●●● 猿丸太夫 ●●●

 

盆踊り唄「猿丸太夫」(清川村臼尾) <77・75切口説>

☆猿丸太夫は(ショイショイ) 奥山の 紅葉踏み分け鳴く鹿の

 (ヨイヨイ ヨイヨイ ヨイヤサー トッチンチンリン トッチンチンリン)

☆惚れてはまれば 泥田の水も 飲めば甘露の味がする

 

盆踊り唄「猿丸太夫」(緒方町辻) <77・75切口説>

☆猿丸太夫は(ヨイヨイ) 奥山の 紅葉踏み分け鳴く鹿の

 (ヨイヨイ ヨイヨイ ヨイヤサー トッチンチンリン トッチンチンリン)

☆様よ出てみよ 奥嶽山にゃ みかん売り子が灯をともす

☆みかん売り子じゃ わしゃないけれど 道が難所で灯をともす

 

盆踊り唄「猿丸太夫」(緒方町馬場・原尻) <77・75切口説>

☆猿丸太夫は(コリャコリャ) あの奥山の 紅葉踏み分け鳴く鹿の

 (ヨイヨイ ヨイヨイ ヨイヤサー トッチンチンリン トッチンチンリン)

メモ:竹田や直入、久住の猿丸太夫は扇子踊りだが、馬場や原尻のものは手踊り。難しくはないが、継ぎ足で進みながら両手首をクルリクルリを向こう側に返していくところと、そのときの指の開き方がなんとも優雅である。また、最後は輪の中に向いて両手を右に伏せて後ろにさがり一つ手拍子を打つところなど、鶴崎の猿丸太夫の踊り方の名残が僅かに感じられる。今となっては唄も踊りも全く別物だが、どちらもしなやかで優雅で、とてもよい踊りである。

 

盆踊り唄「猿丸太夫」(朝地町志賀) <75・75段物>

☆猿丸太夫は(コリャコリャ) 奥山の 紅葉踏み分け鳴く鹿の

 (ヨイヨイ ヨイヨイ ヨイヤサー トッチンチンリン トッチンチンリン)

☆忠臣蔵なる初段目の 初段目 鎌倉 鶴ヶ岡

☆鶴ヶ丘なる神殿に 数多の兜を飾り立て

☆どれが義さの兜やら 義さの兜にゃ印ある

メモ:志賀では現在踊られていない。

 

盆踊り唄「猿丸太夫」(大野町夏足) <77・75切口説>

☆猿丸太夫は(コリャコリャ) 奥山の 紅葉踏み分け鳴く鹿の

 (ヨイヨイ ヨイヨイ ヨイヤーサー トッチンチンリン トッチンチンリン)

☆川端通る薪売り 上も木が行く下も行く

☆割れたもあれば割れぬのも あるは唐津屋の縁の下

☆長いもあれば短いも あるはお侍の腰のもの

☆畑の中の茶園株 八十八夜を待つばかり

☆忠臣蔵なる初段目は 初段目 鎌倉 鶴岡

 

盆踊り唄「猿丸太夫」(大野町片島) <77・75切口説>

☆猿丸太夫は奥山の 紅葉踏み分け鳴く鹿の

 (アラ ヨイヨイ ヨイヨイ ヨイヤーサー トッチンチンリン トッチンチンリン)

☆畑の中の茶園株 八十八夜を待つばかり

☆長いのもあれば短いも あるはお侍の腰のもの

☆川端通る掛け木売り 上も木が行きゃ下も行く

☆割れたのもあれば割れぬのも あるは唐津屋の縁の下

メモ:鶴崎踊りのものとは、趣が異なっている。トッチンリンリンというのは口三味線であり、おそらく元々は三味線の節であったのを、伴奏に太鼓しか使わないために囃子が担っているのだろう。

 

 

 

●●● 伊勢音頭 ●●●

 

盆踊り唄「伊勢音頭」(大野町夏足) <77・75切口説>

☆伊勢へナー 七度熊野へ三度(ヨーイヨイ)

