


小麦すり唄(大分市国分)

☆小麦五升どま唄でもするが かすの小噺ゃ嫁こびし

☆嫁をかわいがれ嫁にこそかかる かわい娘は人の嫁


小麦すり唄(大分市坂ノ市)

☆小麦五升すりゃへこすり破る またとすりまい御所小麦

☆小麦すりなら宵からおいで 夜中過ぐればカスばかり

☆小麦五升どま唄でもするが 後の小話ゃわしゃ知らぬ

☆来るか来るかと川下見れば 川にゃ柳の陰ばかり

☆北と思うたらまたマジの風 風さよ恋路の邪魔をする

☆小麦すりならすらせておくれ 野越え山越え来たわしに

☆日頃早いのに今夜は遅い どこの姉さんが止めたのな

☆どこの姉さんも止むれはせぬで 宵の丸寝に寝忘れた

☆寝ては夢見る起きては思う さらぬ忘れる暇がない

☆思いなさるな思うたとても 枯木茶園で縁じゃない

☆私ゃ姉さにゃ惚れてはいても 惚れて姉さにゃ主がある

☆主がありても添いたきゃ添わしょ 神の森木も虫がさす

☆そうじゃそじゃそじゃその気でなくば 一生末代添わりゃせぬ

☆様はよう来た五里ある道を 三里笹薮 二里の川

☆思うて通えば千里が一里 逢わで帰ればまた千里

☆逢うて嬉しや別れの辛さ 逢うて別れがなくばよい

☆臼杵五万石 縦縞ならぬ 碁盤格子のアラレ織り

☆肥後は御殿役 からかさならぬ 似合うたバッチョ笠 横かぶり


堤搗き唄(大分市上判田)

☆一つ出しましょ(ヨイヨイ) 薮から笹を(アリャトーコセー ハーリャセー)

 つけておくれよ ソリャ 短尺よ(ソラヤートコセーノ ヨーイヤナ)

 (ハリャリャ コリャリャ ヤレトコセー)

☆米良の堤じゃしっかりしゃんとつけよ とけて流れてぼらぬよに

 ※ぼらぬ=漏らぬ

☆嫁を取るなら判田の米良へ 見どりよりどり器量よし

☆わしとお前は土方が好きで 堤搗きならどこまでも

☆わしの思いは本宮の山よ ほかに木はない松ばかり

☆本宮の清水を堤で温め 秋は黄金の米良の原

☆腰の痛みにこの土手長さ 四月五月の日の長さ

メモ:伊勢音頭の転用で、溜池の工事のときに唄われたもの。

 

堤搗き唄(大分市上判田)

☆エーヘヘンヘンエヘンー 北かと思えば(ヨイヨイ)

 またマジの風(アラトコセー ハリャセー) 風がナ コリャ恋路の ソーレ邪魔となる

 (ソラソラヤートコセーノヨーイヤナー ハレワイサ コレワイサッサノ ヤレトコセ)


木遣唄(大分市上戸次)

☆皆さん曳かんせヨーイサー ヨーイサー ヨーイサー

☆大きな材木


田植唄(野津原町辻原)

☆腰の痛さにこの田の長さ 四月(ヨイヨイ) 五月の日の長さ

 (サンヤレ 日の長さ 四月)ヨイヨイ (五月の日の長さ)

☆わしに通うなら裏から通え 前は車戸で音がする

 (音がする 前は車戸で音がする)

☆音がするなら大工さんを雇うて 音のせぬよにしてもらえ

 (してもらえ 音のせぬよにしてもらえ)

☆わしが思いはネコ岳山の 朝の霧よりゃまだ深い

 (まだ深い 朝の霧よりゃまだ深い)

メモ:同種の田植え唄は庄内町周辺で広く唄われていた。


田植唄(大分市坂ノ市)

☆かわいお方と田植えをすえば(サノヨイヨイ) 涼し風吹け空曇れ

☆由布は五千石お米は一よ 昔ゃお殿の御前米

☆五月三十日ゃ泣く子が欲しや 乳を飲ませて腰をのす

 ※のす=伸ばす


田植唄(大分市坂ノ市)

☆関の権現さんにゃ エーイコリャサンサ サマエーイエーイサンサ

 お水ができた 諸国諸人の オイトセ 病みう治す ハレワエー

☆安芸の宮島 まわりが七里 浦が七浦 七えびす

メモ:盆踊り唄「きそん」「さんさ節」の類の唄だったのだろうが、明治末期には廃絶したそうで文句のみ『大分縣郷土傳説及び民謡』に採集されているも、節回しは全く不明。


田植唄(大分市上戸次)

☆さても珍しい臼杵の城はナーエ

 地から生えたか浮き城か サンサオ

☆さんさ振れ振れ六尺袖を 二十歳過ぎたら何を振る


田の草取り唄(大分市賀来)

☆親の意見と茄子の花は ヨイトセードッコイセ

 千に一つの ソレ徒がない ハヨヤサノセーヨーヤーセー

☆わしとあなたは惚れてはいるが 二階雨戸で縁がない

メモ:この唄は挾間町などでは盆踊り唄に転用されている。


田の草取り唄(大分市国分)

☆好いて好き合うて行きゃこそ縁じゃ ヨイトヤードッコイセ

 親のやる先ゃ ソレ義理の縁 ハミヤサノセー ヨーヤーセー

☆寝ても眠たい寝たならよかろ 様と寝たなら なおよかろ


田の草取り唄(大分市国分)

☆一の門越え二の門越えて ハドッコイセー ドッコイセー

 三の門から御詠歌を流す ハヨヤサノセー ヨーヤロセー


田の草取り唄(大分市坂ノ市)

☆ハー 細はよいとこ磯崎海で 波に揺られて鯛を釣る

☆行こか神崎戻ろか大平 ここは思案の中ノ原

☆唄いなされよお唄いなされ 唄でご器量はさがりゃせぬ

☆唄でご器量がさがるとあらば 洗うてやりましょ大川で


木挽き唄(大分市坂ノ市)

☆アーレ木挽きさんたちゃトンボな鳥な いつも深山の木を頼る シャリッコショー シャリッコショー

☆木挽き女房にゃなるなよ娘 木挽きゃ腑を揉む早う死ぬる

☆大工さんよりゃ木挽きさんが憎い 仲のよい木を挽き分ける