盆踊り唄「ヨーホイ」(大分市田ノ浦) <77・77段物>

☆国は近江のホーエ 石山(ホイ) 源治ヨーホエ

 源治(コラセ) 娘におツヤというて(ヨーホイヨーホイ ヨーイヤナー ハーハエー)

☆おツヤいくつか今年で七つ 七つなるとき遊びに出たら

メモ:扇子踊り。これは田ノ浦地区独自のもので、近隣地域に類似する唄が全く見当たらない。また別府湾沿岸部の地踊りは手踊りばかりで、扇子踊りは田ノ浦以外に見られない(大野地方や佐賀関以南の沿岸部など、他地域には多く見られる)。

 

盆踊り唄「祭文」(大分市鶴崎) <77・75切口説>

☆豊後名物その名も高い(合) 踊る乙女の品のよさ

 (ソレエー ソレエー ヤトヤソレサ)

☆清き流れの大野の川に 月に浮かべた屋形船

メモ:祭文は県内全域に伝承されており、節回しも各地各様であるが、いずれも鶴崎踊りの祭文が伝わっていったものと言われている。県内各地の全ての祭文の元が鶴崎のものだと言い切ることはためらわれるが、少なくとも東国東地方や大分地方の祭文は鶴崎に端を発しているようだ。大分県の祭文は、大田村の祭文など例外もあるが、大抵は上の句最後の音引き部分に「コラサノサ」「ホホンホ」「ヤレホンカイナ」「ヨイトサッサ」「アラそうかいな」などの囃子が付いている。ところが鶴崎のものは囃子を省いて、かわりに三味線がその節を担っており、より(お座敷調に)洗練された印象を受ける。その一方で土着性は薄まっており、文句にしても上品なものしか唄われていない(昔は段物も盛んに口説いていた)。頭3字の節回しが、近年大分市内の盆踊りで聞くものと戦前のレコードと、少し異なっている。もしかしたら、人によって節が違っていたのを統一したのかもしれない。踊り方はごく易しくて、3回手拍子を打ちながら進み、円心に向かって両手首を内に返して握って、左前に流して指先を開き、右にアケ流しでさがって手拍子を打つというもの。3回手拍子を打つことから、この踊り方を三つ拍子と呼んでいる。大分市内(野津原町等と合併する前の範囲)には、昔は地域によって節も踊り方もいろいろな祭文が伝わっていたが、鶴崎踊りの影響が著しく、吉野地区など一部地域を除いてほぼ鶴崎と同化している。鶴崎踊りのメインは現在「猿丸太夫」だが、祭文の方がずっと古いといわれている。

 

盆踊り唄「祭文」(大分市細) <77・75切口説>

☆日照り続きの雨乞いまつり ヤレホンカイナ(アドスコイドスコイ)

 九六位お山の水もらい(ソレーヤ ソレーヤ ヤットヤンソレナ)

☆志生木 小志生木のベラとるよりも 瓦切っても細がよい

 

盆踊り唄「祭文」(大分市坂ノ市) <77・77段物>

☆どうでさえもんな 臼杵がもとよ ヤレホンカイナ(アドスコイドスコイ)

 誰もどなたもさえもんやろな(ソレーヤ ソレーヤ ヤトヤンソレサー)

☆一つ手を振りゃ千部の供養 二つ手を振りゃ万部の供養

メモ:坂ノ市の一部地域の祭文では音引き部分でヤレホンカイナと囃したり、またドスコイドスコイという囃子がついているなど、鶴崎踊りの祭文にくらべると田舎風な印象を受ける。しかし、現在坂ノ市校区全体の盆踊り大会で唄われている祭文は鶴崎踊りのものと全く同じであり、昔ながらの坂ノ市の祭文は下火になっているようだった。

 

盆踊り唄「祭文」(大分市坂ノ市屋山) <77・75切口説>

☆盆の十六日おばんかて行たら ヤトセッセセ

 たたきごぼうに ふろうの煮しめ(ヤートセー ヤートセー)

 