 愛宕様にはヤンレ 月まいり(アラヤートコセーノヨーイヤナ

 アーレモサイ コーレモサイ コノヨーイヤナ)

メモ:大野地方では伊勢音頭が広く伝承されている。ただし、他県の民謡を唄い踊る(例えば炭坑節のように)というわけではなくかなり古くから踊られているものであり、最早、大分県民謡としての「伊勢音頭」となっている。往時の流行のほどが窺われて興味深い。

 

盆踊り唄「伊勢音頭」(大野町片島) <77・75切口説>

☆咲いたナー 桜になぜ駒つなぐ(アーソーコセー ソーコセ)

 駒がナー勇めば アーヤンレサ花が散る(アーソレソレ ヤートコセーノ ヨーイヨナ)

 (アレワイサ) ソレ(コレワイサー ササ ナンデーモセー)

 

盆踊り唄「伊勢音頭」(清川村臼尾) <77・75切口説>

☆伊勢にゃ七度 熊野にゃ三度(ハートーコセー トーコセー)

 愛宕様にはヤンレ 月参り(ヤーソレカラ ヤートコセーノ ヨーイヨナ)

 (ハレワイセー) ソレ(コレワイセー ササ ナーンデーモセー)

 

盆踊り唄「伊勢音頭」(朝地町上尾塚) <77・75切口説>

☆伊勢にゃナー 七度 熊野にゃ三度(ソーコセー ソーコセー)

 愛宕様にはヤンレサー 月参り(アーソラソラ ヤートコセーノ ヨーイヨナ)

 (ハレワイセー) ソコ(コレワイセー ササ ナーンデーモセー)

 

盆踊り唄「綾筒踊り(伊勢音頭)」(朝地町町志賀) <77・75切口説>

☆様よ出て見よ(ソコセーソコセー) 御嶽山は(アーソーコセー ソーコセー)

 みかん売り子が ソリャ灯をとぼす(ソレカラ ヨーイヤセーノ ヨーイヤセー)

 (ハレワイセー) ソラ(コレワイセー ササ ナーンデーモセー)

メモ:志賀地区では現在踊られていない。緒方町や清川村のものとは、少し節が違う。

 

盆踊り唄「伊勢音頭」(緒方町原尻・辻) <77・75切口説>

☆伊勢にゃナー 七度熊野にゃ三度(アーソーコセー ソーコセー)

 愛宕ナー 様には ヤンレサ月参り(ソレカラ ヤートコセーノヨーイヨナー)

 (アレワイサー) ドッコイ(コレワイサーデ ササ ナンデモセーイ)

メモ:扇子踊りと銭太鼓踊りがあるが、原尻では現在、扇子踊りしか踊られていない。馬場の踊り方と同じで、手数が多いし扇子の回し方が難しいのでハードルが高い。☆

 

盆踊り唄「伊勢踊り」(緒方町馬場) <77・75切口説>

☆伊勢にゃナー 七度熊野に三度(アラソーコセー ソーコセー)

 愛宕ナー 様には ヤンレサ月参り(アーソーヤラ ヤートセーノヨーイヤナー)

 (アレワイセー) ドッコイ(コレワイセー ササ ナンデモセー)

メモ:馬場の伊勢音頭は扇子の扱い方がとても難しい上に手数も多く、輪が崩れやすい。とてもよい踊りで、舞台発表の正面踊りなどでも通用するような優雅な所作である。

 

 

 

●●● 祭文(その1) ●●●

 

盆踊り唄「祭文」(緒方町辻) <77・75切口説>

☆ちょいと祭文なこうしたものよホホンホイ(アードッコイドッコイ)

 それじゃどなたも一輪の願い(ヤレー ソレー ヤットヤンソレナ)

☆様は三夜の三日月様よ 宵じゃチラリとソラ見たばかり

 

盆踊り唄「祭文」(緒方町原尻) <77・75切口説>

☆様は三夜の三日月様よホホンホン(アラドッコイドッコイ)

