盆踊り唄「マッカセ」(湯布院町) <77・75切口説>

☆さらばしばらくマカセでやろな(ソラマッカセマカセ)

 マカセ踊りよい(ヨイショヨイショ)

 ヤレ品がよい(ヤットハリハリ ヤーノエイエイ)

☆八百屋お七と国分の煙草 色で我が身を焼き捨てる

メモ:安心院か院内から入ってきたと思われる。今でも湯布院町全域で広く踊られているが、昭和30年頃までは特に流行していたらしい。

 

盆踊り唄「マッカセ」(湯布院町塚原) <77・77段物>

☆わしもヨー かてなれ 場所くれなされ(ソレマッカセドッコイセ)

 わしの音頭でコーリャ(アードスコイドスコイ) 合うかは知らぬ(トハーリハリ チョーノエーイエイ)

メモ:よそのマッカセに比べるとずいぶんテンポが遅い。安心院や宇佐のマッカセとは違って、玖珠のマッカセのように継ぎ足を互い違いに踏み出しては後ろの足を急いで引き寄せて踊るので、足運びが少し忙しい。しかし覚えてしまえば簡単な踊り方なので、よく親しまれている。

 

盆踊り唄「マッカセ」(湯布院町並柳) <77・77・77段物>

☆こぶるエー 稗餅ゃ ばらばらあゆる(ソレマッカセドッコイセ)

 あゆる稗餅ゃ(アーヤンシキドッコイ) いやりが運ぶ(ドスコイドスコイ)

 いやりそこのけ踏み殺さるる(トハーリハリ チョーノエーイエイ)

★声がエー 出ませぬ 蚊の鳴くほどに(ソレマッカセドッコイセ)

 誰かどなたか(アーヤンシキドッコイ) 声継ぎ頼む(ドスコイドスコイ)

☆先の 太夫さん 長々ご苦労 わしもここから 声継ぎしましょ あらさそらそら声継ぎしましょ

☆花の お江戸の そのかたわらに 聞くも珍し 心中話 ところ四谷の新宿町の

○紺の暖簾に(アーヤンシキドッコイ) 桔梗のご紋(ドスコイドスコイ)

 音に聞こえし橋本屋とて(トハーリハリ チョーノエーイエイ)

○あまた女郎衆の あるその中に 御職女郎の白糸こそは

メモ:並柳のマッカセは、☆印で示した77×3が基本である。ところが音頭とりが後退する際は、一節を最後までいかなくても関係なしに交代し、後の音頭とりはまた節の頭に返って唄い始めるために、★のような尻切れの節も発生する。また、○印のように頭の77を省いた節も自由に挿んで唄っている。太鼓はワク打ちの多い叩き方だが、自由奔放な音頭にもかかわらずよく合っている。踊り方は塚原のものとはまた違い、より簡単である。子供にもよく親しまれている。

 

盆踊り唄「マッカセ」(湯布院町鮎川・津々良) <77・77・77段物>

☆マカセ踊りをしばらくやろな(ソレマッカセマカセ)

 マカセマカセで(ドスコイドスコイ) しなよくやろな(ソレドッコイドッコイセ)

 さらばそじゃそじゃ その調子にて(ヤートハーリハリ チョーノエーイエイ)

☆わしがみたよな田舎の矮鶏が 音頭とるとは枯れ木に花よ 枯れ木花なら咲いたときゃ見事

 

盆踊り唄「田の草踊り」(挟間町内成) <77・75切口説>

☆親の意見と茄子の花は(ハードッコイセー ドッコイセー)

 千に一つの ソリャ無駄もない(ハーヨヤサノセー ヨーヤーセー)

☆腰の痛さよこの田の長さ 四月五月の日の長さ

メモ:田の草取りの際にも唄った。「田の草踊り」の呼称から、作業唄を盆踊りに転用したようにも思われるが、曲調からして元々は盆踊り唄であったのを田の草取りでも唄ったことから「田の草踊り」と呼んだとみる方が正しいような気がする。

 

盆踊り唄「田の草踊り」(挾間町朴木) <77・77段物>

☆貰うた貰うたよ先様お上手(ヤレショー ドッコイショー)

 貰うにゃ貰うたがお上手の後じゃ(ハラヨヤサノセー ヨーヤセー)

☆合うか合わぬかわしゃ知りませぬ 合わぬところは囃子で頼む

 

盆踊り唄「田の草踊り」(挟間町谷・石城川) <77・77段物>

☆盆の十六日 おばんかて行たりゃ(ヨイトコセー ドッコイセ)

 茄子切りかけ 不老の煮しめ(アラ ヨヤサノセー ヨヤサノセー)

☆哀れなるかや石堂丸は 父を尋ねて高野に上る

 

盆踊り唄「三勝」(挾間町挟間) <77・75切口説>

☆わしの思いは宇曽山やまよ(ヤレショー ドッコイショー)

 ほかに木はないただ松ばかり(アラヤーンソレソレ ヤンソレサイ)

☆君と別れて松原行けば 松の露やらソレ涙やら

☆どうで三勝さんな臼杵が元よ 臼杵元なら佐伯が浦よ

メモ:町内全域で広く親しまれている。同名の踊りはかつて大分県内のかなり広範囲に亙って親しまれたが、現在は挾間町のほかに、豊後大野市一円、臼杵市、津久見市、大分市、佐賀関町、山国町、耶馬溪町などに伝承されている。しかし節回しで分類するといくつかの系統にわかれ、それぞれには関連性があまり感じられない。

 

盆踊り唄「三勝」(挾間町来鉢) <77・77段物>

☆肥後の熊本小柳村に(ヤレショー ドッコイショ)

 権佐殿とて小分限ござる(ヤーンソレソレ ヤンソレサ)

