盆踊り唄「千本搗き」(玖珠町玖珠) <77・77段物>

☆国はヨー 関東下野の国 (アーレモサイサイ コーレモサイ)

 那須ヨー 与一という侍はヨ (よんべおかしかった ざっつさんの夜這いど

 あんげ逃げた こんげ逃げた とうとう とん逃げた)

☆背は小兵にござ候えど 積もる御年十六歳で 

 (ヤットセーノヨーイヤナ アーレモセー コーレモセ セノヨーイトナー)

メモ:伊勢音頭の転用で、耶馬溪地方に広く伝承されている。他地域では通常、盆踊りの最初に踊ることが多いが、玖珠町では「小屋起こし」か「ヨイトナ」を最初に踊ることが多い。ざっつさん=座頭さん

 

盆踊り唄「千本搗き」(九重町野上) <77・77段物>

☆寺に参りて今帰り道(ソレジャー ソレジャー)

 聞けばこなたは初盆そうで(ヨーイヨーイ ヨーイトナー

 (アリャリャー コリャリャー ソレ ヨーイトナー)

☆さぞや今宵はお寂しかろう 大事な大事なご主人様は

メモ:伊勢音頭の転用で、この唄は耶馬溪地方で広く唄い踊られている。一般に、盆踊りの最初に踊ることが多いがその限りではない。野上の千本搗きは玖珠のものよりもずっとテンポが遅いし、節を引っ張るので印象がずいぶん異なる。

 

盆踊り唄「千本搗き」(九重町町田) <77・77段物>

☆花のお江戸に コラその名も高き(アリャヤートコサイサイ ヤートコサイ)

 本郷二丁目に八百屋というて(トコエーイソーリャ ヤートコセ

 セノヨーイヨナ アレワイサー コレワイサー ヤートコセー)

☆店も賑やか コラ繁盛な暮らし 折も折から正月半ば

 

盆踊り唄「千本搗き」(玖珠町日出生本村) <77・75切口説>

☆咲いた桜になぜ駒つなぐ(ヤーレショーヤーレショ)

 駒が勇めば ヤレサ花が散る(ソーリャヨーヤヨヤ アレワイセーコレワイセー ヨーイトナ)

メモ:日出生地区の千本搗きは上句の節や下句の囃子がずいぶん簡略化されている。

 

盆踊り唄「マッカセ」(玖珠町北山田) <77・77・77段物>

☆井戸の中よりお菊やんの姿(ソレマッカセマカセ)

 そこでお菊が(ヨイショヨイショ) 申せしことにゃ

 もうしこれいな鉄山様よ (トハーリハリ タリジャナイショナイショ)

メモ:宇佐地方から伝わったものだが、今では玖珠で最も親しまれており、運動会や老人クラブの集いなどでも盛んに踊られている。

 

盆踊り唄「マッカセ」(玖珠町八幡) <77・77段物>

☆わしがヨー 出しましょヤブから笹を(ソレマッカセドッコイショ)

 わしが口説で(ヨイショヨイショ) 合うかは知らぬ

 コラサー 合うかは知らぬ(トハーレハレ ソレガナイショナイショ)

○合えばヨー それよし合わないときは(ソレマッカセドッコイセ)

 そこらここらの(ヨイショヨイショ) 姉さん方の

 コラサー そこらここらの姉さん方の(トハーレハレ ソレガナイショナイショ)

メモ:コラサーの後に下の句の丸々返す○と、下5字のみ返す☆を自由に混ぜて唄う。

 

盆踊り唄「マッカセ」(玖珠町玖珠) <77・77段物>

☆合えばサー それよし合わないときは(ソレマッカセドッコイセ)

 そこらここらの(ヤレコノドスコイ) 姉さん方の

 そこらここらの姉さん方の(トハーレハレ ダレガナイショナイショ)

メモ:八幡のマッカセの○印の節とほぼ同じだが、コラサーがない分、2拍だけ短くなっている。

 

盆踊り唄「マッカセ」(玖珠町四日市) <77・77段物>

☆井戸の中よりお菊が姿(ソレマッカセマカセ) そこでお菊が

 (ヨイショヨイショ) 申せしことにゃ コラサーコラサ

 申せしことにゃ(トハリハリ タリジャナイショナイショ)

☆もうしこれいな鉄山様よ 世にも大事な宝の皿を

 

盆踊り唄「マッカセ」(九重町町田) <77・77・77段物>

☆ここにエー 語るは コラ九重町の(マッカセヨイヤセ)

