盆踊り唄「祭文」(臼杵市西海添) <77・75切口説>

☆臼杵名物さえもん踊り(ヨイトサッサー)

 見せてあげたや聞かせたや(ハーヤートセー ヤートセ)

☆広い日本のどこより先に 南蛮船の来たところ

メモ:祭文は県内全域で広く親しまれているが、臼杵市では特に盛んに唄い踊られている。市街地のものは陰旋で、三味線や笛を使う。踊り方は三つ拍子といわれるもので、十六足で一巡する。明らかに「佐伯踊り」と同種の踊りである。その場で一回りする踊り方と、前を向いたままの踊り方がある。今は後者ばかりだが、昔は前者も踊られていた。手踊り。

 

盆踊り唄「祭文」(臼杵市深田) <77・77段物>

☆今度サ 踊りましょ祭文踊り(ヨイトサッサー)

 どうでサ 踊りは祭文でなけりゃ(ソラー ヤートセー ヤートセ)

メモ:深田の祭文は津久見の「三勝」とほぼ同じ節回しで、陽旋。踊り方は、市街地のもの(前を向いたままのもの)と同じ。

 

盆踊り唄「祭文」(臼杵市佐志生桑原) <77・77段物>

☆貰うた 貰うたよ音頭を貰うた(アヨイトサッサー)

 合えばそれよし 合わなきゃままよ(ソリャ ヤートセー ヤートセ)

☆もしも 万が一合うたるならば 枯木花じゃと囃しの願い

メモ:臼杵の市街地の節よりもやや平板な節回しで、耶馬溪方面の「佐伯なば山」ととてもよく似た節である。踊り方は「佐伯踊り」だが、市街地のそれとはずいぶん踊り方が異なる。輪の中を向いて、左に行って手拍子、右に行って手拍子、左に行って手拍子で、右に3歩進んで左・右で踏みかえ、左から2歩で左回りに輪の外向きになり、左・右で踏みかえ、手拍子2回しながら右・左で右回りに輪の中向きに戻り、左・右で踏みかえる。足運びの基本は同じだが、方向転換の仕方が違うため一見しただけでは同種のものと気づきにくい。おそらく、耶馬溪の「佐伯」は、臼杵の祭文が伝わり郷土化したもので、「佐伯」の呼称は「佐伯なば山鶴崎ゃ木挽き」の唄い出しか、または「佐伯踊り」からとったものだろう。

 

盆踊り唄「三勝」(津久見市堅浦) <77・77段物>

☆国は豊州 海部の郡(アヨイトサッサー)

 佐伯ご領は堅田の宇山(ソレーヤートセー ヤートセ)

☆小村なれども宇山は名所 名所なりゃこそお医者もござる

メモ:「三勝」と呼んでいるが、唄自体は臼杵の「祭文」である。本来は「祭文」と「三勝」は別の踊りとして両方伝わっていたが…。呼び名は同じだが臼杵や野津の「三勝」とは全くの別物。踊り方は「佐伯踊り」である。つまり堅田踊り(佐伯市)の「長音頭」や野津の「三重節」と同種の踊り方なのだが、意識しないとそれに気づきにくい。

 

盆踊り唄「三勝」(津久見市長目) <77・77段物>

☆国は豊州 海部の郡(ヨイトサッサー)

 佐伯ご領は堅田の宇山(ソレー ヤートセーノ ヨイトマカセー)

メモ:市街地の三勝に比べると少しおとなしい節で、特に頭3字の節回しなど、臼杵の祭文により近くなっている。また、お囃子の「ヤートセーノ ヨイトマカセー」は三重町の祭文にそっくり。

 

盆踊り唄「祭文」(野津町野津市) <77・77段物>

☆踊るサー 皆様ハンカチ踊りょマー どなたサ(ハーイヤコラサイサイ)

 はやりのハンカチ踊り(アライヤートセイセイ ドンドンヤットセー)

☆そこでしばらくこの節しむる しばし間はさえもんでしむる

メモ:臼杵市のものやや類似しているが、こちらの方が節回しが細かい。人それぞれ節回しが違うが、大きく分けて2通りあり、好きな方で、或いは両者を混合して自由に唄う。ハンカチ踊りといって、ハンカチや手拭を振り回して踊る。いろいろな囃子方がある。下記は一例。

