座興唄「大津絵」(挾間町挾間)

☆おいおい親爺どの その金こちゃに貸してんか 与市兵衛はほら びっくり仰天し

 いえいえ金ではござりませぬ 娘お軽がしてくれた よいよいの握り飯

 さてもしぶとい親爺めと 抜き放し 何の苦になきひとえぐり 命と金とが

 女に分かれる二つだま

メモ:全国的に流行した俗曲で、大分県内でも農村、漁村とわず、田舎でもかなり流行したようである。この文句は「仮名手本忠臣蔵」を題材にしたもの。

 

座興唄「琉球節」(挾間町谷)

☆琉球と鹿児島が地続きならば 一夜通いがしてみたい

 シタリヤヨメヨメ シンニヨタヨタ シテガンガン セッセー

☆琉球へござるなら草鞋はいてござれ 琉球は石原 小石原

メモ:主に関西の花柳界で流行した俗謡で、大分県内の農村部でも一時期流行したようだ。

 

座興唄「十銭節」(挾間町谷)

☆米が十銭すりゃヤッコラヤノヤー 唐米ゃ九銭ナー千代さん

 辛抱せにゃいかれんと書いてある サイナ トッチンチンリン トッチンチンリン

メモ:文句にはそう大した意味のない、戯れ唄。真っ黒け節の変調として流行した「ヤッコラヤノヤ節」の替え唄。

 

座興唄「書生節」(挾間町挾間)

☆書生さん 好きで虚無僧するのじゃないが 親に勘当され試験に落第し

 仕方ないから尺八を 吹く吹く吹く間に ドッコイショで門に立つ

 シャレチョラ ゲショバイ

☆三味線の 二三は切れても一ゃ残る 銀主が金貸しゃ利が残る

 うちのカカ叩き出しゃ子が残る 春の焼け野は根が残る

メモ:全国的に唄われた「さのさ節」の変調で、県内で広く流行したとみえ、耶馬溪方面では盆踊り唄として伝承されている。

 

座興唄「五文かんざし」(湯布院町内徳野)

☆五文かんざし チンチリ紙ゅ一帖 こいさ出ちぇ来にゃ

 そりゅこっちいさぜくりもどせ ちょいと待ちなりいな ずうしいごきゅ洗うち

 駄牛い水くるるちゅち 出ちぇ来ちぇ逢おうぜ

メモ:わざと大分言葉を強調した戯れ唄。

 

祝い唄「ヨイヤナ」(庄内町阿蘇野)

☆あなた様とは音には聞けど 一つお座には今宵が初め

 これをご縁と頼みます ヨーイヤナー

☆岩に立ち藤 手は届けども 人の花なら折ることならぬ 見上げ見下げし見るばかり

☆阿蘇野よいとこ一度はおいで 春は椎茸わらびとり 夏は涼しき白水の

 秋は紅葉の紅の山 冬は降る雪 雪見酒

☆あなた京都の禁裡がうちに お住いなされる御身分 私ゃその裾流れ川

 川の底ゆく恋や鮒 お手下げ引き上げ下しゃんせ

☆花はいろいろ数あるけれど 右近左近の花が咲く

 吉野の山にも数あるけれど あなたに見かえの花はない

☆帯になりたやあなたの帯に 昼はお腰に巻き立てられて 夜はあなたに添い寝する

☆私ゃ以前は花にも咲いた 今は行っている他人の里に 生まれ故郷が懐かしい

☆あなたのようなよい人は 唐天竺にも都にも

 大阪表にゃ咲く花も あなたにまさる花はない

メモ:内陸部で広く唄われた祝い唄。特に、朽網地方(阿蘇野も朽網地方である)はヨイヤナ節が特に盛んであり、数多くの文句が伝えられていた。祝言、家普請その他もろもろの祝いの席では必ず唄われたもの。