メモ:この地域では団七踊りである。団七踊りは特別の踊りで、もともとは来鉢のうちの一部集落にのみ伝わっていたが、評判となり近隣にも流行したようだ。

 

盆踊り唄「三勝」(挟間町朴木) <77・77段物>

☆ハー 聞いて目連うち喜んで(ヨイトセー ヨーイヨイ)

 五百羅漢のお弟子を寄せて(アーヨヤサノセー ヨーヤーセー)

☆七日七夜の供養をすれば 経の力で地獄を上がり

 

盆踊り唄「三勝」(湯布院町鮎川・津々良) <77段物>

☆揃うた揃うたよ踊り子が揃うた(アーヤーンソレソレ ヤンソレサ)

☆秋の出穂よりゃなおよく揃うた(アーヤーンソレソレ ヤンソレサ)

△アラ 私が音頭に謎かけよ(アラ 謎かけよ)

 私がかけたら解いてたも(アラ 解いてたも)

 十三娘とかけたなら(アラかけたなら)

 それまた音頭さん何と解く(アラ何と解く)

 音頭が解かねばわしが解く(アラわしが解く)

 十三娘とかけたのは(アラかけたのは)

 竹やぶ雀と解きゃせぬか(アラ解きゃせぬか)

 さわれば逃げるじゃないかいな(アラないかいな)

 さあさ音頭さんにお返し申す(アーヤーンソレソレ ヤンソレサ)

☆今の入れごとなかなかお上手

メモ:鮎川の三勝は玖珠以西のものと同様に、一句ごとに「ヤーンソレソレヤンソレサ」が入り、同じ節ばかりを繰り返していく。イレコが入ってるのもそのためで、少しでも変化を持たせようとしているのだろう。簡単な節回しなので誰にでも唄える。

 

盆踊り唄「六調子」(湯布院町塚原) <77・75切口説>

☆関の五本松 一本切りゃ四本(エーイサッサーエイサッサ)

 あとは切られぬ ホント五本松(エーイサッサーエイサッサ)

☆関の女は 医者より偉い 縞の財布の 脈をとる

メモ:玖珠・耶馬溪方面で唄われている「六調子」と同じ系統の唄で、上の句にも下の句にも全く同じ囃子が入る。この系統の唄は、たいてい上の句も下の句も同じ節で唄うことが多く単調になりがちだが、塚原のものは節をかえて唄っている。踊り方はごく簡単で、常に輪の中を向いて踊る。片足を浮かせてはうちわを叩くのを3回繰り返して、3歩で左にずれるだけ。宇佐方面の「らんきょう坊主」や「大津絵(唄踊り)」を少し簡単にしたような踊り方で、よく似ている。塚原では盆踊りの最終に唄っており、最後の方はどんどんテンポが速くなる。

 

盆踊り唄「六調子」(湯布院町並柳) <77・77段物>

☆やれなやれやれ 六やりましょな(ヨーヤッサーヨイヤッサ)

☆六でなけらにゃ 子供衆ゃひやけ

メモ:塚原の六調子と同種の節だが、並柳のものは耶馬溪町・山国町の節とほとんど同じである。間の玖珠の節よりも、その先の耶馬溪の節に近いというのが面白い。踊り方も、耶馬溪町柿坂あたりの六調子とよく似ている(塚原とは全く違う)。都合6回手拍子をするが、前に進みながら3回手拍子をするところで、2回目の手拍子を背中にまわしてするのがとても変わっていておもしろい。盆踊りの最終に踊り、だんだんテンポが速くなる。七つ拍子と同様に、並柳の踊りの中ではややこしい部類なので子供はあまり踊らない。

 

盆踊り唄「切り返し」(挾間町内成) <77・77段物>

☆阿波の鳴門の徳島町よ(ヤレショー)

 主人忠義な侍なるが(アラヨイヤサノセー ヨーヤーセー)

☆何の不運か無実の詮議 家の宝の刀の詮議

 

盆踊り唄「切りこえ」(挾間町朴木) <77・77段物>

☆国は長州 赤間の関に(ヤレショー)

 関に千軒並びはないが(アーヨヤサノセー ヨーヤーセー)

 

盆踊り唄「二口返し」(挾間町内成) <77・77段物>

☆竹のコリャ 切株 みかんの接穂(チョイトサ チョイトサ)

 それが接がれば枯木に花よ(ハエーイサッサ エイサッサ)

 

盆踊り唄「二つ拍子」(挾間町朴木) <77・77段物>

☆地獄かかずに八万余巡(チョイトサー チョイトサ)

 あれに沈みし母君こそは(アラエーイサッサー イヤコラサイ)

☆いかにしたなら浮かばれましょか 釈迦の前にて両手をついて

メモ:朴木は挾間町の中でも特に踊りの種類が多かった地区である。

 

盆踊り唄「二つ拍子」(庄内町渕) <77・77段物>

☆イヤー 一で神霊 矢口の渡し(ヤレショー ドッコイショー)

 二つ舟屋の頓兵衛が娘(アラヨイサノセー ヨイヤサノセー)

☆三つみのせのお舟が心 四つよしみね うてなを連れて

 

盆踊り唄「二つ拍子」(庄内町阿蘇野) <77・77段物>

☆ハー 国は近江の石山源氏(ヤレショー ドッコイショー)

 源氏娘におつやというて(アラヨヤサノセー ヨヤサノセー)

☆おつやいくつか今年で七つ 七つなるとき遊びに行たら

メモ:阿蘇野地区は庄内の市街地からかなり離れており、かつては直入郡に属していた。したがって市街地には伝承されておらず阿蘇野地区にのみ伝承されている踊りもある(あった)のではないかと思われるが、未確認。

 

盆踊り唄 「二つ拍子」(湯布院町鮎川・津々良) <77・77段物>

☆ハー鈴木主水と(ヨイヨイ) いう侍は(ハーヨーコセー ヨーコセー)

