盆踊り唄「杵築」(竹田市倉木) <77・75切口説>

☆杵築踊りはいと易けれど(サノヨイ サノヨイ)

 知らぬお方にゃ難しゅござる(サーヨーイサッサー ヨイサッサー)

☆箱根八里は馬でも越すが 越すに越されぬ サマ大井川

☆こよさ行きますお寝間はどこな 東枕の ソリャ窓の下

メモ:同名の唄が西国東地方や大野地方にも伝わっており、速見の「六調子」と同系統である。杵築の唄、杵築から伝わった唄などの意味で「杵築」と呼んだと思われ、県内の広範囲に亙って流行したのだろう。倉木の「杵築踊り」は朝地町あたりのものよりもテンポがのろい。

 

盆踊り唄「団七踊り(杵築)」(竹田市古園) <77・77段物>

☆哀れなるかや志賀団七は(サノドン サノドン)

 後ろ前からそりゃ切りかかる(アラヨーイサッサ ヨイサッサ)

☆姉の宮城野 妹の信夫 中を行くのは志賀団七か

メモ:三人組で、竹刀等を打ち合わせながら踊る。

 

盆踊り唄「杵築」(竹田市古園) <77・77段物>

☆杵築踊りはいとやすけれど(サノドン サノドン)

 知らぬお方にゃ難しゅござる(アラヨイサノサー ヨイサッサ)

 

盆踊り唄「杵築」(荻町柏原) <77・75切口説>

☆みんな踊ろうや若いときゃ一度(サマヨイ サマヨイ)

 二度と枯れ木に ソリャ花咲かぬ(サマヨーイサッサー ヨイサッサ)

☆枯れ木 花咲き実のなるまでは 心かわすな かわすまい

 

盆踊り唄「杵築」(荻町宮平) <77・77段物>

☆杵築踊りはしなよいけれど(サマヨイ サマヨイ)

 知らぬお方にゃ難しうござる(サマヨーイサッサー ヨイサッサ)

☆杵築山田の踊りを見たら おうこかたげて鎌腰差して

 

盆踊り唄「三つ拍子」(直入町長湯) <77・77段物>

☆ごめん下されこの家の亭主(ヤレショードッコイショ)

 それに続いて村方様よ(ヨイヤサノセー ヨイヤサノセー)

☆できたできたよ片輪ができた できた片輪を ソリャ丸くせよ

メモ:盆踊りの最初に唄い踊ったものであり、ごめん下され…の文句は、初盆家庭の坪で盆踊りをするときのものである。ゆったりした節だが短調で、暗い雰囲気。踊り方はごく簡単で、両手をアケで左右に流して数歩進み、左右で1回ずつ手拍子をするだけ。次々に前に進んでいく踊り方から、おそらく踊りながら坪に繰り込んでいたのだろう。そしてある程度輪ができたらすぐに違う踊りに切り替えていたのだと思う。

 

盆踊り唄「三つ拍子」(久住町都野、直入町下河原・原・柚柑子) <77・77段物>

☆ごめん下されこの家の亭主(アラヤーレナー ソーライナー)

 しばし間の坪貸しなされ(アラヨイヤサノセー ヨイヤサノセー)

☆盆の踊りは伊達ではないよ 先祖・祖先の供養踊り

 

盆踊り唄「二つ拍子」(荻町宮平) <77・77段物>

☆盆の踊りは アー伊達ではないよ(ヨーイナー ヨーイナー)

 先祖代々供養の踊り(ハーヨーヤーセー ヨーヤーセー)

☆踊るうちではあの娘が一よ あの娘育てた親見たい

メモ:「杵築踊り」によく似た、のんびりとした田舎風の節回しである。通常、盆踊りの最初に踊る。両手を左右対称に、輪を描くように振り下ろしては振り上げて手首を返すような所作が出てくる。この所作は大野地方から直入地方、熊本のうち阿蘇地方まで、かなり広範囲に亙ってよく見られる。足運びはやや田舎風ではあるが、なめらかに輪を描いていく手の動きはなかなか優雅だし、飽きずに、疲れずに踊れる。柏原の二つ拍子は、輪の中を向いて左右に払うように3回流し、輪の所作で右に行って手拍子、左に輪の所作で左に行って手拍子…というごく簡単な踊り方である。

 

盆踊り唄「ヨイヤセ」(竹田市古園) <77・77段物>

☆ごめん下されこの家の亭主(ヨーライナ ソーライナ)

 今日の踊りは御供養の踊り(アラ ヨイヤセー ヨーイヤーセー)

☆でけたでけたよ 大輪がでけた でけた大輪を崩しちゃならぬ

☆盆に踊るは伊達ではないぞ 先祖代々残せし踊り

メモ:盆踊りの最初に踊ったもの。

 

盆踊り唄「二つ拍子」(直入町小津留) <77・77段物>

☆ハー わしが口説はもうこれ限り(アヨイトセー ドッコイセー)

 しばし間の声継ぎゅ頼む(ハーヨイヤサノセー ヨイヤサノセー)

 

盆踊り唄「祭文」(久住町青柳) <77・77段物>

☆ちょいと祭文の 通りがけヘヘンヨー(アラヨイヨイヨイ)

 通りがけなら長いこつぁ言わぬ(ソレーヤ ソレーヤ ヤトヤンソレサイ)

☆それじゃしばらく理と乗せましょか 春は花咲く青山辺の

メモ:祭文は県内に広く伝承されている。

 

