盆踊り唄「三つ拍子」(別府市天間) <77・77段物>

☆さんさ東西おんそれながら しばし間は口説いてみましょ

 (アーヨーヤサー ヨーヤヨイ)

☆その名とき出す下野の国 那須与一という侍は

メモ:市街地の三つ拍子(ヤッチキ)とは違い、安心院の三つ拍子と同系統のもの。つまり山香町や大田村などの「豊前」と同種である。

 

盆踊り唄「二つ拍子」(別府市亀川) <47・47段物>

☆アーしばらく二つでやろな(アラサーコラサ)

 どなたもしばらくしばし(ヨーイサッサーノエンヤコラサ)

☆二つは品よい踊り 嬉しや踊りが揃うた

メモ:上の句、下の句ともに頭3字を伏せる。踊り方は日出町のものに大変よく似ているのだが、日出では手拍子を打って急に後ろ向きになるのに対して、亀川では手拍子は打たずにナンバで流しながら後ろを向き、同じように前向きに戻る。

 

盆踊り唄「六調子」(別府市亀川) <77・77段物>

☆貰うた貰うたよからかさ貰うた(アラサーヨイヨイ)

 先の太夫さん長々ご苦労(アヤ イヤマカコラサノ ヤレマカショ)

☆しばしよこうてお茶なとあがれ お茶が嫌ならお煙草なりと

メモ:この唄の頭3字を省くと二つ拍子になる。踊り方は二つ拍子に大変よく似ており、日出のものとは全く異なる。この踊りの本場といってもいいだろう東国東地方のものとはずいぶん印象が異なる。

 

盆踊り唄「七つ拍子」(別府市天間) <77・75切口説>

☆押せやコラ 押せ押せ七つも八つも(アノナーヨイヨイ)

 押せばコラ 都が ヤレ近くなる(アヨイトサッサノ ヤレコラサイ)

☆恋し恋しと鳴く蝉よりも 鳴かぬ蛍が身を焦がす

メモ:安心院町津房地区の一部集落にも残っているが、今では廃れ気味。

 

盆踊り唄(別府市東山) <77・77段物>

☆国は京都の西新町よ(ヨイトセードッコイセ)

 音に聞こえし白銀御門(ササヨイトマカサッサーヨイトマカサ)

 

盆踊り唄「切り返し」(別府市内成) <77・77段物>

☆今宵踊りはお供養の踊り(サノヨイ)

 足もだゆかろ 手もだゆかろが(アラヨヤサノセー ヨーヤロセー)

 ※「だゆかろ」は「だるかろ」の転訛。

☆しばし間は踊りておくれ 盆の踊りの由来をきけば

 

盆踊り唄「切り返し」(別府市向浜) <77・75切口説>

☆娘十八ゃ番茶の出花(ヨイヨイ)

 早く乗らなきゃ ヤレ人が乗る(ヨヤサノセー ヨヤサノセ)

☆ゆんべ山香の踊りを見たら おうこかついで鎌腰さげて

メモ:2014年現在、市街地では向浜にのみ残っている。おそらく、昔は朝見辺りでも踊られていたと思う。踊り方は「別府流し」と同じ踊り方で踊っている。

 

盆踊り唄「田の草踊り」(別府市内成) <77・75切口説>

☆腰の痛さよこの田の長さ(ヨイトセードッコイセー)

 四月五月の ソリャ日の長さ(ヨヤサノセー ヨーヤーセー)

☆親の意見と茄子の花は 千に一つの無駄がない

メモ:田の草取りの作業唄の転用と思われる。実際、大分市賀来地区あたりでは田の草取り唄として唄われたようだ。

 

盆踊り唄「三勝」(別府市内成) <77・75切口説>

☆姉と妹に紫着せて(ヤレショードッコイショ)

 どちら姉やら妹やら(アラヤーンソレソレ ヤンソレサ)

☆してもしたがる若後家さんは 今朝も二度した薄化粧

メモ:三勝はかつて大分県下のかなり広範囲にわたって唄い踊られたようで、今でも北海部地方を中心に、日田地方、耶馬溪地方などで各地各様の節回し・踊り方で伝承されている。団七踊りの地域も多かったようだが、挟間辺りのものは手踊り。

 

盆踊り唄「蹴出し」(別府市天間) <77・75切口説>

☆恋し小川の鵜の鳥ゅ見やれ(ドウシタドウシタ)

 アラ 鮎をくわえて ヤレ瀬をのぼる(ヤーレ ヤレソー)

☆汽車は出て行く煙は残る 残る煙が癪のたね

メモ:盆踊りの最終曲で、男性だけで踊りであった。速見地方の「三つ拍子」と同系統の唄だがこちらは陽旋法。所作が大きく、テンポが速いので躍動感がある。

 