 女房持ちにて二人の子供(アヨイトセーノ ヨーイヨナ)

 (アレワイセー コレワイセーノ ナンデモセー)

☆二人子供の あるその中で 日にち毎日女郎買いばかり

メモ:伊勢音頭の転用である。長篇のイレコを挟んで、字余りにして唄うときもある。

 

盆踊り唄「二つ拍子」(湯布院町塚原) <77・77段物>

☆みんなどなたも厭いたよに見ゆる(ヤレショードッコイショ)

 厭いたところでオサ しなかえまする(アラヨーイサッサー ヨイサノサ)

メモ:宇佐地方・速見地方・国東地方で広く唄われている「二つ拍子」と同種の唄だが、テンポが遅い。踊り方はごく簡単。

 

盆踊り唄「二つ拍子」(湯布院町並柳) <77・77段物>

☆国のエー 始まりゃ大和の国よ(ヤレショー ドッコイショー)

 大和国では山崎三太(アーラヨイヤサノセー ヨイヤサノセー)

メモ:塚原の二つ拍子とは曲も踊りも全く違う。こちらは庄内町で昔唄われていた二つ拍子と同種で、挾間町で盛んに踊られていた「田の草」とも同種の節である。玖珠町北山田や久住町に残っている「兵庫節」や荻町の「八百屋」と、玖珠郡・日田郡で盛んに踊られる「小屋起こし」の節を掛け合わせたような節回しであり、おそらく同系統だろう。踊り方は祭文に手拍子を一つ加えただけの、ごく簡単なもの。

 

盆踊り唄「七つ拍子」(湯布院町並柳)<77・77段物>

☆三太 生まれを細かに聞けば(アノナーヨイヨイ)

 元は三太は大和の生まれ(ヤートコサイサイヤートコサイ)

☆山をかたどり崎かたどりて 大和山城 山崎三太

メモ:七つ拍子は、今は廃れているが昔は安心院町内各地で盛んに唄い踊られていた。ところが並柳の七つ拍子の節は、安心院や速見地方で唄われる「二つ拍子」の節になっており、特に山香町上地区や日出町豊岡地区で唄われる「二つ拍子」と、全く同じ節回しである。両者は同系統の唄で、杵築の「六調子」、西国東の「杵築踊り」など県内各地に同種のものが残る。この種の唄は瀬戸内方面一円に伝承されており広島県などでもよく似た唄が今でも残っているようだ。七つ拍子や六調子の上の句・下の句の頭3字を短く押し込めたのが「二つ拍子」で、他はほとんど同じであるため、よく混同されている。当地の七つ拍子は手数が多く踊り方がややこしいので、輪が小さくなりがちである。輪の中を向いて手をおろしたまま小さく開いては閉じ、足を右左と小さく出す所作は近隣にあまり見られない踊り方である。

 

盆踊り唄「祭文」(挾間町谷) <75・75段物>

☆国は長州三田尻のホホンホー(アラヨイショヨイショ)

 一の港にかこ町と(ソレエー ソレエー ヤトヤンソレサ)

☆寺も数々ある中に 中をとりわけデンショウ寺

 

盆踊り唄「祭文」(挾間町阿鉢) <75・75切口説>

☆ハー 十五夜お月さんに蓑着せて(アラヨイショヨイショ)

 毛のある中から月さがす(ソレエー ソレエー ヤトヤンソレサ)

 

盆踊り唄「祭文」(挟間町朴木) <75・75段物>

☆一人娘の おさよとてホホンホー(アヨイショヨイショ)

 年は十五の蕾花(ソレエー ソレエー ヤトヤンソレサ)

☆立てば芍薬 歩けば牡丹ホホンホー(アヨイショヨイショ)

 歩く姿は日の出百合(ソレエー ソレエー ヤトヤンソレサ)

メモ:節回しは、鶴崎踊りのものに比較的近い。ただしこちらの方がずっと田舎風で、土のにおいがする。

 

盆踊り唄「祭文」(庄内町阿蘇野) <75・75段物>

☆かわいお六を膝に上げホホンホ(アラヨイショヨイショ)

 覚悟はよいか これお六(ソレエー ソレエー ヤトヤンソレサ)

 

盆踊り唄「祭文」(挾間町挟間・七蔵司) <75・75段物>

☆心もいたり夕顔のホホンホー(アラヨイショ)

 情けも深き振袖に(ソレエー ソレエー アトヤンソレサ)

☆文玉草の絶え間なきヒヒンヒー ここに信濃のお足軽

☆神崎氏の与衛門がハハンハー 一人息子に浅之助

☆十八歳の優男ホホンホー 浅が姿を尋ぬれば

 

盆踊り唄「祭文」(挾間町内成) <77・75切口説>

☆関の女郎見てうちのカカ見れば コラサノサ

 千里奥山 古狸(ソレエー ソレエー アトヤンソレサー)

☆ゆんべ夜這どんが二階から落てた 猫の真似してニャオニャオと

☆よんべ来たのは夜這どんか猫か 猫が雪駄で来りゃすまい

 

盆踊り唄「祭文」(庄内町) <75・75段物>

☆エー向かいお山で 鹿が鳴くホホンホー(アヨイショヨイショ)

 寒さで鳴くか妻呼ぶか(ソレエー ソレエー ヤトヤンソレサ)

☆エー向かいお山は むかで山ホホンホー(アヨイショヨイショ)

 むかでが七巻き半巻いた(ソレエー ソレエー ヤトヤンソレサ)

メモ:庄内町全域でよく踊られていた。

 

盆踊り唄「祭文」(湯布院町鮎川・津々良) <77・75切口説>

☆ちょいと祭文に 切り替えたホホンホー(ヨイショヨイショ)