盆踊り唄「祭文」(久住町都野、直入町長湯) <77・77段物>

☆ちょいとさえもんの 通りがけヘヘンヨー(アラヨイヨイヨイ)

 通りがけなら長いこつぁ言わぬ(ソレー ソレー ヤトヤンソレサイ)

 

盆踊り唄「祭文」(荻町瓜作) <77・75切口説>

☆踊るエ うちではあの子が一よホホンエー(ヨイヨイヨイ)

 あの子育ての親様見たい(ヤレー ヤットセーヤヤットヤンソレサイ)

☆親のエ 意見と茄子の花はホホンエー(ヨイヨイヨイ)

 千に一つの ヨイサ徒がない(ヤレー ヤットセーヤヤットヤンソレサイ)

メモ:のんびりとした節で近隣の祭文とほぼ同じ節だが、荻町のものは微妙にはずんだ節になっている。踊り方は竹田市倉木のものとほとんど同じ。右足を出すときに右手を挙げて握り左手で右の袖を抑え、反対、反対と継ぎ足で出たら、両手を振り上げて手首を返し、振り下ろしながら1歩下がり、輪の中を向いて1回手拍子。

 

盆踊り唄「祭文」(荻町宮平) <77・75切口説>

☆ちょいとさえもんと切り替えましょやホホンホン(ヨイヨイヨイ)

 さえもん踊りのエー しなのよさ(ヤレーヤ ソレーヤ ヤットヤンソレサイ)

 

盆踊り唄「祭文」(竹田市古園) <77・75切口説>

☆ハーちょっとさえもんと 切り替えましたホホンエー(ヨイヨイ)

 あることないこと喋りましょ(ソレーヤ ソレーヤ ヤットヤンソレサ)

☆昔ゃ松木さえ三人四人五人まじゃ寝たが 今じゃほしょぼにただ一人

☆わしが若い時ゃ吉野にゃ通うた 道の小草もなみかせた

 ※なみかせた=なびかせた

 

盆踊り唄「祭文」(竹田市倉木) <77・75切口説>

☆ちょっとさえもんに切り替えますよホホンホン(アラドウジャイ ドウジャイ)

 しばしそれにて願います(ヤレーソレー ヤットヤンソレサイ)

☆踊りナー 踊らば手に目をつけて 足を揃えてしなやかにホホンホン

○竹にヨー 雀が一枝二枝三十の小枝のかぼそいところに

 ねうし揃えてじょうさし揃えてくちばし揃えてチーチーパッパが

 しなよくとまるホホンホン(アラドウジャイ ドウジャイ)

 止めて止まらぬ恋の道(ヤレーソレー ヤットヤンソレサイ)

○京の三十三間堂にゃ仏の数が

 三万三千三百三十三体ナ ござるホホンホン(アラドウジャイ ドウジャイ)

 嘘か誠か行ってみにゃ知らぬ(ヤレーソレー ヤットヤンソレサイ)

○瀬田の唐橋ゃ杉の木松の木けやきの欄干ひのきの手摺に

 大津の鍛冶屋が朝から晩までトッテンカラリと叩いてのばした

 唐金ぎぼしホホンホン(アラドウジャイ ドウジャイ)

 これもまことか行ってみにゃ知らぬ(ヤレーソレー ヤットヤンソレサイ)

メモ:のんびりとした田舎風の節回しで近隣地域の祭文と大同小異だが、字余りの文句が珍しい。その部分は二上り甚句の字余りとか、字余りよしこの節のように早間で畳みかけるように唄っている。踊り方はごく簡単で、荻町のものによく似ている。右足を出すときに右手を挙げて握り左手で右の袖を抑え、その反対、反対…と出て、輪の中を向いて手拍子、輪の外向きになり、3回手拍子で輪の中にまわる。簡単なので誰にでも楽しく踊れる。

 

盆踊り唄「猿丸太夫」(荻町、直入町、久住町) <77・75切口説>

☆猿丸太夫は(アラショイショイ) 奥山の 紅葉踏み分け鳴く鹿の

 (アラヨイヨイ ヨイヨイ ヨイヤナー サートッチンリンリン トッチンリンリン)

☆山は焼けても山鳥ゃ立たぬ なんで立たりょか子のあるに

メモ:猿丸太夫は鶴崎踊りのものが有名だが、大野直入地方でも広く踊られている。趣が異なっているが、元は同じ唄であると思われる。都野の猿丸太夫は扇子踊り。親骨1本残して畳んだ扇子を両手で持ち左右に小さく振りながら数歩出て、右足を後ろに踏みながら両手を低く開くと同時に扇子を振り開き、両手を低く横8の字に開いたり閉じたりしながら左右交互に後ろ足に踏みかえながら下がり、扇子をたたむだけというごく簡単な踊り方である。長湯では畳んだ扇子を両手で持ち数歩出たら扇子を振り開いたかと思ったらすぐに畳んでしまい、あとは都野と同様、両手を低く開いたり閉じたりしながら左右交互に後ろに踏みかえながら下がるだけ。この踊り方は、扇子を開くのがほんの一瞬だけというのがなかなか珍しく、おもしろい。

 

盆踊り唄「猿丸太夫(二つ拍子)」(竹田市古園) <77・75切口説>

☆猿丸太夫は(コラショイショイ) 奥山の 紅葉踏み分けアノ鳴く鹿の

 (アラヨイヨイヨイサノ ヨイヨナー ヨイヨナー) 