盆踊り唄「祭文」(大分市丹生) <77・77段物>

☆どうで祭文な府内が元じゃ サッコラサーノサー

 府内どころか臼杵が元じゃ(ソレー ソレヤート ヤンソレサー)

メモ:これは昔丹生で唄われた祭文で、今は鶴崎踊りの流行により、鶴崎の祭文と同じ節になっている。

 

盆踊り唄「祭文」(大分市戸次) <77・75切口説>

☆盆の十六日おばんかて行たら サノエーサー

 なすび切りかけ ふろうの煮しめ(ソラヤートセー ソラヤートセー)

メモ:大分市内(平成の合併前)のほぼ全域の盆踊りが鶴崎踊りに同化しているが、坂ノ市、戸次、吉野、田ノ浦などの周縁部には昔からその土地に伝わる踊りが僅かに残っている。戸次の一部集落には、猿丸太夫、祭文のほかに三勝や三重節が残っている由。田ノ浦の一部には扇子踊りが、吉野地区にはお夏・三勝・三重節・祭文・佐伯踊り・葛引き・江島・猿丸太夫(鶴崎と同じ)が残っているそうだ。また、昔は国分地区では蹴つらかしや三勝も踊っていたとのこと(今は鶴崎踊りに同化しているだろう)。

 

盆踊り唄「祭文」(大分市吉野) <77・77段物>

☆わしはナ 田舎の百姓の生まれ(アヨイトサッサー)

 音頭ナ とるよな資格はないが(アソレ ヤートセー ヤートセ)

☆何か 一節ゃ理と乗せましょか そこで 踊り子よろしく頼む

メモ:吉野の祭文は、鶴崎や坂ノ市、戸次など大分市内の他地域とは節がずいぶん違っていて、臼杵方面のものとほとんど同じである。ただし踊り方は臼杵とは全く違う。吉野では両手首を高い位置で向こうにクルリクルリと返しながら4歩出て、左右に流して下がり、チョチョンがチョンで踏みかえて3歩出て手拍子1つ。3歩出て束足で手拍子を打つところや、輪の向きに進んでいって後ろに少しさがるところなど鶴崎踊りの祭文の面影が僅かに残るも、こちらの方が手数が多く、また所作ものんびりした雰囲気がある。

 

盆踊り唄「祭文」(佐賀関町大志生木) <77・75切口説>

☆あの娘かわいや コラ牡丹餅顔よ ホホイノホイ(アヨイショヨイショ)

 黄粉つけたら コラなおかわい(ソレーヤ ソレーヤ ヤトヤンソレナー)

☆別府湯の街 温泉街よ 一夜千両のお湯が湧く

△一合升 二合升 三合升(アヨイショ) 四合升 五合升 六合升(アヨイショ)

 七合升 八合升 九合升(アヨイショ) 私とあなたは一升升(アヨイショ)

 一緒になれば寝られます(アヨイショ) 寝れば布団がふくれます(アヨイショ)

 ふくれりゃピョンコピョンコ動きます(アヨイショ)

 動けば黄汁がこぼれます(アヨイショ) こぼれりゃ布団が汚れます(アヨイショ)

 汚れりゃおっかさんに叱られる(アヨイショ)

 朝も早うから コラ布団の丸洗い(ソレーヤ ソレーヤ ヤトヤンソレナー)

メモ:数節ごとにイレコ(△印)を挟むが、卑猥な文句が多い。思わず踊り手の間から笑い声が漏れることもあり、大らかな雰囲気である。近年、こういったバレ唄、イレコは排除される傾向にあるが、大志生木の祭文は民衆の唄としての性格を色濃く残している。鶴崎踊りのものと同系統の祭文だが、節回しはこちらの方がずっと田舎風で、テンポがややのろい。踊り方も素朴で、手拍子してかいぐりで進み手拍子、両腕を伸ばしてぶらぶらと開いたり閉じたりするようなもの。

 

盆踊り唄「祭文」(野津原町辻原) <75・75段物>

☆国は長州 三田尻のハハンハー(アラヨイショヨイショ)