 祭文さんならしながよい(ソレー ソレー ヤットヤンソレサイ)

☆猿丸太夫は 奥山に 紅葉踏み分け鳴く鹿の

メモ:鮎川・津々良の祭文は庄内や野津原のものに節回しが似通っている。

 

盆踊り唄「祭文」(湯布院町並柳) <75・75段物>

☆一つや二つ 三つや四つコラサノサ(ヨイショヨイショ)

 十にも足らぬ 幼子が(ソレーヤ ソレーヤ アトヤンソレサー)

メモ:佐賀関町大志生木で唄われている祭文によく似た節回しである。県内各地の祭文はいくつかの系統に分かれるが、並柳の祭文も大志生木の祭文も、鶴崎踊りの祭文の系統の節・踊り方である。並柳の祭文は塚原とは踊り方が全く違っていて、どちらかというと杵築や安岐の踊り方に近いが、それでも前に進むときに体を揺するように左右に流しながら出て行く様には玖珠方面の祭文やマッカセのときの歩き方の特長が見られる。その土地柄から、方々の踊りの特長が残っているといえる。湯布院町は踊りの種類が多いところだが、玖珠の踊りも挾間の踊りも、安心院の踊りも速見の踊りも入ってきているためであり、踊り方の特徴一つとってみても同じことがいえよう。

 

盆踊り唄「祭文」(湯布院町塚原) <75・75切口説>

☆向かいお山で鹿が鳴くトコホーイホイ(アーヨイトコヨーイヨイ)

 アー寒さで鳴くか妻呼ぶか(ソレーヤ レソーヤット ヤンソーレサー)

○書生さん 好きで虚無僧はするのじゃないが(トサーイサイ)

 親にゃ勘当され 試験にゃ落第し(ヨイショ) 仕方がないのでネ

 尺八を くわえて吹き吹き門に立つ(サーノサー)

☆舞います舞います 舞いまする お空をひばりが舞い上がる

メモ:テンポはゆっくりめだが、節回しは「レソ」に近い。由布院市街地周辺とはずいぶん節が違う。途中に「書生さん節」(さのさ節のくずし)を入れ節にして唄うこともあるが、そのときも何事もなかったかのように全く同じリズムの中で唄っていくのがおもしろい。踊り方は「マッカセ」とほぼ同じで、途中の所作が1呼間分脱落しているだけである。継ぎ足で出ていくところの足運びが忙しいが、それ以外はごく簡単な踊りで親しみやすい。

 

盆踊り唄「猿丸太夫」(挾間町挾間) <77・75切口説>

☆わしが思いは 宇曽山やまよコラサノサ(ヨイショ ヨイヨイ)

 他に木はない松ばかり(ソレエー ソレエー ヤットヤンソレサ)

☆好きと嫌いが一度に来れば ほうき立てたり倒したり

メモ:猿丸太夫と呼んでいるが、明らかに祭文である。その理由としては、2点考えられる。イ、恐らく、鶴崎踊りが大流行してかつて挾間町にも入ってきたときに「猿丸太夫」と「祭文」があったことから呼称を混同したのでは?隣接する別府市内成地区でも、かつて鶴崎踊りを踊ったらしいのできっと挾間町でも取り入れたことがあったのだろう。 ロ、かつては「猿丸太夫は奥山で」云々の文句で唄い始めていたので、そこから「猿丸太夫」と呼び習わしていたのでは?

 

盆踊り唄「猿丸太夫」(挾間町朴木) <75・75段物>

☆猿丸太夫は 奥山のコリャホンカイナ(ハヨイショヨイショ)

 紅葉踏み分け鳴く鹿の(ソレエー ソレエー ヤートヤンソレサ)

☆国は奥州 仙台の 西や東に十三の

メモ:「猿丸太夫」と呼んでいるが明らかに「祭文」である。

 

盆踊り唄「三つ拍子」(湯布院町) <77・77段物>

☆東西南北静まりたまえ(ヤレショーヤレショー)

 西も東も南も北も(ソリャヨーイヨナー アリャセーコリャセ)

 ホイ(ヨーイヨナー)

☆それじゃ今から踊りの由来 盆の踊りの由来をきけば

メモ:盆踊りの最初に唄うもので、同様のものが院内町や安心院町にも伝承されている。伊勢音頭の変化したもので、玖珠町や耶馬溪町などに伝承されている「千本搗き」の仲間。

 

盆踊り唄「三つ拍子」(湯布院町塚原) <77・77段物>

☆さんさ東西静まりたまえ やんれそうじゃな三つといこか(アラヨーイヤーノ ヨイヤーヨイ)

☆先の太夫さん長々ご苦労 ご苦労様ならお茶なと召され

メモ:おそらく安心院町津房地区などで唄われている「三つ拍子」と同じ系統、つまり「豊前踊り」の類の唄と思われるが、塚原のものはずいぶんのんびりとした雰囲気で、節回しの印象がずいぶん違う。所作は簡単だが最初の手に戻るまでが長く覚えにくい。右手を前で振りながら数歩輪の中に出て行って右、左と払いながら後ろにさがり、両手を振り上げるのを数回繰り返し、右手を左に捨てて左にずれて最初に戻る。

 

盆踊り唄「三つ拍子」(湯布院町並柳) <77・77段物>

☆さんさ東西静まりたまえ しばし間は三つがよかろ(ヨーヤッサー ヨイヤーヨイ)

☆国の始まりゃ大和の国よ 大和国では山崎三太

メモ:安心院町や耶馬溪町などで唄われる「三つ拍子」(=山香・大田の豊前踊り)と同種の唄で、塚原のものよりもテンポが速い。所作も、津房あたりの「三つ拍子」の名残が見られ、安心院方面から入ってきたものと思われるが、ずいぶん簡略化されている。津房と並柳の中間に位置する塚原地区では踊り方が全く違うところを見ると、おそらく深見方面からの伝搬と思われる。

