国東半島の盆踊り

はじめに

 姫島の盆踊りは全国的に有名だが、国東半島の盆踊りはあまり知られておらず、まとまった資料もあまりないようだ。そこで、筆者が実際に各地の盆踊りに行った経験や『大分県の盆行事』などといった資料をもとに、国東半島の盆踊りの伝承状況についてまとめてみようと思う。
 ここでは便宜的に国東半島を西部・東部に分けたが、これは従来の西国東郡・東国東郡の境界とは一致しないことに注意されたい。次項より用いている※印は、一部の集落でしか踊られていないもの。また<>は、昔踊っていたもの。なお、踊り名「杵築」は、自治体名と混同するおそれがあるので、この記事では踊りの名は「キツキ」と表記することにした。
 参考として宇佐市から始めて、豊後高田、真玉…と杵築まで時計回りに進み、最後に参考として山香町で終わる。

 

 

西国東

(参考)宇佐市

     宇佐・馬城  レソ、マッカセ、ヤンソレサ(二つ拍子)、らんきょう坊主

     西馬城    レソ、マッカセ、二つ拍子、蹴出し

     駅川     レソ、マッカセ、唐芋踊り※法鏡寺ほか

     長洲・柳ヶ浦 レソ、マッカセ、唐芋踊り、<エビすくい踊り>、<相撲取り踊り>

     四日市    レソ、マッカセ

豊後高田市

 田染  レソ(祭文)、二つ拍子、六調子(キツキ)

      セーロ※今下駄、豊前踊り※今下駄、三つ拍子※今下駄

 高田  レソ(祭文)、ヤンソレサ(二つ拍子)、マッカセ

 河内  レソ(祭文)、ヤンソレサ(二つ拍子)、マッカセ

      六調子(キツキ)※田染に近い集落、三つ星※小田原

 水崎  レソ(祭文)、ヤンソレサ(二つ拍子)、マッカセ、<らんきょう坊主>

 東都甲 レソ(祭文)、ヤンソレサ(二つ拍子)、キツキ踊り、エッサッサ

      ヤッテンサン(セーロ)、豊前踊り、六調子(唐芋)

 西都甲 レソ(祭文)、ヤンソレサ(二つ拍子)、マッカセ、六調子(唐芋)

 草地  レソ(祭文)、ヤンソレサ(二つ拍子)、マッカセ、六調子(唐芋)

      <ヤンテコ(セーロ)>、<三つ星>、<キツキ踊り>、<エッサッサ>

真玉町

 沿岸  レソ(祭文)、ヤンソレサ(二つ拍子)、六調子(唐芋)、<マッカセ>

      <エッサッサ>、<手拭踊り>、<キツキ踊り>、<相撲取り踊り>

 上真玉 レソ(祭文)、ヤンソレサ(二つ拍子)、六調子(唐芋)、キツキ踊り、<エッサッサ>

香々地町

 沿岸  レソ(祭文)、ヤンソレサ(二つ拍子)、六調子(唐芋)、<マッカセ>

      <エッサッサ>、<キツキ踊り>

 三重  レソ(祭文)、ヤンソレサ(二つ拍子)、六調子(唐芋)

     キツキ踊り、<エッサッサ>

国見町

 櫛海  レソ(祭文)、マッカセ、イレコ、エッサッサ、六調子

 熊毛  六調子(キツキ)、レソ(祭文)

 上伊美 キツキ、レソ(祭文)、エッサッサ、ヤンソレサ(二つ拍子)、六調子(唐芋)

 

 