 なぐら村にて(ヤレコノドスコイ) 千町無田 コラサ

 朝日長者のその物語(ヤートハリハリ タリジャナイショナイショ)

☆国は都でその名も高い 神宮皇后その人こそは 時は仲哀御代なる時に

メモ:宇佐地方から入ったと思われるが、今では玖珠郡でもっとも広く親しまれている。タリジャナイショナイショは、誰じゃ内緒内緒か。おそらく唄囃子の類だと思われる。

 

盆踊り唄「マッカセ」(九重町飯田) <77・77・77段物>

☆みんなサー どなたもマカセをやろな(マッカセマカセ)

 次にかかるは(ヤレコノドスコイ) 朝日の長者 コラサ

 次にかかるは朝日の長者(トハレハレ ソレハナイショナイショ)

メモ:飯田のマッカセは野上や玖珠のものと踊り方が少し違っていて、2回すくったあとに前に行くのでなく、1歩目は後ろにさがる。そのため輪の進み方が少し遅い。

 

盆踊り唄「マッカセ」(九重町後野上) <77・77・77段物>

☆国はサー お江戸の コラそのかたわらに(マッカセドッコイセ)

 さてもめずらし(ヤレコノドスコイ) 心中話 コラサー

 ところ四谷のコラ 新宿町で(ヤットハリハリ タレガドシタドシタ)

 

盆踊り唄「六調子」(玖珠町八幡) <77段物>

☆娘おつると書いたる文字が(アー書いたる文字が)

☆墨が滲みて姿が薄い(アーヨーヤーサ ドッコイサ)

メモ:囃子で下の句を返す節と「ヨーヤサドッコイサ」と囃す節とをだいたい交互に唄っていくが、節まわしはどちらも同じでやや単調である。ずいぶん簡略化されてはいるも、3回手拍子で前に歩いて行って、継ぎ足で3回手拍子、継ぎ足で両手を3回振り上げるという踊り方には、東国東方面の「六調子」(西国東の「杵築踊り」)の名残がわずかに感じられる。

 

盆踊り唄「六調子」(玖珠町玖珠) <77段物>

☆国は西国 豊後の国で(アーヤートコサイサイ ヤートコサイ)

☆音に聞こえし三日月の滝(アーヤートコサイサイ ヤートコサイ)

メモ:長野では同じ節ばかりを繰り返して唄う。

 

盆踊り唄「団七踊り(六調子)」(玖珠町北山田) <77段物>

☆姉の宮城野 妹の信夫(アーヤンソレサッサノ ヤンソレサ)

☆中を行くのが志賀団七よ(アーヤンソレサッサノ ヤンソレサ)

メモ:北山田の六調子は団七踊りである。3人組で、棒を打ち合わせて踊る。

 

盆踊り唄「六調子」(九重町野上) <77段物>

☆娘おつると書いたる文字が(アー書いたる文字が)

☆墨が滲みて姿が薄い(アーヤートコサイサイ ヤートコサイ)

メモ:ヤートコサイサイと囃すことが多いが、たまに囃子で下の句を返す。節回しは2通りを交互に繰り返すが、それと囃し方とは関係がない。

 

盆踊り唄「六調子」(九重町町田) <77段物>

☆国はいずこと尋ねてきけば (セレショーセレショー セッセレショ)

☆武家の家老に一人のせがれ

メモ:同様の盆踊り唄が日田地方にも伝わっている。

 

盆踊り唄「三つ拍子」(九重町町田) <77・77段物>

☆ここに語るは盂蘭盆経よ (オサー ソレジャーソレジャー)

 いわれよくよく聴き給うべし (オサー ソレジャーソレジャー ヨイトナ)

☆国は天竺 唐天竺よ 釈迦の御弟子の目連尊者

 

盆踊り唄「祭文」(玖珠町八幡) <77・77段物>

☆ここに哀れな 巡礼口説コラサーノサ(アーヨイショヨイショ)

 国はいずこと尋ねてきけば

 (ソーレーヤ ソーレーヤ ヤットヤンソレサー)

☆阿波の鳴門の徳島町よ 主人忠義の侍なるが

メモ:八幡の「祭文」は囃子部分のみ3拍子にかわる唄い方で、玖珠町内の他の地区とは節回しがやや異なる。手踊り。

 

盆踊り唄「祭文」(玖珠町玖珠) <77・77段物>

☆ここに哀れな 巡礼口説コラサーノサ(アーヨイショヨイショ)

 国はいずこと尋ねてきけば

 (ソレガーエーヤ ソレガーエーヤ ヤットヤンソレサー)