 

盆踊り唄「三つ拍子」(湯布院町) <77・77段物>

☆山のアリャ 谷々野に咲く花も(ヤレショー ドッコイショ)

 人が通わにゃ 盛りもすまい(アリャヨイヤサノセー ヨイヤサノセ)

☆誰もどなたも三つさんにゃ厭いた それじゃ何方も この先頃で

メモ:こちらは伊勢音頭とは関係のない唄である。

 

盆踊り唄「三つ拍子」(湯布院町鮎川・津々良) <77・77段物>

☆そうじゃそうじゃ三つ拍子かえた(ヨイトコセー ドッコイセ)

 しばし間は 囃子を頼む(アーヨイヤサノセー ヨイヤサノセー)

☆アーラ嬉しや音頭を拾うた 拾うた音頭は合うかは知らぬ

メモ:節回しが玖珠方面の「小屋起こし」に似ている。

 

盆踊り唄「三つ拍子」(挟間町古野) <77・75切口説>

☆思い出しては写真を眺め(エレショー ヨイヨイ)

 なぜに写真が ソレもの言わぬ(ハヨイトサノセッセ ヨイトサノセ)

☆思うて来たのに去ねとは何か 秋の出穂こそ稲という

 

盆踊り唄「ばんば踊り」(湯布院町鮎川・津々良) <7・75切口説>

☆白いゆかたに南無妙と書いて(南無妙法蓮華経 後生 後生願う)

☆四升五合願うた(ま五合願えば 五升 五升になる)

☆宇佐よりゃ中津(中津寺町ゃ 後生 後生どころ)

☆お寺の坪で(踊る片手にゃ 後生 後生願う)

メモ:盆踊りの最初に唄う。2節目以降、最初の7音を伏せている。たとえば3節目でいうと、「後生願うなら宇佐よりゃ中津」の「後生願うなら」を伏せているということ。

 

盆踊り唄「ばんば踊り」(湯布院町並柳) <77・77段物>

☆ばんば踊りが始まる頃は(ばんば踊りが始まる頃は)

☆爺さん出て来い婆さんも連れち(爺さん出て来い婆さんも連れち)

☆那須与一という侍は(那須与一という侍は)

メモ:一連の庭入り行事の後、最初に踊る。おそらく昔は成人男性のみで踊っていたと思われるがその慣習は崩れ、老若男女かかわらず、マッカセや祭文などの通常の踊りと同様に踊っている。安心院・院内方面のように踊りながら唄い継いでいくこともせず、棚の上に上がった音頭取りと踊り手の掛け合いになっている。踊り方はごく簡単で、ずっと輪の中を向いたまま少しずつ左にずれていくような踊り方である。右手を小さく振りながら右足を連続4回も前にトントントントンとつく所作が風変りでおもしろい。並柳は庭入りを継承しているが寄せ踊りになっている。踊りは、ばんば踊り、蹴出し、三つ拍子、しののめ、マッカセ、さえもん、二つ拍子、七つ拍子、六調子の9種類。踊りの種類が多いので、一つひとつは短時間しか踊らない。昔は三勝なども踊っていたのではないかと思う。

 

盆踊り唄「ばんば踊り」(湯布院町塚原) <77・75切口説>

☆あなた百までわしゃ九十九まで ともに白髪のアノ生えるまで

☆揃うた揃うたよ踊り子が揃うた 秋の出穂よりゃまだよく揃うた

メモ:盆踊りの最初に唄う。上の句も下の句も同じで、ゆったりとした単調な節。踊り方もごく簡単で、めいめいが円の内側を向いた状態で、握った右手を右下に何度か捨てて、右、左と払うように少し下がるだけ。その場からほとんど動かない。塚原では初盆家庭を順々に廻って踊りをしていたが、今は庭入りのみを初盆家庭を廻って行い、それがすんでから、踊りは塚原小学校でひとまとめに行っている。踊りは7種類でばんば踊り、三つ拍子、マッカセ、さえもん、二つ拍子、蹴出し、六調子の順に踊っているが、昔はもっと種類が多かったかもしれない。

 

盆踊り唄「蹴出し」(湯布院町) <77段物>

☆誰もどなたも速いがよかろ(アラヨイショヨイショ)

 アラどなたも速いがよかろ(ヤレショーヤレショー)

☆それじゃどなたも蹴出しでやろな

 どなたも蹴出しでやろな

メモ:速見郡一円に伝わる「三つ拍子」と同種の唄。

 

盆踊り唄「蹴出し」(湯布院町塚原) <77・77段物>

☆散りてはかない 平家の連よ(サイサイ)

 ことの仔細を たずねて訊けば(ヤーレショ ドッコイショ)

☆国は関東 下野の国 那須与一と いう侍は

メモ:塚原地区の蹴出しは頭3文字と下7時の頭(例に上げた文句で示すと「散りて」と「たずねて」)をためて唄う上にテンポがゆったりで、安心院町や山香町の「蹴出し」とはずいぶん違っている。踊り方も、よその「蹴出し」や「三つ拍子」(蹴出し系統のもの)は踊りの手が一巡するのにちょうど20呼間で、唄も20呼間なのでぴたりと合っているのに対して、塚原のものは踊りの手が18呼間で一巡する上に唄は25呼間程度なので唄と踊りがどんどんずれていく。輪の中を向いて片足ずつ蹴り出しながら3回うちわを叩き、片足ずつ蹴り出しながら両手を振り上げては返すのを繰り返して数歩輪の向き(右回り)に進み、1歩下がって数歩出て、また輪の中を向いて片足ずつ蹴り出しながら両手を振り上げては返す。同じ所作の繰り返しが多く、踊りが揃いにくい。

