祝い唄「めでたいこと」(九重町)
☆めでたいことを祝うなら 鶴は千年亀万年 とうぼうさんは八千年
 浦島太郎は九千年 土と人形は変わらせん

座興唄「御所の庭」(九重町)
☆御所のお庭にサッサ 右近の橘 左近の桜 トッチリチリチリ
☆雪がちらちら 子供は喜ぶ大人はかじける 犬めは飛んで出る
☆渡辺の綱の 兜をひっつかまえて舞い上がる 太刀引き抜いて腕を切る
メモ:端唄「御所のお庭」が変化したものである。

 

座興唄「御所のお庭」(玖珠町)
☆御所のお庭にサッサ 右近の橘左近の桜 サーサ吹く吹くダーラダラ
☆右大臣左大臣 緋の袴を穿いた官女たち
☆雪はちらちら 子供は喜ぶ大人はかじける 犬の目は飛び散る
☆雪を集めて 箒でもって掃くやら 屋根の雪は竿でさす
☆渡辺の綱の 兜をとっつかまえて舞い上がる 太刀引き抜いて腕切る
メモ:端唄「御所のお庭」が変化したものである。

座興唄「高い山」(玖珠町)
☆高い山から谷底見ればノー 瓜や茄子の花盛り 花盛りドンドン
☆高い山から田の中見れば 見れば稲穂が垂れ頭 垂れ頭
メモ:同種の座興唄は全国的に伝承されていた。佐伯の堅田踊りでも唄われている。

座興唄「どっこいせ節」(玖珠町)
☆どっこいせどっこいせは田舎の角力よ こけつまろびつ
 またもどっこいせ どっこいせのアラよかろ サノサッサ
メモ:これも全国的に流行した唄である。県内では、佐伯市木立や上津江村などに伝承されている。

座興唄「ぼんさん忍ぶ」(玖珠町)
☆ぼんさん忍ぶにゃ闇がよい 月夜には 頭がぶうらりしゃあらりと
 コチャ 頭がぶうらりしゃあらりと コチャヤレ コチャヤレ
☆ぼんさん袂から文が出た 文じゃない 書物の切れじゃと言い募る
 書物の切れじゃと言い募る
☆お前さん知らずに戸を叩く お愛しや 軒端の露に打たれたろ
 軒端の露に打たれたろ
☆コチャヤレ節は流行らねど 今ここで 流行るは博多の紺絣
 流行るは博多の紺絣
メモ:端唄「コチャエ節(お江戸日本橋)」と同一で、堅田踊りでも唄われている。

座興唄「鯉の滝登り」(玖珠町)
☆鯉の滝登りゃサッサヤレ 何と言うて登る
 ショボラショボラと言うて登る サッサヤーレと言うて登る
☆小石小川の鵜の鳥見やれ 鮎をくわえて瀬を登る 鮎をくわえて瀬を登る
☆鮎は瀬に棲む鳥ゃ木にとまる 人は情けの下に住む 人は情けの下に住む

座興唄「そよそよ風」(玖珠町、九重町)
☆そよそよ風に誘われて 裾もちらほら舞い上がる
 ヨイヨイヨイヨイヨイヤーサー
☆そら舞いまする舞いまする 空を燕が舞いまする
☆そら行きまする行きまする 梁を鼠が行きまする
☆嫌でも応でもせにゃならぬ まくり落しの屋根替を
☆長いもあれば短いもある お侍の腰の物

座興唄「どんたく」(玖珠町森)
☆豊後森駅ぜひ降りて 末広神社に参らんせ
 咲いた桜の花のよに 開運しますぞ孫子まで
☆豊後森駅ぜひ降りて 清水瀑園遊ばんせ
 三十有余の水晶簾 暑さ知らずの楽天地
☆豊後森駅ぜひ降りて 深耶馬渓に行きやんせ
 春は石楠花夏河鹿 秋は紅葉の唐錦
☆豊後森駅ぜひ降りて 陸軍演習地に上らんせ
 歩騎砲工飛行隊 実弾演習の勇ましさ
メモ:端唄「ボンチ可愛や(博多どんたく)」の替唄。

 

座興唄「越中立山」(九重町)
☆越中立山 富士の山 祇園 お客を松山 姿見交わす鏡山
☆猫じゃ猫じゃとおっしゃいますが 猫が
 杖ついて下駄はいて絞りの浴衣で来るものか
メモ:端唄「猫じゃ猫じゃ」と同様の唄である。

座興唄「浅くとも」(玖珠町)
☆のどかさよ 霞をこめて八重一重 朧月夜に杖を引く
 ほんにゆかしい花の下 春の眺めは三島様
☆鶯が 浮世離れし山郷に 香り慕うて飛び来たり
 ホーホケキョーのいじらしさ 谷の河内の梅の花
☆朝霧が 谷の岩間に立ち込めて 紅葉常葉木一様に
 かかる景色を旅人に 見せて欲しいは清水瀑
☆寒空に 雪はチラチラ降りそめて 見渡す限りの銀世界
 中に眼を引く薄化粧 綿帽子姿の女櫛山
メモ:端唄「浅くとも」の替唄。