 一のお寺に伝照寺(ソレーヤ ソレーヤ アトヤンソレサー)

☆お弟子数ある その中に 一のお弟子に俊海と

メモ:野津原町では元来、祭文や三勝、団七踊り等を踊っていたが、今は地踊りはほぼ廃絶しテープに合わせてチキリン囃子や炭坑節を踊ることが多いようだ。

 

盆踊り唄「祭文」(野津原町竹矢) <75・75段物>

☆国は長州 三田尻のホホンホ 一の港にカコ町と

☆寺も数々 ある中にヒヒンヒ 中をとりわけ伝照寺

 

盆踊り歌「祭文」(野津原町野津原) <77・75切口説>

☆鮑腸ぬべぬべ今夜の夜食 チリテンツンシャン(アラヨイショヨイショ)

 早くぬばねば夜が明ける(ソレエンヤ ソレエンヤ ヤットヤンソレサ)

☆盆の十六日おばんかて行たら 茄子ゅ切りかけふろうの煮しめ

 ※おばんかて=おばさんの家に

メモ:「鮑腸ぬべぬべ」とは、鮑腸のべのべ、つまり伸ばせ伸ばせの意味。鮑腸とは大分の郷土料理で、小麦粉の団子を平べったく手で伸ばしたもの。黄粉をまぶせば「やせうま」、味噌汁に入れて「団子汁」など今でも広く親しまれている。これとは別に、細長い麺状に伸ばしたものを鮑腸と呼ぶ地域もあり、その場合は断面が丸い。

 

盆踊り唄「竹刀踊り」(野津原町) <77・77段物>

☆盆の十六日おばんかて行たら(サノヨイ サノヨイ)

 叩き牛蒡に昆布の煮しめ(サノヨーヤセ ヨーヤーセー)

 

盆踊り唄「猿丸太夫」(大分市鶴崎) <77・75切口説>

☆来ませ見せましょ鶴崎踊り(合) いずれ劣らぬ花ばかり(合)

 (ヨイヨイヨイヨイ ヨイヤサ)

☆娘島田に蝶々がとまる とまるはずだよ花じゃもの

 (踊りは花だよ花だよ)

メモ:猿丸太夫は大野地方や直入地方などにも点々と伝わっているが、いずれも「猿丸太夫は奥山に」の文句で唄い始めている。ところが鶴崎のものは「来ませ見せましょ…」と踊り自慢の文句で唄い始め、いかにこの踊りが鶴崎自慢であったかを物語っている。伴奏には三味線や胡弓を使っており、他地域のものとは趣が異なる。なんでも、江戸時代に上方から伝わってきたようだ。鶴崎は、昔は2週間近く連続で、毎晩のように盆踊りをしていたほど踊り熱心な土地で、香淳皇后の御前で披露したことが絵葉書等で宣伝されたり、SP盤が発売されたりしたこともあり、戦前から全国的に知られていた。大分県内の他地域では、「鶴崎踊り」といえば「猿丸太夫」を指すほどよく知られた唄・踊りで、一頃は県下一円で流行していたようだ。先に述べたように今でも大野・直入地方、大分地方一円に残っているほか、昔は速見地方(別府市、山香町)辺りでも踊っていたとのこと。踊り方は、手数は多くはないものの、両手首を内に返しながら握って、反対に流しながら手首を戻して指先をパッと伏せのばす所作が独特で、大変優雅で悠長な印象。唄の方もお座敷風の節回しで、おそらく元をたどれば潮来節に行き着くのではないかと思う。現在、鶴崎踊りの曲目は猿丸太夫と祭文に限られているが、これは最近のことではない。

 

盆踊り唄「三勝」(大分市細) <77段物>

☆盆のナー 十四日にゃおばんかて行たら(アヨイトコナー ヨイヨイ)

 ヤレサーヨイヤナデ おばんかて行たら(サーヤーンソーレ ヤンソレサ)