   ・ソラ エンヤヤットセー エンヤヤットセー

   ・ソラ ヤートセー ヤートセー

   ・ソラ イヤートセーセー イヤートセー

 

盆踊り唄「祭文」(野津町八合里) <77・77段物>

☆どなたマー 様方 節ゅ変えましたヨ 踊るサ(アーエンヤコラサイサイ)

 お方よお手振りなされ(アラエヤートセー エヤートセー)

☆お手が直れば足並み直せ お調子が揃うたならば

メモ:囃子の種類は上記、野津市の祭文を参照してください。

 

盆踊り唄「祭文」(津久見市日見) <75・75段物>

☆アー帰命頂礼 アー弥陀如来(ソリャーヤレ)

 アー大慈 エー大悲のご請願(ソリャエーイヤセーノ エーイヨナー)

メモ:日見の盆踊りは団扇を8の字に回して踊る。 唄は数種類あるが、踊り方はすべて同じ。この祭文は曲節が暗く重い感じがして、上浦のものに近い。地蔵和讃を口説き、供養踊りの意味合いが濃い。

 

盆踊り唄「祭文」(津久見市久保泊) <75・75段物>

☆ヤレ 南無阿弥エー 陀仏や南無阿弥陀仏エー(ソリャーソリャ)

 南無阿弥陀仏と回向する(イヤヨーイヤセー ヨーイヤセ)

☆ヤレ 一つエー 二つや三つ四つエー(ソリャーソリャ)

 十より下の幼子が(イヤヨーイヤセー ヨーイヤセ)

☆南無阿弥 陀仏や南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏と回向する

☆賽の 河原に集まりて ただ父恋しや母恋し

☆南無阿弥 陀仏や南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏と回向する

メモ:四浦の祭文は日見のものよりはややテンポが速いが同種の節で、やはり地蔵和讃を口説くことが多い。上浦町でも似たような唄が広く唄われている。その中でも、久保泊では和讃の一節ごとに「南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏と回向する」を挿入しており、いよいよ供養踊りの雰囲気がある。四浦では提灯踊り、手踊り、うちわ踊り、扇子踊りなどいろいろな踊りがあったようだが、久保泊では畳んだ扇子を持って踊る簡単な踊り方以外はほとんど見られない。

 

盆踊り唄「お夏」(臼杵市塩田) <77・77段物>

☆お夏サマエー 夏々夏吊る蚊帳はヨー エー冬にゃマ(ハサイサイ)

 吊られぬただ夏ばかり(ハヤンソレサッサ ヤンソレサ)

☆先の太夫さんを門から聞けば 一で声よい二で節がよい

メモ:祭文と並んで盛んに唄い踊られている。唄い出しの文句からお夏と呼んでいるが、お夏清十郎とは特に関係はないように思われる。唄い出しの「お夏々々…」の文句からそう呼んだのだろう。あるいは、昔はこの唄でお夏清十郎を口説くことが多かったからかもしれないが。ともあれ、節回しを見ると三勝や三重節、かますか踏みなど大野地方に広く伝わる盆踊り唄の一種であって、これらの唄は、元をたどれば同じ唄から分かれていったのではないかと思う。

 

盆踊り唄「お夏」(臼杵市西海添・深田) <77・77段物>

☆先のサーエー 太夫さんヨ 長々ご苦労ヨイ エしばしナ(ヨイヨイ)

 アラ間はおよこいなされ(ソリャ ヤンソレサッサー ヤンソレサ)

 

盆踊り唄「お夏」(臼杵市久木小野) <77・77段物>

☆そうじゃどなたも お夏でござるハンハー 踊るマ(ドッコイドッコイ)

 皆さんお手振りなおせ(ソレヤンソレサッサー ヤンソレサ)

☆しばし間はお夏でせろな お夏 夏々 夏吊る蚊帳は

メモ:他所のお夏と同様に唄い出す節と、高調子に唄い出す節を自由に取り混ぜて唄う。

 

盆踊り唄「お夏」(野津町野津市) <77・77段物>

☆佐伯サー 領土や堅田が宇山ヨ 宇山サ(アードシタ)