盆踊り唄「けつらかし」(別府市内成) <77・77段物>

☆日出の山香の踊りを見たか

 おうこ担いで鎌腰差して(ヤレショーヤレショ)

☆踊る片手じゃ稗餅かじる かじる稗餅ゃぼろぼろ落ちる

メモ:内成地区は挾間町に隣接しており、盆踊り唄も挾間と共通である。「けつらかし」は速見地方一円に伝わる「三つ拍子」と同種の唄。おそらく杵築や日出から、別府を経て伝わってきたのだろう。内成には多くの盆踊り唄が残っていたようで、太鼓も使わず無伴奏で踊っていたが、平成22年現在、伝承系のものはこの唄以外は廃れてしまい今は「別府音頭」などを踊っているとのこと。

 

盆踊り唄「けつらかし」(別府市向浜) <77・77段物>

☆しばし間は理と乗せましょな

 今度出しましょ権八口説(ヤッチキドッコイドッコイナ)

メモ:向浜では、レコード化されてピョンコ節になった「ヤッチキ」も踊られているが、古い「けつらかし(三つ拍子)」も残っており太鼓伴奏で、昔ながらの段物口説で唄われている。頭3字の唄い方が、日出や杵築、山香では「しばしーあいだは…」、亀川では頭に休符を置いて「○しばしあいだは…」と唄うのに対して、向浜では「しばーしあいだは…」と唄っている。

 

盆踊り唄「三つ拍子」(別府市亀川) <77・77段物>

☆誰もどなたもこの先頃で(アードシタ ドシタ)

 二つ拍子にゃ切り替えまする(ヤーレショ ドッコイナー)

☆誰もどなたもお覚悟なされ 覚悟よければこの次の句で

メモ:亀川のものは、日出の踊り方によく似ているが、下の句の部分、足を蹴り出す部分が違う。テンポは遅め。頭3字を、日出や杵築、山香などでは「だれもー」と唄うのに対して、亀川では頭に休符を置いて「○だれもどなたも…」と唄っている。この唄をピョンコ節にして三味線をつけたものが「ヤッチキ」として市街地一円で盛んに踊られており特に人気が高いようだが、残念ながらレコード化の影響か歌詞が完全に固定されており、口説唄としての個性が失われていておもしろさが半減している。

 

盆踊り唄「祭文」(別府市内成) <77・75切口説>

☆明日は行こうかよ 妹の里へコラサノサ(ヨイショヨイヨイ)

 峠七坂 湯のけむり(ソレエー ソレエー ヤットヤンソレサ)

☆思うて通えば 三里の道も 逢わにゃ七里の七曲

メモ:字余りの文句の場合はイレコで唄ったらしい。踊り方が難しく、祭文の段になった途端に輪が小さくなっていたとのこと。

 

盆踊り唄「祭文」(別府市石垣) <75・75段物>

☆ゆんべ日出からかか貰うて(コラサノサ)

 別府浜脇通り越し(ソレエー ソレエー ヤトヤンソレサー)

☆高崎山が仲立ちで 田ノ浦布団を持ってきて

メモ:石垣を含む市街地では現在、伝承系の盆踊り唄は唄われていない。多分、石垣が今のように住宅地になる前…田んぼや畑が広がっていた頃は、祭文や三つ拍子、二つ拍子などを踊っていたのだろうが、あちこちから人が入ってきて大昔から住んでいる人が少数派になり、昔ながらの唄・踊りは廃れてしまったのだろう。

 

盆踊り唄「祭文」(別府市亀川) <77・77段物>

☆鈴木マタ 主水という侍は コラサノサ(ヨイショヨイショ)

 女房マタ 持ちにて二人の子供(ソレヤー ソレヤートヤンソレサイ)

☆二人子供のあるその中で 日にち毎日女郎買いばかり

メモ:亀川地区の祭文はリズムが独特で、別府湾沿岸部では珍しくピョンコ節。山国町の祭文に少しだけ似ている。踊り方は日出のものが鶴崎踊りの祭文を彷彿とさせるのに対して、亀川は日出よりも鶴崎に近いのに、あまり鶴崎の祭文とは似ていない。2回手拍子を打って数歩出て右上で巻き、左に流して右にさがるというもの。亀川地区では「別府音頭」なども踊るものの昔からの踊りが比較的残っており、8月の亀川夏祭りなどで盛大に踊られている。

 

盆踊り唄「レソ」(別府市天間) <77・75切口説>

☆レソはよいかよ レソどもやろかコラサノサ レソはナー

 (ヨイショ) 踊りよじゃ品がよい

 (ソレーヤ レソーヤットヤンソレサイ)

