荻神社湯立て唄(荻町 荻神社)
☆庭中に 大釜据えて沸かす湯に 我立ち寄れば清水とならん 我立ち寄れば清水とならん
☆湯を立てて 神に初湯をまいらせん 臣聞こし召せ 臣聞こし召せ
☆三日月は 豊葦原を照らす神 おのころ島も曇りなき世に おのころ島も曇りなき世に
 ※おのころ島=日本神話に出てくる島

白熊唄(久住町有氏 宮処野神社)  

「お立ち」
☆御拝殿より(ヨイヨイ) 練り出す白熊(アリャヨイヨイ) これは当社の(ヨイヨイ)
 おん立て道具(アリャヨイヨイ ヨイヨイヨイ ハーリャンリャ) ソレ(コーリャンリャ)
 ソレ(ハリャヨイトセ) サノヨイトサーヨイトサー ヨトサノサ(サノサ)
メモ:伊勢音頭の転用である。
「道中唄」
☆今年ゃ豊年穂に穂が咲いて 道の小草に金がなる
☆関の表は千尋立つが 親の思いはなお深い
☆安芸の宮島まわれば七里 浦が七浦七えびす
☆音に名高き当社の御幸 爺さん婆さんも日をくりて待つ
「門越し」
☆箱根八里は駕籠でも越すが 越すに越されぬ大井川
☆関所越えても逢わねばならぬ 明日は綱目に及ぶとも
「おさめ」
☆千秋万歳思いこた叶うた 末は鶴亀五葉の松
メモ:白熊(はぐま)とは、五穀豊穣祈願のお祭りのこと。

白熊唄(直入町長湯 籾山八幡社)
「本宮お立ち」
☆鶴ヶ丘ではししん殿 数多兜のある中に どれ義貞の兜やら
 顔世が目ききじゃないかいな(ヨイーサーヨイーヨイー)
 こりゃまたどうな(ハソーコセーソーコセー) 国はどこじゃと細かに聞けば

 (ソレソレ ヨーイトセー ヨーイヤナ ハーリャンリャンリャ)

 ソコ(コリャンリャンリャ ハリャ ナンデモセー)

「道中唄」

○柳葉の流れの末はいずくとも 松も尽きせぬ思いなり

 品川りがくのおきつさん 花の都はお江戸ぞえ

 (サーヨーイヨサーサ ヨイヨサノサ)
○誰が玉椿そいふしの かつら女のあつやらん

 くめの皿山さらさらと こちは浮気にないものよ
○雪を慕いや 雨に焦がれて一枝も

 梅は命の春さえも 何のことやら柚の露

メモ:昔の流行小唄の転用と思われる。

「夕桐節」
★夕桐涙もろともに 恨められたと託つのが
 色のならいと言うけれど それは浮き世の水浅黄

 (サーヨーイトナー ヨイトサー ヨイトサノサ)
★袖な浮名は嬉しうて 人の謗りと世の義理も
 日陰の木々に花咲かば 岩の挟間の溜り水
★住めば住む世においでには 叶えてやろうと露一つ
 書いてくれたが嬉しうて すがりついたる袖袂
★徳兵衛さんの殿御ぶり 二重まぶたに餅えくぼ
 絵にも描かれぬお姿を あの天満屋の初さんと
★見とれて惚れて打ちこんで 梅も色良き名にはすれ
 夕べの風呂の上がりはに あの腹帯を隠さんと
★裸人形に無理言うて 買うて貰うたかんざしを
 浮かしたらいにあまやかし 子は持つまいとの為の伊勢参り
メモ:端唄の転用と思われる。夕桐は、夕霧太夫のことか?
「道中お立ち」
●鏡な月と思いは 晴れ間をここに松の陰