メモ:八幡の祭文に踊り方がよく似ているが、こちらは囃子の部分も2拍子のまま。手拍子なしで、後ろにさがることもなく、どんどん前に進んでいく。

 

盆踊り唄「扇子踊り(祭文)」(玖珠町北山田) <77・77段物>

☆国は西国 豊後の国よコラサノサ(ハヨイショヨイショ)

 音に聞こえた三日月の滝

 (アソレガエーヤ ソレガエーヤ ヤットヤンソレサ ハヨイショヨイショ)

メモ:北山田の「祭文」は扇子踊りだが、近年は手踊りで踊る人も多いそうだ。

 

盆踊り唄「祭文」(九重町桐木) <77・77段物>

☆ハ揃うた揃うたよコリャ 踊り子が揃うたコラサノサ

 (ハヨイショヨイショ) 秋の出穂よりしなよく揃うた

 (アソレガエヤ ソレガエヤ ヤットドッコイサノサ)

☆誰もどなたもしばらくしばし しばし間のお手振りゅ頼む

メモ:囃子言葉からソレガエーヤとも呼ばれている。入れ子を挟んで唄うこともある。

 

盆踊り唄「祭文」(九重町野上) <77・77段物>

☆みんな コリャどなたも品ように頼む コリャサノサ(ハヨイショヨイショ)

 どうで祭文な コリャ気の浮く踊り(ソレイヤ ソレイヤ ヤットドッコイサノサ)

 

盆踊り唄「小屋起こし」(玖珠町北山田) <77・77段物>

☆アー国は西国 豊後の国よ コラショイ 音に聞こえし三日月の滝

 (オサ ヨヤヨヤサッサノ ヨヤサノサ)

☆聞くも語るも涙の種よ 六十三代 醍醐の帝

メモ:通常、盆踊りの最初に踊る。玖珠郡に広く伝承されており、隣接する日田地方にも伝わっている。

 

盆踊り唄「小屋起こし」(玖珠町山浦) <77・77段物>

☆東西南北 国からが先 コラショイ 国を語れば豊後の国に

 (アラ ヤートサノサノ ヤットコリャサ)

☆山田郷なる山浦村に 小字語らば前原里に

 

盆踊り唄「小屋起こし」(九重町町田) <77・77段物>

☆アリャ 東西南北静まりなされ コラサ 今宵供養の踊りでござる

 (オーサ ヨーイヤサイサイ ヨヤサノサイ)

☆誰もどなたもお手振りなされ 一つ手を振りゃ千部の供養

メモ:千本搗きを最初に踊らない場合は、通常ヨイトナか小屋起こしを最初に踊る。玖珠郡に広く伝承されている唄で、日田地方にも伝わっている。

 

盆踊り唄「小屋起こし」(九重町野上) <77・77段物>

☆おうちござるかこの家の亭主 コラサ 聞けばこの家は初盆そうな

 (アラ ヨイヤヨイヤサノサノ ヨイトサノサ)

 

盆踊り唄「ヨイトナ」(玖珠町四日市) <77・77段物>

☆おうちござるかこの家の亭主 コラショイ

 盆の七月七日をはじめ(オーサヨイトナー ヨイトナー)

☆七日七夜の供養をすれば コラショイ

 聞けばこちらは初盆そうな(オーサヨイトナー ヨイトナー)

メモ:囃子言葉から「ヨイトナ」と呼んでいるが、「小屋起こし」とよく似ている。

 

盆踊り唄「ヨイトナ(盂蘭盆経)」(玖珠町八幡) <77・77段物>

☆アラおうちござるかこの家の亭主 コラサ

 盆の七月七日をはじめ(オサヨイトーナー ソージャロナー)

メモ:所作は簡単だが同じ手の繰り返しが多く、最初に戻るまでがやや長いので覚えにくい。

 

盆踊り唄「ヨイトナ」(玖珠町玖珠) <77・77段物>

☆おうちござるかこの家の亭主 コラショイ

 盆の七月七日をはじめ(オサ ヨイトーナー ソレカラジャー)

 

盆踊り唄「ヨイトナ」(九重町飯田) <77・77段物>

☆盆のサ 踊りの由来の口説(コラサー)

 昔インドの国主に生まれ(オサヨイトーナー ヨイトーナー)

 

盆踊り唄「鯖ん寿司」(玖珠町四日市) <77段物>

☆わしもかてなれ この輪のうちにヨ(ヤットンセー ヨーイヨイ)

☆わしの音頭で合うかは知らぬ

メモ:耶馬溪地方に広く伝承されている唄である。四日市では、曲の後半が失われている。

 

