手まり唄(臼杵市福良)

☆一に二に三に四に 四方の景色を春と眺めて 梅に鶯

 ホーホケキョーとさえずる 明日は祗園の二軒茶屋に

 琴や三味線 囃子てんてんまりをつく トコイッキとせ

メモ:「トコイッキとせ」で次の人にまりをつき渡す。

 

手まり唄(臼杵市東福良)

☆上の坊さんと下の坊さんと 沖に行ってから蛸を釣ってきて

 焼いてこんがらかして棚に上げちょいたら 猫がかいかいかいまいた

 その猫打ととて 縁の柱で頭こつこつ南無阿弥陀仏 嘘言や地獄 本当言や極楽

 

手まり唄(臼杵市東福良)

☆一の木 二の木 三の木桜 五葉の松に柳 柳の木には烏もとまる とんぼもとまる

 烏の首はねじ上がった首じゃ どうしてなるか ひもじい候

 ひもじけりゃ田に行って泥鰌掘って食らえ 足が汚るる候

 流れ川で洗え 流るる候 すすきにとまれ 足を切る候

 紙でもってくびれ ほめく候 ほどいて冷ませ 蠅がむしる候

 その蠅をつみ殺せ 罪になる候

 

手まり唄(臼杵市東福良)

☆どんどと鳴るは雷な 上の関まで押せ押せ お関の弟の長吉が

 チョキチョキ八百屋のスモテンテン テレツク様の越後獅子

 牡丹に唐獅子 竹に虎 虎追うて走るは和藤内

 和藤内の娘は智恵がない 智恵の中山 請願時

 請願時の和尚さんなのこたこで 人をだますが大名人

 

手まり唄(臼杵市東福良)

☆わしのいとしの千松様が 七つ八つから金山に 金がないやら死んだやら

 一年たてどもまだ見えぬ 二年たてどもまだ見えぬ 三年三月の九十九日の

 夜の夜中に文が来た 文の上書き何と読む お仙来いとの文じゃもの

 これからお仙のこしらえは 下に召したが白綸子 中に召したが金襴緞子

 上に召したがけし鹿子 けしで包んだ綿帽子 馬にこいこい乗せてやろ

 馬はヒンヒンおずござる 牛にこいこい乗せてやろ 牛はモンモンおずござる

 お駕籠にこいこい乗せてやろ 駕籠はギャーギャーおずござる

 さらばさらばと後見れば 後は蓮華の花が咲く 馬の鞍緒になんかけました

 

手まり唄(臼杵市稲田)

☆お城のさん 王様大将で いっちょごで お駕籠で いっちょさかどん

 差したかどん 忍ぶかどん どんどと流行るは どの神様か

 ここは臼杵のお祇園などん おん吉原の義三さん 駒三さん

 しろきわのお駒さん 才三さん タバコの煙で 一二三四五六七八九十

 十まで返してお城のさん お城を叩くは誰じゃいな 新町米屋のシゲちゃんじゃいな

 シゲちゃんな今頃 何し来た セキダがかわって替えに来た

 シゲちゃんのセキダはどんな色 赤ちゃこ茶色のエビ茶色

 そんな色があるものか あってもないでも替えに来た

 

手まり唄(津久見市保戸島)

☆きんかんみかん なんぼ食べた お寺の向かいで六つ食べた

 そのお寺は誰が建てた 八幡長者の乙娘 乙はよいよい器量もよい 器量に育てた子じゃもの

 手には日本の矢を持って 足には黄金の沓はいて 峠々の山道を 何とも言わずに通ったら

 もとの殿御さんに行き遇うて 殿御さん 殿御さん お暇をくだんせ殿御さん

 お姫をやろうも易けれど も一度女房になったなら 白足袋 紺足袋買うてやろ

 それが嫌なら綿帽子 セントン アライッセント

 

手まり唄(津久見市保戸島)