 

盆踊り唄「猿丸太夫」(竹田市倉木) <77・75切口説>

☆秋が来たとて(コラショイ) 鹿さえ鳴くに なぜに紅葉が色つかぬ

 (アラヨイヨイヨイヨイ ヨイヤサー サートッチンチンリン トッチンチンリン)

メモ:倉木の猿丸太夫は手踊りで、緒方町馬場の踊り方に大変よく似ている。人差し指以外の指を握りながらクルリクルリと手首を返したり、右に小さく流す所作には、鶴崎踊りの「猿丸太夫」の踊り方の名残が僅かに感じられる。 

 

盆踊り唄「三勝」(竹田市倉木) <77・75切口説>

☆来るか来るかと川下見れば(ヨイトナー ヨイヨイ)

 柳新芽の ソリャ かげばかり(サマヤーンソーレ ヤンソレナー)

☆様はいくつな二十二な三な いつも二十二でござれ様

 

盆踊り唄「銭太鼓十三(十三勝)」(竹田市倉木) <77・75切口説>

☆今度踊るは銭太鼓の十三(ヤーレンショー ヤーレンショー)

 しばしそれにて ソリャ 頼みます(サーヤーンソーレ ヤンソレナー)

☆様のゆえならダラの木山も はだし裸で苦しゅない

メモ:文句に「今度踊るは銭太鼓の十三」とあるが、一口に銭太鼓といっても銭太鼓五つ、銭太鼓七つ、銭太鼓九つ、銭太鼓十三などいろいろと種類がある。倉木地区の銭太鼓十三は、右手に房飾りのついた銭太鼓を、左手に開いた扇子を持って踊る。朝地町志賀の銭太鼓五つのように銭太鼓の房飾りを大きく振り回すことはせず、むしろ左手の扇子の方に重きをおいている。扇子を高く持ち、始終グルグルとかなり高速で扇子を回し続け、左右に流して途中後ろ向きになったりもしながら、前に進んでいくような踊り方。左手で扇子を回し続けるのは慣れないとむつかしいし、足運びもややこしい。よその人が見たらびっくりするような、かなり派手で人目を惹く踊りである。舞台発表などでも立派に通用する踊りだと思う。

 

盆踊り唄「団七踊り(三勝)」(直入町長湯) <77・77段物>

☆姉の宮城野 妹の信夫ヨ(ヤレショー ドッコイショ)

 中を行くのが志賀団七よ(ハーヨイガサノサノ ヨイガサノサ)

☆遺恨重なるアリャ父の仇 娘二人が仇を討つは

 

盆踊り唄「九勝」(荻町柏原) <77・77段物>

☆それじゃしばらく九勝でやろな(ヨイトナー ヨーイヨイ)

 踊る皆様お手振りなおせ(サマヤーンソーレ ヤンソレサイ)

☆弓は袋に剣は鞘に 納めおきます筑前の守

メモ:三勝、九勝などとあるが、勝というのは拍子などと同様の意味か。

 

盆踊り唄「八百屋」(竹田市古園) <77・75切口説>

☆八百屋お七と国分の煙草(ヨイトナー ヨイトナー)

 色でわが身を ソリャ焼き捨てる(サマー ヨイヤーサノー ヨイヤサノサ)

☆唄は理で押す三味ゃ撥で押す  桶の魚寿司ゃ ソリャ蓋で押す

メモ:大野地方の「八百屋」は、南海部の「長音頭」と同様の唄だが、直入地方の「八百屋」はそれとは別の唄である。唄い出しをとって「八百屋」と呼んだと思われる。

 

盆踊り唄「八百屋」(荻町柏原・宮平) <77・75切口説>

☆八百屋お七とヒノクマ煙草(ヨイトセー ヨイトセー)

 色でわが身を サマ焼き捨てる(サマー ヨイヤソジャソジャ ヨイヤサノサ)

☆踊りゃゆるゆる 小囃子しゃんと 囃子なけらにゃ口説かれませぬ

○ヤレ私が一言入れまする 私が音頭に謎かけよ(ヤレーショドッコイ)

 私がかけたら解いてたも 十三娘とかけたなら(ヤレーショドッコイ)

 それまた音頭さん何と解く 音頭さん解かねばわしが解く(ヤレーショドッコイ)

 十三娘とかけたのは 竹やぶ雀と解きゃせぬか(ヤレーショドッコイ)

 さわれば逃げるじゃないかいな 先の(ドッコイ)

 音頭さんにお返し申す(サマー ヨイヤソジャソジャ ヨイヤサノサ)

メモ:唄い出しから「八百屋」と呼んでいるが、節回しは久住町等で唄われている「兵庫節」の「くずし」のようなもので、これも「三勝」の変調のうちの一つと思われる。名前は同じだが、大野地方の「八百屋(佐伯節)」とは全く関係がない。荻町の「八百屋」はかなり難しい踊りで、「二つ拍子」の所作に加えて、両手を高い位置ですばやくかい繰りする所作が何度も出てくる上に、輪の中を向いたり外を向いたりと忙しい。とてもよい踊りなのだが踊り方が難しいので輪が崩れやすく、簡単な「祭文」「二つ拍子」「杵築踊り」等にくらべると、やや下火になってきている。

 

盆踊り唄「八百屋」(久住町都野、直入町長湯) <77・75切口説>

☆八百屋お七とヒノクマ煙草(ヤレショードッコイショ)