 宵にちらりとヤレ見たばかり(ヤレー ソレー ヤットヤンソレナ)

メモ:原尻の祭文は、節も踊りも竹田方面のものに近く、三重方面のものとは全く異なる。右手、左手と交互に振り上げては手首を返しながら継ぎ足で出て行って輪の中を向き、後ろにさがりながら一つ手拍子で、輪の向きに3歩進む。

 

盆踊り唄「祭文」(千歳村) <77・77段物>

☆今度踊りは祭文踊りホホンホー(アラドスコイ ドスコイ)

 みんなお好きな祭文やろな(ソーレ ソーレ ヤットヤンソレサ)

 

盆踊り唄「祭文」(千歳村長峰) <75・75段物>

☆月に群雲 花に風 チリテンツンショ(アドスコイ ドスコイ)

 心のままにならぬこと(ソレー ソレー ヤットヤンソレサイ)

☆浮世に住める習いかな ホホンエ(アドスコイ ドスコイ)

 筑前筑後 肥後肥前(ソレー ソレー ヤットヤンソレサイ)

 

盆踊り唄「祭文」(大野町片島) <77・75切口説>

☆ちょいとまあエー 祭文とちょいとまたやろかノホホンホン(アラドスコイ ドスコイ)

 どなた様にも祭文踊り(ソレー ソレー ヤットトヤンソレサイ)

☆入れて おくれよ痒くてならぬ わたし一人が蚊帳の外

 

盆踊り唄「祭文」(大野町夏足) <77・77段物>

☆ちょっとナー 祭文と流してみましょホホンホ(アラドスコイ ドスコイ)

 そじゃそじゃ そじゃそじゃそれならばよい(ソレー ソレー ヤットヤンソレナ)

☆国は筑前博多の町よ 地下で繁盛な米屋がござる

メモ:低く唄い始める節と高く唄い始める節を自由に取り混ぜて唄う

 

 

 

●●● 祭文(その2) ●●●

 

踊り唄「祭文」(犬飼町大寒) <77・77段物>

☆花のお江戸のそのかたわらにヨ さてもマ(アシッカリサイサイ)

 珍し心中話(ソレイヤートセイセイ イヤートセイ)

 

盆踊り唄「祭文」(三重町内山) <77・77段物>

☆天に打ちむきナ(ドッコイ) 地に打ちふして 娘マタ(イヤコラサイサイ)

 きょうだい ただ泣くばかり(ソレエヤートセー ヨイトマカセー)

メモ:野津町の祭文に類似しているが、上の句の唄い方が少し違っている。また野津では「イヤコラサイサイ」を言い終わる前に「きょうだい…」と唄い出すが、内山では言い終わってから唄い出す。踊り方はうちわ踊りだが、菅尾や大白谷で踊られているハンカチ踊りの踊り方とほぼ同じ。

 

盆踊り唄「祭文」(三重町芦刈) <77・77段物>

☆丸いまなこにノ(ドッコイ) 目に角立ててヨ 何とマタ(アーシッカリサイサイ)

 不敵な百姓どのよ(ソレイヤートセーノ イヤートセー)

★武士の 通るに笠はちまきを とらぬマタ(アーシッカリサイサイ)

 そのうえ無礼をなさる(ソレイヤートセーノ イヤートセー)

メモ:2種類の節を自由に取り混ぜて唄う。☆は低く唄い始める節で、8割がたこの節である。★は唄い出しの頭3字を長く引っ張り、節をこねまわすような唄い方であり、文句の内容を特に強調したいところや場面転換など、重要と思うところで自由に挿入する節である。

 

盆踊り唄「祭文」(三重町菅尾) <77・77段物>

☆国はどこかとナ(アードッコイ) たずねてきけば 国はマタ(アーイヤコラサイサイ)

 アラ豊州海部の郡(ソレー ヤートセーノ ヨイトマカセ)

★佐伯ナーサー アラ領土や堅田が宇山 宇山マタ(アーイヤコラサイサイ)

