盆踊り唄「ばんば踊り」(日田市財津町) <77・77段物>
☆聞けばお宅はお初の盆と(ハヨイヨイ)
 財津若い衆 年寄り子供(ソリャヨーイヨーイヨイヤナ
 アレワイサッサノ コレワイサ ヨーイトナ)
☆みんな揃うて踊りに来たが うちにござるかご主人様よ
メモ:伊勢音頭の転用であり、周辺地域では一般に千本搗きと呼ばれている。盆踊りの最初に踊るものである。

盆踊り唄「マッカセ」(日田市羽田) <77・77段物>
☆国をナー 退き夫婦の願い(マッカセマカセ) 神や仏に
 (ヨイショヨイショ) 心願かけて(コラマーヨイショ)
 心願かけて(トハレハレ ソレガナイショナイショ)
☆授けたまえやあの国次の 刀商売 研屋の店は 研屋の店は
メモ:宇佐地方のマッカセが、玖珠を経て日田にまで伝わっている。

 

盆踊り唄「マッカセ」(天瀬町五馬市) <77段物>

☆(ソレマッカセマカセ) 国は播州(ヨイショヨイショ)

 姫路の御城下 コラ 姫路の御城下

☆昼の賑わい草野もしゅげる 草野もしゅげる

メモ:上の句の節と末尾の「トハレハレ、ソレガナイショナイショ」の囃子が欠落し、

 その間の部分を繰り返すというずいぶん簡略化した唄い方をしている。

 これはこれで違和感なく節をつなぐことができている。


盆踊り唄「マッカセ」(天瀬町高塚) <77・77段物>
☆国をヨー 立ち退き夫婦の願い(アーマッカセマッカセマッカセ)
 神や仏に(ヨイショヨイショ) 心願かけて コラサノ
 神や仏に心願かけて(ヤットハレハレ 誰じゃナイショナイショ)
メモ:高塚のマッカセは、玖珠のマッカセとよく似ている。最初のうちは「マッカセマカセ」と囃すのだが、興が乗ってくると「マッカセマッカセマッカセ」と早間で囃すようだ。踊り方が易しいし、唄の節もなかなかおもしろいので人気が高いらしく、踊り手も多い。

盆踊り唄「思案橋」(上津江村上野田) <77・75切口説>
☆思案橋から酒屋が見ゆる ヤー寄ろか まことに寄ろかナ 戻ろか思案橋
☆千丈小橋で出逢うた言うたが どこが まことにどこが 千丈の小橋やら
メモ:同様の唄が昔は山国町などでも唄われていた。

盆踊り唄「思案橋」(前津江村大野) <77・75切口説>
☆思案橋から酒屋が見ゆる アラヤーハンハー
 寄ろか どうでも寄ろかナ アラ 戻ろか思案橋
☆思案しかえてもま一度来ぬか 鳥も どうでも鳥も 古巣に二度戻る

盆踊り唄「思案橋」(日田市殿町) <77・75切口説>
☆思案橋ゅ越えて(ヤー来るは ヤレ来るはナー アラ誰ゆえしょうさまゆえ)
 誰ゆえ来るは(ヤー来るは ヤレ来るはナー アラ誰ゆえしょうさまゆえ)
☆いつも七月盆ならよかろ(踊る 踊る ふりして様に逢う)
 ふりして踊る(踊る 踊る ふりして様に逢う)

盆踊り唄「思案橋」(日田市夜明) <77・75切口説>
☆行こか戻ろか思案橋越えて オイ ミヤー来るはヤレ
 来るはナー アラ誰ゆえ アラ精霊さゆえ
☆さても見事な上野のつつじ 枝の 枝の 豆田に葉は隈に

盆踊り唄「三勝」(天瀬町五馬市、大山町小切畑) <77段物>
☆先に借りたる小坪を返そ(ソレヤーンセレセレ ヤンセレサ)
☆東ゃ横雲もう夜が明ける
メモ:山国町や耶馬溪町の三勝と同様の唄で、大野郡一円に広く残っている三勝とは趣をいささか異にしている。