東国東

国東町

 全域  六調子(キツキ)、祭文、<三つ拍子>、<セーロ>、<エッサッサ>※大字豊崎

武蔵町

 全域  六調子(キツキ)、祭文、※ヤッテンサン(セーロ)、※おけさ、<三つ拍子>、<豊前踊り>

安岐町

 朝来  三つ拍子、六調子(キツキ)、<祭文>、<セーロ>

 西武蔵 三つ拍子、六調子(キツキ)、祭文、セーロ、豊前踊り

 西安岐 三つ拍子、六調子(キツキ)、祭文、セーロ、豊前踊り

 安岐  三つ拍子、祭文、セーロ、六調子(キツキ踊り)、豊前踊り※唐見

 南安岐 三つ拍子、六調子(キツキ)、セーロ※、祭文※、<二つ拍子>※大添

杵築市

 奈狩江 三つ拍子、六調子(キツキ)、祭文、セーロ、<二つ拍子>

 杵築  三つ拍子、六調子(キツキ)、祭文、セーロ※

 東   三つ拍子、六調子(キツキ)、祭文、セーロ

      ベッチョセ※加貫、<二つ拍子>※年田

 八坂  三つ拍子、六調子(キツキ)、セーロ、祭文※

 北杵築 三つ拍子、六調子(キツキ)、祭文、セーロ

      <レソ(祭文)>※大字大片平、<二つ拍子>※大字大片平

      <豊前踊り>※大字大片平、<ストトン節>※大字大片平、<団七踊り>

大田村

 朝田  三つ拍子、二つ拍子、祭文、ヤッテンサンノ(セーロ)、豊前踊り※、六調子(キツキ)※、<粟踏み>

 田原  三つ拍子、二つ拍子、セーロ、祭文、豊前踊り、※六調子(キツキ)、粟踏み※

(参考)山香町

     中山香 三つ拍子、二つ拍子、セーロ、豊前踊り、祭文

          <唐芋踊り>、<六調子>、<唄踊り(大津絵)>、<猿丸太夫>

     東山香 三つ拍子、二つ拍子、セーロ、豊前踊り、祭文

          <六調子>、<一つナーエ>※大字倉成、<粟踏み>※今畑・横畑

     立石  三つ拍子、二つ拍子、豊前踊り、セーロ、レソ(祭文)、<三勝>

     向野  マッカセ、レソ、二つ拍子、らんきょう坊主、<唐芋踊り>

     山浦  マッカセ、蹴出し(三つ拍子)、レソ(祭文)、二つ拍子、三つ拍子(豊前踊り)

     上村  二つ拍子、三つ拍子(豊前踊り)、レソ(祭文)、マッカセ※大字久木野尾

          蹴出し(三つ拍子)

     南畑  三つ拍子(豊前踊り)、四つ拍子、マッカセ、ヤンソレ(二つ拍子)

          蹴出し(三つ拍子)、レソ(祭文)

 

西の踊りと東の踊り(「レソ」と「祭文」)

 こうして見てみると、地域ごとに伝承の差異はあるものの、ある程度の傾向が見えてくる。西国東と東国東とで伝わっている踊りが大きく異なっているということだ。
  ○西の踊り:レソ、ヤンソレサ、マッカセ、六調子(唐芋)
  ○内陸  :豊前
  ○東の踊り:祭文、三つ拍子、六調子(キツキ)、セーロ
  祭文とレソは本来同義だが、西国東では「レソ」、東国東では「祭文」というふうにはっきりと分かれているのがおもしろい。西国東の「レソ」は踊りの中心に位置づけられており、軽快なテンポの節に乗せて段物を口説く。節回しには宇佐の「レソ」や山香町の「祭文」「レソ」との類似性が認められ、宇佐地方から伝わってきたものと思われる。
  反対に東国東の「祭文」は踊りの中心に来るということはなく、杵築市の一部地域ではほとんど踊られなくなってきているなど「レソ」ほどの人気はないようだ。「レソ」に比べるとずっとテンポが遅く、切り口説(一口口説)の場合が多い。節回しは日出、別府等のものに近く、鶴崎踊りの「祭文」との類似性が認められる。
 以上より、国東半島の沿岸部の盆踊りの伝播経路がある程度は予想できる。すなわち、高田と杵築から伝わっていき、それぞれの行き着いた先が国見と国東だったのではないだろうか。内陸部の地域(大田村、豊後高田市東都甲など)はいろいろな踊りが入り混じっているが、おそらく東側と西側それぞれから伝わってきたからだろう。

「ヤンソレサ」と「キツキ踊り(六調子)」と「豊前踊り」

 西国東の「ヤンソレサ」は速見・宇佐地方一帯に広く残っている「二つ拍子」のことで、囃子言葉から「ヤンソレサ」と呼んでいるようだ。また「キツキ踊り」は東国東・速見地方の「六調子」のことで、杵築の方から伝わった踊り、杵築の踊りといった程度の意味でそう呼んだのだと思う。西国東には「六調子」というと全く違う踊り(唐芋踊り)をさす。「ヤンソレサ」と「キツキ踊り」は節回しに大差なく、「キツキ踊り」のテンポを少し速めて上の句と下の区の頭3音くらいを詰めると「二つ拍子」になることが多い。「キツキ踊り」に関しては高田から右回りに伝わったというよりは、おそらく大田、田染、都甲、朝来などの山間部の集落から放射状に西側の沿岸部に伝わっていったのだと思う。
 近年国東半島では滅多に見かけなくなってしまったが「豊前踊り」も「ヤンソレサ」「キツキ踊り」とよく似た節で、両者の中囃子を抜いたようなもの。これは山香の方から伝わってきたようで、国東半島ではもっぱら山間部の集落で踊られていた。「ヤンソレサ(二つ拍子)」「キツキ踊り(六調子)」「豊前踊り」のいずれも、3拍子のリズムで唄う地域と2拍子のリズムで唄う地域がある。詳しく見てみよう。
  ○3拍子:国東町、武蔵町、安岐町、豊後高田市田染、大田村
  ○2拍子:杵築市、山香町、武蔵町、安岐町、豊後高田市高田・草地、真玉町、香々地町、国見町
 宇佐・速見地方において、これらの唄は全て2拍子のリズムで唄われている。3拍子の唄い方は国東地方独特のもので、作業唄も3拍子のものが多い。その傾向は武蔵町周辺から内陸部にかけて、半円状に見られる。一般に2拍子の唄い方よりもテンポがのろく、太鼓の叩き方ものんびりとしていることが多い。武蔵町と安岐町では両者が混在しており、境界線がはっきりしない。

