土手搗き唄(挾間町朴木)

☆アラ今日ゃエ 今日ゃエ アラ今日ゃご公役 エンヤーエー

 (エンヤーエンヤーエンヤーエー ヤレコノ サンサノエー)

☆今日ゃ 今日ゃ どなたもご苦労

☆どなたも どなたも お槌とお足で

☆今日ゃ 今日ゃ お奉行がおいでじゃ

 

土手搗き唄(庄内町渕)

☆じょさんどんなノー じょさんどんな骨なし エンヤーエー

 (エンヤーエンヤーアレエワイサノヨイ アードスコイドスコイ)

 ヤレコノじょさいは変わらぬエー(アーそこ搗けそこ搗け)

 

籾すり唄(庄内町阿蘇野)
☆今宵はノー ヨイヨイ 今宵は日もよい エンヤーエンエ エンヤーエンヤ
 アレワイサーノヨイ アソコジャイ ソコジャイ
☆こうすりゃようまう
 ※まう=回る

籾すり唄(挾間町谷)
☆伊勢にゃ七度(ヨイヨイ) 熊野にゃ三度(アラソーコセー ソーコセー)
 愛宕ホホンホー 様には(ヨイヨイ) ヤンサ月まいり
 (ソラ ヤートコセーノ ヨーイヨナ アレワイセ コレワイセノ ナンデモセー)
メモ:伊勢音頭の転用

ものすり唄(挾間町谷)
☆臼はナ(ソコ) 台でもつ(サノヨイトサノヨイヨイ)
 なかごで締まるナ(サノヨーヤナ)
 早野ナ(ソコ) 勘平さんな(サノヨイトサノヨイヨイ)
 勘平さんな早野ナ(サノヨーヤナ) お軽さんで締まる
 (セーヨ) ソコ(ヨーヤセーヨ) ソコ(ヨーヤーナー)
 ※早野勘平、お軽=仮名手本忠臣蔵の登場人物
メモ:直入地方の盆踊り唄「麦搗き」と同種。

 

苗取り唄(挾間町挟間)

☆小麦五升どま唄でもするが(アズレズレ) 後の粉ばなしゃ嫁恋し

 (ヤレ粉ばなしゃ後の) 後の粉ばなしゃ嫁恋し

☆わしとお前は茶碗の水よ 誰が混ぜても濁りゃせぬ

 

田植唄(挾間町朴木)

☆籠の鳥じゃと悔やむな娘(ハーズレズレ) 籠の破れる節が来る

 (ヤレ節が来る) ハーズレズレ(籠の破れる節が来る)

☆夢の夢まで忘れぬ人を 夢と思わす無理な親

 (無理な親)(夢と思わす無理な親)

☆嫁をかわいがれ嫁にこそかかる いとしわが子は他人の嫁

 (他人の嫁)(いとしわが子は他人の嫁)


田植唄(庄内町)
☆田植田植と(ヨイヨイ) 好んで来たが
 (いとし殿御は) ヨイヨイ(ヤレ代田かき)
☆切れた切れたよ音頭の綱が (腐れ縄かやまた切れた)
 ※文句が思いつかなくなったので、次の句からは他の人が唄って下さいという意味がこめられている。田植え唄は、斉唱するのではなく、その場にいる中でも特に唄のうまい人が唄い、ほかの人は「ヨイヨイ」と囃した。
☆腐れ縄でも取りようがござる(お手を回して柔らかに)
☆音頭取る娘が橋から落てて(橋の下から泣き音頭)

田植唄(庄内町阿蘇野)
☆腰の痛さにこの田の長さ 四月(ヨイヨイ) 五月の日の長さ
 (サンヤレ日の長さ 四月) ヨイヨイ(五月の日の長さ)
☆様はさぬやの三日月様よ 宵にちらりと見たばかり
 (見たばかり 宵に) (ちらりと見たばかり)
☆お月様さよ黒雲ばかり 私ゃ二人のよやばかり
 (よやばかり 私ゃ) (二人のよやばかり)
☆五月五月雨にヤヤ子が欲しや ヤヤに乳飲ませ腰をのす
 (腰をのす ヤヤに) (乳飲ませ腰をのす)

 

田植唄(庄内町野畑)

☆ハー わしが思いは宇曽さん山の ほかに(ヨイヨイ) 木はない松ばかり

 (サンヤレ松ばかり ほかに) ズレズレ(木はない松ばかり)

☆ぼんさん山道 破れた衣 肩にゃかからず木にかかる

 (木にかかる 肩に)(かからず木にかかる)

田植唄「いろは川」(湯布院町川上、挾間町谷)
☆お月様さえ黒雲ばかり 私ゃ(ヨイヨイ) 二人の夜ばかり
 (サンヤレ 夜ばかり 私ゃ)ヨイヨイ (二人の夜ばかり)
☆様は三夜の三日月様よ 宵にちらりと見たばかり
 (見たばかり 宵に)(ちらりと見たばかり)
☆星か蛍かぴかぴか光る 照らし輝くイロハ川
 (イロハ川 照らし)(輝くイロハ川)
☆音頭取る娘が棚から落てた 棚の下から泣き音頭
 (泣き音頭 棚の)(下から泣き音頭)