☆おばんが出て来て申せしことにゃ 申せしことにゃ

メモ:三勝はひところかなり広範囲にわたって流行していたようで、今でも佐賀関町、臼杵市、津久見市、豊後大野市、由布市、山国町などで踊られている。節回しも踊り方も各地各様。今は踊っていないが、昔は山香町立石などでも踊っていたようだ。佐賀関では特に盛んに踊られており、メインの踊りとなっている。佐賀関町内でも、唄や踊りの地域差がかなり大きいとのこと。

 

盆踊り唄「三勝」(大分市小佐井) <77・77段物>

☆ハ誰もどなたも三勝さんでやろな(ソレナーヨイヨイ)

 ハどうで三勝さんな品よい踊り(ソレヤーンソーレ ヤンソレサ)

☆一つ手を振りゃ千部の供養 二つ手を振りゃ万部の供養

 

盆踊り唄「三勝」(大分市丹生) <77・77段物>

☆盆の十六日 おばんかて行たら(ドッコイナーヨイヨイ)

 なすび切りかけ ふろうの煮しめ(ソラヤーンソーレ ヤンソレサ)

メモ:丹生では、昔は三勝と祭文が盛んに踊られていた。しかし大正半ばより鶴崎踊りが流行し、三勝は廃れたとのこと。

 

盆踊り唄「三勝」(大分市坂ノ市) <77・77段物>

☆アここでマー 説きだす口説の文句(ヨイトナーヨイヨイ)

 ヤレサヨイヤサデ 口説の文句(サーヤーンソレソレ ヤンソレサ)

☆伊予の松山に長者がはんこ 長者がはんこ

メモ:坂ノ市では、今は猿丸太夫と祭文(どちらも鶴崎踊りのもの)がメインで、三勝は踊りがはねる前に少し踊る程度になっているようだ。しかし昭和30年頃はまだ鶴崎踊りが入っておらず、三勝と、坂ノ市の祭文がメインだったらしい。三勝は段物だが、盛んにイレコを挿入し変化を持たせておりおもしろい。踊りの所作は、鶴崎踊りの猿丸太夫や祭文と比べるといかにも田舎風で素朴。伴奏も太鼓のみ。

 

盆踊り唄「一尺屋踊り」(佐賀関町一尺屋) <77・77段物>

★待て待てちょいと声がわり(オイナーソレナーソレ)

 声がかわれば文句も変わる(アーヨーヤセー ヤートセー)

☆わしのエーヘー(アヨーイヤヨーヤセー) 音頭は今宵が初よ

 (オイナーソレナーソレ) 初の音頭なら合うかもしれぬ

 (アーヨーヤセー ヤートセー)

☆ここでござらぬ上方辺の 何についても不足はないが

<入れ節>

○花のお江戸のそのかたわらに(アーヨーヤセー ヤートセー)

○聞くも珍し心中話

メモ:一尺屋の盆踊り唄は佐賀関町内でも独特の節回しで、一般に「一尺屋踊り」と呼んでいる。田舎風ののんびりした唄だが変化に富んだ節がおもしろく、長い節(オイナーソレナーソレの中囃子を挟む節)を基本にして、途中に中囃子を挟まない短い節を挟んだりしながら長篇の段物を口説いている。音頭が交代するときなどは、出しの節で入るなど、臼杵以南の沿岸部の盆踊り唄の特徴が見られる。おそらく臼杵の大浜や板知屋、津久見から上浦町、鶴見町から蒲江町方面の「音頭」と同系統の唄なのだろうが、共通の呼称がないため、便宜上ここでは「海部踊り」と呼ぶことにしたい。一尺屋の踊り方はごく簡単でうちわを持ち、両手をすくい上げるようにして左から継ぎ足で輪の向きに2歩進み、うちわを振りながら左に3歩、右に3歩ずれるだけ。長時間踊っても疲れない。ほかに提灯を持つ踊り方もある。

 

盆踊り唄「木佐上踊り(三勝)」(佐賀関町木佐上) <77段物>

☆盆の踊りは伊達ではないで(ハーヨイトナーヨイヨイ)