 

盆踊り唄「蹴出し」(湯布院町並柳) <77・77段物>

☆盆の十六日 おばんかていたら(サイサイ)

 上がれ茶々飲め やせうま食わんか(ヤーレショ ドッコイショ)

☆なすび切りかけ ふろうの煮しめ よんべ山家の 踊りを見たら

メモ:塚原のものよりは若干テンポが速め。頭3字を通常より1拍伸ばして3拍子にし、「サイサイ」の後ろも通常より2拍伸ばしているため、他地域では一般に20呼間で唄う節を23呼間で唄っている(塚原のように下7字を引き延ばしたりはしない)。踊り方は塚原に似ているがこちらの方が若干手数が多い。また、塚原ではいつも両手を同じ高さに振り上げるのを、こちらでは右手、左手、両手など腕の振り上げ方が若干ややこしくなっている。女性はハンカチを持って、クルリクルリと返しながら踊る。「ばんば踊り」のすぐ後に踊っており、一応、昔はここまでが庭入りに関連する踊りで、この次に踊る三つ拍子からが一般の盆踊りだったのではないかと思うが、もう今となってはその区別が全くわからなくなっている。

 

盆踊り唄「けつらかし」(挾間町内成・古野・石城川) <77・77段物>

☆日出の山香の踊りを見たか

 おうこかついで鎌腰差して(ヤーレショ ヤレショ)

☆踊る片手じゃ稗餅ゅこぶる こぶる稗餅ゃぼろぼろあゆる

メモ:上記「蹴出し」と同種。

 

盆踊り唄「しんぱんくずし」(挾間町朴木) <77・77段物>

☆一に神霊 矢口の渡し(アレワイサー コレワイサー)

 二つ船屋の頓兵衛館(ササ ヨイトサノセッセー ヨイトサノセー)

☆三つみのせの六蔵殿よ 四つ義峯 うてなを連れて

メモ:「しんぱん」の意味が不明。

 

盆踊り唄「三調子」(挾間町朴木) <77・77段物>

☆人は一代 ホホ名は末代よ(ヤーレナー ヤーレナー)

 発ちて行くともあと名を残せ(ササ ヤレトコヨイナー ヤッテイナー)

☆国はこうなる常陸の国よ 牡丹長者の先ず物語

メモ:大野地方の三重節と何か関係があるような気がする。

 

盆踊り唄「三調子」(庄内町阿蘇野) <77・75切口説>

☆かわい勝五郎 車に乗せて(サノヨイ)

 引けよ初花 箱根山(ハーヤレトコヨイナー ヤッテイナー)

☆連れて行くなら一夜も早く 心変わりのせぬうちに

 

盆踊り唄「ヤンサテナ」(湯布院町鮎川・津々良) <77・75切口説>

☆向かいの山でししが鳴く(ヤレショイ)

 寒さで鳴くのか 妻恋うか(アーヤンサテナ アーヤンサテナ)

☆武雄がボートにうつるとき 浪子は白いハンケチを

メモ:三調子に似た唄。

 

盆踊り唄「しょうご節」(挾間町朴木) <77・75切口説>

☆あなたナー ゆえなら(ハハヨイヨイ)

 わしゃどこまでも(アラソーコセー ソーコセー)

 「アラ正月二月は神の月 花の三月 桃の花 飲みの四月に蚊の五月 コラ

 六月土用が晴天で 盆の七月来たならば 踊ろが競ろがそりゃままよ

 竹の八月 木の九月 コラ 十月木の葉の落ちるまで

 霜月霜の降る夜さも コラ アラ極月 雪の降る日まで」

 待ってナー いますよ コラヤンレショ どこまでも

 (アラソレカラ ヤートコセーノ ヨーイヨナ)

 (アラ アレワイセー コレワイセーノ しょうご節)

○今宵ナー 逢いましょ(ハハヨイヨイ)

 踊りの中で(アラソーコセー ソーコセー)

 紅緒ナー ぞうりを コラヤンレショ 目印に

 (アラソレカラ ヤートコセーノ ヨーイヤナ)

 (アラ アレワイセー コレワイセーノ しょうご節)

メモ:伊勢音頭の転用だが、「しょうご」の意味が不明。 …と思っていたのだが、よくよく考えると「しょうご」は「兵庫」の転訛で、「兵庫節」なのだろう。この「兵庫節」というのはよくわからない名前で、久住・九重・玖珠あたりの盆踊り唄の「兵庫節」と、堅田踊りの「兵庫節」と、白熊唄の「兵庫節」(伊勢音頭のくずし)は節回しに全く関係がない。朴木の「しょうご節」は白熊唄の転用だと思う。

 

盆踊り唄「ヨンゴヨンゴ節」(挾間町北方) <77・75切口説>

☆盆が来たならネー(ハラドッコイ) 踊ろや競ろや(オチュチューラドン)

 (ハラヨイショ) しなの良いのを嫁にとる(ハーラヨーンゴヨンゴ)

☆好きと嫌いが一度に来れば ほうき立てたり倒したり

メモ:大正まで踊られていた「子供扇子踊り」の唄である。踊り手から音頭取りまで、全て男の子のみであったらしい。唄の節回しは、子供でも唄えたとあって比較的易しいが、踊りの手は扇子を使うこともあって子供の踊りにしては割と難しかったのではないかと思われる。

 