盆踊り唄「団七踊り(六調子)」(天瀬町高塚) <77段物>
☆姉の宮城野 妹の信夫(アー妹の信夫)
☆中を行くのが志賀団七よ(アーソレサーソレサー ヤンソレサ)
メモ:奇数節も偶数節も節回しは同じで、玖珠町北山田の六調子によく似ている。奇数節では囃子で下の句を返すのに大して、偶数節ではソレサーソレサー…と囃すのがおもしろい。高塚の六調子は団七踊りで、竹の棒を持って三人一組で前後と打ち合わせながら勇ましく踊る。ここの団七踊りはなかなか手が込んでおり、北山田の団七踊り(六調子)よりも手数が多い。唄の節は単調だが、見ているだけでも飽きないおもしろい踊りだ。

 

盆踊り唄「団七踊り(六調子)」(日田市財津町) <77段物>

☆やろなやりましょな踊りをやろな(ヤンソレササノ ヤンソレサ)

☆今も流行の団七踊り

 

盆踊り唄「団七踊り(六調子)」(天瀬町女子畑) <77段物>
☆姉が宮城野 十三歳で(ソレサーソレサー ヤンソレサ)
☆妹信夫がまだ九つよ

盆踊り唄「団七踊り(六調子)」(大山町鎌手) <77段物>
☆国は奥州 白石城下(セレサーセレサー ヤンセレサ)
☆音に名高き仙台の城

 

盆踊り唄「団七踊り(六調子)」(前津江村大野) <77段物>

☆国は奥州 白石の国(ヤンソレサッサ ヤンソレサ)

☆頃は寛永三年の頃

 

盆踊り唄「団七踊り(六調子)」(日田市下河内) <77・77段物>

☆頃は寛永十四年どし(ヤンソレヤンソレ ヤンソレサ)

 父の仇を娘が討つは(ヤンソレヤンソレ ヨイサノヤンソレサ)

☆いとも稀にて世に珍しき それをどこよと尋ねて聞けば

メモ:おそらく耶馬溪地方から玖珠・日田地方にかけて広く唄われる六調子の類の唄と思われるが、節回しの変化が著しい。特に上の句の頭3字を引っ張るところや、下の句の囃子がずいぶん風変りである。踊りは団七踊りだが近隣の団七踊りに比べるとテンポが速く、とても忙しい踊り方である。阿蘇方面において早間の団七が伝承されているが、あれと同じくらいに速い。踊りを間違えると前後の人の頭を叩いてしまいそうだ。

 

盆踊り唄「六調子」(日田市羽田、前津江村大野) <77段物>
☆ここに憐れな巡礼口説(ヤンソレサッサノ ヤンソレサ)
☆国はどこよと尋ねてきけば

 

盆踊り唄「ヨーヨーセ」(前津江村大野) <77段物>

☆国は九州さて肥後の国(ハヨーヨーセー ヨーヨーセ)

☆肥後の熊本諸大名さまが

 

盆踊り唄「六調子」(大山町西大山) <77・77段物>
☆愛嬌よければ コラみなさん方に(ヤートショイショイ ヤートショイ)
 我も我もと名指して上がる(トコエイソリャ ヤートコセ セノヨーイヤナ
 ソリャ アンゲナショイショイ コンゲナショイ ヤートコセー)
☆わけでお客はどなたと訊けば 春は花咲く青山辺の
メモ:伊勢音頭の転用。

盆踊り唄「六調子」(天瀬町五馬市) <77・77段物>
☆夜はなおまた コラ城下の煙(アーヤートサイサイ ヤートサイ)
 井戸の中よりお菊やんの姿(トコエーイソーラ ヤートーコー)ソコ
 (セノヨーイヤナ アレモサイサイ コレモサイ)ソコ (ヤートコセー)
☆皿をも一度 読ませてたもう 一つ二つとはや読みたてりゃ
メモ:伊勢音頭の転用。

盆踊り唄「六調子」(天瀬町馬原・高塚) <77・77段物>
☆国は(ハイハイ) 筑前遠賀の国よ(ヤートサイサイ ヤートサイ)
 あしや浜の浦 太郎兵衛殿よ(サマエーイソーリャ ヤートコセ)ソコ
 (セッセノヨーイヤナー アーレモサイサイ コーレモサイ)ソコ (ヤートコセ)
☆総領息子に亀松殿よ それが妹に おしよと言うて
メモ:円心向きで、その場足を浮かせながらその場で手拍子を6回打って、ナンバで左に左にずれていくというごく簡単な踊り方。伊勢音頭の転用で、山国町等の千本搗きとよく似た節回しだがこちらの方がテンポが速い。

盆踊り唄「六調子」(日田市財津町) <77段物>
☆国は柳川 吉野の町よ(ハヨーヤセ ヨヤセ)
☆お吉殿にて米屋がござる
メモ:こちらは伊勢音頭とは関係がなく、耶馬溪地方の六調子と同じ唄。

