遊ばせ唄(竹田市本町)

☆三重の重箱おにぎり握って たたきごんぼにゴマ振りかけて

 椎茸さんいやいや かんぴょうさんもいやいや それでもいやならオッチョコチョイのチョイ

 

寝させ唄(竹田市本町)

☆向こう山の兎は どうして耳が長いな 小さいときにちち乳母が

 耳をくわえて引っ張った それでお耳が長いな ねんねんねんねんよ ねんねんねんねんよ

☆眠れ眠れ猫の子 うっつけうっつけ兎の子 眠らんとおじいもんが連れに来るぞ

 早う眠れ猫の子 うっつけうっつけ兎の子 ねんねんねんねんよ ねんねんねんねんよ

☆坊やはよい子じゃねんねしな 坊のお守はどこへ行た あの山越えて里に行た

 里の土産に何貰うた おきゃがりこぼしに笛太鼓 ねんねんねんよ ねんねんねんねんよ

 

寝させ唄(直入町長湯)

☆眠れ眠れねずみの子 うっつけうっつけ兎の子 泣くな泣くな茄子の子

 坊やが眠った後からは 裏の山の山猿が 一匹とんだらみなとんだ

 そらそら眠れ眠れよ そらそら眠れ眠れよ

 

手まり唄(久住町栢木)

☆うちの婆さんは四十九で嫁入る 白髪頭にかんざし挿して

 向こう通れば子供が笑う 子供笑うな縁じゃもの 縁じゃもの

 

手まり唄「大黒様」(直入町長湯)

☆大黒様という人は ここのお国の人でない 唐から日本に渡るとき

 潮風に吹かれて それでお色が真っ黒い 一で俵をふんばって

 二でにっこり笑うて 三で盃差し合うて 四つ世の中よいように

 五つ出雲の神さんが 結び合わせた縁じゃげな 七つ何事ないように

 八つ屋敷を踏み広げ 九つここに蔵を建て 十でとうとう納めた 納めた

 

手まり唄「数え歌」(直入町)

☆一つとせ 一つあわせの大神楽 神楽に舞い立つお梅さん ササ お梅さん

☆二つとせ 二見が浦で網を引く お梅さんと守男さんは袖を引く ササ 袖を引く

☆三つとせ 三股のかんざし買って来て お梅さんに挿させて品を見る ササ 品を見る

☆四つとせ ようよう仕立てたこの羽織 お梅さんに着させて品を見る ササ 品を見る

☆五つとせ いついつ見ても今見ても お梅さんのお顔は桜色 ササ 桜色

☆六つとせ 無間地獄に堕ちるとき 助けてくれない守男さん ササ 守男さん

☆七つとせ 泣く泣く硯を引き寄せて 何度も文書く守男さん ササ 守男さん

☆八つとせ 薮に入らぬ鶯が ホケキョと鳴いたら出ておくれ ササ 出ておくれ

☆九つとせ ここは谷底 池の水 合いうち流れる天の水 ササ 天の水

☆十とせ とうとう柳に飛びついた お梅さんと守男さんは心中する ササ 心中する

メモ:同様の数え唄は全国的に伝承されており、銚子大漁節などが有名。県内でも広く流行したとみえて、各地に伝承されている。

 

手まり唄(直入町)

☆百十々 お二百十々 三百十々 お四百十々 お五百十々

 六百十々 七百十々 ハ百十々 九百十々 一千貸したで

 

手まり唄(直入町)

☆お正お正のお正月さん 正月は松立てて竹立てて 年始のご祝儀申します

 羽根突くまりつく福引で 喜ぶ者はお子供衆 旦那の嫌な大晦日

 ひいふうみいよう いつむうなあやあ 九つ十 天から落ちたお芋屋さん

 お芋の一升いくらだい 三銭二厘でございます もちっと負からんかチャカラカポン

 お前のことなら負けてあぎょ 升お出しザルお出し まな板包丁出しかけて

 頭を切れる八つ頭 尻尾を切れる十の芋 ひいふうみいよう いつむうなあやあ

 九つ十 天から落ちたお芋屋さん

 

手まり唄(直入町)

☆一段お上がり 二段お上がり 三段上がって東を向けば よい娘よい娘が三人通る 

 一でよいのが糸屋の娘 二でよいのが二の屋の娘 三でよいのが酒屋の娘

 酒屋のお月さん伊達者でござる 帯を八尺赤茶に染めて 結ぶ所は縁じゃもの

 縁じゃもの

 

手まり唄(直入町)

☆一かけ二かけ三かけて 四かけ五かけ六かけて 橋の欄干腰をかけ 遥か向こうを眺むれば

 十七八のねえさんが 片手に花持ち線香持ち あなたどこかと尋ぬれば 私九州鹿児島の

 西郷隆盛娘です 明治三年三月の お墓参りもせにゃならぬ ヤレコレタンショ

メモ:全国的に流行した唄である。

 