盆踊り唄「大正踊り(覗き節)」(挾間町北方・柏野) <75調イレコ>

☆賀来がた辺の魚釣りは 国分煙草を腰にさげ 横瀬にゃばっちょ笠ひっかぶり

 鶴田をかたげて向原 ここは行かりょか同尻の 広津留魚は食いつかれ

 おどいおどいと鬼瀬を 通り過ぐれば池の上 池にも魚はおらんので

 持病の蛇口を引き起こす アー ドコイヤサッサト

☆柚の木でしばらく入湯して 竹の脇をば下りかけ 詰にゃけつまずいて田代まで

 丸田で丸めた赤野薬 買うて来鉢の袋まで 飴の古野にゃちょいと困る

 志手の坂をば下りがけ 北方辺にゃ宿をとる アードコイヤサッサト

☆馬の中尾にゃまたがりて ひとむち当つれば富永の 森の木辺までかけつけた

 賀来神社にも参詣し 餅田で餅をたんと食い そこでお金も角の前

 わしの白ハゲよいけれど かかの片面にゃわしゃ閉口 あまり長いのもご退屈

 ここらあたりで大分か アードコイヤサッサト

メモ:イレコを繰り返す唄であり、現在廃れている。

 

盆踊り唄「六調子」(挾間町古野) <77・75切口説>

☆鯉の滝登り何と言うて登る(チョイトサー チョイトサー)

 ショボショショボショと言うて登る(アーヨンサノサイサイ イヤマカサイ)

☆関で女郎買うて高島沖で 弾くソロバン胸の内

☆恋の病も治せば治る 好いたお方と添や治る

 

盆踊り唄「六調子」(湯布院町鮎川・津々良) <77・75一口口説>

☆好きと嫌いが一度に来れば(サノヨイ サノヨイ)

 ほうき立てたり アノ倒したり(アラヤンサノセー ヤンサノセー)

☆恋で身を病みゃ親たちゃ知らず 薬飲めとは親心

メモ:別府や杵築の「六調子」と似た節回しである。杵築の「六調子」の唄は「杵築踊り」の名で県内各地に残っているので、流行小唄や他地域の俚謡を積極的に盆踊り唄として取り入れてきた鮎川・津々良の地域にも伝わっていて当然といえば当然。

 

盆踊り唄「一つ拍子」(湯布院町鮎川・津々良) <5・75・75・5小唄>

☆一つとえ 一人死にゆく死出の旅 皆さん後生を願わんせ 南無阿弥陀

☆二つとえ 再び還らぬこの娑婆に 皆さん後生を願わんせ 南無阿弥陀

☆三つとえ 未来の土産にご念仏 皆さん後生を願わんせ 南無阿弥陀

☆四つとえ 容赦はないぞえご念仏 皆さん後生を願わんせ 南無阿弥陀

☆五つとえ いつまでこの世におりとうても 一度ゃ死なねばならぬぞえ 南無阿弥陀

☆六つとえ 無理を世人が言うたとて 仏になりたきゃ腹立つな 南無阿弥陀

☆七つとえ 何ほど命が惜しうとて 一度ゃ死なねばならぬぞえ 南無阿弥陀

☆八つとえ 幼者も貴人もご念仏 皆さん後生を願わんせ 南無阿弥陀

☆九つえ これほど尊いご念仏 皆さん後生を願わんせ 南無阿弥陀

☆十とえ とかくこの世は夢の中 皆さん後生を願わんせ 南無阿弥陀

メモ:数え唄形式の和讃のようなものを盆踊りに転用したのだろう。鮎川・津々良は踊りの種類がとても多いが、ノンヤホーや五尺など流行小唄の転用と思われるものが目立つ。その中で「ばんば踊り」や「一つ拍子」には供養踊りの唄としての性格が色濃く表れている。

 

盆踊り唄「笠づくし」(湯布院町鮎川・津々良) <75・75小唄>

☆一つ人目を忍ぶ夜は 女心の吉野笠

 (アソレ エーソレ ヨイソレ ソレーヤートエ)

 (トンチリリンリン トンチリリンリン)

☆二つ深草少将は 小野小町に通い笠

☆三つ見もせぬ仲なれど 君が心の知れぬ笠

☆四つ夜な夜な門に立つ 人が咎むりゃ隠れ笠

☆五つ今まで逢うたれど 一夜も逢わずに帰り笠

☆六つ紫小紫 顔にちらちら紅葉笠

☆七つ情けのない客に お寄りお寄りと遊女笠

☆八つ山城小山城 国を隔てて近江笠

☆九つここに小網笠 雨の降り笠日照り笠

☆十で十まで上り詰め 笠もこれまで終わり笠

メモ:鮎川と津々良の盆踊りは「津鮎踊り」といって、踊りが15種類もある。この唄を含め、座興唄や流行小唄の転用と思われるものが多いが、三味線等は用いずに太鼓や鉦の鳴り物のみ。この「笠づくし」の唄は、他県にも伝承されている地域があり、かつては広く流行したと思われる。「トンチリリンリン…」の囃子言葉は、おそらく口三味線からきており、元々は三味線伴奏で唄う流行小唄か端唄の類だったものが、盆踊り唄としてこの地に根付いたのではないだろうか。

 

盆踊り唄「ノンヤホ」(湯布院町鮎川・津々良) <77・75小唄>

☆アラ 向かい通るはヤー ノンヤホー 清十郎じゃないか

 笠がよう似た 菅の笠 ヤーレ ノンヤホー

☆笠がよう似たとてヤー ノンヤホー 清十郎であらば

 お伊勢参りは みな清十郎 ヤーレ ノンヤホー

☆アラ 伊勢は七度ヤー ノンヤホー 熊野にゃ三度

 愛宕様には 月まいり ヤーレ ノンヤホー

☆アラ 愛宕様にはヤー ノンヤホー 様には愛宕

 愛宕様には 月まいり ヤーレ ノンヤホー

メモ:古い流行小唄の転用。ノンヤホーのお囃子の通り、のんびりとした節回し。それでも五尺やチリリンよりは節が易しく、唄いやすい。元唄はかなり流行したのか、流行小唄を集めた昔の本などに収録されている。

  元唄(ノンヤホ節)