 なりゃこそ名所でござる(ソレー ヤートセーノ ヨイトマカセ)

メモ:☆の節と★の節を自由に混ぜて唄うが、☆がメイン。★の節は野津町の祭文によく似ているが、陰旋法になっている。踊り方はハンカチ踊りで、輪の中を向いてハンカチを振り回しては戻すのを繰り返して、すくいながら行ったり来たりするような踊り方。野津の踊り方によく似ているがこちらの方が少し手数が少ない。しかし、野津の踊り方は同じことの繰り返しばかりで簡単だが、菅尾の踊り方は足運びが野津よりもわかりにくい。

 

盆踊り唄「祭文」(三重町大白谷) <77・77段物>

☆国はエーナー どこかと尋ねてきけばヨー 国はナ(イヤコラサイサイ)

 豊州海部の郡(ソレー ヤートセーノ ヨイトマカセ)

★佐伯領土はノ(ドッコイ) 堅田の谷ヨー 堅田ナ(イヤコラサイサイ)

 谷でも宇山は名所(ソレー ヤートセーノ ヨイトマカセ)

☆名所エーナー なりゃこそお医者もござれヨー お医者ナ(イヤコラサイサイ)

 その名はげんりゅう様と(ソレ エヤヤットセーノ ヨイトマカセ)

メモ:手ぬぐい踊り。菅尾の踊り方とほぼ同じだが、こちらの方が手の位置が高く、所作も穏やかで優雅な感じがする。☆の節回しは野津町のものによく似ているが、★の場合は上の句の歌い方が違っている。だいたい☆と★を交互に唄うが一定ではない。

 

盆踊り唄「祭文」(清川村) <77・77段物>

☆今度ナー 踊りは祭文やろなヨー 誰も(イヤトコサイサイ)

 どなたも お手振りなおせ(ソレエンヤヤットセー エンヤヤットセー)

 

 

 

●●● 半節 ●●●

 

盆踊り唄「はんぶし」(大野町中土師) <77・75切口説>

☆唄えはんぶし(ソレソレ) 声張り上げてエー 桧板屋に(ソレソレ) ヨイサ響くほどエー

 (ヤレ 響くほどの 板屋の桧エー)

☆様よあれ見よ御嶽山よ 蜜柑売り子が灯をとぼす

 (灯をとぼすの 売り子の蜜柑)

☆様は来て待つ出るこたならぬ 庭に篠箱 二度投げた

 (二度投げたの 篠箱庭に)

メモ:「はんぶし」は「半節」で、節の半ばで折り返すことからそう呼んだのではないかと思われる。同様の唄が近隣市町村では田植え唄として唄われたようである。中土師では、返しの後半を省略して唄う。

 

盆踊り唄「はんぶし」(千歳村) <77・75切口説>

☆唄えはん節(ヨイヨイ) さらりと上げて 桧板屋に(ハーヨイヨイ) ヨイサ響くほどエ

 (ヤー響くほど 板屋の桧エー) 桧板屋に(ハーヨイヨイ) ヨイサ響くほどエ

 

 

 

●●● かぼちゃ ●●●

 

盆踊り唄「左さし」(大野町片島) <77・77段物>

☆ごめん下され お座元様よ(ヤレショー ヤレショー)

 それについでは村方様よ(ヨーイヤセー ヨーイヤセー)

☆聞けば今夜は供養じゃそうな あまた大勢引き連れまして

メモ:かつて初盆の家庭の庭で盆踊りをしていたときに、最初に唄い踊ったもの。お座元様とは、ここでは初盆家庭のこと。

 

盆踊り唄「由来」(千歳村長峰) <77・77段物>

☆ごめん下され お座元様よ(ヤレショー ヤレショー)

 それについでは村方様よ(ヨーイヤセー ヨーイヤセー)

 

盆踊り唄「かぼちゃ」(千歳村長峰) <77・77段物>

☆それじゃどなたも かぼちゃでござる(ヤレショー ヤレショー)

