盆踊り唄「杵築」(大野町夏足、朝地町上尾塚) <77・77段物>

☆何を言うても国からが先(サノヨイ サノヨイ)

 国は近江じゃ石山源氏(アーヨーイサッサー ヨイサッサー)

☆源氏娘はおつやとござる おつやもともと信心者よ

メモ:杵築市や日出町の「六調子」と元々は同じ唄と思われるが、節回しがずいぶん変化している。杵築から伝わった唄、杵築の唄、といった意味で「杵築」と呼んだと思われる。同様に、西国東でも「杵築」と呼んでいる。

 

盆踊り唄「杵築」(朝地町志賀) <77・77段物>

☆杵築・山香の踊りを見たら(サノヨイ サノヨイ)

  おうこかたげて鎌腰差して(アーヨーイサッサノ ヨイサッサー)

☆歩くかたでに焼餅かじる それはうわごと 理を語ります

 

盆踊り唄「杵築」(三重町大白谷) <77・77段物>

☆題は義経千本桜(サーヨイサノ ヨーイ)

 五題続きの第三段よ(サーヨーイサッサー ヨイサッサ)

☆角にゃ寿司屋と名は弥三衛門 これの娘におりつというて

 

盆踊り唄「杵築」(緒方町原尻) <77・75切口説>

☆様よ出てみな奥嶽山にゃ(アレワイセー コレワイセー)

 みかん売り子が ヤレ火をとぼす(アーヨーイサッサー ヨイサッサ)

メモ:節回しは杵築の「六調子」に近く「杵築踊り」の呼称もそこからだが、踊り方は全く違っていて国見方面の「エッサッサ」に近い。おそらく国東方面から伝わった踊りとして、もとは唄も踊りも別々のものだったのではないかと思う。

 

盆踊り唄「猿丸太夫」(大野町片島) <77・75切口説>

☆猿丸太夫は奥山の 紅葉踏み分け鳴く鹿の(アラ ヨイヨイ ヨイヨイ

 ヨイヤーサー トッチンリンリン トッチンリンリン)

☆畑の中の茶園株 八十八夜を待つばかり

メモ:鶴崎踊りのものとは、趣が異なっている。トッチンリンリンというのは口三味線であり、おそらく元々は三味線の節であったのを、伴奏に太鼓しか使わないために囃子が担っているのだろう。

 

盆踊り唄「猿丸太夫」(清川村臼尾) <77・75切口説>

☆猿丸太夫は(ショイショイ) 奥山の 紅葉踏み分け鳴く鹿は

 (ヨイヨイ ヨイヨイ ヨイヤサー トッチンチンリン トッチンチンリン)

☆様よ出て見よ御嶽山にゃ みかん売り子が灯をとぼす

☆みかん売り子じゃわしゃないけれど 道が難所で灯をとぼす

☆道は新道でいと易けれど 家が難渋で灯をとぼす

 

盆踊り唄「猿丸太夫」(緒方町辻) <77・75切口説>

☆猿丸太夫は(ヨイヨイ) 奥山の 紅葉踏み分け鳴く鹿の

 (ヨイヨイ ヨイヨイ ヨイヤサー トッチンチンリン トッチンチンリン)

 

盆踊り唄「猿丸太夫」(緒方町馬場・原尻) <77・75切口説>

☆猿丸太夫は(コリャコリャ) あの奥山の 紅葉踏み分け鳴く鹿の

 (ヨイヨイ ヨイヨイ ヨイヤサー トッチンチンリン トッチンチンリン)

メモ:竹田や直入、久住の猿丸太夫は扇子踊りだが、馬場や原尻のものは手踊り。難しくはないが、継ぎ足で進みながら両手首をクルリクルリを向こう側に返していくところと、そのときの指の開き方がなんとも優雅である。また、最後は輪の中に向いて両手を右に伏せて後ろにさがり一つ手拍子を打つところなど、鶴崎の猿丸太夫の踊り方の名残が僅かに感じられる。今となっては唄も踊りも全く別物だが、どちらもしなやかで優雅で、とてもよい踊りである。

 