 ヤレーヨイヤナーサー 伊達ではないで(ソラヤーンソーレ ヤンソレナー)

☆先祖祖先の供養の踊り 供養の踊り

メモ:木佐上の三勝は坂ノ市のものとよく似た節だが、踊り方が独特で、ずいぶん変わっている。一般に「木佐上踊り」と呼んで、近隣の三勝とは区別している。輪の中を向いて左、右と横にかざすように振り上げ、その後は継ぎ足を一切入れずに歩きながら流して後ろ向きに回り込んで輪の中向きに戻ったかと思えば反対回りに歩いていくなど、目の回るような足運びである。その部分の手数がやや多いために初めての人には踊り方が分かりにくいが、所作は簡単なので子供にもよく親しまれている。木佐上地区では集落ごとの供養踊りはしておらず、今は学校のグラウンドで全部の集落が集まって踊る。祭文は残念ながら鶴崎踊りのそれに同化してしまっているが、木佐上踊りは昔ながらの口説・太鼓に合わせて踊っている。

 

盆踊り唄「三勝」(佐賀関町神崎) <77・77段物>

☆ハー 盆の踊りは伊達ではないで

 アー先祖祖先のヨー 供養の踊り

☆一つ手を振りゃ千部のお供養 二つ手を振りゃ万部のお供養

 

盆踊り唄「大生生木踊り」(佐賀関町大志生木) <77段物>

☆アー 鯛の刺身で酒飲むように(ヨイヤセーコリャセー)

 アラ ヨーヤナレーデー 酒飲むように(アラヨーイヤセー ヤートセ)

☆うまいうまいじゃいかないけれど いかないけれど

メモ:素朴な唄だが、ゆったりとしたテンポの、田舎風ののんびりした節がとてもよい。右に小さく捨てて、数歩進んで右、左、右と振り返るように大きく後ろに手を回して流しながらナンバでさがるような独特の踊り方である。地元の人が、「ここの踊りは佐賀関の中でもちょっと違うんよ」というようなことを言っていた。葛の葉の子別れの口説が人気のようだ。

 

盆踊り唄「三勝」(大分市吉野) <77段物>

☆わけてマ お客は どなたと訊けば

 春はマ 花咲く 青山辺の(エーイガサーッサイ)

☆鈴木 主水と いう侍で 女房 持ちにて 二人の子供

メモ:吉野の三勝は、臼杵のうち深田辺りで踊られるものや野津町野津市の「由来」と同じく「エイガサー節」で、大分市内の他地域のものとは全く違う。踊り方は野津市のものとほとんど同じで、祭文にくらべると足運びが少しややこしいが広く親しまれている。

 

盆踊り唄「三重節」(大分市戸次) <77・77段物>

☆エー月に群雲 ソレ花に風(ヤートヤイヤイ)

 散りて儚き世のならい(ヨイトセー)

メモ:三重節は、大分市内においては戸次と吉野の一部にのみ残っているが、今でも野津町や三重町辺りでは盛んに唄い踊られている。大分には、野津の方から伝わってきたのだろう。

 

盆踊り唄「きそん」(佐賀関町一尺屋) <77・75切口説>

☆ハーエー 揃うた揃うたよナ(ソレーソレ)

 揃うたエーヘ(ヨーイヨーイヤナー) 揃うたよ

 エーイコリャサーンサー(アーエーンエーンサーンサー)

 揃うたよナ 踊り子が揃うた(アリャ稲の出穂よりなお揃うた アリャレー)

☆臼杵ゃ五万石 臼杵ゃ五万石 五万石

 かけこそ名所よ(出船入船なお名所)

☆踊り踊るなら 踊り踊るなら 踊るなら

 品よく踊りゃんせ(品のよい子を嫁にゃとる)

メモ:佐賀関以南の沿岸部に広く伝承されている唄で盆踊りの最終に切り音頭として唄い踊る地域が多い。佐賀関町内でも広く唄われているが、大志生木など伝承されていない地域もある。一尺屋では、踊りがはねる際に切り音頭として唄われている(踊り方はそのまま)。