☆宇佐の百段 百とはいえど 百はござらぬ九十九段

メモ:マッカセ、レソともに宇佐地方を代表する踊り。天間は市街地から遠く離れ、安心院に隣接している。

 

盆踊り唄「ばんば踊り」(別府市天間) <77・75切口説>

☆アラエーイエーイ エイソリャ ばんば踊りが始まる頃は

 (アラ 婆も出て見よ 孫子を連れて)

☆恋し小川の鵜の鳥見やれ(鮎をくわえて ヤレ瀬をのぼる)

メモ:必ず盆踊りの最初に唄うもので、庭入り行事の一部。成人男性だけで踊る。踊りながら順繰りで唄い継ぐ。

 

盆踊り唄「マッカセ」(別府市天間) <77・77段物>

☆扇めでたや末広がりの(ソレマッカセドッコイセ)

 真名の長者のソラ(ドウシタドウシタ) 由来をきけば

 (アヨイヨイ チョイナハリハリ)

☆夏は帷子 冬着は袷 一重二重や三重内山の

メモ:安心院から伝わったものと思われる。うちわを回す所作が、いかにも宇佐地方の踊りで、亀川の盆踊りとは印象が全く異なる。

 

盆踊り唄「せきだ」(別府市天間) <77・75切口説>

☆せきだ通れば コラ雪降りかかるヨー

 コリャ いとしナー(妻子が別れの水ヨ)

☆高い山から谷底見れば 瓜や(茄子の花盛り)

メモ:この唄は、今では天間以外には残っていないと思われる。昔は安心院町津房地区でも唄い踊られたのだろう。

 

盆踊り唄「別府ばやし」(別府市向浜) <77・75切口説>

☆ハーエー 浜の漁師の嫁ごにゃなるな(サテサテサテサテ)

 取れた取れたにエー 片ば嫁(サイサイサイサイ)

☆ヤサンヤレコと櫓を漕ぐ腕も 明日は明日の風による

☆どげんこげんと云われちゃみても 潮に逆さの櫓は漕げん

☆上り下りの潮にもよるが けばのあるなしゃ風による

☆大漁々々にゃ迎え火焚いち 岸じゃ嫁ごも恵比寿顔

メモ:浜町、向浜の盆踊りで古くから唄われたもの。レコードにもなり、今は綾棒を打ち合わせて踊っている。昔はもっといろいろな文句があったのだろう。曲調からして、下ノ江節とかじょうさ節と同様の騒ぎ唄だったものを盆踊りに転用したのだろう。

 

盆踊り唄「別府踊り(猿丸太夫)」(別府市浜脇) <77・75切口説>

☆踊り踊らばしなよく踊れ しなのよいのを嫁にとる

 (アリャヨイトサノ) ヨイヨイ ヨイヨイ ヨイヤサ

☆盆の十六日おばんかて行たら 茄子切りかけ ふろうの煮しめ

☆盆の十六日おばんかて来たら 上がれ茶々飲め やせうま食わんか

☆別府踊りはどこでも流行る 差す手引く手のしなのよさ

メモ:鶴崎踊りの猿丸太夫が入って来たもので、昔は市街地を中心に踊られていたようだ。タイヘイから戸山愛子がレコードに吹き込んでいるが、それを聴いてみると鶴崎踊りのものよりもほんの少しテンポが速い上に端唄風の節回しになっており、三味線も賑やかで騒ぎ唄のような雰囲気。座興唄として唄われることもあったのだろう。内成地区でも一時期「猿丸太夫」を踊っていたようだが、おそらく内成では他の盆踊り唄と同じく無伴奏だったと思う。「アリャヨイトサノ」の囃子は現在鶴崎踊りでは唄われていないが、昔は囃す人もあったのかもしれない。

 

盆踊り唄「別府流し」(別府市浜脇) <77・75切口説>

☆郷土の名物流しは冴える(ヨーイヤナ コレワイセ)

 月もヨイヤサで ヤンレ 踊り出す(ヤートコセーノ

 ヨーイヤナ アレワイセ コレワイセ ナンデモセ)

メモ:別府市街地において盆踊り唄として古くから唄われたもの。節は伊勢音頭の変調で、踊り方は祭文と同じ。文句はなんでもよいが、新作の歌詞を乗せて赤坂小梅が「別府流し」のタイトルで、市丸が「別府流し唄」のタイトルでレコードに吹き込んでから、歌詞がほぼ固定化された。小梅や市丸のレコードはよく親しまれ、別府市街地において地踊りが下火になってからもしらばくは「別府音頭」や「瀬戸の島々」「別府湯けむり」等の新民謡踊りの合間によく踊られていた。しかし、平成に入ってからは踊られることは稀になってきている。それでも、ある一定の年齢以上の人にはよく知られている唄である。