寝させ唄(九重町舟ヶ迫金山)

☆おウメの父さんどこ行った かんろの山に金掘りに 金が出るやら出でぬやら

 一年経ってもまだ見えぬ 二年経ってもまだ見えぬ 三年たったら状が来た

 状の上書き読んでみりゃ おウメにゃ来いとの状じゃもの おウメを遣ること易けれど

 着せてやるものないほどに 下には白無垢 白小袖 上にはお稚児のお帷子

 これだけ仕立ててやるほどに 後に帰ろと思やるな 先には蓮華の花が散る

 後にはしぐれの雨が降る ほら ねんねこよ ねんねこよ

メモ:同様の唄が耶馬溪地方にも伝わっている。

 

寝させ唄(九重町菅原)

☆坊やはよい子だねんねしな 坊やのねえやはどこへ行った あの山越えて里へ行った

 里の土産に何貰うた あぶをついてさないて べべの子にうせて

 坂をのんぼり追い上げた 坂をくんだり追い払い ねんねんころりよ ねんねしな

 ねえやの行き場はどこにある ねえやのお土産 何貰うた

 でんでん太鼓に笙の笛 お鈴もお前にあげまする ねんねんころりよ ねんねしな

 ばあやと一緒に休みましょう

☆この子が七つになったなら 上のお寺に参らせて 法華経なんどを習わせて

 かたやまくどいて堂建てて 堂のめぐりに杉植えて 杉のみどりに鳴く鳥は

 雁かすいしょか鵜の鳥か 開いてみたり ごしょの鳥

 

手まり唄(九重町後野上)

☆ひいふう三つの鶯が 小野小町の二の枝に 薄くわえて巣をつくり

 十二の卵を生み揃え 孵して育てて立つときは 金の銚子に酒入れて

 夕べ貰うた初嫁御 今朝は納戸に座らして 金襴つむぎを縫わせたら

 しっくりしっくり泣きなさる 何で悲しうて泣きなさる 衿とおくみをつけきらぬ

 針は針屋のくされ針 糸は糸屋のちぎれ糸 これで一体背負わせた

 

手まり唄(玖珠町北山田)

☆ひいふう三つ 鶯が 梅の小枝に二の枝に 薄くらえて巣をつくり

 十二の卵を生み揃え 生んで揃えて立つときにゃ 金の銚子 七銚子

 よんべこそ貰うた花嫁御 今朝こそ納戸に座らせて つむぎの小袖を縫わせたら

 何かしくしく泣きやるが 何が悲しうてお泣きゃるが 襟とおくみをつけきらん

 私の弟の千代松が まだ七つにならんとき お馬の上から飛び降りた

 飛び降りた これで一回かろわせた

 

手まり唄「数え唄」(九重町)

☆一つとせ 一つはお伊勢の大神楽 神楽に舞い立つおウメさん ササ おウメさん

☆二つとせ 二見が浦で綱を引く 綱を引くよりゃ袖を引け 袖を引け

☆三つとせ 三日月様は雲の上 おウメさんとモリエさんは雲のかげ 雲のかげ

☆四つとせ よその殿さん馬に乗る おウメさんとモリエさんは駕籠に乗る 駕籠に乗る

☆五つとせ いつ行って見ても今見ても 同じかんざし挿している 挿している

☆六つとせ 無間地獄に落つるときゃ おウメさんとモリエさんは二人連れ 二人連れ

☆七つとせ 七つ何事ないように 村の鎮守にお参りに お参りに

☆八つとせ やまたの鏡は昔より 国の宝とあがめられ あがめられ

☆九つとせ 孝行息子の金次郎 薪を背負うて勉強する 勉強する

☆十とせ とうとう鞠つき済みました 皆で仲良く遊びましょ 遊びましょ

 

手まり唄(玖珠町北山田)

☆今日は少々 明日は大々 大事大事なお手まり様を

 お紙に包んで紙縒りで締めて 締めたところにイロハと書いて

 ありゃ誰渡そか こりゃ誰渡そか 向こう向こうのおん手ん下より

 ○○さんにお渡し申すえ

☆はいはい私が受け取りました ぼんさんぼんさんお前の屋敷にゃ

 梅が三本 桜が三本 合わせて六本 から梅から竹

 からすが三羽で○○さんに渡した

 

手まり唄(九重町後野上)

☆大黒様は この国の人でなし 唐から日本に渡るとき

 一に俵を踏ん張って 二でにっこり笑って 三で酒をつくって

 四つで世の中よいように 五つで出雲のごとくなる 六つで無病息災で

 七つで何事ないように 八つで屋敷を広めて 九つここで家造り

 十でとうとうおさめた これでいったいおおわせた

 

手まり唄(玖珠町北山田)

☆お城のさん おん侍しが いっちょごでお駕籠でいっちょさまどん 差したかどん

 忍ぶかどん どんと流行るはどろ神様か ここは信夫の境のどん

 おん吉原の吉三さん 駒三さん とぼけて流行るは音八さん

 白木屋のお駒さん さえださん 煙草の煙が丈八さん

 

お手玉唄(玖珠町北山田)

☆私の心とあなたの心と 合うか合わぬか合わせてみましょ

 合えば吉野の千本桜 合わにゃ高野の石堂丸 まず一回合いました

 

お手玉唄(玖珠町北山田)

☆あの山の 花摘み女郎が十七八の花嫁ざかり あっちから頼み

 こっちから頼み 頼みの帯が十三やすじ 一筋抜いて頭のすずめ

 こうやのお木戸でキリショが鳴いた どういうて鳴いたかこういうて鳴いた

 一つでは乳を飲みはじめ 二つで乳の首離れた 三つでは付紐とき初め

 四つでこの筆とり初め 五つでは糸をとり初め 六つでコロハタ織り初め

 七つではひおくだ巻き初め 八つで金襴緞子を折り初め

 九つでここに読め入り  そこに嫁入り 十でとっくり収まった

 

人当て鬼の唄(玖珠町北山田)

☆中の中の弘法大師 なぜ背が低い 運動せんから低い

 このかんかん坊主 くそ坊主 お前の後ろに誰がおる

 

人当て鬼の唄(玖珠町北山田)

☆坊さん坊さん どこ行くの 私は田んぼに稲刈りに 私も一緒に連れしゃんせ

 お前が来ると邪魔になる このかんかん坊主 くそ坊主 お前の後ろに誰がおる

 

鬼決めの唄(玖珠町北山田)

☆びんびん九つ ろっぽう牢屋のかなしずくに 問うてみたら 油ひけ蝋ひけ そのいび

 ぴんとひき燃えたらぱっちりしょ

 

羽根突き唄(玖珠町)

☆おんしろしろしろ 城木屋のお駒さん 才三さんで 浅間の煙で

 一や 二 三や 四 五の 六 七の 八 九が 十よりゃ

 一や 二 三や 四 五の 六 七の 八 九が 二十よりゃ

 一や 二 三や 四 五や 六 七の 八 九が 三十よりゃ