盆踊り唄「猿丸太夫」(朝地町志賀) <75・75段物>

☆猿丸太夫は(コリャコリャ) 奥山の 紅葉踏み分け鳴く鹿の

 (ヨイヨイ ヨイヨイ ヨイヤサー トッチンチンリン トッチンチンリン)

☆忠臣蔵なる初段目の 初段目 鎌倉 鶴ヶ岡

☆鶴ヶ丘なる神殿に 数多の兜を飾り立て

メモ:志賀では現在踊られていない。

 

盆踊り唄「猿丸太夫」(大野町夏足) <77・75切口説>

☆猿丸太夫は(コリャコリャ) 奥山の 紅葉踏み分け鳴く鹿の

 (ヨイヨイ ヨイヨイ ヨイヤーサー トッチンチンリン トッチンチンリン)

☆川端通る薪売り 上も木が行く下も行く

☆割れたもあれば割れぬのも あるは唐津屋の縁の下

☆長いもあれば短いも あるはお侍の腰のもの

☆畑の中の茶園株 八十八夜を待つばかり

☆忠臣蔵なる初段目は 初段目 鎌倉 鶴岡

 

盆踊り唄「左さし」(千歳村長峰、大野町片島) <77・77段物>

☆ごめん下され お座元様よ(ヤレショー ヤレショー)

 それについでは村方様よ(ヨーイヤセー ヨーイヤセー)

☆聞けば今夜は供養じゃそうな あまた大勢引き連れまして

メモ:かつて初盆の家庭の庭で盆踊りをしていたときに、最初に唄い踊ったもの。お座元様とは、ここでは初盆家庭のこと。

 

盆踊り唄「団七踊り(三重節)」(大野町片島) <77・77段物>

☆よやさそらそら志賀団七よ(ヨイトセー ヨイトセー)

 姉の宮城野 妹の信夫(ハーヤットセイセイ ヤレトコセー)

☆中が団七 死に物狂い 親の仇だ取らねばならぬ

メモ:団七踊りである。3人組で、棒を打ち合わせて踊るもの。団七踊りは大野地方、直入地方に残っているが、昔は県内の広範囲に亙って流行したらしく、津久見の保戸島、玖珠の北山田などにも残っている。

 

盆踊り唄「団七踊り(三重節)」(大野町夏足) <77・77段物>

☆二十と四間の二重の矢来(ヨイヤセー ヨイヤセー)

 エー 中で本懐遂げたる話(ソリャヤートソレソレ ヤートコセー)

☆どこのことよと細かに問えば 国は奥州は仙台の国

メモ:三重節と三勝は節回しが類似している地域が多い。

 

盆踊り唄「団七踊り(三重節)」(犬飼町大寒) <77・77段物>

☆頃は正月三日の日なり(アリャサイサイ コリャサイサイ)

 四国讃岐は屋島が磯で(アリャヤンソレナーサー ヨイガサノサー)

☆源氏平家の戦い場所よ 平家方には船乗り揃え

 

盆踊り唄「団七踊り(三重節) 」(犬飼町) <77・77段物>

☆父が口説けば姉妹囃子(アリャサイ コリャサイ)

 とりたる草をば街道にゃ捨てる(アリャヤンソレナーサー ヨヤサノサ)

メモ:団七踊りである。

 

盆踊り唄「団七踊り(三重節) 」(千歳村) <77・77段物>

☆国は備前の岡山町で(ドッコイセー ドッコイセー)

 ハー長者娘におつゆというて(ハー ヤットサノセー ヨヤサノサー)

 

盆踊り唄「団七踊り(三重節)」(朝地町志賀) <77・77段物>

☆ここに説きだす志賀団七の(ヨイトセーヨイトセー)

 エー いわく因縁 口説いてみましょ(ソラ ヤートセイセイ ヤートセー)

☆国は奥州で仙台の国 頃は寛永十四年にて

メモ:団七踊り。志賀地区はで特に盛んに踊られたようだが、現在踊られていない。

 

盆踊り唄「由来(三重節)」(三重町菅尾) <77・77段物>

☆奥にエー どこかと アラたずねて訊けば(ドッコイセーコリャセー)

 エー 国はサ 豊州で海部の郡(サンヤートセーイ その調子)

○佐伯サ 領土や アラ堅田が宇山(ドッコイセーコラセー)