☆おせよおせよ 柴刈り行こや 柴刈りゃどこか そこの上の桜の木

 一本切っちゃお手に持ち 二本切っちゃお手に持ち 三本目に日が暮れて

 中の家に泊まろうか 外の家に泊まろうか 中の家に泊まったら

 畳が狭うで夜が寝られん 朝早う起きて 甘い酒を三杯と 苦い酒を三杯と

 袴の裾を汚して おっけえ川に行ったら おっけえしが洗わせん

 こんめえ川に行ったら こんめえしが洗わした 松の木に干そうもん

 松がばらばらあえてきた 栗の木に干そうもん 栗がばらばらあえてきた アライッセント

 

お手玉唄(臼杵市東神野)

☆そこの向こうの竹伐りゃ誰な 誰じゃござらぬ手頃でござる

 切って落としてお籠に差して お籠周りにせきしょを植えて

 せきしょ実がならおヨシが身持ち こんだでけた子が男の子なら

 上にのぼせて裃着せて 江戸にのぼせて江戸縞着せて

 金の硯箱 まきやの筆で 書いて読ませて 隣じろもに渡した

 

お手玉唄(臼杵市東神野)

☆確かに確かに受け取りまして 今日は今日々々 明日は大々

 大事な大事なお手まりさんを おびくきなされて もみの袱紗にお包みもうして

 奉書紙にイロハと書いて ホの字と読んで 隣じろもに渡した

 

お手玉唄(臼杵市東福良)

☆一羽のおんどり一匁 トコトン

☆二羽のおんどり二匁 トコトン トコトン

☆三羽のおんどり三匁 トコトン トコトン トコトン

(以下、トコトンの数を順に増しながら十まで)

 

お手玉唄(臼杵市東福良)

☆お一つ お一つ 落としてオシャラ お二つ お二つ 落としてオシャラ

 お三つ お三つ 落としてオシャラ おみな 落としてオシャラ

 おてちゃん おてちゃん 落としてオシャラ お手挟み お手挟み 落としてオシャラ

 落ちちんこ 落ちちんこ 落としてオシャラ お左 お左 あかつき しもつき 落としてオシャラ

 ヤッチャナ ヤッチャナ 落としてオシャラ お手ぐし お手ぐし 招いてオシャラ

 おんぼし おんぼし 招いてオシャラ おふた まねき 落としてオシャラ

 おんだい びきびきびき雀 びき助 貧乏 そう貧乏 奥さん 旦那さん 奥さん 旦那さん

 かけだしばった もみすりもんだ 向こうの長吉 じじばば渉れ

 大川渉れオシャラ 小川渉れオシャラ お手ひじ 手かけて落としてオシャラ

 お手たたき 手かけて落としてオシャラ 大袖 手かけて落として ならして落としてオシャラ

 小袖 手かけて落として ならして落としてオシャラ 一やんでくらんで 二やんでくらんで

 三やんでくらんで 四やんでくらんで 五やんでくらんで 六やんでくらんで

 七やんでくらんで 八やんでくらんで 九やんでくらんで 十やんでくらんで

 おまけに一升 おまけに二升 やっちきしょ おってんばらい

 

手遊び唄(臼杵市東福良)

☆一つひよこが豆食べて タイノコネンネン

☆二つ船には船頭さんが タイノコネンネン

☆三つ店には番頭さんが タイノコネンネン

☆四つ横浜 風が吹いて タイノコネンネン

☆五つ医者どんが鞄持って タイノコネンネン

☆六つ昔は刀差して タイノコネンネン

☆七つ泣けべそ芋持って タイノコネンネン

☆八つ山には天狗さんが タイノコネンネン

☆九つ乞食がお椀もって タイノコネンネン

☆十で殿さま馬に乗って タイノコネンネン

 

人当て鬼の唄(臼杵市東福良)

☆座頭さんえ 座頭さんえ お茶を一杯あげましょか 「まだまだ」

 そうおっしゃるなら あなたの後ろは誰じゃいな

 