 

盆踊り唄「きそん」(佐賀関町木佐上) <77・75切口説>

☆五万石じゃノーエー(エヤエーヨー) 五万石ヨナー(ソレーソレ)

 臼杵ゃアーエー(アーヨーイヨイヨナ) 五万石ヨ

 エーコノサンサ(アーエンゲンサンサ) ドッコイサーハレバイサは

 田舎相撲よナー 広いようで狭い(私に似合いの妻はないハレバエー)

☆暗いのに 暗いのに 沖の暗いのに ドッコイサーハレバイサでみかん船

 白帆が見ゆる(あれは紀の国みかん)

メモ:サンサ節と同類のもの。この類の唄は、愛媛県、山口県などの瀬戸内沿岸部もしくは瀬戸内の島嶼に伝承されていたようである。

 

盆踊り唄「きそん」(佐賀関町白木) <77・75切口説>

☆コラ宮島はエー ソラ五万石はエー(ソレーソレ)

 安芸のナーエー(アーヨーイヨイヨナ) アー宮島はエー

 エイコノコリャサンサ(アーエンエンサンサ) アヤンサーデーそら誠かよ

 廻れば七里ヨ ソリャ(浦は七浦) ドッコイ(七恵比寿 ハレバエー)

 

盆踊り唄「絵島」(大分市吉野) <77・75切口説>

 ☆ここシャンと切りましょナ ナー竹の

  切りよりゃ アレワイサノ コレワイサノ ヤーヤーコノ サンサヨーイヨイ

メモ:「絵島」というのは佐賀関や臼杵の「きそん」「さんさ節」と同種の唄。「きそん」「さんさ節」「絵島」ともに愛媛県でさかんに唄い踊られているようで、大分県内では北海部地方を中心に唄われている。もちろん節回しにはかなり差が生じているが、元は同じものだったのだろう。ところで大分市・佐賀関町・野津原町は踊りの種類の少ない集落ばかりで、せいぜい2種類か3種類程度、少ないところでは1種類のみの場合もある。その中で、大分市吉野地区は近隣の流行踊りの吹き溜まりといった感があり、7種類の唄が残っている(お夏・三勝・三重節・祭文・佐伯踊り・葛引き・猿丸太夫・絵島)。このうち、絵島は「切音頭」でその前に踊っていた踊り方を続けるので、踊りの種類は一つ減って6種類である。この中で特に古くから唄われていたのは三勝と祭文だろう。お夏・葛引き・絵島は臼杵から、猿丸太夫は鶴崎から、佐伯踊り・三重節は犬飼から入ってきたものと思われる。古くは団七踊りや弓引き等も踊られたかもしれない。なお、吉野校区全体の踊りのときには、地踊りは祭文、三勝、猿丸太夫しか踊っていない。おそらく佐伯踊りや葛引き、三重節は集落の供養踊りのときにしか踊らないのだろう。

 

 

 

 

<地域別の一覧> ※今は踊っていないが昔は踊っていたものも含む

◎田ノ浦 扇子踊り

◎白木  祭文、猿丸太夫、おけさ、江州音頭

◎賀来  祭文、三勝、猿丸太夫、蹴つらかし

◎国分  祭文、猿丸太夫、蹴つらかし

◎鶴崎  祭文、猿丸太夫

◎坂ノ市 祭文、三勝、猿丸太夫

◎戸次  祭文、三勝、三重節、猿丸太夫

◎吉野  祭文、三勝、三重節、お夏、佐伯踊り、葛引き、絵島

◎竹中  祭文、三勝、三重節、団七踊り

◎神馬木 祭文、木佐上踊り、猿丸太夫、きそん

◎志生木 祭文、大志生木踊り

◎関   きそん

◎一尺屋 一尺屋踊り、きそん ※踊り方はうちわ踊り・ちょうちん踊り

◎野津原 祭文、三勝、猿丸太夫、団七踊り