 エー 山じゃござらぬ名所でござる(サンヤーソレナーサー その調子)

メモ:節は三重節だが、菅尾では「由来」と呼んでいる。野津町のように高く入る唄い出しの節☆と、緒方町のように低く入る唄い出しの節○を自由に混ぜて唄うが、☆がメインでたまに○が入る程度。踊り方は「佐伯踊り」のハンカチ踊りで、足運びに堅田踊りの「長音頭」の影響が色濃く残っている。輪の中を向いたり外を向いたりしながら行ったり来たりする踊り方で、16足で一巡するのだが踊り慣れないとなかなか難しい。唄の文句の方も「お為半蔵」になっていて、往時の堅田踊りの隆盛がうかがわれる。

 

盆踊り唄「扇子踊り(三重節)」(三重町大白谷) <77・77段物>

☆ヤー 願うサー 一輪は扇子でござる(セードッコイセー)

 エヤレー おせもサー 子供も皆出て踊れ(サーヤットソーレ ヨーイソーレナ)

メモ:大白谷は清川村や宇目町との境の、大変山深いところである。ここは三重町の中でも特に踊りの種類の多いところで、中でも「三重節」の扇子踊りは、他地域には見られないものであった。しかし踊り方が大変難しいので長らく扇子踊りは途絶えていたが、昭和50年代に保存会が結成され、復活して今に至る。手踊りの三重節は、輪の中を向いたり外を向いたりしながら行ったり来たりする踊り方(佐伯踊り、八百屋踊りと同じ)だが、扇子踊りの三重節はいつも前(輪の進む向き)を向いたまま踊る。両手を高く上げた状態で、扇子を津久見や佐伯方面の回し方とは反対回りに素早くクルクルと回しながら継ぎ足で出て、左右に流しながらさがるのを繰り返す踊り方である。覚えやすいと思うが、津久見や佐伯方面の扇子の回し方になじんでいると、大白谷の扇子の扱い方はとても難しい。

 

盆踊り唄「三重節」(三重町芦刈) <77・77段物>

 ☆頃は寛永十四年どし(ドッコイセーコリャセー)

 ウンヨー父の仇を娘が討つは(サンヤーソレナーサー ヤンソレナー)

 

盆踊り唄「団七踊り(三重節)」(緒方町辻) <77・77段物>

☆揃うた揃うたよ踊りが揃うた(アヨイトセーヨイトセー)

 今の流行の団七踊り(ソラーヤートソレソレ ヤンソレナー)

☆老いも若いも皆出て踊れ 盆の一夜を踊りで明かす。

 

盆踊り唄「団七踊り(三重節)」(緒方町馬場・原尻) <77・77段物>

☆国はいずこと尋ねて訊けば(ヨイヤーセー ヨイヤーセー)

 国は奥州 仙台国よ(アーヤーットソレソレ ヤンソレナー)

メモ:馬場や原尻の三重節は、三重町や野津町のものと比べると細かい節が少なく唄い易い。上の句の節と下の句の節が対になっていて覚えやすく、親しみやすい雰囲気の曲である。前後の者は両端に房飾りのついた長い棒を1本ずつ、中の者は右手に短い棒、左手に扇子を持って踊る。中の者は向きを変えながら常に前後の者と交互に打ち合い、前後のものは、中の者と打ち合うのと、長い棒をクルクルと振り回すのを繰り返す。めいめいが自分の動きを完全に覚えていないと立ち往生してしまう踊り方だが、みんなよく踊りを覚えていて子供にも親しまれている。馬場ではその場から動かない踊り方なので輪を崩し、踊りの坪に適当に散らばって踊る。原尻の踊り方も馬場と同じだが輪は崩さずに、全体が少しずつ時計回りに動きながら踊る。

 

盆踊り唄「団七踊り(三勝)」(三重町芦刈) <77・77段物>

☆もうまそろそろ疑いもなく(アリャサイ コリャサイサイ)

 右の奥州にゃ下さぬものと(エンヤーソレナーサー エーイガサーノサー)

☆そこで正雪 餞別なさる 姉にリン鎌 また鎖鎌

メモ:団七踊り。三重町内では芦刈集落にのみ伝承されているが、主に保存会によって踊られており、盆踊りのときに一般に踊られるというわけではなさそうである。かつては町内全域で踊られたと思われる。