 色で我が身を焼き捨てる(サマーヨイヤサノサノ ヨイヤサノサ)

 

盆踊り唄「もの搗き」(竹田市古園) <77・75切口説>

☆臼にヨーナ(ドッコイ) 麦を入れ(サマヨーイヤサノヨイヨイ)

 ぬかづく時はエ(サマハーヨイヤナ)

 ヤレ五尺ナー(ドッコイ) 体が(サマヨーイヤサノヨイヨイ)

 体が五尺エ(サマハーヨイヤナ) コイタ乱れゆくデ

 (サマセーヨーナ) ドッコイ(ヨーイヤセーヨーナ) ま一丁(ヨーイヤナ)

☆わしとあなたはお蔵の米よ

 いつか世に出て 世に出ていつか ままとなる

メモ:他地域では「麦搗き」と呼ばれることが多い。

 

盆踊り唄「麦搗き」(久住町青柳、直入町下河原・原・柚柑子) <77・75切口説>

☆臼にナー(ドッコイ) 麦を入れ(サーマヨイヤサマヨイヨイ)

 ぬかづく時はヨー(サーマヨイヤセー)

 五尺ナー(ドッコイ) 体が(サーマヨイヤサマヨイヨイ)

 体が五尺ナー(サーマヨイヤナー) 乱れゆくヨー

 (サマセーヨーナ) ドッコイ(ヨーイヨセーヨーナ) ドッコイ(ヨイヨナー)

 

盆踊り唄「麦搗き」(直入町長湯) <77・75切口説>

☆臼にヨーナ(ドッコイ) 麦を入れ(サマヨイヤ サマヨイヨイ)

 ぬかづく時はサ(サマセーヨイヤナ)

 五尺ナー(ドッコイ) 体が(サマヨイヤ サマヨイヨイ)

 体が五尺ナ(サマセーヨイヤナ) コイタしびれゆくエー

 (サマセーヨーナ) ドッコイ(ヨイヨセーヨーナ) も一つ(ヨイヨナー)

☆来るか 来るかと 川下見れば 川にゃ 柳の 柳の川にゃ 影ばかり

 

盆踊り唄「風切り」(竹田市古園) <77・75切口説>

☆思うがままならあの振袖と(ヨイトナー ヨイトナー)

 朝日差すまで ソリャ寝てみたい(アラヤッサガホイナラ ヨーヤルナー)

☆思い山々どの山見ても 霧のかからぬ山はない

メモ:大野地方の「弓引き」に類似している。扇子踊り。

 

盆踊り唄「風切り」(久住町都野、直入町長湯) <77・77段物>

☆今の流行の風切り踊り(アライヤトコナンサー ドッコイショ)

 踊りくだされ風切り踊り(トコイヤトコナンサー ドッコイショ)

☆やあれ嬉しや踊りが揃うた それじゃ皆様 理と乗せましょか

メモ:上記の「風切り」とはまた異なる。

 

盆踊り唄「九勝」(荻町宮平) <77・77段物>

☆さあさどなたもこの調子なら(ヤレショーヤレショー)

 踊りゃやめまい ソリャ夜明けまで(アラヤッサガホイナラ ヨーヤルナー)

☆わしが口説は京都な江戸な しばし間よお手振り頼む

メモ:読みは「くかち」。三勝、九勝、十三勝などいろいろあるが、名前が同じだからといって節が同じだとは言い切れない。宮平の九勝は、実際には「風切り」の節である。

 

盆踊り唄「弓引き」(直入町長湯) <77・75切口説>

☆弓は袋に刀は鞘に チョイトエー(チョイトエー チョイトエー)

 槍は旦那の ソリャ床の間に(トコヤンチョイナンサー ヨーヤルナー)

☆様は出て待つ出るこたならぬ 出るに出られぬかごの鳥

メモ:「弓引き」というのは、那須与一の扇の的射に関係があるのではないか。昔は「那須与一」を口説くことが多かったのかもしれない。また、堅田踊りの「那須与一」と、かなり曲調は変化しているが、何か関係がありそうな気もする。

 

盆踊り唄「弓引き」(竹田市倉木) <77・75切口説>

☆今度踊るは弓引き踊り(トナー ヨイトナー)

 しばしそれにて ソリャ頼みます(サーヤッサガホイナラ ヨーヤルナー)

☆踊り踊らば手に目をつけて 足を揃えて しなやかに

メモ:わりと易しめの扇子踊りだが、扇を返しながら両手で輪を描くように振り上げ振り下ろしで数歩進み、輪の中を向いて扇を引く所作はとても優美な印象。倉木の踊りは通常時計回りだが、この踊りのときは時計と反対回りに進む。節は、大野地方における「風切り」の節である(大野地方の弓引きの節は、倉木では「銭太鼓七つ」で唄われている)。弓引きも風切りも節が似通っており、元をたどれば同じ唄なのだろう。

 

盆踊り唄「弓引き」(荻町宮平) <77段物>

☆弓引きヤーレー やりましょ(アラヨイヨイヨイ)

 しばし間はその調子にて(サマーこれもサンサのチロリロリン)

 ヨイサ チロリロリンならハチリンと(アラどっちが千草でトッホンシャン)

☆踊りゃ やめまい 踊りゃやめまい夜明けまで

メモ:「サマーこれもサンサの…トッホンシャン」の部分は毎回つく。囃子言葉が風変りで、県内他地域の弓引きとは節が全く異なる。踊りの所作から「弓引き」と呼んだだけで、節回しには関係がないようだ。チロリロリン…云々の囃子のつく「弓引き」は隣接する熊本県高森町の一部集落にも残っているが、高森の踊りは荻町から伝わったと言われている。高森に残る「笠づくし」は、今は荻町では踊られていないが、昔は踊られていたのだろう。