 なりゃこそ名所もござる(アラお月さんがちょいと出て 山の上)

☆名所なりゃこそお医者もござるヨ 医者のその名を玄了院と

メモ:いろいろな囃し方がある。下記は一例。

   ・アラ ヤンソレサッサノ ヤンソレサ

   ・アラ ヤンソレナーサー ドッコイサノサ

   ・アラ お月さんがちょいと出た 松の陰

   ・アラ 来るなら来てみよ 抱いて寝る

 

盆踊り唄「お夏」(野津町八合里) <77・77段物>

☆あらやマ 嬉しや アラまた落てて来たヨー 落ててマ(アーヨヤコラサイサイ)

 アラ来たなら拾わにゃならぬ(アラヤンソレサッサー ドッコイサーノサ)

☆拾うて見たれば遍路の皮具 開けて見たれば虱が二匹

メモ:囃子方の種類は上記、野津市のお夏を参照してください。臼杵の踊り方と似ているが、野津の踊り方の方が所作が大きく、全体的に動きが忙しい。この踊りは三重町でも広く親しまれているが、三重の踊り方は野津や臼杵よりもずっと手数が少なく、簡単。

 

盆踊り唄「由来」(臼杵市下市浜) <77・77段物>

☆それじゃしばらく由来をやろな

 誰もどなたもよく聞きなされ(ハイヨーイサッサイ)

☆弓は袋に剣は鞘に 天下太平おさまる御代の

 

盆踊り唄「平家踊り」(臼杵津留) <77・77段物>

☆国はエー アコラサッサー ヨイトマカサイサイ

 九州豊後の国よ(ハヨーヤナー ヨーヤセー)

 臼杵城下の向いの部落(セーヨーヤセー ヨーヤセー)

☆源氏平家の御戦いの 近藤五郎と村上隼人

メモ:津久見市で扇子踊りのときなどに唄われる「ヨーヤセー」に類似。

 

盆踊り唄「板知屋踊り」(臼杵市板地屋) <77・77段物>

☆国は豊州 海部の郡(ヨイヤナーアリャサ)

 佐伯領土や 堅田の谷よ(アーヨイヤセー コーリャセー)

☆堅田谷でも宇山は名所 名所なりゃこそお医者もござれ

メモ:ごく簡単なうちわ踊りで、同種の唄・踊りが佐志生や大浜でも盛んに行われている。節回しはかなり変化しているが、津久見や上浦方面のヨーヤセ節と同種である。よく聴いてみると瀬戸内に広く分布する盆踊り唄の類で、速見地方の「六調子」や「二つ拍子」、西国東の「杵築踊り」などと同系統と思われる。板地屋は扇子踊りが有名だったそうだが、今も踊っているかどうか不明。

 

盆踊り唄「大浜踊り」(臼杵市大浜) <77・77段物>

☆あとの太夫さんに お願いします(ヨイヤナーアリャサ)

◇待った待ったちょいと待った(ヨイショ) あんまり音頭がよい故に(ソリャ)

 私がちょっくら入れ拍子(ヨイショ) お盆の踊りは伊達じゃない(ヨイショ)

 先祖祖先の供養踊り(ヨイショ) 手拍子揃うて踊りましょ(ヨイショ)

 はがゆて音頭取りゅ だましたがエーイコラサンサ アラエーイエーイサンサ

△ヤレ山からエーイヤレ 山からナー 高いエー(ヨーホイヨーヨナ)

 アー高い山からエーイコリャサーンサ(アーエーイエーイサーンサ)

 イヤエイエイさんさのよい調子ぞな アー谷底見れば

 イヤ瓜やイ 茄子は花盛りハレバエー

△白雪ゃ 白雪ゃ 富士の 富士の白雪ゃ さんさのその調子ぞな

 朝日でとける 娘 島田は寝て解ける

△貰いましょ 貰いましょ 音頭 音頭貰いましょ さんさでその調子なら

 しなよく踊れ しなの よいのをわしゃ嫁にとる

★ヤレ踊り衆は合点か(オー合点 合点よ) イヤ合点ならしかけてみましょ(ヨイヤナーアリャサ)

 島の始まりゃ淡路が島よ(アーヨーヤセー ヨーヤセー)