 

盆踊り唄「銭太鼓五つ(三勝)」(朝地町志賀) <77・77段物>

☆今度踊るは銭太鼓の五つ(ヨイトセーヨイトセー)

 できたできたよその調子なら(アラヤーンソーレ ヤンソーレナー)

☆てぬき手拭い きんぬいの笠(ヨイトセーヨイトセー)

 七夜こめたる紫竹の杖で(アラヤーンソーレ ヤンソーレナー)

メモ:銭太鼓踊り。銭太鼓とは、カスタネットや鳴子のような振ると音のなる道具の下に長い房飾りのついたもので、大野地方の盆踊りでよく使われるものである。銭太鼓五つの踊りのときは、左手に扇子、右手に銭太鼓を持って、右に左に反転しながら銭太鼓の房飾りを振り回して踊る。そのときに両手を細かく揺すって、扇子をひらひらさせながら銭太鼓を鳴らす。唄の節は三勝で、唄い出しの部分は素朴な感じだがお囃子のところで陰旋法になるので、どこか暗いような雰囲気。

 

盆踊り唄「三勝」(千歳村長峰) <77・77段物>

☆エー 国は近江の石山源氏(ヨイトセー ヨイトセー)

 エイエー 源氏娘におつやというて(アーヤートセイセイ ヨイヤサノサ)

☆おつや七つで利発な生まれ 一つなるとき乳たべ覚え

 

盆踊り唄「由来(三勝)」(犬飼町大寒) <77・77段物>

☆エー 一重二重や三重内山の(ドッコイセー コリャセー)

 真名野長者の由来を聞けば(ヤンヤーソレナー サーヤーソレナー)

☆どだい小五郎は玉田の生まれ 玉田なくての捨て子でなれば

メモ:どだい=もともと

 

盆踊り唄「三勝」(犬飼町) <77・77段物>

☆国は近江の石山源治(ヤレショー ドッコイショ)

 源治娘におつやというて(ヤーンソーレ ヤンソレサ)

 

盆踊り唄「三勝」(犬飼町長谷) <77・77段物>

☆親のない子は遊びにゃ勝てぬ(ヨイトセー ヨイトセー)

 打てや叩けと横着された(サンヤーンソーレー ヤンソレサイ)

☆わしが父様どうしてないか そこで母親仰せしことにゃ

メモ:長谷地区のうち栗ヶ畑と黒松にのみ残っている。近隣の三勝よりややテンポが速めで、節もずいぶん違っている。両手を振り上げながら片足を引き、後ろに反るようにして踊る所作が独特でおもしろい。

 

盆踊り唄「銭太鼓七つ(三勝)」(大野町片島) <77・77段物>

☆今度踊りは銭太鼓の七つ(ヤレショー ヤレショー)

 先の太夫様およこいなされ(アーヤーンソーレ ヤンソレサイ)

☆わしが貰うても行くかは知らぬ 行くか行かぬか行くところまで

メモ:銭太鼓踊り。

 

盆踊り唄「八百屋」(三重町大白谷) <77・77・77段物>

☆扇ヨー めでたや末広がりよ(ヨイサヨイヨイ)

 ここに大内(ヨイコラサイサイ) 公卿大納言エーイ

 公卿のサ 娘にゃ玉津の姫と(アーヨイトセー ヨイヨナー)

☆美女が悪女のアダとなれば 広い都にゃ添う夫がない

 夫がなければ三輪明神に

メモ:節も踊りも、南海部の「長音頭」とほぼ同じである。宇目町あたりから入ってきたものと思われる。「八百屋」の呼称については、昔、この唄に合わせて「八百屋お七」をよく口説いたからだろう。南海部ではこの唄を「お為半蔵」など口説の外題で呼ぶことが多い。それに倣ってのことだったが、いつの間にか「八百屋」の呼称が固定してしまい、口説と一致しなくなったのではないか。

 

盆踊り唄「八百屋」(緒方町辻) <77・77・77段物>

☆国はナー どこじゃと細かに問えば(ヨイサヨーイヨイ)