「マッカセ」と「六調子(唐芋)」

 先述の通り西国東の踊りには宇佐地方の影響が多分に見られるが、「マッカセ」の流行もその一つだろう。今でこそ高田と国見の櫛海にしか残っていないが、かつてはその中間の真玉や香々地辺りで広く踊られていたようだ。今のところ国東・武蔵・安岐・大田・杵築で踊ったという話は聞いたことがないが、あるいはこれらの地域でも局地的に踊っていたのかもしれない。
 西国東の「六調子(唐芋)」は普通盆踊りの最終に踊るもので、テンポが大変速く他の踊りとはずいぶん印象が違う。これの原型と思われるものが宇佐地方に残っており、一般に「唐芋踊り」「浦辺の唐芋」「ヨイトナ」などと呼んでいる。今は宇佐市法鏡寺などごく一部の集落にしか残っていないが、昔は山香でも大変流行したようだ。宇佐に残っている「唐芋踊り」は、西国東の「六調子(唐芋)」よりも手数がずっと少ない上にテンポものろく、所作がごく単純。そこから考えても、やはり宇佐の「唐芋踊り」が西国東に伝わり、当時は6回手拍子を打っていたか、または6種類の踊りを踊っていたので最後に踊る=6つ目の踊りということからか、よくわからないが何らかの理由で「六調子」と呼ぶようになったといえるだろう。「キツキ踊り」よりも先に伝わっていたので、「キツキ踊り」を「六調子」とは呼ばなかったのだろう。逆に「キツキ」が先に伝わっていたならば他地域と同様に「六調子」と呼んだだろうし、「唐芋踊り」を「六調子」と呼ぶことはなかっただろう。

「三つ拍子」と「セーロ」

 西国東が宇佐の踊りなら、東国東の踊りには速見地方の影響が多分に見られる。「三つ拍子」はまさに速見の踊りで、山香・日出・別府等、辺り一面みんな知っているほどよく知られている。昔から人気が高かったのだろう、唄の節はごく易しいが太鼓の叩き方が工夫されており、地域差・個人差が著しい。特に杵築・大田・安岐では今でも盆踊りといったら「三つ拍子」を踊らないと始まらないほどに親しまれている。ところが武蔵・国東では衰退著しく、踊らなくなってから久しいようだ。昔は踊っていたけど…といった程度ではなく、昔はそんな踊りもあったらしいけど…という程の「昔」。一頃は流行したと思われるが、伝播の末端部であるために定着しにくかったのだろう。これは、「マッカセ」が高田には残っているが国見では廃れたというのと同じことだと思う。
 「セーロ」は速見と東国東の境界あたりの踊りで、今でも盛んに踊っているのは山香と安岐のみ。大田と杵築では、まだ残ってはいるが踊り方があまり簡単なので人気が低いのか、近年省略することが多い。武蔵と国東にも伝わったようだが「三つ拍子」と同じく定着しにくかったようで、武蔵ではごく一部の集落で盆踊りの最終に短時間踊っているようだが国東では廃絶している。東都甲から伝わったのだろうが草地でも昔は踊っていたらしく、西国東でも点々と踊られていたのかもしれない。

「三つ星」と「エッサッサ」

 昔に比べると踊りの種類がずいぶん少なくなっているが、今特に伝承の危機に瀕していると思われるのが「三つ星」という踊り。これは「三つ拍子」の転訛だが、杵築・安岐・大田の「三つ拍子」とは全く関係がないようだ。昔高田周辺で踊られていたのだがいつの間にか途絶えてしまい、もう長いこと、何十年か踊られていなかった。それが今年、豊後高田市小田原で40年ぶりにこの踊りを復活したとのこと。宇佐・速見地方に同種の唄が見られないことから、もしかしたら「レソ」等が入ってくる以前からこの地で踊られていたのかもしれない。
 もう一つ、「エッサッサ」も近年滅多に踊られなくなってしまった。今でも踊っているのは山間部の一部集落のみ。昔は高田から国東まで、広く踊っていたようだが… これなど唄も踊りも太鼓も易しい上に単調すぎるわけでもなく、わりとおもしろいと思うのだがどうして廃れたのだろう。よくわからない。

おわりに

 国東半島の踊りの伝承状況をまとめることで、西国東沿岸部の踊りは宇佐の踊りと、東国東沿岸部の踊りは速見の踊りと深い関係があって、内陸部ではそれが混在しているということがわかった。西も東も楽器は太鼓しか使わず、ほとんどが段物口説の素朴な唄ばかり。草地踊り以外はほとんど知られておらず注目されることもあまりないが、ほかの踊りも独特な所作や太鼓の叩き方などおもしろい上に歴史のある、とても価値のあるものだ。高齢化の進行により伝承者が減少しつつあり、十年後、二十年後のことが気にかかる。