   晩にござらば ノンヤホー 肥後鉈さいてござれ 晩にゃ梅の木の技おろそ

   肥後鉈さいてござれ 晩にゃ梅の木の枝おろそ ノンヤホー

 

盆踊り唄「オヤマカチャンリン」(挾間町朴木) <77・75切口説>

☆ハー おやま買うよな たいまな金が あれば味噌買うて

 おじや炊け ハオヤマカチャンリン

 ※おやま=女郎、たいまな=大層な、おじや=雑炊

☆お山ちゃんちんさんで儲けた銭を おやまで取らるりゃ是非がない

 ※やっとこさで儲けたお金を、女に入れあげて巻き上げられたら何のことだかわからないよ、の意味。

メモ:流行小唄「オヤマカチャンリン節」の転用。

 

盆踊り唄「五尺」(湯布院町鮎川・津々良) <75・7小唄>

☆ヨイ 五尺(ソリワ 手拭いナー ソリワ 中染めて

 誰にくりょよりゃ ヤマコソ アリャノーホイサ)

☆ヨイ 誰に(ソリワ くりょよりゃナー ソリワ 様にやろ

 様がとらずば ヤマコソ アリャノーホイサ)

<中略>

☆ヨイ 佐渡と(ソリワ 越後はナー ソリワ 筋向かい

 橋をかきょうヤレナー ヤマコソ アリャノーホイサ)

☆ヨイ 橋を(ソリワ かきょうヤー ヤーレナー ソリワ 舟橋ゅかけて

 舟橋ゅナー トントンと 橋を下からサー ヤマコソ アリャノーホイサ)

メモ:古い流行小唄「五尺手拭い」を盆踊りに転用したものだろうが、鮎川の「五尺」はびっくりするほどテンポが遅く、音引きが複雑で唄い方がとても難しい。下7字を次の頭にそっくり返していて、しりとり形式になっている。もともとは三味線の入る座興唄だったのだろうが、盆踊りでは太鼓の伴奏で唄っている。そのため間合いの取り方が難しく、一度や二度聴いただけでは覚えられない。

 

盆踊り唄「しっとこ」(湯布院町鮎川・津々良) <75・75小唄>

☆春にゃ帯ゅしめ 身をこなせ ヨーノーホ アー三つ拍子で およこいせ

メモ:太鼓伴奏の素朴な唄だが、これも古い流行小唄だと思う。五尺節と同様テンポがとても遅くて、音引きが多い上に囃子が少ないので唄い方がとても難しい。もともとは三味線も入っていたのだろう。

 

盆踊り唄「恋慕」(湯布院町鮎川・津々良) <77・75小唄>

☆雉の(めんどり つつじが元よ 妻よ恋しと ほろろうつ 恋慕)

 ソコ(ソーレワ恋慕 恋慕エー)

☆名をば(隠して 恋慕の道は 色とまことに 離れゆく 恋慕)

 ソコ(ソーレワ恋慕 恋慕エー)

メモ:佐伯市に伝わっている堅田踊りの中の一曲「恋慕」と同種と思われるが、節回しはかなり変化している。堅田踊りの「恋慕」は三味線伴奏が入ることもあってか、よりカッチリとまとまっている印象を受ける。ところが鮎川の「恋慕」は三味線が入らない上にテンポが遅く、節のひっぱり方が堅田踊りの「恋慕」ほど厳密ではないようだ。しかし共通点も多く残り、上の句の節の止め方や、最後に恋慕恋慕…と繰り返しながらせり上げて落とす点など、よく気を付けて聴き比べてみるとよく似ている。どちらも古い流行小唄が元で、その土地なりに変化したということなのだろう。

 

盆踊り唄「チリリン」(湯布院町鮎川・津々良) <77・75小唄>

☆舟はヤーレー 出てゆく 帆かけて走る

 茶屋のヤーレー むす、娘はヤーレー 出て招く

 ササーエー ヤーレーヤーレー エートナー コレワセナーイ

メモ:とにかくテンポが遅く、長く長くひっぱって唄う。唄い方がとても難しい。何かの流行小唄の転用だろう。昔玖珠方面で唄われた座興唄「チリリン節」の文句を文献で見たことがあるが、どうもこの唄とは関係がないようだ。チリリンというのは、トッチンチンリンとかトテツルシャン等と同様、口三味線の囃子だろう。

 

盆踊り唄「しののめ」(湯布院町並柳・荒木) <77・75切口説>

☆わしが思いは湯の岳山の 焦がるりゃ何としょ

 (朝の霧よりゃまだ深いヨ しののめの さりとは辛いね とか何とかおっしゃいましたかね)

☆汽車は出て行く煙は残る 焦がるりゃ何としょ

 (残る煙がシャクの種 しののめの さりとは辛いね とか何とかおっしゃいましたかね)

☆わしに通うなら裏から通え 焦がるりゃ何としょ

 (前は車戸で音がする しののめの さりとは辛いね とか何とかおっしゃいましたかね)

☆音がするなら大工さんを雇え 焦がるりゃ何としょ

 (音がせぬよにしてもらえ しののめの さりとは辛いね とか何とかおっしゃいましたかね)

メモ:はやり唄「東雲節(ストライキ節)」を盆踊り唄に転用したもので、並柳、荒木ほか数か所の集落にて盛んに唄い踊られている。この地方の一連の盆踊り唄の中では最も新しく、せいぜい大正末期以降のものだろう。節回しはあまり変化しておらずさして郷土化しているとは言えないが、一連の盆踊り唄の中の一曲として連続して唄われているのでここに掲載した。踊り方はわりと簡単で、子供までよく踊っている。伴奏は太鼓のみ。荒木ではばんば踊り、三つ拍子、マッカセ、さえもん、蹴出し、しののめの6種類が踊られている。