 国は奥州の(ドッコイドッコイ) 海部の郡

 佐伯(ドッコイドッコイ) 領土や堅田が谷よ(ヨイトサノセー ヨイヨナ)

☆堅田谷では宇山が名所 名所なりゃこそお医者もござる

 医者のその名は半蔵というて

 

盆踊り唄「八百屋」(緒方町原尻・馬場) <77・77・77段物>

☆さてもナー 緒方のその生い立ちは(ヨサヨーイヨイ)

 ヤレー 今を去ること七百余年 頃は寿永の初めの頃に

 (アヨイトサノセー ヨーイヤナー)

 

盆踊り唄「風切り」(緒方町辻) <77・75切口説>

☆来るか来るかと川下見れば(ヨイトナー ヨイトナー)

 川にゃ柳の ソリャかげばかり(アーヤッサガヨイヨナー ヨーヤルナー)

☆盆の踊りは伊達ではないぞ 先祖・祖先のお供養に

メモ:大野地方で広く親しまれていた。扇子踊りの場合が多い。

 

盆踊り唄「風切り」(緒方町原尻・原尻) <77・77段物>

☆お貸しなされよ先太夫様よ(ヨイトナー ヨイトナー)

 わしが当座の声継ぎしましょ(アヤッサガオイナラ ヨイヤルナー)

メモ:輪の中を向いて扇子を細かく揺すりながら上げ下げし、両手ですくい上げて下ろして…で左右に流しながら下がったり出たりする踊りで、その場から全く動かない。朝地の踊り方にくらべると、ずっと易しく子供でも踊れる。

 

盆踊り唄「風切り」(朝地町上尾塚・志賀) <77・77段物>

☆奥の一間に花ゴザはえて(ヨイトナー ヨイトナー)

 酒やタバコをゆるりとあがれ(ハーヤッサガホイナー ヨーヤルナー)

メモ:扇子踊り。要の部分ではなくて、角のところの隅をつまんでヒラヒラと翻しながら踊る。ゆったりとした踊りで、輪の中を向いたり外を向いたりするのを繰り返し、あまりその場から動かない。唄の節は「弓引き」に少し似ているが、こちらの方がテンポが遅く暗い感じがする。

 

盆踊り唄「風切り」(大野町夏足) <77・77段物>

☆先の仕口とまた延ばします(ヨイトナー ヨイトナー)

 背は小兵でござ候えど(アーヤッチョイナンサー ドッコイセー)

☆親の代々 十九の春よ 平家方なる沖なる船の

 

盆踊り唄「お夏」(犬飼町大寒) <77・77段物>

☆伊予の宇和島長者のはんこヨー はんこマ(アーシッカリサイサイ)

 子供にゃ兄妹ござる(ヨーイガサーサノ ヨイガサノサー)

☆兄の八兵衛の妹のお蝶 お蝶生まれはきれいな生まれ

メモ:この唄は大野地方と臼杵で広く親しまれている。「お夏」というのは、おそらく昔は「お夏々々 夏つる蚊帳は」とか「お夏々々 夏かたびらは」などと唄いだしたためと思われる。または「お夏清十郎」を口説くことが多かったからかもしれない。

 

盆踊り唄「お夏」(三重町芦刈) <77・77段物>

☆お夏ナー 夏々ヨー 夏かたびらはヨー 冬じゃマタ(シッカリサイサイ)

 冬々 冬着るものは(ア焼餅ゃとっちょけ朝茶の子)

☆節をお夏に地はやりかけの 今のやりかけ団七口説

 (アヨーイガサッサデ ヨイガサノサー)

 

盆踊り唄「お夏」(三重町菅尾) <77・77段物>

☆お夏ナー 夏々ヨ 夏かたびらよサー 冬はマタ(イヤコラサイサイ)

 冬々 冬切る布子(ソラお月さんがちょいと出た 松の影)

☆節はお夏で地はやりかけの お為半蔵の心中口説

 (ソラ今晩の男衆さんな 男前)

☆佐伯領土や堅田が宇山 山じゃござらぬ宇山は名所

 (ソラ今晩の踊り子 踊り好き)

☆名所なりゃこそお医者もござれ 医者のその名は玄龍院と

 (ソラ今晩の踊り子さんな べっぴんさん)