 

盆踊り唄「銭太鼓七つ」(竹田市倉木) <77・75切口説>

☆今度踊るは銭太鼓の七つ チョイトエー(セガセー セガセー)

 しばし間はよろしく頼む(アーヤッチョイナンサー ドッコイセー)

☆様は三夜の三日月様よ 宵にちらりと ソリャ見たばかり

メモ:この節は、大野地方では「弓引き」の扇子通りで唄われているが、倉木では銭太鼓踊りになっている。現在倉木では「銭太鼓七つ」と「銭太鼓十三」が踊られているが、どちらも右手に銭太鼓、左手に扇子を持っており、両手の動きが全く異なるためにとても難しい。扇子をクルクルと高速で回しながら銭太鼓の房飾りを大きく振り回して踊るが、とても優美でよい踊りである。銭太鼓にはほかに「銭太鼓五つ」「銭太鼓九つ」などいろいろあり、他地域に残っている。珍しさもあって、昔は大変流行したのだろう。

 

盆踊り唄「弓引き」(久住町、直入町) <77・75切口説>

☆様は三夜の三日月様よ(チョイトエー チョイトエー)

 宵にちろりと見たばかり(トコイヤトコナンサー ヨーヤルナ)

☆踊り踊ろか弓引き踊り 弓の引く手も品よくに

メモ:「弓の引く手も」とあるように、弓引きの動作がある。

 

盆踊り唄「伊勢音頭」(久住町都野、直入町長湯) <77・75切口説>

☆伊勢にゃ七度熊野にゃ三度(アラソーコセー ソーコセー)

 愛宕様にはヤンデサ 月参り(アラソレカラ ヤートコセーノ ヨーイヤナ)

 アラ(ハレワイセーノ) ソコ(コレワイセーノ ササナンデモセー)

メモ:大野直入地方に広く伝わっている。最早、大分県民謡と化している。つまりレコードが普及してから他地域の踊りを取り入れたわけではなく、それ以前から伝わっており、それなりに節回しも変化しているのである。

 

盆踊り唄「伊勢音頭」(竹田市倉木) <77・75切口説>

☆伊勢にゃヨー 七度ナ 熊野に三度(アーソーコセー ソーコセー)

 愛宕ナー 様には ハーヤンレサー月参り(アーソレソレ ヤートコセーノ

 ヨーイヨナー アレワイセー) ドッコイ(コレワイセーデ ササ ナンデモセー)

☆皆踊ろや若いは一度 二度と枯木に花咲かぬ

○さてもナー 見事なヨ 沈堕の滝は(アーソーコセー ソーコセー)

 「ソレ落て口ばかりは十二口(ソレ) 十二の落て口ゃ布引で

  上には???の?????(ソレ) 下には大蛇が七頭」

 落つりゃヤー 大蛇の ハーヤンレサー餌となる(アーソレソレ ヤートコセーノ

 ヨーイヨナー アレワイセー) ドッコイ(コレワイセーデ ササ ナンデモセー) 

メモ:テンポがとてものろく、節をめいっぱい引き伸ばして唄っている。字余りでない文句でも、1節唄うのに1分半くらいかかる。扇子踊りで、開いた扇子の角のところをつまんでひらりひらりと翻して踊る。所作は難しくはないが手数が多く、覚えにくい。輪の中を向いて、右・左・右・左と交互に足踏みしながら右上・左上・右下・左下と扇を流すのを3回か4回繰り返して、左右に流したりしながら輪の外を向き、また4回足踏みで扇と上下左右に流すのを2回か3回繰り返し、輪の中向きに戻るような踊り方だったと思う。

 

盆踊り唄「伊勢音頭」(竹田市古園) <77・75切口説>

☆伊勢はナー 津でもつ津は伊勢でもつ(アラソーカセー ソーカセー)

 愛宕ナー 様には ハーヤンレサー月参り(アーソレカラ ヤートコセーノ

 ヨーイヤナー アレワイセー) ドッコイ(コレワイセーノ ササ ナンデモセー)

 

盆踊り唄「サンサオ」(竹田市倉木) <47・75切口説>

☆アラ田中に布旗立てて(波に乗らせて サマ瀬で)

 ドッコイ(瀬でさるすサーンサオ)

 アラ乗らせて 乗らせて波に(波に乗らせて サマ瀬で)

 ドッコイ(瀬でさるす(サーンサオ)

☆踊ろや若い時ゃ一度 (二度と枯木に花 花咲かぬ)

 枯木に 枯木に二度と(二度と枯木に花 花咲かぬ)

メモ:恐らく、盆踊り以外の唄の転用であると思われる。

 

盆踊り唄「もろさし」(直入町長湯) <77・75切口説>

☆様と別れて松原行けば(ヤーンソレソレ ヤンソレナ)

 松の露やら ソリャ涙やら(ヤーンソレソレ ヤンソレナ)

☆声はすれども姿は見えぬ 様は深野のきりぎりす

メモ:大野には「左差し」という盆踊り唄が伝わっている。「もろさし」は「諸差し」と思われる。多分、上の句の本来の曲節が失われ、下の句の曲のみ繰り返して唄っているのではないか。

 