 向こうより来る小提灯 あれも昔の弓張りか
 先崎さんなら待ちなされ 灯消さじ濡らさじと

 合羽の裾に遇う雨を 凌ぎて急ぐ夜の道
●宵の管弦の笛のとき ()にとありしお言葉を

 今生御所の形見から ()では又末永う
 そい時てたび我が妻と 顔に当てれば身に添えて

 思いの限り声限り 泣く音は須磨の浦千鳥
●涙に浸す袖の() 褒めて引く息は

 干したと見えて絶え果つる 熊谷さんは呆然と

 花の都の春よりも 今魂が天下る
●鄙に下りて亡き跡を 訪う人もなき須磨の浦

 並々ならぬ人々も 成り果てるみての労しや
 悲嘆の涙に暮れけるが 是非もなくなく玉折りが

 御死骸をも取り納め 駒を勇めて帰ります
●一の谷では敦盛が 若き敦盛稚児桜

 大臣小袖長袴 青葉の笛を吹き捨てる
メモ:平家物語を題材にしている。
「高松節」
◇遇うことのならぬ 奈良の都の八重桜 眺めてみたや君様を
◇君様を 想いやつれてこの頃は 病の床で書きし文
◇我が恋は 住吉浦の夕景色 ただ青々と待つばかり 遇うて辛さを語りたや
◇我が恋は 植田の水とつづめども 水口ゆえに現るる
◇洗濯や たらいに風情に乗せられて 棒ささぬ間に乗りつける
◇ほととぎす 確か鳴いたと出てみれば ただただ今宵の月ばかり
◇鐘もろともに忍び出で 秋風寒く身に沁んで 人目を包む頬かむり
◇今の怨みは長堀の 浮き世の夢は鮫鞘の 鯉口くつろぎ落とし差し
◇憎し腹立ち屋兵衛が 今宵の内に打ち殺す はや庄屋の鐘指しおれば
◇一つや二つや三つや四つ 四つ橋四つ筋四つ辻の 上り下りつ幾たびか
◇名は高松の朝ぼらけ 寝乱れ髪のそのままに 今日浜脇さどがよい
◇花紫の色もよき 生まれ故郷は長崎の 東新町西の町
◇旅から旅のまた旅の なお行く末はいずくとも 知らぬ仰せの腹立たしさ
◇みやげ海原鶴崎の 市の名残は歌枕 ほんに浮き世がままならば
「下宮お納め」
◆今の娘は硯の墨よ すればするほど恋まさる サンサエ
 竹になりたや紫竹竹 サンサエ 元は尺八中は笛 サンサエ
 末はそもじの筆の軸 サンサエ
◆小女郎の前の行灯に 恋という字を書き散らす サンサエ
 客に読めとの判じ物 読めば浮き世の忘れ草 サンサエ
 ※判じ物=言葉を置き換えた絵を見て、その言葉を読み取る謎解き。例えば、「鎌の絵」「○」「ぬ」で「構わぬ」など。
◆筑波嶺の 嶺より落つる男女川 恋ぞ積もりて淵となる
 末はどうなることじゃやら サンサエ
 ※淵となる=深い仲になることを暗示している。
「下宮お立ち」
△お先お伴で帰ります 二番の奴が間で出る 後も一度に礼通り 神をいさめて帰ります
△音に名高い浜の宮 お出でお帰りゆるゆると 御伴申すその者は
 作る耕作氏子まで 末の末まで繁盛に 守り下さるありがたや
△暁曙光出でければ 紫横雲引き離す その横雲のその上に 高い人申すめでたし
△国土のことを伝ゆれば 神大切にする人は 御式運長久繁盛に 基となりと語りける
△東西方の色男 丸太舟に棹をさし 夜な夜なごとに通い来る 芝居町にと着きにける
△昔天の須磨浦 烏帽子狩衣引き返す 大津の浦は隠れなき 彦さ頭巾や袖の海
△初夜四つ過ぎての鐘ののち 合図の尺八浄瑠璃の それをば一節聞かせぬと
△聞くより小絹は走り出て 袖や袂にすがりつく サンサエ
「本造」
▲本造が 金でつるはらさんに 横の主人の命を買っている 二一天作算盤の
 ※二一天作=二一天作の五の略。割り声(算盤で使う、割り算九九)の一つ。
▲桁を違ゆる白ねずみ 忠義忠臣忠孝の 道は一筋まっすぐに
▲高定が これも家来を残し置き 乗り物道に立たせけり
▲打ち連れて 御門に入り来るほどもある さすが入り来る塩谷殿
 ※仮名手本忠臣蔵を題材にしている。
「門内お立ち」
▽私とお前のこの中は 昨日や今日のことかいな 屋敷に勤めたそのときに
▽そっと見初めて恥ずかしや ふっと私の心では 恋のイロハを袂から
▽天神様に願かけて そのお陰やら嬉しい返事やら 梅も一所に立つたとえ
▽二世も三世も先の世も 誓いし仲じゃないかいな
「本宮お納め」
▼千代紅のおきは谷 君は黄金の指金を 笹に結ぶは文よりも
▼裾野の梅のうつり金 最初娘は汝の前 尾上の松で治まらん
メモ:白熊は神社のお祭りだが、文句の内容はそれとはまるで関係のない、流行小唄や端唄の転用と思われるようなものが多い。

白熊唄(荻町新藤 荻神社) 