 私ゃ貰うても長いこたやれぬ(アヨーイヤセー ヨーイヤセー)

☆それじゃここらで 理とのぼりましょ 今度願うのはお京の口説

メモ:長峰の「由来」と「かぼちゃ」は同じ唄だが、踊り方が違う。

 

盆踊り唄「二つ拍子」(三重町菅尾) <77・77段物>

☆エーヘー 節は二つで地はやりかけの (ヨーイヨーイ)

 今のやりかけせせろじゃないか(セーヨーヤーセー ヨーヤロナー)

メモ:一連の盆踊りの最終に唄うもので、短時間この節を唄ってから、踊り方はそのままに「切り上げ」の唄に切り替える。ごく簡単な踊り方で、ずっと輪の中を向いたまま、その場から動かずに踊る。

 

盆踊り唄「二つ拍子」(朝地町上尾塚) <77・77段物>

☆エー 盆の踊りは供養の踊り(ヤレショーヤレショー)

 色気入らぬ口説をしましょ(ハーヨーイ ヨーイ ヨーヤーセー)

☆志賀のゆかりの道翁の話 道翁生まれて身の丈高く

 

盆踊り唄「二つ拍子」(朝地町志賀) <77・77段物>

☆揃うた揃うたよ踊り子が揃うた(ヤレショーヤレショー)

 秋の出穂よりゃ品よく揃うた(ヨーイヨーイ ヨーヤーセー)

☆さあさ踊ろよ手拍子揃え 響く太鼓の囃子につれて

メモ:盆踊りの最初に唄うもので、手踊り。同じ所作で扇子を持つと、麦搗きの踊り方になる。

 

盆踊り唄「二つ拍子」(大野町夏足) <77・77段物>

☆揃うた揃うたよ踊り子が揃うた(ヤレショー ヤレショー)

 秋の出穂よりゃしなよく揃うた(ア ヨーホイヨーホイ ヨイヤーセー)

☆踊りゃいろいろ数ある中で 志賀のゆかりの道翁の話

 

盆踊り唄「かぼちゃ」(犬飼町長谷) <77・77段物>

☆それじゃ皆さん(アラドスコイドスコイ)

 かぼちゃでござる(アラヨーヤーセー ヨーヤーセー)

☆しばし間どま(アラドスコイドスコイ)

 かぼちゃでやろな(アラヨーヤーセー ヨーヤーセー) 

メモ:長谷地区のものは、下の句の節が欠落し、上句の節ばかりを繰り返して唄う。

 

 

 

●●● 庄内節 ●●●

 

盆踊り唄「庄内踊り」(朝地町志賀) <77・77段物>

☆老いもソラ 若いも皆さん方よ(ヨーイトナー ヨーイトナー)

 聞いてたしなめ世界のことを(アラヨーヤサノセー ヨーヤサノセー)

☆世にも邪険な女がござる まま子呪うて京清水の

☆三十三番観音様に 九十九本の呪いの釘を

メモ:庄内町の「二つ拍子」や挾間町の「田の草踊り」に類似したもので、縁故関係で伝わってきたとのこと。

 

 

 

●●● 麦搗き ●●●

 

盆踊り唄「二つ拍子(麦搗き)」(三重町大白谷) <77・75切口説>

1、麦搗き

 ☆エヘヘー 様は(ドッコイ) 三夜の(サーヨヤサノ ヨーイヨイ)

  三日月様の(サマーヨイヤナー)

  ヤレ 宵に(ドッコイ) ちらりと(サーヨヤサノ ヨーイヨイ)

  ちらりと宵に(サマーヨイヤナー) 見たばかり(アリャセーノーヨ)

  ドッコイ(ヨーヤセーノーヨ) も一つ(ヨーヤセー)