盆踊り唄「もろさし」(久住町都野、直入町下河原・原・柚柑子) <77・75切口説>

☆それじゃしばらく もろさしやろな(ヤレショードッコイショ)

 誰もどなたも アノ品よくに(ソレヤーンソレソレ ヤンソレサ)

☆よいやそじゃそじゃその様なれば 踊りゃできます夜更けまで

 

盆踊り唄「東山」(荻町柏原) <77・75切口説>

☆東山からお出ます月は ハーヤレ さんさ車の輪のごとく

☆盆の踊りは伊達ではないよ 先祖代々供養踊り

メモ:唄い出しから「東山」と呼んだと思われる。

 

盆踊り唄「東山」(荻町宮平) <77・75切口説>

☆東山からあれ出る月は(ハーヤレ さんさ車の輪のごとく)

 さんさ車の 車のさんさ(ハーヤレ さんさ車の輪のごとく)

☆様は三夜の三日月様よ(宵にチロリと見たばかり)

 宵にチロリと チロリと宵に(ハーヤレ 宵にチロリと見たばかり)

 

盆踊り唄「東山」(久住町、直入町下河原・原・柚柑子) <77・75切口説>

☆東山からさえ出る月は ヤレ さんさ車の輪のごとし 車のさんさ

 ヤレ さんさ車の輪のごとし こちゃこちゃ こちゃ知らぬ顔よ

 (ヤーレヤーレ ソレソレ ヤーレヤーレ ソートエ)

☆月の出鼻と約束したが 様は来もせで風ばかり

 来もせで様は 様は来もせで風ばかり こちゃこちゃ こちゃ風ばかりよ

メモ:荻町のものと異なり、囃子がついている。

 

盆踊り唄「東山」(竹田市古園) <77・75切口説>

☆唄は唄いたし唄の数知らぬ ヤレ 大根畑のくれがえし 畑の大根

 ヤレ 大根畑のくれがえし(コチャーコチャー)

 

盆踊り唄「兵庫節」(久住町都野、直入町下河原・原・柚柑子) <77・77段物>

☆姉の宮城野 妹の信夫アーヨイ(ヤレショードッコイショ)

 中を切るのは志賀団七よ(サマー ヨイヤサノサノ ヨイヤサノサ)

○アリャこれこれ団七覚えあろサ 覚えなければ語ろうか(ヤレーショドッコイ)

 指折り数えりゃ三年前サ 河内の国では音高い(ヤレーショドッコイ)

 山中村というとこにサ 父の与茂作討ったじゃろ(ヤレーショドッコイ)

 焼野のきぎす夜の露サ 親はなくても子は育つ(ヤレーショドッコイ)

 ???団七よサ ここで逢うたが優曇華の(ヤレーショドッコイ)

 花咲く春の心地よやサ 今さら仇じゃ覚悟せよ(ヤレーショドッコイ)

 姉の宮城野妹のサ 鍛え鍛えし鎖鎌(ヤレーショドッコイ)

 さあ来い来たれと身構えてサ 妹信夫はとどめさす ササこれで(ドッコイ)

 とどめて先の太夫さんに返す(サマー ヨイヤサノサノ ヨイヤサノサ)

メモ:「兵庫」は県西で広く唄われたもので、特に玖珠郡では今も親しまれている。「三勝」の変調ともいえるような曲で、ゆったりとしたテンポの中にも力強さがある。佐伯の堅田踊りにも「兵庫(那須与一)」という唄があるが、節回しが著しく異なっており関連性は不明。久住町では「兵庫節」に合わせて綾筒踊りと団七踊りが踊られている。綾筒踊りの踊り方は、玖珠町北山田のものと全く同じで、両手に花飾りのついた短い筒か棒を持ち、それを打ち合わせながら継ぎ足継ぎ足で、途中後ろを向いたりしながら進んでいく。団七踊りは、三人組でめいめいが長い棒を持って打ち合いながら踊る。久住町の団七踊りは、全ての棒の両端に飾りをつけており、地面をトンとつくことはせず、打ち合わないときはグルグルと振り回して踊るのでかなり派手である。また、中の者が前と後ろ交互に打っていくのではなく、前と打ち合う頻度が大きく、前後均等に打ち合う緒方町や玖珠町の団七踊りとはずいぶん印象が異なる。なかなか難しい踊りだが小学校の運動会などでもよく踊られている。兵庫節に合わせて綾筒踊りを踊っても団七踊りを踊ってもよく、前後がかち合わないように、輪の中が団七踊り、外が綾筒踊りというふうに輪を分けて踊っている。

 

盆踊り唄「かますか踏み」(久住町都野) <77・75切口説>

☆別れ別れとさす杯は(ヨイトナーヨイヨイ)

 中は酒やら涙やら ソリャ涙やら(ヤーンソレソレ ヤンソレサ)

メモ:盆踊りの最終に踊るもの。かますか踏みとは、カマスカという川魚を足で踏んでつかまえるときの動作に似た踊り方だから。

 

盆踊り唄「かますか踏み」(竹田市古園) <77・75切口説>

☆それじゃそじゃそじゃその調子なら(ヨイトナーヨイトナ)

 踊りゃできましょ その夜明けまで(ソレヤーンソーレ ヤンソレサ)

メモ:盆踊りの最終に踊る。

 

盆踊り唄「かますか踏み」(荻町宮平) <77.75切口説>

☆踊り踊るならしなよく踊れ(ヨイトナーヨイヨイ)