手まり唄(荻町柏原)

☆大事大事のお手まり様よ 絹のふくさにお包み申して

 女のしずくもおっ母さんのしずくも 背戸に九つ変わらぬように

 しっかしっかとお渡し申すえ しっかしっかと受け取りました

 

手まり唄(竹田市本町)

☆今日はきょうきょう 明日は大大 大事な大事なお手まり様を

 絹の袱紗にお包み申して 紙縒りでしめて しめたところにイロハと書いて

 お政所のそのまた隣の 花子様にお渡し申します 確かに確かに受け取りました

 

手まり唄(竹田市本町)

☆確かに確かに受け取りました 臼が米搗きゃ粉糠がパッパと

 パッパしちく竹 パッパはちく竹 向かいの白壁づくりの

 お政所のそのまた隣の お春様にお渡し申します

 

お手玉唄(竹田市本町)

☆お城のさん 御侍衆がいっちょごで お駕籠でいっちょさのドン さしたかドン

 しのぶかドン ドンドと鳴るはどの神様か ここは篠原 栄えのドン

 御吉原の義三さん 駒三さん 今日来て流行るが 音八さん

 城木屋のお駒さん 才三さん 煙草の煙で ひいふう みいよう

 いつむう ななやあ このとお 十まで返して

メモ:杵築市でも同様の唄が唄われた。広く流行したものと思われる。「いっちょご」とは「一丁籠」ではないか。

 

お手玉唄(直入町)

☆おしと おふた おみい おみな なってくりょ テンチャン

 おしと 桜々 おふた 桜々 おみかえり かえり おみざくら

 

お手玉唄(直入町)

☆ご褒美 お一つ お二つ お三つ およのさがり おおてんばらい

 じょうきなじょうきな おおてんばらい 危ねえ危ねえ すてすこ

 おおすてすこ おんさい びきびき雀 おしゃら しゃしゃ

 

羽根つき唄(竹田市神原)

☆いちご にんじん 山椒 椎茸 ごんぼ むくろ なすび 山芋 こんにゃく 豆腐

 

羽根つき唄(直入町長湯)

☆ひとんご ふたんご みまたの よそうし

 いつやが むさし ななんご やつしろ 久住にてお泊り

 

手遊び唄(直入町)

☆うちの裏の竹切りゃ誰じゃいな わしじゃお竹じゃ氏神さんかいな

 お手を合わせて拝むとすれば 三三本目のかずらが切れて

 それをお医者に見せたなら お医者たまがって びっくりしゃっくり しゃっくりこけた

 

手遊び唄(久住町久住)

☆豆々食おうかどうして食おか 挟んで食おか

 うちにいんぢ言うちゃるわい そっからチャボ口 差い出すな

 ※いんぢ=去んで。帰って。

メモ:両手を使って一人で遊ぶ唄だが指の絡ませ方がややこしく、小さい子供にとってはそれなりに難しかったのでないかと思う。それがまた却って、おもしろく感じたのだろう。

 

鬼決めの唄(久住町栢木)

☆イップクテップク 手まりぶしゃ 乙姫が幽霊に恐れて泣く声は

 ピヨピヨ マングリマングリ オヒャリコヒャリコ

 ヒャの間のお母さんが のんのん薬師のじょうたんぼ ヒケノコサイサイ

 

鬼決めの唄(竹田市本町)

☆ジッポハッポ 播磨の早瀬 甘茶の花が咲いたか咲かぬか まだ咲き揃わん

 雨降り小僧が杖ついて ソッコラソッコラつんむけた

 

履物隠しの唄(竹田市本町)

☆下駄隠し くねんぼう 下駄の下の鼠が 下駄をくわえてチュッチュッチュのチュッチュッチュ

 チュッチュの饅頭は誰が食うた 誰も食やせん わしが食うた

 

月の唄(直入町長湯)

☆お月様いくつ 十三七つ まだ年ゃ若いな 七つの年に七つ子を生んぢ 油買いに行ったりゃ

 油屋の角で 滑っちこけち 油一升うっ捨てた その油どげえした 次郎どんの犬と

 ひんねぶっちしもうた その犬などげえした 打ち殺いち皮はいぢ

 太鼓に張っちしもうた その太鼓どげえした 上のお宮でドーンドン

 

からすの唄(竹田市本町)

☆からす からす 勘三郎 お前方ん家が焼けよるぞ 早う去んで水かけろ

 水がなけりゃやるぞ 柄杓がなけりゃ貸すぞ 明日になったら戻せ 山手のからすが皆逃げた

 

つばなの唄(竹田市本町)

☆今年のつばなはようできた 耳に巻いてスッポンポン

 鼻に巻いてスッポンポン も一つおまけにスッポンポン