祝い唄「ヨイヤナ」(緒方町)
☆これの御家はようできました 白い壁をば塗り果てて 床にかけたる掛け物は
 上から鶴の舞い遊び 下から亀が這い登る 鶴と亀との楽遊び ヨイヤナー
☆ここの御家を門から見れば 窓は金縁 銀すだれ お庭の小松は姫小松
 一の枝には米がなる 二番の枝には金がなる 三の枝にはささがなる
 上より鶴が舞い降りて 下から亀が這い上り 鶴が飲んでは亀に差す
 亀が飲んでは鶴に差す 鶴と亀とのお酒盛り ほろ酔い機嫌でお立ちなり
 この家繁盛と舞い遊ぶ これほどめでたいことはない ヨイヤナー
メモ:ヨイヤナ節は大分県の内陸部で広く唄われた祝い唄だが、大野地方のものは字余りの長編となっていることが多い。玖珠町などの「都路節」と同様。

祝い唄「ヨイヤナ」(緒方町小宛)
☆十二や三の小娘が 今宵初めて酌に出る 酌に出るほど恥ずかしさ
 肴々と好まれぬ なんど肴もござんせん 山は茂りて鳥とれぬ
 海は霞みて魚とれぬ この山奥の裏の田に 茄子千本植えおいた
 遅植えならば蕾なり 早植えならば花盛り これを肴と御酒あがれ ヨイヤナー
☆申し上げます板元様よ いろいろ品々取り揃え 味付け色付け切り刻み
 お手元見事に積み重ね まことに見事でございます ヨイヤナー

祝い唄「ヨイヤナ」(大野町安藤)
☆お招き申したお客様 遠いところもおいといの ようこそおいで下された
 何ぞご馳走と思えども 山は深野で鳥とれず 柴北川の小魚は まだ幼子で
 あげられぬ 前に飾りし取りくさを どうぞゆっくりお上がりな ヨイヤナー
☆今宵亭主の御取持ちは 松にゃしば鯛 えび肴
 下さる御酒は保命酒 ヨイヤナー
☆今日は都路 日柄よし まず婚礼の祝儀にて 鯔の肴で食べる御酒
 都で流行る保命酒 結んで解けぬのし昆布 縁はきりりと結ばんせ ヨイヤナー
☆二日の晩の初夢に 白い鼠が三つ連に また三つ連に六つ連に
 小判くわえて金運ぶ これがこの家の福の神 ヨイヤナー
☆君様お家の花君は きれいな鳥が三つとまる また三つとまる六つになる
 一羽の雀の言うことにゃ お家繁盛というてふける ヨイヤナー

祝い唄「ヨイヤナ」(大野町酒井寺)
☆まず今日のお祝いに 床に掛けたる掛け物に 一の枝には米がなる
 二の枝には金がなる 三と言われしその枝に 金と銀との脂がふく
 下から亀が這い上がる 上から鶴が舞い降りる 鶴と亀とが舞を舞う
 何を舞うかと問うたれば 御家御繁盛と舞を舞う ヨイヤナー

祝い唄「ヨイヤナ」(大野町桑原)
☆わしゃこの町で君さんを 見てホの字した そもじさん 春の焼野のほろろ雉
 雉も鳴かずば撃たれまい 私も見らずば惚れはせぬ 惚れたが無理と思うなら
 なぜにご器量に生まれたな ヨイヤナー

祝い唄「ヨイヤナ」(千歳村舟木)
☆今日ここに来てみれば 御祝儀 御酒 御肴 御村方の若い衆
 御村 御作法に願います ヨイヤナー

祝い唄「ヨイヤナ」(三重町川辺)
☆鶯が 鶯が 今年初めて伊勢参り 伊勢の町こそ広けれど どうぞ宿とる所なし
 十二の松の一の枝 松葉くい寄せ巣を作り 十二の卵を生みそろえ
 それが一度に雛となり 親もとろもに立つときは 金の銚子が七銚子
 銀の銚子が七銚子 中で酌する福の神 ヨイヤナー

祝い唄「ヨイヤナ」(三重町芦刈)
☆一度この家に来てみれば 御盃のお喜び 再びこの家に来てみれば
 両親様もお喜び 三つ見事にございます 四つ嫁さんのご器量は
 牡丹 芍薬 百合の花 五つ出雲の神様が 結びしゃんした縁じゃもの
 六つ婿さんになる方は 七つ何事ありとても 八つやわらか当たらんせ
 九つこれまで来たほどに 遠いお里と思わんせ ヨイヤナー
☆祝いめでたの若松様よ 枝も栄ゆるその葉も繁る
 めでたいことは いつまでも ヨイヤナー
☆これの座敷は祝いの座敷 祝い半ばにこの家を見れば
 空から鶴が舞い降りて 庭から亀が這い上がる 鶴と亀との舞い遊び
 めてたいことは いつまでも ヨイヤナー

 

座興唄「デカンショ」(清川村)

☆デカンショデカンショで半年ゃ暮らす あとの半年ゃ寝て暮らす

☆デカンショ唄えば巡査さんが怒る 怒る巡査の子が唄う

 

座興唄「ラッパ節」(緒方町辻)

☆京の金閣寺を拝見なしたかネ ご覧じなしたか拝見なしたか楠木天井

 一枚板ではないかいな 「床の」柱は南天菊の花

☆今鳴るラッパは七時半 それに遅るりゃ重営倉

 またの日曜がないじゃない 「離せ」軍刀に錆がつく

 

座興唄「ドンドン節」(大野町酒井寺)

☆阿波の徳島 十郎兵衛が娘 年は九つ名はお鶴

 巡礼姿にあの身をやつし 国をまわりまわりて

 助けてください観音様よ ほんに親たちゃ鬼か蛇か

 ただ知らぬふりか 義理知らず ドンドンと