 しなのよい娘を ソリャ嫁にとる(サマヤーンソーレ ヤンソレサイ)

 

盆踊り唄「佐伯」(久住町青柳) <77・75切口説>

☆佐伯なば山 鶴崎ゃ木挽き(ドッコイサッサー)

 日田の下駄ひき ナント軒の下(ソリャ ヤットセーノオカゲデネ)

メモ:大野地方の「佐伯」は南海部の「長音頭」と同様の唄だが、この「佐伯」は長音頭とは関係なく、唄い出しから「佐伯」と呼んでいるだけである。同様の唄が、耶馬溪地方にも残っている。かつては広範囲で流行したものと思われる。

 

盆踊り唄「甚吉口説」(直入町下竹田)

☆郷土名物 甚吉柿と 炭で名高い下竹田(ソレ) ヤートセー ドッコイサノセー(ソレ)

☆味と風味は日本一よ 古い由緒の渋柿で

メモ:下関の新小唄「関門小唄」の前半の節と全く同じ節回しである。昭和初期に、藤本二三吉のレコードで覚えた節を転用したと思われる。文句も、口説形式ではあるも新作である。このことから新民謡の一種ともいえるが、太鼓のみの伴奏で一連の盆踊り唄と同種の扱いをされているし、レコード民謡というわけでもないので、このブログでは盆踊り唄として分類した。考えてみると当たり前のように「盆踊り唄」に分類している「猿丸太夫」やら「麦搗き」やらも、自然発生的なものとはいえ、大昔に誰かがその節を「作った」のは紛れもない事実である。それを考えると「甚吉口説」もその流れの中の一曲と捉えてもおかしくはないと思われる。 踊り方はごく簡単で子供でもすぐ覚えられる。運動会等でもよく踊られている。

 

 

 

<地踊りの伝承状況>

 

(竹田市)

 

○明治地区

 昭和20年代までは初盆の家で盆踊りをしていたが廃絶。今は8月の「蛍の里祭り」にて盆踊りをしているそうだが、地踊りを踊っているかどうかは不明。

 

○岡本地区

 伝承の踊りは長らく途絶えていたが、平成5年に復活した。8月20日頃の土曜日に岡本地区全体の盆踊りをしており、地踊りや新作踊りを一緒に踊っている。

 二つ拍子、八百屋、祭文、風切り、弓引き

 

○嫗岳地区

 倉木地区にのみ残っている。8月14日に改善センターの坪で寄せ踊りをしている。帰省者も参加し、小松明もしている。昔は初盆の家を廻って踊っていた。踊りの種類が多く、扇子踊りや銭太鼓踊りなど、かなり手の込んだ難しい踊りも踊られている。昔は15種類近くの踊りがあったようだが、今は9種類の踊りを踊っている(下記のうち「サンサオ」と「団七踊り」以外)。難しい踊りが多いことと高齢化により伝承者の減少が著しく、今はやっと一重の輪が立つ程度とのこと。

 二つ拍子、八百屋、杵築踊り、祭文、もの搗き、伊勢音頭

 サンサオ、銭太鼓七つ、弓引き、銭太鼓十三、団七踊り(兵庫節)

 

○宮砥地区

 旧宮砥村の頃は小学校校庭で全体の盆踊りもしていたほか、一部集落では昭和35年頃まで初盆家庭を廻って踊っていた。多くの集落で、高齢化により盆踊りが廃絶。次倉集落も昭和20年代に途絶えたが、昭和50年に復活、昔の通りに初盆家庭を廻って踊っている。大字次倉では、盆踊りをしているのは次倉(8月14日)と瀬の口(8月18日・観音様踊り)のみ。大字九重野では田原、久小野、紺屋、緩木などいくつかの集落で踊っているが、みな寄せ踊りになっている。百木では平成10年に、45年ぶりに復活した。各集落では14日に供養踊りをしており、ほかに高源寺で8月17日に、久小野で8月21日に観音様踊りもしている。

 この地域は一体に盆踊りが非常に盛んな土地柄であったので、昔は踊りの種類がとても多く、銭太鼓踊りだけでも5種類を数えたとのこと。九重野の先、熊本県高森町にも同種の踊りが伝わっている。

(次倉)杵築踊り、猿丸太夫、祭文、伊勢音頭、佐伯踊り、弓引き、団七踊り(兵庫節)、かますか踏みほか

(九重野)二つ拍子、八百屋、杵築踊り、猿丸太夫、祭文、弓引き、九勝、銭太鼓七つ(三勝)、団七踊り(兵庫節)ほか

 

○菅生地区

 昔は地区内の全ての集落で供養踊りをしていたが、今は上今・下今・楠野に残るのみとなっている。初盆家庭で踊るほか、禰疑野神社で寄せ踊りもしている。昔は17日にしていたが、今は14日か15日に行う。池辺では24日に地蔵踊りと柱松をしている。 

 二つ拍子、八百屋、杵築踊り、猿丸太夫、七つ拍子、東山、団七踊り(兵庫節)、かますか踏み

 

○宮砥地区

 今は上坂田の古園地区に残るのみとなっているが、昔は地区全体の寄せ踊りもしていた。古園では8月14日に、初盆の家を廻って踊っている。10種類の踊りが残っているが、昔は下記のほかに団七踊りを踊ることもあった。

 ヨイヤセ、八百屋、杵築踊り、二つ拍子(猿丸太夫)、東山、祭文、ものつき、伊勢音頭、風切り、かますか踏み

 