子取り鬼の唄(臼杵市東福良)

☆ゆうべ旦那さんの草履がかわった これではないか 後ろ後ろ

 

つかまえ鬼の唄(臼杵市東福良)

☆向こうのおばさんお茶飲みおいで 鬼がおって行かれません 鬼の仲間にちょいとおいで

 

関所遊びの唄(臼杵市東福良)

☆ここは何という道な 天神様の通り道 一度通して下さんせ

 お札がなければ通られぬ お札を納めに参ります 通りゃんせ 通りゃんせ

 

押し合い遊びの唄(臼杵市東福良)

☆せりせりおんぼ 中んもんをせり出せ

 

ぶらんこ遊びの唄(臼杵市東福良)

☆ぶらんこぶらんこ こげよこげよ 数えてこげよ

 一 二 三 四 五 六 七 八 九 十 十まで数えたら代わりましょう

 

むくろじ投げ遊びの唄(臼杵市東福良)

☆むく一斤 見星寺 拾ったところはまんしゅう寺

 

独楽打ち唄(臼杵市福良)

☆田舎の子供のゴマ打ちは たすきかけて下駄はいて

 堅木の枕の割れるほど いちどきエンヤのここのとお

 

拳唄(臼杵市東福良)

☆チョンキナチョンキナ チョンチョンキナキナ

 チョンが菜の葉で オッチョコチョイノチョイ

 

鬼決めの唄(臼杵市稲田)

☆一りけんど二けんど三けんど四けんど しこんぼ張り上げて

 中くぼ蓮華 蓮華の枕 木枕 きっという天気のおんどり

 

数え唄(臼杵市福良)

☆いち栗 にんにく 山椒に椎茸 牛蒡にむかごに七草 初茸 くねんぼにとんがらし

 

正月の唄(臼杵市海添)

☆お正月さまはどこからござる ブーブー山の木の下 羽根と羽子板

 重箱に餅入れて 瓢箪にあかを入れ 山芋を杖につき

 ひょっくりひょっくり ござった

 ※あか=酒

 

冬の唄(臼杵市東福良)

☆大寒小寒 こさんかて行たりゃ 餅搗く音じゃ

 呼ばるりゃ行かるん 呼ばれにゃ行かれん

 

野焼きの唄(臼杵市福良)

☆山焼き弥十郎 田井ヶ迫の弥三郎 道に玉を落として

 水汲みどんが拾って 地蔵かと思うて のったりそったり拝んだ

 

亥の子唄(臼杵市大浜)

☆みそすりゴンゴン みそすりゴンゴン 一つ祝いましょう 男の子を祝いましょう

 エントンセ エントンセ 亥の子餅ゅ搗かんもんな 鬼う生め蛇生め

 髭ん生えた子生め ユーンセー 一つひよどりゃひよの山祝え

 二つ船乗りゃ船んさま祝え 三つみみずは土の中祝え 四つ嫁じょは姑を祝え

 五つ医者どんは薬箱祝え 六つ婿じょは嫁じょを祝え 七つ名子どんな鍬と鎌祝え

 八つ山伏ゃほうらんけを祝え 九つ紺屋は窯の中祝え

 十で殿さま蔵の中祝え ユーンエー ユーンエー

 

亥の子唄(臼杵市深江)

☆搗かいな 搗かいな 亥の子餅うくれんもんな鬼生め蛇生め 角ん生えた子生め

 大きな子もこんめえ子も杵う取って投げた 田中たよむさんが棚から落ちて

 缶子踏み割り猫ん御器う蹴割り 鉈で足う切る不調法な男 ヘンテーヘンテーユーンエイ

☆一つ祝いましょう 大黒さんという人は 一で俵を踏んまえて 二でにっこり笑うて

 三で盃さし合うて 四つ世の中よいように 五ついつものごとくなり

 六つ無病息災に 七つ何事無い様に 八つ屋敷を広めて

 九つここに蔵を立て 十で京に上って 宝物を買いくらせ

 あなたのお蔵にちょうどいっぱい ユーンエイ

 

