羽根つき唄(庄内町)

☆ひよひよと 鳴くはひよどり 鳴かぬは鵜の鳥 お池に住むが鴛鴦

☆鴛鴦の 思うお羽根を ひとすげが欲しや 頼むしょ

☆ひとすげが 一じょめしょうとも 三じょめしょうとも お前の羽根はのびゃすめえ

 ※のびゃすめえ=伸びはしないだろう

メモ:福岡県添田町に伝承されている「ひよひよ」という盆踊り唄に文句が類似している。字脚の特殊性から鑑みて、元唄は同一と思われる。

   盆踊り唄「ひよひよ」(福岡県添田町)

   ☆ひよひよと 鳴くはひよどり お池に住むは鴛鴦

   ☆鴛鴦の 思い羽根をば ひとしゅげ欲しや 頼むしょ

 

風船つき唄(庄内町長野)

☆ひとんごふたんご みまたのよそうし いつやがむさし

 ななんごやつしろ 久住にてお泊り

 

手遊び唄(挾間町上市)

☆ひいばば ひいばば ひいばばどこ行たか

 あの山越えて この谷越えて ひいばあかた ここここ

 

手合わせ唄(挾間町上市)

☆ムコヤッセッセ ギリギッチョン ギリギリ山も土手山も 東も西も見ればね 見ればね

 お小夜さしすせ水晶のお櫛がない お櫛がない そこでお小夜さんが涙をほろほろ ほろほろ

 落ちる涙で菜の葉をもんだかね もんだかね もんだ菜の葉は広いかね 狭いかね

 浅いかね 深いかね ジャンケンショ あいこでショ

 

手合わせ唄(庄内町阿蘇野)

☆セッセノセ むこどり山には鶯が一羽ね 竿で差いてくりょと竿取り直しね

 竿じゃ取れない綾子さんでも取ってみしょ 綾をたずねて鈴屋の茶園

 一で橘 二でかきつばた 三で下り藤 四で獅子牡丹

 五つ伊山の千本桜 六つ紫いろよく染めて 七つ南天 八つ山吹の

 九つ小梅を散らしておいでなさい 十で殿さま 葵の御紋

 

お手玉唄(挾間町朴木)

☆お城のさん 王様大将が いそごで お駕籠でいっちょさのドン

 差したかドン 忍ぶかドン ドンドと流行るは どろがみ様か

 ここはシノワの境のドン おん吉原の弥四郎さん 駒三さん

 とぼけて流行るが音八さん 城木屋のお駒さん 才三さん

 煙草の煙で一に二に三に四 五 六 七に八 九に十 十まで返して

 

手まり唄(庄内町阿蘇野)

☆一わもしんじゅ わしゃ市ゃ持たねど 相撲取りなりゃこそ市持ってまわる

 わしゃ市ゃ持たねど トンコロリンと構えた

☆二わもしんじゅ わしゃ荷は持たねど 車屋なりゃこそ荷を持ってまわる

 わしゃ荷は持たねど トンコロリンと構えた

☆三わもしんじゅ わしゃ三味は持たねど 芸者すりゃこそ三味持ってまわる

 わしゃ三味は持たねど トンコロリンと構えた

☆四わもしんじゅ わしゃ皺持たねど 年寄りなりゃこそ皺持ってまわる

 わしゃ皺持たねど トンコロリンと構えた

☆五わもしんじゅ わしゃ碁は持たねど 旦那なりゃこそ碁を持ってまわる

 わしゃ碁は打たねど トンコロリンと構えた

☆六わもしんじゅ わしゃ櫓は持たねど 船頭すりゃこそ櫓を持ってまわる

 わしゃ櫓は持たねど トンコロリンと構えた

☆七わもしんじゅ わしゃ質ゃ持たねど 質屋すりゃこそ質持ってまわる

 わしゃ質ゃ持たねど トンコロリンと構えた

☆八わもしんじゅ わしゃ鉢ゃ持たねど 唐津屋なりゃこそ鉢持ってまわる

 わしゃ鉢ゃ持たねど トンコロリンと構えた

☆九わもしんじゅ わしゃ鍬持たねど 百姓すりゃこそ鍬持ってまわる

 わしゃ鍬持たねど トンコロリンと構えた

☆十わもしんじゅ わしゃ銃は持たねど 猟師すりゃこそ銃持ってまわる

 わしゃ銃は持たねど トンコロリンと構えた

メモ:同種の唄はかつて広範囲に亙って唄われた。「一羽も進上」などと唄う地域もあったようで、地域によって文句がやや異なっている。

 