盆踊り唄「四つ拍子」(天瀬町五馬市) <77段物>
☆国は天竺 魔法の国よ(ヤーレショ セレショ)
☆国の始まりゃ十三代目

盆踊り唄「三つ拍子」(日田市羽田) <77・77段物>
☆花のお江戸のそのかたわらで(コラショイ)
 聞くも珍し心中話(オイソレナー ソレナー)
☆ところ四谷の新宿町よ 紺の桔梗に桔梗の紋は
メモ:耶馬溪地方から入って来たと思われる。

盆踊り唄「二つ拍子」(日田市財津町) <77・77段物>
☆みんな何方も願いがござる ここの亭主がお茶出すそうな
 (ヤンソレナー ヤンソレナ)
☆お茶を飲まれよ煙草も吸われ あとは宜しくお願いします

盆踊り唄「二つ拍子」(日田市羽田) <77・77・77・77段物>
☆四国讃岐の屋島が沖で(コラショイ) 源氏平家の御戦いで
 (ソレナーソレナー) 父の義朝うち滅ぼされ(コラショイ)
 それを牛若無念に思い(サマヨイソレナー ドッコイサノサー)
☆無念一途は鞍馬に上り 鞍馬上るとお師匠の前で
 やっとう剣術 柔の前で 教えて下されお師匠様よ

盆踊り唄「一つ拍子」(日田市羽田) <77・77段物>
☆何か一つは国づけしましょ ここで語るは盂蘭盆経よ 
 (ハヨイトナ コラサノサ)
☆供養踊りの謂れを聞けば 謂れ謂れを聞きたまわれば

盆踊り唄「千本搗き」(日田市羽田) <77・75切口説>
☆わしとナー あなたは硯の墨よ(アレワイセー コレワイセー)
 すればナー するほど ヤンサ濃ゆくなる(庭の下り藤ゃ朝まじゃもたぬ
 アレワイセー コレワイセー セノヨーイトナー)
☆咲いた桜になぜ駒つなぐ 駒が勇めば花が散る
メモ:伊勢音頭の転用。本来、ヤットコセーノヨーイヤナ…と囃したのを唄囃子にして、庭の下がり藤…などの文句を当てはめたものである。

盆踊り唄「千本搗き」(天瀬町馬原) <77・77段物>
☆東西南北おごめんなされ(ソレジャーソレジャー) 家にござるかご主人様よ
 (お月ゃ西々 お日様東 ソコ アリャリャー コリャリャ ホイ ヨーイトナー)
☆家にござれば願いがござる 風の便りに噂を聞けば いつも出てくる淀川清水
メモ:伊勢音頭の転用で、最初に踊る。これも、ヤットコセー…を唄囃子にして、お月ゃ西々…と囃したもの。

盆踊り唄「千本搗き」(天瀬町高塚) <77・77段物>
☆東西南北おごめんなされ(サマソーレージャー ソーレージャー)
 聞けばおうちじゃ初盆そうな(お月ゃ西々 お日様東 アリャリャー コリャリャー)
 ソコ(ヨーイトナー)
メモ:伊勢音頭の転用だが、同じく伊勢音頭を転用した同地域の「六調子」に比べるとかなりテンポが遅く、山国町や玖珠町の「千本搗き」とはいささか趣が異なる。手拍子を打って両手ですくいながら輪の中に入ったり出たりする踊り方で、易しいが手が込んでいる。耶馬溪地方では千本搗きを盆踊りの最初と最後に踊るのに対して、高塚では最初にのみ踊っている。

盆踊り唄「曲てんまわし」(日田市羽田) <77・77・77段物>
☆あまた女郎衆のいるその中で お職女郎の白糸こそは
(ソコタナ ソコタナ) 年は十八きれいなお方(トコセー トコセー)
☆愛嬌よければ皆人さんが 我も我もと名指しで上る わけてお客を何方と聞けば
メモ:耶馬溪地方に「キョクデンマル」という踊りが残っているが、それとの関連は不明である。

盆踊り唄「米搗き」(日田市羽田) <77段物>
☆国の始まりゃ大和の国よネー(ヨーイヨーイ ヨヤセノセッセー)
☆島の始まりゃ淡路が島よ
メモ:米搗きの作業唄の転用と思われるが、近隣町村の盆踊りで唄われている「米搗き」とは別の唄である。