☆町の始まりゃ臼杵の町よ(ヨイヤナーアリャサ)

 国の始まりゃ大和の国よ(アーヨーヤセー ヨーヤセー)

メモ:地の音頭(☆印)は、板知屋踊りのそれとほぼ同じ節だが、こちらの方がややのんびりしている。大浜では音頭取りが交代するとき、入れ節(◇印)を挿んでサンサ節(△)を数節唄い、地の音頭に返るという形式をとっている。踊り方は板知屋踊りや佐志生踊りとよく似た、ごく簡単なものである。単調だが長時間踊っても疲れない。扇子踊りもあるはずだが、以前行ったときは見られなかった。大浜の踊りはとても賑やかで、櫓が見上げるほど大きく、大きな竹を立てており、竹からは木を組んで提灯を数個下げた大きな枠をいくつも吊るしている。いかにも漁村の盆踊りらしい雰囲気がある。

 

盆踊り唄「佐志生踊り」(臼杵市佐志生尾本) <77・77段物>

☆金毘羅様は漁師のために(ヨイナーソレサー)

 海の安全願ってくれる(アーヤートセー ヤートセ)

☆お稲荷様は商売繁盛 日本の景気をよくしてくれる

☆弘法大師はみんなのために 辛い修行をなされてくれた

☆神様あっての今の暮らし 感謝を忘れず謙虚に暮らそう

メモ:板知屋踊りや大浜踊りと唄も踊りもよく似ている。うちわを上げ下ろししたり少し歩くだけの、ごく簡単な踊りである。佐志生地区では4種の集落がそれぞれ同時に盆踊りを行っている。佐志生踊り、祭文、一尺屋踊りなどの踊りがあるが、集落ごとに差異がある。特に佐志生踊りは、すぐ隣り同士の尾本と桑原とでも、節がずいぶん違っている。

 

盆踊り唄「佐志生踊り」(臼杵市佐志生桑原) <77・77段物>

☆わしが音頭はこの声かぎり(ヨイナーソレサー)

 後の太夫さんにお願いします(アーヤートセー ヤートセ)

△もらいましょな 音頭ヨーホイナ(アーヨーホイヨーイヨナ) もらいましょエイコリャサンサ

 (アーエーイエーイサーンサ さんさま何でもみなよく揃うた

 (ジャロ秋の出穂よリャ) アーソコソコ(アーソレよく揃うたハーリャエー)

△白雪な 富士の 白雪じゃ さんさま何でも朝日にゃ溶ける (娘島田は)(寝て解ける)

★あいそうじゃいそうじゃいその囃子なら(ヨイナーソレサー)

 わしの音頭もまた浮いてくる(アーヤートセー ヤートセ)

☆今日の踊りは地蔵さんの踊り さあさ皆さん踊りておくれ

メモ:音頭取りが交代するときにはサンサ節(△)を挿む

 

盆踊り唄「一尺屋踊り」(臼杵市佐志生桑原) <77・77段物>

☆花のエーヘー(アヨーイヤヨーヤセー) お江戸のそのかたわらに(オイナーソレナーソレ)

 聞くも珍し心中話(アーヨーヤセー ヤートセー)

メモ:その名の通り、佐賀関町一尺屋の踊りが佐志生にも定着したもの。

 

盆踊り唄「三勝」(臼杵市塩田・深田) <77・77段物>

☆先のマー 太夫さんな わし貸しなされヨー わしがマ

 コリャ 借りても長くはやれぬ(エーンヤサーノサイ)

☆私ゃもとより口上が下手で 貰やすぐさま理とのせまする

メモ:かつては広く唄い踊られたと思われるが、現在はお夏や祭文に比べるとやや劣勢である。2節目の文句の「口上」とは、段物に入る前の、音頭取りが即興で口説く部分(枕音頭)を指す。それが上手い具合に思い浮かばないので、音頭を交替してすぐに段物に入りますよという、一種の謙遜の文句である。踊り方は、野津町の「由来」とほぼ同じだが、臼杵では右手にうちわ・左手にハンカチを持って、交互に振り上げるようにして踊る。

 

盆踊り唄「由来」(野津町野津市) <77・77段物>

☆どなたサー 様方 アラ由来でござるヨー

 どなたマー 様方 丸輪の願い(エーイガサー サイトコサイ)