手まり唄(庄内町阿蘇野)

☆今日はきょうきょう 明日は大大 大事大事のお手まり様を 紙に包んで紙縒りで締めて

 締めた上からイロハと書いて 誰に読ましょか吉五さんに読ましょ

 吉五親方 馬追いなされ 馬はピンコシャンコ ビロードの脚絆

 当てて踏ませて後ろから見れば 牡丹芍薬 百合の花 百合の花

 セントート いっこん貸しました

 

手まり唄(庄内町阿蘇野)

☆ほうそう花や菊花や てんてん手まりこに詰め込んで おしや小宿に預けたら

 継母さんから叱られて 五尺の袂に矢を受けて 猫が嫁入りイタチが仲立ち

 二十日ねずみが五升樽さげて 裏の小道をちょこちょこ走り

 なんぼ走っても一の間こいこい 二の間こいこい 三の間に出口に

 お月さんがござる セントート いっこん貸しました

 

手まり唄(庄内町竜原)

☆わしとおっかさんとお寺に参りかけ お寺の窓から酒の粕投げて捨てた

 わしにゃ当たらんでおっかさんに当たった お軽勘平と申された セントート イッキトセ

 

手まり唄(挾間町挟間)

☆お城のさん おむさむ大将が いっちょごで お駕籠でいっちょさのドン

 差いたかドン 忍ぶかドン ドンドと流行るが どろがみ様か

 ここは篠原境のドン おん吉原のヨシドウさん 駒三さん

 遠くで流行るが音八さん 城木屋のお駒さん 才三さん

 煙草の煙で一に二に三に四に 五に六に七に八に

 九に十に 十から落ちたお今さn お芋一升いくらかえ

 二十五文でござります もちっと負からかスカラカポン

 お前の心で負けてやろ セーニ マーニ いっことせー

 

手まり唄(挾間町朴木)

☆牛方 馬方 口十丁ヒンヒン

 五十めいから五百めいまで お皿を付き添えて

 一よりん二よりん三よりん 四よりん五よりん

 六よりん七よりん八よりん 九りん十よりん

 十から十まで後に返して 返さん返さん 戻さん戻さん

 一丁二丁三丁…八丁九丁十丁 十に重ねておんどりおんどり

 おんどり一羽が一匁 おんどり二羽が二匁

 おんどり三羽が三匁…おんどり十羽が十匁 十に重ねてめんどりめんどり

 一めんど二めんど三めんど…十めんど 十に重ねて

 そそりそそりは にちめ にそそり

 一めんにめん三めん…十めん 十に重ねておっちんちん

 一二三…八九十 江戸のこの瀬は ノーショウショウ ショショで上がる

 水は九勺 積もれば十勺 水はスイショウでオノセで上がる

 一しゃ二しゃ三しゃ…八しゃ九しゃ十しゃ 十で下ろして

 一十や二十や三十や…八十や九十や 九十薬缶の蛇の目の前

 百ついて二百ついて三百ついて…八百ついて九百ついて千ついて

 千の社のおんさい女郎衆か お前が女郎衆か

 シイキライからオライロクまで 御手ん引き寄せ 御手の花もうし ひとばえ

 

手まり唄(挟間町朴木)

☆向かいジャボンの梅の花 朝は蕾で昼開く 晩はしおれて門に立つ

 門に立つのは千松か万松か まだ七つにならぬうち お馬の上から飛び降りて

 まま親さんから叱られて 猫が嫁入り いたちが仲立ちすると

 鼠が五升樽さげて 裏の小道をチョコチョコ走り なんぼ走っても

 一のまんのこよこよ 二のまんのこよこよ 三のまんのお月さん

 出口を照らしてござる お月だいだい 今日もだいだい 明日もだいだい

 大事大事のお手まり様を 紙に包んで紙縒りでしめて

 しめた上からイロハと書いて 誰に読ましょか吉与さんに読ましょ

 吉与は盲で読みきりません そこであなたにいっこん貸しましたぞえ 貸したぞえ

 

手まり唄(湯布院町内徳野)