 

盆踊り唄「ヨイトナ」(日田市殿町) <77・77段物>
☆国は山陰その名も高き(アヨイヨイ) 武家の家老に一人のせがれ
 (ソリャ ヨイヨイヨイトナー アレワイサ コレワイサ ヨイトナ)
☆平井権八直則こそは 犬の喧嘩が遺恨となりて
メモ:伊勢音頭の転用で、囃子言葉からヨイトナと呼んだもの。

盆踊り唄「ヨイトナ」(天瀬町五馬市) <77段物>
☆東西 ホホ南北 コラサおごめんなされ(ソレナーソレナー ヨイトナ)
☆私ゃ津江の山 お茶売り帰り
メモ:こちらは伊勢音頭とは関係ない。

盆踊り唄「ヨイトナ」(大山町西大山、天瀬町高塚) <77・77段物>
☆国の始めは大和の国よ コラサ 島の始まりゃ淡路が島よ
 (サマ ヨイトーナー ヨイトーナー)
☆踊り始めは目連尊者 国は豊後の日田郡くずれ
メモ:唄も踊りも小屋起こしに似ているが、こちらの方がテンポがのろい。高塚のものは手拍子ばかりで、手数は多いがごく易しい踊り方。

盆踊り唄「ショーガエ」(日田市殿町) <77・75切口説>
☆ショーガエ婆さん(焼き餅焼きよ よんべ九つ け アラ 今朝七つ
 サンショノ ショーガエ ヨーイ今朝七つ よんべ九つ け
 アラ 今朝七つ サンショノ ショーガエ)
☆上りゃ英彦山(下れば中津 ここが思案の あ 朝日橋
 朝日橋 ここが思案の あ 朝日橋)
メモ:座興唄の類の転用と思われる。

盆踊り唄「竹田踊り」(日田市殿町) <77・75切口説>
☆唄は唄いたし(唄の数ゃ知らぬ 大根畑の アナンデモ くれがえし
 アソリャ くれがえし さりとはくれがえし)
☆大根畑も(二度まじゃよいが 三度かやせばくどござる くどござる さりとはくどござる)
メモ:この文句は、適当な7・7・7・5の文句が思いつかないときに場をもたせるためのものである。竹田地方に同様の唄は見当たらない。

盆踊り唄「小屋起こし」(日田市羽田) <77・77段物>
☆兄の コラショイ 春徳 弟の梅次(アヤートサイサイ ヤートサイ)
 弟梅次は直子んなれど(トエーイソーレヤットコセ オイセッセノ
 ヨーイヤナ アレモセー コレモセッセノ ヨーイトナー)
☆兄の春徳は継子でござる そこで婆様 邪険でござる
メモ:伊勢音頭の転用であり、下記の小屋起こしとは別の曲。

盆踊り唄「小屋起こし」(前津江村大野) <77・77段物>
☆花のお江戸のその中はらに さても珍し話がござる
 (ヨートサイサイ コラマカサイ)
☆紺の暖簾に桔梗のご紋 音に聞こえし橋本屋とて
メモ:同様の唄が玖珠郡に広く残っている。

盆踊り唄「ばんば踊り(小屋起こし)」(大山町西大山) <77・77段物>
☆東西東西おごめんなされ(コラショイ)
 私ゃこの奥二三里四五里(アラヨイサガコラサデ ヤレサデサ)
☆ずっと田舎のお茶売り戻り 聞けばこちらはご主人様の
 (アラ夜這どが背戸やを ガッサガサ)
☆お果てなされし初盆そうな お茶もたばこもいらざる故に
 (アラ夜から来なされ 抱いて寝ろ)
☆今宵一夜の坪貸しなされ 坪を貸すなら床貸しなされ
 (アラヨイサノコラサノ ヨイサノサ)
メモ:唄囃子(夜這いどが背戸やを…など)が興味深い。

盆踊り唄「小屋起こし」(天瀬町高塚) <77・77段物>
☆花の追えどのそのかたわらに さても珍し心中話
 (ソラ ヨーヤ サノサーノ ヨヤーサーノサ)
メモ:玖珠地方の小屋起こしよりもずっとテンポがのろい。高塚の小屋起こしは踊り方が変わっていて、途中、手拍子を打ちながら歩く部分があるが、奇数節では前に進み、偶数節では後ろにさがる。よく気をつけておかないと、前後を間違えたら後ろの人にぶつかり易い。ごく易しい踊り方だが、とてもおもしろい。

