寝させ唄(安岐町)

☆ねんねん子守はどこに行た あの山越えて里に行た お里の土産に何ょ貰うた

 でんでん太鼓に笙の笛 鳴るか鳴らぬか吹いてみれ 鳴るならこの子にやりなされ

 鳴るにゃ鳴るけんど吹ききらぬ 隣のびこにやりましょか

メモ:びこ=娘さん 親しみを籠めた呼び方。

 

寝させ唄(国東町富来)

☆ねんねん子守はどこに行た あの山越えて里に行った 里の土産に何貰うた

 でんでん太鼓に笙の笛 鳴るか鳴らぬか吹いてみよ 鳴るならこの子にやってくれ

 鳴るな鳴るけど吹ききらぬ 隣の坊やにやってくれ

メモ:「かっぽれ」にも似たような文句が出てくる。この種のものは、おそらく全国的に広く唄われたのだろう。

 

寝させ唄(国東町来浦)

☆とんとんとろり とんとんとろり とんとんとろりとなる音は

 坊やがお寝間にゃまだ来ぬか 来ぬか来なけりゃお迎えに 坊やと一緒に参りましょ

☆ねんねが守はどこに行た あの山越えて里に行た 里の土産に何貰うた

 でんでん太鼓に笙の笛 鳴るか鳴らんかや吹いてみよ 鳴るならうちのぼんにやれ

 鳴らねば隣のぼんにやれ うちのぼんには買うてやる

 

寝させ唄(姫島村)

☆ねんねんころりよねんころり 酒屋が嫌なら嫁にやろ  嫁入り道具は何々と

 一にゃ香箱 二にゃ鏡 三にゃ薩摩のはやり帯 流行帯ょして腰ょ締めて

 腰の締め口ゃ血じゃないか いやいや血じゃない紅じゃもの

 紅は何紅 大阪紅 大阪紅こそ色よけれ おつばにつけたらなおよかろ

 

守子唄(姫島村)

☆ねんねこ子守はつらいもの おかんから叱られ子にゃ泣かれ

 人から楽なよと思われて この子がかわゆはないけれど お釜の種じゃと思やこそ

 ようこそ子守もしたもんじゃ おっかんもおっとんもよう聞きゃれ

 晩の仕事は疾うやめて ややも泣きとはなけれども 乳が恋しゅてお泣きやる

 

寝させ唄(姫島村)

☆ねんねんさいろく酒屋の子 嫁入り道具は何々ぞ 赤いおべべに紐つけて

 畳の上で乳飲ませ 乳を飲んだらお寝らんせ およったらたんぼに連れて行て

 あましやお菓子を貰うてやろ

 

手まり唄「数え唄」(姫島村)