「本宮お立ち」
☆これのエー 白熊に(ソレソレ) 願いがござる(サマヨイヨイ)
 長のエー 道中を ヤンレ 連れなされ
 ソレ(サマヨイヨイ ヨイヨイヨイ ハリャンリャ)
 ソレ(コリャンリャ) ソレ(ササヨイトセー)
「宮廻り」
☆祝いめでたの若松様よ 枝も栄ゆりゃ葉もしげる
「鳥居越し」
☆注連を越すとき手元をさげて 三足ひぞりて注連を越す
「道中歌」
○それ寄れそれ寄れそちに寄れ 白熊倒れて頭割る
 頭が割れてもこちゃ知らぬ そこ言うちゃたまらぬ そこ残せ
「お浜着き」
☆あらや嬉しやお浜に着いた さぞや神様嬉しかろ
「お浜納め」
◇一に鳴り物 二に神輿 三に白熊 揉みおさめ
「お浜お立ち」
☆浜を立ちしてお宮に帰る さぞや神様嬉しかろ
「本宮納め」
☆千秋万歳 思うこた叶うた 神に白熊の揉み納め

 

白熊唄(荻町柏原 橘木神社) 

「元宮お立ち」

☆お江戸日本橋ゅ もみ出る白熊(アリャヨーイヨーイ)

 あれは(ソレ) 殿様 アーヤンデ 伊達白熊

 (アーソレソレヤートコ) ソレ(オーノヨーイトナ)

 ソレ(ハレワイサ) ソレ(コレワイサー ササナンデモセー)

☆長の道中に赴くからは 残る都は寂しかろ

「鳥居越し」

☆しめを越すには越しよがござる 三足さがりてもみあげる

「御仮屋おさめ」

☆着いた着いたよ宮様御殿 きみの社におさめおく

「御仮屋お立ち」

☆お江戸立つときゃ涙で出たが 大阪川口ゃ唄で立つ

「兵庫音頭(宮めぐり)」

○西が暗いが(ソレソレ) 雨ではないな(サマソレナーソレナー)

 雨じゃナー ござらぬ(ソレソレ) ヤンデ よな曇り

 (アラヨーイヨーイヨーイヨーイヨーイ アリャヨー)

 ソレ(コリャヨーイ ササナンデモセー)

○安芸の宮島 周りは七里 浦は七浦 七えびす

「元宮おさめ」

○千秋万世におさまる御代は 神に神楽の舞い納め

 

白熊唄(荻町政所 荻神社) 

「元宮お立ち」

☆これの白熊に(ソレソレ) 願いがござる(サマヨーイヨイ) 長のエー

 道中を(ソレソレ) ヤンデ連れなされ(サマヨーイヨイ ヨイヨイヨーイ)

 (ハリャンリャ) ソレ(コリャンリャ) ソレ(ササヨーイトセー)

「鳥居越し」

☆しめを越すとき手元を下げて 三足ひどりてしめを越す

「納め」

☆千秋万世思うこた叶うた 神に白熊のもみ納め

「入れこ」

○イヤそち寄れそち寄れそちに寄れ(インヤ白熊が倒れて頭割る)

 インヤ頭が割れてもこちゃ知らぬ(アそこ言うちゃたまらぬそこ残せ)

 

白熊唄(竹田市河宇田 中尾八幡社) 

「お立ち」

☆祝いめでたの(ソレソレ) 若松様よ(アソーレナー ソーレナー)

 枝もナー 栄える(ソーレソーレ) ヤンデ葉も茂る(アトヨーイヨーイヨイヨイヨーイ)

 (ハリャンリャ) ソレ(コリャンリャ) ソレ(サーサヨーイトセー)

「道中」

☆道中雲助はんてん育ち 今日も酒々 明日も酒

「シメ越し」

☆シメを越すには手元を下げて 三尺ひどりて越すがよい

「お着き」

☆兵庫築島 誰が築きそめた 府内三弥が築きそめた

 

白熊唄(竹田市小高野 中尾八幡社) 

「お立ち」

☆天のナー 岩戸を(ソレソレ) お開きなさる(サマヨーイヨイ)

 さぞやナー 神様(ソレソレ) ヤンデお喜び(サマヨーイヨイヨイ ヨーイ)

 (オランジャ) ソレ(オランジャ) ソレ(ササナーンデモセー)

「シメ越し」

☆シメを越すときゃ手元を下げて 三足下りてじわじわと

「お帰りの道中」

☆カミと名がつきゃちり紙さえも 洟をかむときゃ福の神

 

白熊唄(竹田市今 祢宜野神社)

☆お江戸日本橋(ソレソレ) もみ出る白熊(サマヨーホイヨイ)

 あれはナー 殿様 ソレナンデ伊達白熊(サマヨーホイヨーホイ ヨイヨイヨーホイ)

 (ハリャヨイ) ソレ(コーリャヨイ) ソレ(サマヨーイートーセー)

☆長の道中に 赴くからは 後に心を 残すまい

☆もうは嬉しや お浜に着いた しばし休んで お供する

☆いのや帰ろや 連れ立ちましょや 道で小話 いたしましょ

☆ご苦労ご苦労よ 皆様ご苦労 わけてあい方 なおご苦労

☆千秋万世 おさまる御代は 神に白熊の もみおさめ