☆わしは近頃 流行らぬ風邪で 声をとられて蚊の鳴くほどで

メモ:盆踊りの最終に踊り、しばらく時間が経つと踊り方はそのままで、唄は「切り上げ」に移行する。「由来」と呼んでいるが、節回しは臼杵の「三勝」と同種。おそらく大昔はこの踊りを最初に踊り、「目連尊者」など盆踊りの由来の口説を乗せていたので曲名も「由来」となったのだろう。

 

盆踊り唄「葛引き」(臼杵市久木小野) <77段物>

☆一で声よし 二で節のよさ(ソリャヤンソレナー サーヤンソレナー)

☆三はさらさら 四でしなのよさ(ソリャヤンソナー サーヤンソレサー)

メモ:単調な節の繰り返しで覚えやすい。他地域ではこの節を「三勝」と呼ぶこともあるが、臼杵地方の「三勝」はまた別の曲を指している。

 

盆踊り唄「取立て音頭」(津久見市日見) <その他の字脚>

☆エーヤレ 取立てちょうどナー エーエー

 おん踊りようナー(エーイエーイエーイヨナ) アラ踊りよう

 取立てちょうど エーエイコーノサーンサ(アラエーイエーイサーンサ)

 「アラさんさの太鼓に 手拍子揃えてノー」 踊ろうじゃないかいな

 (ヤレ 踊り明かそうやエーエ 夜明けまでヤレコリャセー)

メモ:盆踊りの最初に唄い踊るもので、「きそん」「サンサ節」の類である。隣接する市町村では、盆踊りの最終に唄い踊ることが多い。

 

盆踊り唄「切り上げ」(野津町野津市) <77・75切口説>

☆ソラ星さよノーコノコノ 星さよノ 空のサーエーエンエン エー星さよノ

 空の星さよ夜遊びゅなさる 様の夜遊び 無理もない

 ハンレワヨイ コリャ エーコノコノコ サンサエーンエイ

 ※星さよ=星さえ

☆万々世 万々世 千秋万々世

 千秋万々世 思うこた叶うた 末は鶴亀 納めよく

メモ:盆踊りの最終に、「由来」から踊り方はそのままに、この唄に移行する。佐賀関の「キソン」や「サンサ節」、緒方町の「ばんば踊り」などと同種の唄で、一般にこの曲は盆踊りの最終に唄うことが多い。3~4節のみだが、1節ずつ音頭を交替する。

 

盆踊り唄「切り上げ」(臼杵市深田) <77・75切口説>

☆アーソレ なんと切りましょうな 竹の切りどころ

 アレワイサーノ ヤーヤーコーノコノ サーンサー ヨーイヨイ

 ヤー切りヨー ハンハーヨーイヨイ 切りヨー 竹のナー

 ヨーイヨーイ 切りよでナー 竹の 切りよでたまりし水は

 済まず ハー濁らず 出ず入らず

 アレワイサーノ ヤーヤーコーノコノ サーンサー ヨーイヨイ

メモ:盆踊りの最終に唄われる。唄が「切り上げ」になると、踊り手は踊りをやめて手拍子をしながら一緒に唄ったりしていた。

 

盆踊り唄「切音頭」(津久見市四浦) <77・75一口口説>

☆ソレ五万石よナ(ヨホホ) 臼杵ゃエ(ヒンヤ ヨイヨイヨイヨナ)

 臼杵ゃエ(ソリャーソリャ) 五万石サ エーコノサンサ(ヤレエイエイサンサ)

 「ソレ若い衆張り込め 今宵が限りぞな」

 臼杵の城は(ヤレ根から生えたか エイエイ浮き城か ヤレコラセ)

☆宮島は 安芸の 安岐の 宮島は

 「丁とれ半とれ 娘にゃ婿とれ」

 まわれば七里(浦が七浦 七えびす)

 

盆踊り唄「三重節」(野津町野津市) <77・77段物>

☆変えた変えたよ 三重節変えた(ドッコイセー コラセー)

 サーエー踊るお方よ お手振り直せ(サンヤートセイセイ ヤレトコセー)