盆踊り唄「鯖ん寿司」(玖珠町玖珠) <77・75切口説>

☆押そな押しましょな鯛の寿司押そなヨ(ヨイトセー ヨイヨイ)

 鯛は高うつく アレワイサノ 鯖ん寿司押そなヨ

 (トコヤンサガコイコイ ヤンサガコイ)

メモ:玖珠地区・森地区・八幡地区・北山田地区のいずれも、踊り方は同じ。マッカセとよく似ているが、左で前後に低く両手を開いて右後ろでうちわを叩くところをもう一度繰り返す。簡単なので子供もよく踊っている。

 

盆踊り唄「寿司押し」(玖珠町森) <77・75切口説>

☆わしが唄うたらヨ 大工さんがヨ 笑うたヨ(ヨイトセー ヨーイヨイ)

 唄に鉋が アレワイサン かけられましょかヨ

 (トコヤンサガコイコイ ヤンサガコイ)

メモ:玖珠地区や八幡地区とは節が違っている。森のものは、下句の「アレワイサン」の前のところがつまって3拍子になっている。こちらの方が高い音が少なく、より易しい。

 

盆踊り唄「鯖ん寿司」(玖珠町北山田) <77・75切口説>

☆押そな押しましょな鯛の寿司押そなヨ(ヨイトナー ヨイヨイ)

 鯛は高うつく アレワイサノ 鯖ん寿司押そなヨ

 (トコヤンサガホイナラ オヤスノホイホイ)

☆さより街道を鰯が通る 鯖よ出て見よ鯵つれて

メモ:トコヤンサガコイコイ、ヤンサガコイ…と囃したのを、唄囃子にしている。つまり、ほいならお安いのう、の意である。ほいなら=それなら

 

盆踊り唄「鯖ん寿司」(九重町後野上) <77・77段物>

☆江戸で名高い東屋さんのヨ(ドッコイセー ヨーイヨイ)

 本郷八百屋の アレワイサノ 久方がたにヨ

 (ヤンサガコイコイ ヤンサガコイ)

☆一人娘でお七というて 器量よいこと卵に目鼻

メモ:耶馬溪地方に広く伝承されている唄である。押そな押しましょな鯖ん寿司押そな…と唄い出していたので、「鯖ん寿司」と呼んでいる。

 

盆踊り唄「兵庫節」(玖珠町北山田) <77・77段物>

☆おうちござるかこの家の亭主(ヤレショードッコイショー)

 盆の七月七日をはじめ(サーヨイヤサノサノ ヨイヤサノサ)

☆七日七夜の供養をすれば 聞けばこちらは初盆そうな

メモ:同様の唄が久住町に残っている。北山田では棒踊りで踊っている。長い文句を入れ子にして、曲節に変化を持たせることもある。

 

盆踊り唄「米搗き」(玖珠町北山田) <77・75切口説>

☆搗けど小突けどこの米ゃヨー アー剥げぬ ノンホーヨイトセ」ー

 どこのお倉の底米か(ショイ ショイ)

☆わしとあなたはお蔵の米よ いつか世に出てままとなる

メモ:耶馬溪地方に広く伝承されている唄である。節回しがやや難しいので、敬遠されて廃れてしまった。

 

盆踊り唄「山路踊り」(玖珠町森) <75・77・75小唄>

☆山路が吹きし笛竹は(サーナニガマカセー) 身より大事な草刈男

 真野の長者の娘と酒宴(合) ソレーソーレー ソーレソーレー サートセー

☆二つの山に抱かれし森は 昔ゃ御殿 久留島様よ 今も名残の三島と酒宴

☆杵築の伊達者オシオとて つとは三尺折りゃまた二尺 笠は熊谷八つ折り雪駄

☆九軒の茶屋の大尽な 立つる襖の絵に描く虎は 威勢恋しと駆け出す酒宴

メモ:洗練された座敷踊りであったが、盆踊りとしても踊られていた。唄は、堅田踊りの「しんじゅ」や蒲江の「繁昌づくし」と同種である。踊り方があまり難しいので下火になっていたが、戦後、舞踊家により一般の人にも踊りやすい「新山路踊り」が考案され、再度隆盛した。本来は、数え唄の形式であったと思われる。昔の「山路踊り」はテンポがかなり遅く、節を引っ張って唄う難しい唄だったが、「新山路踊り」が普及してからはテンポを速め、間合いもつめて簡単な節にしたものがレコード化され、今はそちらの唄い方が「山路踊り」として知られている。昔の優雅な節は残念ながら忘れられつつある。