○城原地区、豊岡地区、松本地区、竹田地区、入田地区、玉来地区

 地踊りは廃絶しており、盆踊りをする場合は新作踊りを踊る。

 

(荻町)

 

昔は町内のほぼ全ての集落で供養踊りが踊られていたが、口説き手の減少や踊り方が難しい等の理由で昭和50年代頃に次々に廃絶、今は瓜作、柏原などごく一部の集落に残るのみとなっている。だいたい、5種類から9種類程度を踊るようだが、八百屋などの難しい踊りのときは輪が小さくなりがちである。伝承のため、近年は荻町全体で保存会を作り活動している。高森町の一部集落にも、荻町の踊りと似通ったものが残っている(荻から伝わった由)。高森では伊勢音頭や笠づくしも踊られており、おそらく昔は荻でも踊られていたと思われる。

 二つ拍子、三つ拍子、八百屋、杵築踊り、猿丸太夫、東山、祭文、麦搗き、九勝、十三勝

 松原くずし、銭太鼓(兵庫節)、団七踊り(三勝)、かますか踏み、弓引き

 

(久住町)

 

久住町は元々盆踊りがあまり盛んでなく、都野、青柳など一部地域でしか踊られていない。ただしこれらの集落では非常に多くの種類の踊りが伝わっている。手踊りは三つ拍子とかますか踏みだけで、ほかはみんな綾踊りである。銭太鼓踊りや団七踊り、綾筒踊りもあるが、ほとんどが扇子踊り。「朽網盆踊り保存会」の活動により団七踊り等は広く親しまれており、運動会などでも踊られている。昔は初盆家庭の家を廻って踊っていたが、今は改善センター等で寄せ踊りをしている。

 三つ拍子、八百屋、猿丸太夫、東山、祭文、麦搗き、伊勢音頭、佐伯踊り、風切り、弓引き

 もろさし(三勝)、銭太鼓(九勝)、綾筒踊り(兵庫節)、団七踊り(兵庫節)、かますか踏み

 

(直入町)

 

○長湯地区

長湯地区では、集落ごとに初盆の家を廻って供養踊りをしていた。昭和30年頃に寄せ踊りに移行するも人口の減少等により次々に廃絶し、一時期は青年団などが、集落をこえて、初盆の家を順々に短時間ずつ踊ってまわっていたこともあった。それも途絶えて久しかったが、近年は地区の盆踊り等で「長湯音頭」などの新作踊りと同時に、三つ拍子、猿丸太夫、祭文など昔の踊りも踊るようになっている。しかし、昔踊られていた10種類以上の踊り全てが復活したわけではないようだ。また大字神堤では、長湯の中心部では全く知られていない二つ拍子、大正踊り、かぼちゃすくい等も踊っていたが、この地域では盆踊り自体が昭和30年頃に全く廃絶している。

 三つ拍子、八百屋、猿丸太夫、東山、祭文、麦搗き、伊勢音頭、風切り、弓引き

 もろさし(三勝)、兵庫節、団七踊り(三勝)、かますか踏み

 

○下竹田地区

長湯地区よりも先に盆踊りが衰退したが、戦後しばらくは祭文や団七踊りなど数種類の踊りが細々と踊られていたようだ。しかしその後は「かぼす音頭」「チキリン囃子」などの新作踊りが主流となり、地踊りは衰退の一途を辿っている。

 祭文、団七踊り(三勝)、甚吉口説

 ※甚吉口説は新作踊りではあるが一連の地踊りと同じカテゴリに属する

 

<参考>

熊本県高森町:二つ拍子、祭文、八百屋、団七踊り(風切り)、杵築踊り、かますか踏み、十三勝、猿丸太夫、弓引き、東山、伊勢音頭、麦搗き、笠づくしの計13種。大分県から(主に荻町から)伝わったと言われている。弓引きの節が「チロリロリン…」云々の囃子のつくものだし、二つ拍子や八百屋なども荻町のものと同じ節である。現在、竹田市では笠づくしは踊られていない。しかし高森に残っていることから、昔は竹田市内でも踊られていたと推測できる。

 

 

 

 地踊りの伝承状況をまとめてみると、踊りの周囲は極めて多く、集落ごとに踊り方が異なるなどバリエーションに富んでいることがわかる。また、いちいち注意書きはしていないが「風切り」「弓引き」「伊勢音頭」などはみな扇子踊りで、普通は手踊りで踊っている「八百屋」や「祭文」もところによっては扇子踊りになっているなど、扇子踊りの種類が極めて多い。銭太鼓踊りにしても、今は下火になっているが昔は「銭太鼓五つ」「七つ」「九つ」「九つ」「十三」など種類が多かったし、団七踊りもたいへん流行していた。

 これだけ踊りの種類が多いのに、多くの地域で地踊りの伝承が途絶えてしまっており、今も踊っている地域はごく一部となっているのが惜しまれる。少子高齢化の波が押し寄せる中、今後の伝承はさらに困難になってくると思われる。今のところ、竹田市では伝承の踊り・地踊りをあまりアピールしていないようだが、県内他地域の著名な踊り(堅田踊り・津久見扇子踊り・草地踊り・鶴崎踊り等)と比べても遜色のないよい踊りなので、もっと広く知られてもよいと思う。最近は「奥豊後の踊りを楽しむ夕べ」というイベントで、倉木等、いくつかの地域の地踊りが披露されているのはよい傾向である。