☆そのやせがれにゃ半蔵というて 半蔵もとよりきれいな生まれ

 (ソラ今度ん子は逆子じゃ うんとけばれ)

メモ:菅尾のお夏は、野津町の踊り方を簡略化したようなもので、手数が少なくずっと簡単なので子供でもたやすく踊れる。節の方は、頭3字を「お夏なーーー」と長く引き伸ばすのが特徴。また野津では「イヤコラサイサイ」と囃し終わらないうちに「冬々…」と唄い始めるが、菅尾では「イヤコラサイサイ」と言い終わってから唄い始める。唄囃子がバラエティに富んでいて、自由奔放でおもしろい。

 

盆踊り唄「弓引き」(大野町片島) <77・77段物>

☆それじゃしばらく弓引きしましょ チョイトナー(チョイヤナーチョイヤナー)

 過ぎし昔のその物語(ヤッチョイナンサー ドッコイセー)

☆国はどこよと尋ねてきけば 国は九州豊後の国で

メモ:「弓引き」とは、那須与一の扇の的射のことを指していると思われる。この唄に合わせて「那須与一」を口説くことが多かったからそう呼んだのでは?

 

盆踊り唄「弓引き」(朝地町上尾塚) <77・77段物>

☆先の太夫さん長らくご苦労 チョイトエー(エーチョイトエー チョイトエー)

 わしが当座の声継ぎしましょ(ハーヤッサガホイナー ヨーヤルナー)

☆国は関東下総の国 那須与一という侍は

 

盆踊り唄「弓引き」(朝地町志賀) <77・77段物>

☆よいな何方も弓引きしましょ チョイトエー(セガセー セガセー)

 やれさそじゃそじゃ その調子なら(アーヤッサガホイナー ヨーヤルナー)

☆何か一つは理を語りましょう 国はどこよと尋ねてきけば

メモ:扇子踊り。ゆったりとした節回しの素朴な唄で、「風切り」に似ているがこちらの方がより田舎風な印象を受ける。踊り方も難しくはないが、所作がよく工夫されており扇子をくるくると翻す優美さと弓を引く所作の勇ましさを兼ね備えている。津久見辺りの扇子踊りとは所作の一つ一つが全く違っており、弓の引き方も違う。

 

盆踊り唄「弓引き」(大野町夏足) <77・77段物>

☆月に群雲 花には嵐 コリャセー(コリャセーコリャセー)

 おごる平家に咲いたる花が(アーヤッチョンナンサー ドッコイサー)

☆夜半のひと咲き散りゆく姿 四国讃岐の屋島が沖の

 

盆踊り唄「弓引き」(千歳村長峰) <77・77段物>

☆弓は袋に剣は鞘に(ヨイトセー ドッコイセー)

 源氏平家の御戦いに(アラヤッチョンナンサー ドッコイセー)

☆平家方なる沖なる船に 的に扇をさらりと上げて

 

盆踊り唄「かますか踏み」(大野町夏足) <77・77段物>

☆これのナー 元をば細かに問えば(ヨイトナー ヨイヨイ)

 豊後岡領はお城がござる(アーヤーンソーレ ヤンソレナー)

☆お城町なら竹田とござる ここのお医者で白道というて

メモ:「かますか(かまつか)」という川魚は川底にいて、足で踏んで捕まえる。踊り方がその動作に似ているので、「かますか踏み」と呼んでいる。

 

盆踊り唄「かますか踏み」(緒方町辻) <77・75切口説>

☆盆のヨー 踊りは伊達ではないよ(ヨイトナー ヨーイヨイ)

 先祖代々 供養のためよ(サーヤーンソーレ ヤーンソレナー)

 

盆踊り唄「かますか踏み」(朝地町志賀) <77・77段物>

☆国はナー 関東で下野の国(ヨイトナー ヨーイヨイ)

 那須与一という侍は(ソラヤーンソーレ ヤーンソレナー)

 

盆踊り唄「かますか踏み」(清川村臼尾) <77・75切口説>

☆蛸にゃ骨なし海鼠にゃ目なし(ヨイトナー ヨーイヨイ)

 好いた男にゃ アノ金がなし(サーヤーンソーレ ヤーンソレナー)