寝させ唄(大野町)

☆ねんね子守は酒屋の子 酒屋がいやなら嫁入りしょ

 嫁入り道具は何々か 箪笥 長持ち 夜着 布団

 全く帰るな言うちょくぞ お父さんお母さん そりゃ無理じゃ

 年が来たなら帰ろうに

 

寝させ唄(大野町中井田)

☆坊やよい子だねんねしな 坊やがねんねんした間には つしのお米を下ろして

 搗いてはたいて団子して 坊やと二人で食べましょね そらそら早う眠れ

 

寝させ唄(大野町)

☆眠れ眠れ 猫の子 うっつけうっつけ うさぎの子

 うさぎの耳は どうしてそんなに長いな

 枇杷の葉食べたき長いぜ そら眠れ 眠れや

 

寝させ唄(大野町)

☆お月さんいくつ 十三七つ 七つの年に 油買いに行ったら

 油屋の木戸で 牛ん糞ずーめって 油一升かやした

 

手まり唄(緒方町尾平)

☆正月の 二日の朝のお祝いに くけてもろうたお手まりは 品がようて品ようて

 下にもポン 上にもポン ポンポと上がるはお手のうち 落てしゃんすなお手まりさん

 

手まり唄(緒方町尾平)

☆きょんきょん きょろ橋 橋ごめの 紅屋のお方の染物は 伸っても反ってもよう染まる

 お江戸長崎 腰かけて 子供衆さん 子供衆さん ここは何というところ

 ここは信濃の善光寺 善光寺さんに願立てて 梅と桜を差し上げた

 梅は酸よいとかやされた いっことせ にっことせ

 

手まり唄(犬飼町天神)

☆きょんきょん きょん橋 橋止めの 紅屋のお方の染物は あってもないでもよう染まる

 縮緬に駒下駄 駒がやし 行灯車に水車 水がないとてお江戸まで

 お江戸の御門に腰をかけ もしもし出家さん ここは何というところ

 ここは信濃の善光寺 善光寺様に願かけて 梅と桜をあげたなら

 梅は酸ゆいと嫌われた 桜は見事と褒められた トコイッキトセ

 

手まり唄(大野町藤北)

☆きょんきょんきょん橋 足止めの 紅屋のお方の染物は あってものうでもよう染まる

 行灯車に水車 水がないとてお江戸まで お江戸 御門に腰をかけ

 もしもし子供さん ここは何というところ ここは信濃のれんこう寺

 れんこう寺様に願立てて 梅と桜を上げました

 梅はすいすい戻された 桜はよいよい褒められた

 

手まり唄(犬飼町天神)

☆向こうのお山に日が入りまする あれは大阪行灯町の おやす やすやす やす山越えて

 好いた男に何買うてもらおか 櫛や笄 紅白粉 紅白粉 買うて貰うた 買うて貰うた

 おクニよおクニよなぜまま食べぬ 腹が痛いか癪か虫か 虫じゃござらん七月ばかし

 子がでけまする こんだでけた子が男の子なら 木綿着しょうか羽二重着しょか

 木綿着せてお宮に参ったら お馬さんから蹴落としされた トコイッキトセ

 

手まり唄(緒方町尾平)

☆一段上がりて 二段上がりて東を見れば 良い子良い子が三人ござる

 一でよいのが糸屋の娘 二で良いのが二の屋の娘 三でよいのが酒屋の娘

 酒屋のおチクさんは伊達者でごある 油びんつけタラタラつけて

 白いもっといキリキリ巻いて 帯を一筋 赤茶に染めて

 結ぶところがお手の内 チョロいっこ貸した

 メモ:もっとい=元結

 

手まり唄(千歳村舟木)

☆緒方のしゃんしゃんの祭礼に 一では鉄砲 二では弓 三ではしゃんしゃん大神輿

 四では白旗 猩々緋 五では五人のうちわどり 六つで六頭舞い立てて

 七つで何にもお揃いで 八つで屋敷を舞い立てて 九つこれまで舞うてきて

 十でとんとこ舞い納め トコ イッキトセ

 

手まり唄(千歳村舟木)

☆ひいふの姉さん 侮りさんすな おカネが竹田に嫁入りまする

 一の山越え二の山越えて 三夜お月も照る日も曇る

 ひとすりゃだんぎりこ ふたすりゃだんぎりこ みいすりゃだんぎりこ

 ようすりゃだんぎりこ いつすりゃだんぎりこ むうすりゃだんぎりこ

 ななすりゃだんぎりこ やあすりゃだんぎりこ くうすりゃだんぎりこ

 とおすりゃだんぎりこ これで一丁貸しました

 

手まり唄(緒方町小宛)

☆ごべやごべごべ 五兵衛の娘が六兵衛を貰うて 七兵衛が仲立ち

 八兵衛がお客 九兵衛と十兵衛が樽かたげ

☆粟の権兵衛さんは杉の木往生で 杉の枯れたに桃の木つんだ

 桃がなるなるお春が身持ち お春腹の子は何といってつきょか

 あぼちゃとつきょうで あぼちゃ流行らぬ千金丹にします

 裾ご紋つき 袖口ゃ桃色 着せて抱かせて町場に出せば

 町の若い衆が誰の子でござる 粟の権兵衛さんのかかり子でござる

 かかり子 かかり子 いっちょかした

 

お手玉唄(大野町藤北)

☆お城のさん おんさむ大将が いっちょごでお駕籠で一丁さのどん

 差したかどん 忍ぶかどん どんどと流行るはその神様か

 ここはシノバの境のドン おん吉原の吉三さん 駒造さん

 とぼけて流行るが音八さん 城木屋のお駒さん たいざさん

 たばこの煙で ひ ふ み よ いつ む なな や この とう

 

お手玉唄(緒方町小宛)

☆きょんきょろ橋 橋ごめの 紅屋のおばさん染物は あってものうでもよう染まる

 行灯車に水車 水がないとてお宿して 親は長崎 腰かけて

 もしもし車屋さん ここは何というところ ここはシノラのれんこう寺

 れんこう寺様にご願立てて 梅と桜をあげたなら 梅はすよすよ返された

 桜はよいとて褒められた 新町の出口の笹植えて その笹折るな枝折るな

 枝の上にかきつきを かきつきを チョロ一丁かした

 

羽根つき唄(大野町藤北)

☆ひとんご ふたんご みまたの よそうし

 いつやが むさし ななんご やつしろ 久住にてお泊り

 

亥の子唄(大野町)

☆今夜の亥の子を祝いましょう 大黒さんという人は

 一で俵を踏ん張って 二でにっこり笑うて 三で盃差し合って 四つで世の中よいように

 五つで泉の湧くように 六つで婿さんあるように 七つで何事ないように 八つで屋敷をまわりうち

 九つで米蔵おっ立てて 十でめでたく祝いましょう

 

亥の子唄(緒方町)

☆今夜の亥の子を祝いましょう 大黒さんという人は

 一で俵を踏ん張って 二でにっこり笑うて 三で盃差し合うて 四つで世の中よいように

 五つで泉の湧くように 六つで無病であるように 七つで何事ないように 八つで屋敷をまわりうち

 九つ米蔵おん建てて 十でめでたく祝うた

 

亥の子唄(大野町)

☆今夜ん亥の子 餅つかんもんな

 鬼生め蛇生め 角ん生えた子生め

 

亥の子唄(緒方町)

☆今夜の亥の子 祝わんものは

 鬼う生め蛇生め 角ん生えた子生め