☆お手が直れば足並みゅ直せ ここでしばらく理と乗せみます

△わしが出します はばかりながら(ドッコイセーコラセー)

 コリャー 待て待て待て待て 待たしゃんせ トコ

 娘十七八 嫁入りに(ソレ エーソレ)

 箪笥 長持 鋏箱 トコ 縮緬羽織が十二枚(ソレ エーソレ)

 これほど仕立ててやるからにゃ トコ 行ってから帰るなのう娘(ソレ エーソレ)

 そこらで娘の言うことにゃ トコ 父さんお母さんそりゃ無理よ(ソレ エーソレ)

 千石積んだる船さえ トコ 向こうで嵐の強いときゃ(ソレ エーソレ)

 元の港に戻ります トコ わしもお母さんその通り(ソレ エーソレ)

 向こうの主人のひどいときゃ トコ 元の我が家にゃ帰ります

 サーエー今のイレコさん なかなかお上手(サンヤートセイセイ ヤレトコセー)

メモ:大野地方に広く伝承されている唄。三重節の三重とは、おそらく三重町の三重であって、そちらから入ってきたのだろう。節回しは大きく分けて2種類あるが、好きな方で、或いは両者を混合して自由に唄う。「一かけ二かけ…」などの文句をイレコにすることも多い。△印の節は、イレコを挟むときの一例。イレコ部分は、音頭の部分とは節回しが全くことなる。踊り方は「佐伯踊り」で、津久見の「三勝」と同種なのだが、細かい所作や体の向きが違うのでそのことに気づきにくい。輪の中を向いたり外を向いたりしながら行ったり来たりして踊る。16足で一巡する手で、足運びがややこしく覚えにくい。そのため、集落の供養踊りなどではこの踊りになると輪が小さくなりがちである。なお、三重町では一般にこの唄を「由来」と呼んでいる。それは、盆踊りの最初に踊るのでかつては目連尊者口説など盆踊りの由来の文句を唄っていたからだと思う。三重の踊り方も野津の踊り方によく似ており、やはり佐伯踊りである。

 

盆踊り唄(津久見市日見) <77・77段物>

☆アー国のヨイヨー(アーヨーイヤサーヨーイヤサー) アー始まり大和の国よ(ヨーヨー)

 アー島の始まりゃ アー淡路が島よ(ヤーレ ヨーヤーセー ヨーヤセー)

○アー鐘の始まりゃ三井寺の鐘(ヨーヨー)

 アー滝の始まり アー白糸の滝(ヤーレ ヨーヤーセー ヨーヤセー)

メモ:市街地のものとは節回しが少し異なる。唄い出しや、段の変わり目のところは☆の節で唄っておいて、あとはずっと○の節で唄っていく。日見では、この唄を一般に口説の外題で呼んでいる。つまり、「白滝」「鈴木主水」など、口説内容によって唄の呼び名も変わるが、実際は同じ節の、同じ唄である。

 

盆踊り唄(津久見市保戸島) <地の音頭:77 祭文:75 段物>

☆言うて帰らぬ皆あと言に(ヨーヤヨイ)

 何を悔やみて鳴く不如帰(ソラヨーヤセー ヨーヤセー)

☆鳴いて飛び行く声聞きゃお為(ヨーヤヨイ)

 四手の田長が冥土の旅の(ソラヨーヤセー ヨーヤセー)

○道を教えて先に立つ 声をしおりの山こそは(トコヤートコセー ヨーイヤナ)

☆人の名にゃ呼ぶ城山峠(ヨーヤヨイ)

 今宵二人が死山峠(ソラヨーヤセー ヨーヤセー)

☆さあさ急ごと気を励まして(ヨーヤヨイ)

 山の峠に二人は登り(ソラヨーヤセー ヨーヤセー)

☆ここがよかろと草折敷きて(ヨーヤヨイ)

 銚子盃早や取り出だし(ソラヨーヤセー ヨーヤセー)

☆半蔵傾けお為に廻し(ヨーヤヨイ)

 しばし名残の酒酌み交わす(ソラヨーヤセー ヨーヤセー)

☆これがこの世の限りと思や(ヨーヤヨイ)

 さすがお為は女の情よ(ソラヨーヤセー ヨーヤセー)

☆涙抑えて半蔵に向かい(ヨーヤヨイ)