盆踊り唄「祭文」(日田市財津町) <77・77段物>
☆皆ナーサー コリャどなたも 踊りをやろかホホンホー
 (ヨイトサッサト) 今のナーサー コリャはやりの目連尊者
 (サノエー サノエー ヤトヤンソレサー ヨイショヨイショ)
☆国は天竺 中天竺よ 昔いにしえ お釈迦の御代に
メモ:耶馬溪地方の祭文に類似している。

 

盆踊り唄「祭文」(日田市羽田) <77・75切口説>

☆安芸ノ宮島 まわれば七里 コラサノサ 浦はナー 七浦 ヤンサ七恵比寿

 (ソリガエー ソリガエー ヤートヤンソレー サマノヨイショヨイショ)


盆踊り唄「祭文」(大山町東大山) <77・77段物>
☆国は日向の 佐田原町にホホンホー(アヨイショヨイショ)
 喜兵衛殿とて ご上人ござる
 (ソレナヤ ソレナヤ アットヤンソレサ アヨイショヨイショ)
☆それがいにしえ栄ゆる時分 表御門をひそかに開き

盆踊り唄「祭文」(大山町西大山) <77・77段物>
☆ここに哀れな 巡礼口説コラサノサ(アヨイショヨイショ)
 国はどこよと 尋ねたならば
 (ソリャネー ソリャネー ヤットヤンソレサ ヨイショヨイショ)
☆阿波の鳴門の徳島町よ 主人忠義な侍なるが
メモ:~ネー、~ネーと喋るのは、日田方言の特徴の一つ。囃子にもそれが現れている。

盆踊り唄「祭文」(天瀬町女子畑) <77・77段物>
☆扇めでたや 末広がりよコラサノサ(ヨイショヨイショ)
 ここに語るは 公卿大納言
 (ソレナヤ ソレナヤ ヤットヤンソレサ ヨイショヨイショ)
☆一人娘の玉鶴姫は 美人に生まれて添う人がない

盆踊り唄「祭文」(天瀬町馬原) <77・77段物>
☆国は日向の 佐田原町よコラサノサ (ハヨイショヨイショ)
 喜平さんとて 慈悲人ござる
 (ソロエー ソロエー アトヤンソレサ ヨイショヨイショ)
☆慈悲を願えば不思議がござる 頃は九月の二十日の庭で

盆踊り唄「祭文」(天瀬町高塚) <77・77段物>
☆今度踊りましょ祭文踊りコラサノサ (ハヨイショヨイショ)
 しばし間は祭文やろな
 (ソーレガドシタ ソーレガドシタ ヤットヤンーソレサ ヨイショヨイショ)
メモ:節回しは玖珠町北山田の祭文によく似ているが、こちらははずんだリズムで唄われ、テンポもやや速い。ずっと円心を向いたまま踊るが、左右に素早くうちわを回しながら輪の中に進んで、手拍子をうちながら後ろにさがり、その繰り返しで少しずつ左にずれていくというかわった踊り方。

盆踊り唄(上津江村川原) <77・75切口説>
☆盆よ盆よと盆まじゃ待とが イヤー 盆がソーライ 盆がナー
 すれたら何ゅ待とか 盆がコリャ 盆がイヤー 盆がソーライ 盆がナー
☆すだれ柳に糸よりかけて よれつ よれつ
 よれつもつれつ面白や よれつ よれつ よれつ よれつ
メモ:県内に同類の盆踊り唄が見当たらない。県境の村なので、他県より流入した唄か。

盆踊り唄「トコセーヨイヨイ」(日田市羽田) <77段物>
☆ここに哀れな巡礼口説き (トコセーヨイヨイ)
☆国はどこよとたずねて聞けば (トコセーヨイヨイ)

盆踊り唄「鯖ん寿司」(天瀬町高塚) <77・75切口説>
☆押そな押しましょうな 鯖ん寿司押そなヨ(ヤットコセー ヨーイヨイ)
 しばし間は アレワイサノ 鯖ん寿司押そなヨ(トコヤンサガコイナラ オヤスノコイコイ)
メモ:この踊りは玖珠町北山田から入ってきたと思われる。唄の節は北山田のものとほぼ同じだが、踊り方はやや異なり、北山田では2回寿司を押すのに対して高塚では3回寿司を押す。易しく、のんびりとした踊り方なので人気が高いようだ。