メモ:これは「祭文」とか「三重節」「杵築踊り」などの一連の地踊りの最後に踊るもので、踊りの所作が一巡する間に2回手拍子を打つので普通は「二つ拍子」と呼んでおり、節は「麦搗き」である。麦搗きを数節唄うと、踊り方はそのままに唄の節が「ばんば踊り(切り上げ)」に切り替わる。朝地町や緒方町の「二つ拍子」は割と易しい踊り方だが、大白谷の「二つ拍子」はやや手数が多いし、輪の中を向いたり外を向いたりしながら少しずつ横にずれていく(踊りの輪は時計回りに進む)ため前の人のまねをして踊ることができず、難しい。

 

盆踊り唄「麦搗き」(朝地町志賀) <77・75切口説>

☆ヤレー 千秋ナー(アラドッコイ) アー万歳(アラヨーヤサノヨイヨイ)

 イー思う(アードッコイ) こた叶うた(サマナー ヨヤナー)

 ヤレー 末はナー(アードッコイ) アー鶴亀(アーヨーヤサノヨイヨイ)

 鶴亀ナー ヨーイヤナ(サマナー ヨヤナー) アー五葉の松

 (サノセーノ)ドッコイ (ヨーイヤセーノ)ソラ (ヨイヤナー)

メモ:盆踊りの最終に唄うもので、扇子踊りだが手踊りの二つ拍子と同じ踊り方。

 

盆踊り唄「麦搗き」(大野町夏足) <77・75切口説>

☆エー こよさナー(アドッコイ) どなたも(アヨーヤサノヨイヨイ)

 エーご苦労(ドッコイ) 労でござるナー(サマーヨイヤナー)

 ヤレ これにマー(アドッコイ) こりずと(アヨーヤサノヨイヨイ)

 こりずとノー ヨーヤルナー(サマーヨイヤナー) またおいで

 (サマセーヨ) ドッコイ(ヨイヤセー エーヨー) ソコ(ヨイヨナー)

☆千秋万歳思うこ こた叶うた 末は鶴亀 鶴亀 五葉の松

メモ:大野直入地方で広く唄われた盆踊り唄で、麦搗きのときの作業唄を転用したもの。盆踊りの最終に唄い踊ることが多い。

 

盆踊り唄「二つ拍子(麦搗き)」(清川村臼尾) <77・75切口説>

☆ヤレナー 揃うたヨ(ドッコイ) 揃うたヨ(アーヨーヤサノヨイヨイ)

 品よくナー 揃うた(サマヨーヤナ)

 ヤレ 秋のナ(ドッコイ) 出穂よりゃ(アーヨーヤサノヨイヨイ)

 出穂よりゃノーヤレソ よく揃うた(アリャセーヨイ)

 ドッコイ(ヨーヤーセーノーヨー) ドッコイ(ヨーヤーセー)

 

盆踊り唄「二つ拍子(麦搗き)」(緒方町辻) <77・75切口説>

☆今宵さナー(ドッコイ) 踊りは(サーヨイヤサノヨーイヨイ)

 どなたもご苦労ナ(サマナー ヨイヤナー)

 ヤレー これにナー(ドッコイ) これじと(アーヨイヤサノヨーイヨイ)

 これじとこれにナー(サマナー ヨイヤナー) またおいで

 (サノセーヨイヤナー) ドッコイ(ヨイヨナー) ドッコイ(ヨイヨナー)

☆千秋万世 思うこた叶うた 末は鶴亀 鶴亀 末は 五葉の松

メモ:「二つ拍子」というのは踊り方からくる呼称であり、唄は「麦搗き」と全く同じである。

 

盆踊り唄「二つ拍子(麦搗き)」(緒方町馬場・原尻) <77・75切口説>

☆ヤレー 臼にゃナ(ドッコイ) アー麦を入れ(サーヨーヤサノヨーイヨイ)

 ぬかづくときにゃヨ(サマナー ヨイヤナー)

 ヤレー 五尺ノ(ドッコイ) アー体が(アーヨーヤサノヨーイヨイ)

 体がナーヤレナー(サマナー ヨイヤナー) 乱れゆく

 (サノセーノーヨー) ドッコイ(ヨーヤーセーノーヨー) ドッコイ(アーヨイヤセー)