亥の子唄(津久見市保戸島)

☆亥の子ひとつ祝いましょう 亥の子 亥の子 亥の子餅ゃ搗っかいな

 角ん生えたこれん これんの下で 銭三文見つけち 一文で柿買う

 二文でじょうり買う じょうり屋のおばんが焦がれたままよ

 商売 商売 商売よ おかみさんの帷子 貧乏神は出ち行け

 福の神は入っち来い ヨイショヨイショ お家のご繁盛

 

囃し唄(臼杵市東福良)

☆だんだん上がれば大橋寺 ゆうりゅう降りれば龍原寺 ひゅらひゅら ひゅうげん寺

 テレスクテレスク天満寺 あっち向きゃ安養寺 こっち向きゃ光蓮寺

 

囃し唄(臼杵市福良)

☆みかん きんかん 酒の燗 子供に羊羹やら泣かん 親が折檻 子は聞かん

 田舎のねえちゃん気が利かなん 相撲取りゃ裸で風ひかん

 

寝させ唄(臼杵市東福良)

☆次郎よ太郎よ お馬どこへつないだ くりくり山につないだ 何を食わせてつないだ

 去年の粟がら今年の稗がら 取り混ぜて食わせた その中をあせってみたれば

 粟を一つ見つけた 咬み割ろうにゃおしおし つみ割ろうにゃおしおし

 つみ割り咬み割りしてみたりゃ 赤い小袖が六つ六つ 白い小袖が六つ六つ

 六つになる稚児が驢馬に乗って さんがの道から日が暮れて

 灯せど灯せど明からいで 宿は狭し 夜は長し

 一杯飲まんせお客さん 二杯飲まんせ上戸さん 三杯目の肴には

 白瓜 から瓜 まくら瓜 ホーラねんねん ねんねんよ

 

寝させ唄(臼杵市稲田)

☆次郎んぼ太郎んぼ 馬どこにつないだ くるくる山の木の下の 何を食わせてつないだ

 去年の粟がらと今年の稗がらと 切って混ぜて食わした 

 上の山に上がってあせくってみたら  粟を一つ拾うた

 つみ割るもおしおし 咬み割るもおしおし

 つみ割り咬み割りしてみたら 赤い稚児が出てきた

 六つになる稚児を驢馬に乗せて 今日から熊野に初参り

 

寝させ唄(野津町前河内)

☆ほらほら眠れ眠れよ 眠らにゃくわんくわんが食いつくぞ

 あの山越えち畑行った 畑の土産になにゅ貰うた お芋掘り割り柿の実か

 ようき取っち戻っち来るぞ いっときこらえち眠らんし

 くねん でしこしゃ 何と鳴いた 眠らん子がおったりゃ連れちくぞ はやく眠れ眠れよ

 

守子唄(津久見市保戸島)

☆食べてみらんせ他人の飯を ヨイヨイ

 骨はなけれど喉にたつ ヨイヨイ

 ※喉にたつ=喉にひっかかる

☆金が欲しけりゃ鳥島女島 命欲しけりゃ通われぬ

☆巡査ごめんなれ守衆の唄を 守衆ゃ唄わにゃ日が経たぬ

☆親のない子は磯辺の千鳥 潮が干りゃ鳴く満つりゃ鳴く

☆こいな泣く子はくれたちいらん くるりゃ茶の木の肥にする

メモ:有名な「宇目の子守唄」と同様の守子唄であり、この種類の唄は大分市以南で広く唄われたようである。

 

遊ばせ唄(臼杵市東福良)

☆ギッコショマッコショ まだ米ゃすれんか 糠こそすれた

 箕を持て来い してこましょ ヤッシッシ ヤッシッシ