 

田植唄(湯布院町中川)

☆ハー 田植小話ゃ田主の嫌い 唄うて(ヨイヨイ) 植えなれしょぼしょぼと

 (アラサンヤレしょぼしょぼと 唄うて) ヨイヨイ(植えなれしょぼしょぼと)


田植唄(湯布院町中島)
☆ハーラ わしが想いは湯ノ岳山の 朝の(ヨイヨイ) 霧よりゃまだ深い
 ※湯ノ岳山=由布岳
☆宵にちらりと見たではならぬ うちにゃ子もあるカカもある

田の草取り唄(挾間町谷)
☆嫁をかわいがれ 嫁にこそかかれ いとし我が娘は ヤレ 他人の嫁
  ※自分の娘はよそに嫁に行っていて、頼りにはできない。また、その娘が嫁に行った先で粗末に扱われたらどう思うか?そのことをよく考えて、嫁のことを大事にして、嫁を頼りにしなさいの意味。姑への戒めの文句。

 

田の草取り唄(挾間町来鉢)

☆盆の十六日 おばんかて行たりゃ(ヨイトコセー ドッコイセ)

 なすび切りかけ 不老の煮しめ(ハラ ヨヤサノセー ヨーイヤセ)

☆お前さんとなら戸はムシロでも 帯はカンネの ソレかずらでも

 

田の草取り唄(挾間町朴木)

☆綾や錦に巻かるる姫は(ヤレショー ドッコイショ)

 うつろ舟にて身を流さるる(アラヨヤサノセー ヨーヤーセー)

☆国は薩州 薩摩の国よ 灘を隔てた鹿児島領の

☆国は知行は三万石を お取りなさるる御大将の

 

米搗き唄(庄内町)

☆搗けど小突けどこの米はノー 搗けんエーイノ ナントショ

 踏まにゃ夕餉の間に合わんヨー

☆嫁に来るなら寒風にゃあてん 鶴見おろしは由布ではねる

☆おどまバカじゃろ天保銭の子じゃろ 一厘銭から笑われた


馬子唄(湯布院町)
☆嫌でござんすホイ 馬方嫌じゃホイホイ 朝は早う出てホイ 夜戻るホイホイ
☆峠越すなら由布院は見える お馬きつかろ家ゃすぐぞ
☆嫁に行くなら湯平がよかろ 夏は涼しゅてお湯が湧く

駄賃取り唄(湯布院町荒木)
☆嫁に行くなら 由布院がよかろ 夏は涼しゅて お湯が湧く
☆今か今かと 波止場に立てば 舟は風波 寄り付かぬ

 

駄賃取り唄(挾間町挟間)

☆おごじょ出て見よ浅間の岳で 今朝も煙が三筋立つ ホイホイホイ

☆竹田通いすりゃ雪降りかかる 帰りゃ妻子が這いかかる

 

地搗き唄(挾間町谷・挟間)

☆伊勢にゃ七度(ヨイヨイ) 熊野にゃ三度(ソコセー ソコセー)

 愛宕様にいは ヤンレ月参り

 (ソレカラ ヤートコセーノ ヨイヨナ アレワイセ コレワイサノ ナンデモセ)

☆小石投ぎゅよりちょろちょろござれ ござりゃ見もする会いもする

 

もと摺り唄(挾間町挟間)

☆宵のもと摺り(アラヨイカラコイコイ) 夜中のコシキ

 朝の洗い場が(アラヨイカラコイコイ 洗い場がノー ナンデモセ

 気にかかる(ソコセーヨ ヨヤセーヨ ヨーヤセー)

☆好いて好き合うて行くこそ縁よ 親の遣る先ゃ義理の縁

メモ:ものすり唄としても唄われた。


木挽き唄(湯布院町荒木)
☆エー 大工さんよりゃ木挽きさんが憎い 
 仲のよい木を引き分ける ハーショッキン ショッキン
☆あなた思うに身が痩せ細る 思いやめたら また肥えた

 

木挽き唄(湯布院町中川)

☆山で子が泣く山師の子じゃろ(ヨイヨイ)

 山師ゃ子がない鋸の音(アーショロッキン ショロッキン)

☆朝も早うからお山に登り 大黒柱を今日はわく

 

木挽き唄(挟間町朴木)

☆ヤーレ 鋸とヤスリと番匠のカネを イヤコラサイサイ

 ア 置いてお帰り米の代 ア ショッキンショッキン

☆米の代と言うちゃそりゃ置ききらぬ ヤスリ代とでも言うておくれ

☆こげなよい日にゃ五間どま挽かにゃ かかの湯巻も気にかかる

 

木挽き唄(挾間町来鉢)

☆私ゃ父さん木挽きは嫌じゃ 木挽きゃ腑を揉むエ

 早う死ぬる ハーコロリン コロリン

☆山で床取りゃ木の根が枕 落つる木の葉が夜具となる