メモ:盆踊りの最終に唄う。この地域では八百屋から初めて、風切り、猿丸太夫等を次々に踊り、輪を崩して団七を踊った後、再度輪を整えて八百屋を少し踊り、そのまま節を変えて二つ拍子に移行して終わりとなる。八百屋と二つ拍子は所作が一連のものなのでつなげて切り替えるのに容易である。踊り方自体は、二つ拍子の方がずっと易しい。

 

 

 

●●● さんさ節 ●●●

 

盆踊り唄「二つ拍子(ばんば踊り)」(三重町大白谷) <77・75切口説>

☆ソリャ崩れそうなノ 踊りゃ崩れそうなノ 踊りゃナー ヨーイヨーイ

 エー 踊りゃ崩れそうなノ 踊りゃ崩れそうな まだ夜は夜中ヨ

 明くりゃお寺の鐘が鳴る ハーリャンリャ ソレ コノコノヨ ササ ヨーイヨイ

☆七夕 空の七夕 空の 空の七夕

 空の七夕おいとしゅござる 川を隔てて恋なさる

☆万歳 千秋万歳 千秋 千秋万歳

 千秋万歳 思うこた叶うた 末は鶴亀 五葉の松

 

盆踊り唄「切り上げ」(犬飼町大寒) <77・75切口説>

☆くんずれそうなノ くんずれそうなノ 踊りゃエー エーくんずれそうなノ

 踊りゃくんずれそうな まだ茶はわかぬ 降り茶釜は割れ茶釜

 ハンレバリャ ヤーコノコノ サンサエー

☆引き寄せ 引き寄せ 硯ゅ引き寄せ

 硯ゅ引き寄せ墨する方は 恋の手紙をつらつらと

☆万世 万世 千秋万世

 千秋万世 思うこた叶うた 末は鶴亀 五葉の松

メモ:佐賀関以南の沿岸部に広く伝承されている「サンサ節」の類で、盆踊りの最終に唄われたので「切り上げ」と呼ばれた。くんずれそうな=崩れそうな …つまり、皆が踊りつかれたので踊りの輪が崩れそうな、の意味である。

 

盆踊り唄「切り上げ」(三重町菅尾) <77・75切口説>

☆ソレ崩れそうなノー オー崩れそうなノ

 踊りゃエイエーイ エイエーイ エー崩れそうなノ

 踊りゃ崩れそうなまだ茶は沸かぬ この茶釜は ソレ割れた茶釜ハレワヨ

 ソレヤレコノー オサオーサ ヨーイヨイ

☆万歳 万歳 千秋万歳 千秋万歳思うこた叶うた 末は鶴亀 五葉の松

 

盆踊り唄「ばんば踊り」(緒方町) <77・75切口説>

☆アリャ七夕ノ アソリャ七夕ノ 空のナー ヨイヨイ エー空の七夕は

 空の七夕はお愛しゅござるナー 川を隔てて恋なさる ハーリャンリャー

☆万世 万世 千秋 千秋万世

 千秋万世 願うこた叶うた 末は鶴亀 五葉の松

メモ:上記「切り上げ」と同様、唄い出しがひっくり返っている。つまり、2節目ならば、アリャ万世ノ アソリャ万世ノ 千秋ナー、と唄い始めるのである。これも盆踊りの最終に唄うもの。

 

盆踊り唄「二つ拍子」(三重町芦刈) <77・75切口説>

☆星さよノー 星さよノー 空のエーイエーイ(エーイエーイ) エー星さよノー

 空のエーイエーイ(エーイエーイ) エ星さよノー

 (空の星さよお歩きなさる 様の夜遊び無理はない

 ハーレワリャー ハーコノコノサンサ エーイエーイ)

☆そん切り様じゃ 竹のそん切り様じゃ

 (竹のそん切り様で溜まりし水は 澄まず濁らず出ず入らず)

☆千秋万世 千秋 千秋万世

 (千秋万世 思うこた叶うた 末は鶴亀 五葉の松)