☆一つとせ 人を見下ろす師直が 顔世に恋慕のその胸を 晴らそうかいな

☆二つとせ 深編笠の虚無僧が 戸無瀬が手の内ご無用と とどみょうかいな

☆三つとせ 身の上知らずの九太夫が 主人の逮夜に蛸ざかな はさもうかいな

☆四つとせ 夜討めいめい集まりて 山よ川よの合言葉 交わそうかいな

☆五つとせ 猪撃たんと勘平が えらみつめたる二つ弾 放そうかいな

☆六つおせ 無念あまりの判官が 館をドンドと騒がせて 起こそうかいな

☆七つとせ なに心なき由良之助 力弥が鯉口響かせて 響こうかいな

☆八つとせ 屋敷の案内いちいちに 玄関お長屋下部屋と 探そうかいな

☆九つとせ 九つ梯子を取りいだし 嫌がるお軽を二階から 下ろそうかいな

☆十とせ トンと仇を討ちおさめ めでとう主人の塚の前 手向きょうかいな

 

縄跳び唄(挾間町上市)

☆花子さんお入り タイオノヒ セップクシキシのジャンケンショ

 あいこでショ ショッショのショ 合わぬかショ 負けたお方は出てちょうだい

 

縄跳び唄(挾間町上市)

☆お舟の船頭さん渡しておくれ 今日は御用で渡されぬ

 ソレ 一 二 三 四 五 六 七 八 九 十

 

縄跳び唄(庄内町長野)

☆花子さんお入り はいよろし アップクチキチキ アッパッパ

 ジャンケンポン 負けたお方は出ておくれ

 

言葉遊びの唄(挾間町朴木)

☆おとぼ おとぼ 馬どきい繋いだ くりくり山に繋いだ 何う食わせち繋いだ

 去年の稗がら今年の栗がら けえくり混ぜちみたりゃ ひゅうひゅう栗う見つけた

 つみ割るも惜しい 咬み割るも惜しい つみ割っちみたりゃ 白い小袖が六つ六つ

 赤い小袖が六つ六つ 六つになる稚児に 綾織りう着せち そっから熊野に初参り

 三郷の市から日が暮れて 扇の小骨に灯をとばし とばしてもとばしても明からんで

 そこの小屋に宿とった 宿は狭し夜は長し 暁起きて空見れば 稚児のような傾城が

 むら杯を手に持って 一杯お上がり上戸さん 二杯お上がり上戸さん

 三杯目の杯に 何が肴と問うたれば 白瓜 唐瓜 真っ赤な瓜の漬け大根

メモ:二組に分かれて向かい合い一句ずつ交互に唄い、間違った方が負けという遊び方。

 

冬の唄(挾間町上市)

☆大寒小寒 こうやんかて行たら 芋ん茹じゅう貰うた

 包むもんがなかって ヘコん先い包うだ

 

蛍の唄(庄内町阿蘇野)

☆ほうほう蛍来い あっちの水は苦いぞ こっちの水は甘いぞ

 天神 勧進 清の水 カンコロ好きの婆さんが 提灯とぼして待っちょるぞ

 ほうほう蛍来い

 

蛍の唄(挾間町上市)

☆ほうほう蛍来い あっちの水は甘いぞ

 こっちの水は苦いぞ 柄杓を持てこい汲んでやろ

☆ほうほう蛍来い あっちの水は苦いぞ

 こっちの水は甘いぞ 行灯の光をちょいと見てこい

 

虫送りの唄(湯布院町由布院)

☆実盛どんのごうじんだ 後ぁ富貴 満福利

 

からかい唄(挾間町朴ノ木)

☆知らにゃシンゴやんが 赤ケツねぶれ

 

からかい唄(挾間町朴ノ木)

☆初めて聞いた今日聞いた 驚きいった肝いった

 

からかい唄(挾間町上市)

☆かっちんかまぼこ 堅木ん実 食われんもんはどんどんぐり

 

からかい唄(挾間町朴ノ木)

☆男と女子と豆男 豆から生まれたやせ男

 

からかい唄(挾間町上市)

☆まねし万歳 米もらい 一日貰うて米一升

 

約束の唄(挾間町上市)

☆指切り金切り 金屋の爺さんが指切って死んだ 嘘言や地獄 本当言や極楽

 

亥の子唄(挾間町谷中村)

☆今夜の亥の子 祝わん者は鬼生め蛇生め 角生えた子生め

 祝うた門には福来る 最後にも一つ添えちょけ ま一つ添えちょけ