 こんな儚い二人が最期(ソラヨーヤセー ヨーヤセー)

☆遂げよと知らせの正夢なるか(ヨーヤヨイ)

○正月二日の初夢に わしがさしたる簪の(トコヤートコセー ヨーイヤナ)

○ぬけてお前の脇腹に しかと立ちたる夢を見た(トコヤートコセー ヨーイヤナ)

☆夢が浮世か浮世が夢か(ヨーヤヨイ)

 早う覚めたや無明の眠り(ソラヨーヤセー ヨーヤセー)

☆頼むは後世の弥陀浄土(ヨーヤヨイ)

○短い夏の夜は更けて 今鳴る鐘は江国寺(トコヤートコセー ヨーイヤナ)

○また鳴る鐘は常楽寺 また鳴る鐘は真正寺(トコヤートコセー ヨーイヤナ)

○また鳴る鐘は天徳寺 また鳴る鐘は天明寺(トコヤートコセー ヨーイヤナ)

○正明寺こそ正七つ 五か寺の鐘も皆鳴りて(トコヤートコセー ヨーイヤナ)

○白む東の横雲に

☆夜明け烏が最期をせがむ(ヨーヤヨイ)

 死なにゃ追手のかかろも知れぬ(ソラヨーヤセー ヨーヤセー)

○早く殺して殺してと

☆言うに半蔵も覚悟を極め(ヨーヤヨイ)

 二尺一寸すらりと抜いて(ソラヨーヤセー ヨーヤセー)

☆花のお為をただ一撃ちに(ヨーヤヨイ)

 倒る屍腰うちかけて(ソラヨーヤセー ヨーヤセー)

☆かねて用意の銃とりなおし(ヨーヤヨイ)

 どんと放つがこの世の別れ(ソラヨーヤセー ヨーヤセー)

メモ:保戸島には「扇子踊り」「乙女踊り」「団七踊り」があるが、盆踊り唄はただ1曲である。姫島の盆踊りと同様に、同じ唄でいろいろな踊り方をする。節回しが、日見のものとも津久見のものとも異なる。途中で75の字脚を挟む文句の場合は、その部分のみ祭文になる(○印)。地の音頭(☆印)も祭文(○印)も、2句で1節になっているが、77の句と75の句は、必ずしも偶数で変わるとは限らない。それで、77や75が奇数のときは1句余るので、余った分を地の音頭か祭文の前半までの節で唄っておいて、そのまま祭文か地の音頭に移行するようにして唄う。日見と同様、一般に口説の外題で呼んでいる。「白滝」「お為半蔵」など口説内容によって呼び名がかわるが、実際は同じ唄である。

 

盆踊り唄(津久見市徳浦) <77・77段物>

☆頃は人皇(ホイー) 二十と七よ(ヨーイヨーイ)

 時の大臣の(ホイー) 納言の君よ(ヨーヤーセー ヨーヤセー)

☆玉津姫とて一人の娘 三輪の御神のお告げをうけて

メモ:「扇子踊り」の唄である。踊り方は、堅浦のものとそれ以外の集落のものと、2種類残っている。堅浦の踊り方の、扇子を二段階の高さで回しながら左回りに回るところの足運びには「佐伯踊り」の影響が僅かに感じられる(左足でムダ足を踏み3呼間で向きを変える点)。元来、伴奏は太鼓のみだったが、現在は三味線や笛などを加えることもあるようだ。また、昔は団扇踊りや手踊りもあった。今はこの唄を「扇子踊り」と呼んでいるが、従来は「扇子踊り」以外の踊り方もあったのだから、唄の名前を「扇子踊り」とするのは不適切である。おそらく、昔は口説の外題で「小五郎」「白滝」などと呼ぶか、または「ヨーヤセー」などと呼んだのだろうと思う。

 

盆踊り唄「チョイナ節」(津久見市堅浦) <77・75一口口説>

☆尾崎ヤブの内 小迫は都 ドッコイショ 間の花崎ゃコリャ 松のかげヨ チョイナチョイナ

☆仲間谷底 日陰の屋敷 浜は高尾で 色内名

メモ:草津節が流行した大正の終わりから昭和初期にかけて踊られたものだろう。