座興唄「縁かいな」(玖珠町)
☆春の花見は末広山よ お山登れば三島様
 桜の馬場や清水門 御茶屋が取り持つ縁かいな
☆夏の涼みは内帆足の 大瀑小瀑で瀑の園
 流れて清き広瀬川 鯉が取り持つ縁かいな
☆秋の紅葉は深耶馬渓よ 好いた同士が相乗りで
 清き渓川河鹿鳴く 自動車が取り持つ縁かいな
☆冬の寒さを栖鳳楼で 巌扇山の雪見酒
 乙な二上がり三下がり 雪が取り持つ縁かいな
メモ:端唄「縁かいな」の替唄。

祝い唄「松づくし」(玖珠町)
☆こっちの座敷は祝いの座敷 唄え大黒囃せや恵比須
 一本目には池の松 二本目には庭の松 三本目には下がり松
 四本目には滋賀の松 五本目には五葉の松 六つ昔は高砂の
 尾上の松に曽根の松 七本目には姫小松 八本目には浜の松
 九つ小松を植え並べ 十で豊津の伊勢の松 この松は祝いの松とて
 情け有馬の松ヶ枝に 口説けば靡く相生の松 またいついつの約束は
 日を待つ 時待つ 暮れを待つ 伝授の松に願いを込めて
 福大黒はめでたいな おめでとうございます
メモ:端唄「松づくし」が玖珠に根付いたもの。

祝い唄「鶴と亀」(玖珠町)
☆こっちの座敷は祝いの座敷 裏に回れば池がある 表を望めば
 ひぐらし御門に五葉の松 一の枝には金がなる 二の枝には札がなる
 三の枝には大判小判がなり下がる 裏のお池の縁には
 上から鶴が舞い降りる 池から亀が這い上がる 鶴と亀との酒盛りで
 鶴が飲んでは亀に差し 亀が飲んでは鶴に差し 鶴と亀との酒盛りで
 ヤンサコラコラめでたいな おめでとうございます

祝い唄「ヨイヤナ」(玖珠町森)
☆蝶よ花よと育てた娘 今宵あなたへお渡しします
 末はよろしく頼みます ヨイヤナー
☆愛し可愛いと育てた娘 今宵こちらにお貰いします
 大事というは出来ねども 家庭円満末永く ヨイヤナー
☆まれなお客に何がなご馳走 師走筍冬なる茄子
 天の川原の鯉と鮒 ヨイヤナー

 

祝い唄「ヨイヤナ」(九重町桐木)
☆祝いめでたの若松様よ 枝もイナ 栄えりゃ ヨイヤ葉も茂る
 何かのお末に続きましょう ヨイヤナー
☆これの小坪に小鳥が一羽 何をイナ ほけるかと立ち寄り見れば
 お家繁盛とほけります ヨイヤナー
☆これの座敷は祝いの座敷 弥陀の本願ご先祖様が
 極楽浄土へ参ります ヨイヤナー

祝い唄「都路節」(九重町桐木)
☆一つ一間に行てみれば 二親さまのお喜び 三つ見事にできました
 四つ嫁さんのご器量は 牡丹・芍薬・百合の花 五つ出雲の神様の
 結び合わせた縁じゃもの 七つ何事あるとても 八つやわらかに当たらんせ
 九つこれまで来たほどに とかく御縁と思やんせ ヨイヤナー
メモ:玖珠地方では、字余りのヨイヤナ節のことを特に「都路節」と呼んでいる。

祝い唄「都路節」(玖珠町森)
☆花嫁さまよ嫁さまよ 嫁となりたるその日から 殿御を大事に一筋に
 手取り足取り機嫌取る そうすりゃ殿御もお喜び 自ずと心が和みます
 とかくこの世は義理でもつ ヨイヤナー
☆一つ一間に行ってみれば 二人の親御さまお喜び
 三つ見事にできました 四つ嫁さんのご器量は 牡丹芍薬百合の花
 五つ出雲の神様の お引き合わせの縁なれば 六つ婿になる人は
 七つ何事あるとても 八つ柔らかにあたりゃんせ
 九つこれまで来たほどに 深いご縁と思わんせ ヨイヤナー
☆京の糸屋に娘やり 奥州組より貰われて 嫁入り支度せにゃならぬ
 嫁入り支度するからにゃ 金襴緞子が七箪笥 尺長帯が十二すじ
 これほど仕立ててやるほどに 去られて戻るな出て来るな
 言えば娘の返答に 日の本照らす天道さま 西が曇れば雨となる
 北が曇れば雪となる その雪解けて水となる
 とかくご縁と諦め下しゃんせ ヨイヤナー
☆十二や三の小娘が 今宵初めて酌に出る 客から肴と望まれる
 唄さえ知らず舞知らず 浄瑠璃とてもなお知らず 裏のお池の鯉鮒も
 まだ若輩でとられまい 裏の畠になす植えて 遅植えならば花盛り
 花を肴と上がりゃんせ ヨイヤナー
メモ:玖珠地方では、字余りのヨイヤナ節のことを特に「都路節」と呼んでいる。