☆一つとせ 人も通らぬ山道を お七と吉三は手を引いて 通ろうかいな

☆二つとせ 二股大根は離れても お七と吉三は離りゃせぬ おお離りゃせぬ

☆三つとせ 見事な簪買うて来て お七に挿させて科を見ろ おお科を見る

☆四つとせ 用もない門を二度三度 お七に逢おうどちゃ五度七度 おお五度七度

☆五つとせ いこう煙草を買うて来て 吉三に吸わせて香り聞こ おお香り聞こ

☆六つとせ 椋の木の小枝に花が咲く 吉三とお七はなぜ咲かぬ おおなぜ咲かぬ

☆七つとせ 何を云おうにも語ろにも お七がおなかにゃヤヤがある おおヤヤがある

☆八つとせ 屋敷広めて蔵を建て お七と吉三は寝て語る おお寝て語る

☆九つとせ ここに流行らぬ笄を 買うて下んせ吉三どの おお吉三さん

☆十とせ 遠い所に行こよりも 近い別府に通わんせ おお通わんせ

☆十一とせ 一々私が悪かった こらえて下んせ吉三さん おお吉三さん

☆十二とせ 十二薬師様へ願を立て お七と吉三は顔ほどき おお願ほどき

☆十三とせ 十三参宮をするときにゃ 留守を頼むぞ吉三さん おお吉三さん

☆十四とせ 十四白歯に鉄漿をつけ お七は吉三の嫁になる おお嫁になる

☆十五とせ 極楽浄土へ参る時 連れて行かんせ吉三さん おお吉三さん

☆十六とせ 十六羅漢は薄羅漢 お七と吉三は働かん おお働かん

☆十七とせ 質に置いたる櫛笄 受けてくだんせ吉三さん おお吉三さん

☆十八とせ 八幡地獄に墜ちる時 助けてくだんせ吉三さん おお吉三さん

☆十九とせ 九万九千の寺々に 参ろじゃないかえ吉三さん おお吉三さん

☆二十とせ 俄かに咲いたる菊の花 採ってくだんせ吉三さん おお吉三さん

メモ:同様の数え唄は全国的にも広く伝わっている。姫島では八百屋お七の文句で唄われたようだが、お七の文句につきものの火事のくだりが一切出てこないのがおもしろい。

 

手まり唄(国東町見地)

☆みょうとの烏が思い立ち 今年初めて伊勢参宮 伊勢ほど大きな町なれど

 一夜の宿を借りかねて 浜にたどりて浜の松 大松小松の二の枝に

 柴をかき寄せ巣を作り 十二の卵を生み揃え 十二が十二にかいわれて

 親にもろとも立つときは 金の銚子が七銚子 黄金の杯さし合うて

 お城のさん おん侍しょうが いっちょごでお駕籠でいっちょさのどん

 差いたかどん 忍ぶかどん どんどと流行るはどの神様か ここは信太の境の段

 おん吉原の駒造さん とぼけて流行るは音八ちゃん 城木屋のお駒さん 才三さん

 天から落ちたお芋屋さん お芋が一升でいくらかえ 二十四文でござります

 あんまり高いがたからかぽん お前のことなら負けてやろ 包丁まな板出しかけて

 頭を切るのが八つ頭 きりっぽ切るのがお芋屋さん

 

亥の子唄(国東町浜)

☆祝わせちょくれ

 ヨーイヨーイ ヨーイヤナ アレワイセ コレワイセ ササヤーワ ドッコイセ

 杵築の町の千太郎さん まだも九つならん年 若殿さまからもらわれて

 池の端に田をつくり 一株作れば二千石 二株作れば四千石

 お飯に炊けば富士の山 お酒に造れば泉酒 これの屋敷はよい屋敷

 お鶴とお亀が舞い遊び サヨーサヨー

 船が難船せんように 死んでも命があるように サヨーサヨー

 

亥の子唄(武蔵町)

☆そもそも亥の子の始まりは 京や天竺わが朝に 唐土から飛んで来て

 五穀成就の鬼となる これの これの座敷はよい座敷 南下がりの北上がり

 東方朔は八千歳 浦島太郎は九千歳 千も万も搗いて御慶とせ サンヨサンヨ

 亥の子 亥の子 亥の子餅を搗かん者は鬼生め 蛇生め 角ん生えた子生め

 

亥の子唄(姫島村)

☆「亥の子餅来たで」 エートンサーエートンサー 亥の子の餅を祝わんものは 鬼う生め蛇生め

 こってなら人をつけ うなみなら角ん生えた子生め 京は天竺 わが朝に

 一つや二つは祝いもの 一で俵を踏ん張って 二でにっこと笑うて 三で酒をつくって

 四つで世の中よいように 五つでいつものごとくなり 六つで無病息災に

 七つで何事ないように 八つで屋敷を踏み拡げ 九つ米俵うっつんで

 十で十並の蔵を建て 十一で金のガンガン湧くように 十二お家の繁盛と申し上げます サンヨサンヨ

 

手遊び唄(武蔵町)

☆一度と廻れば わしゃ石ゃかたげん 石屋どんなりゃこそ石をかたげましょ

☆二度と廻れば わしゃ庭掃わかん 女子衆なりゃこそ庭掃わきましょ

☆三度と廻れば わしゃ三味弾かん 芸者どんなりゃこそ三味弾きましょう

☆四度と廻れば わしゃ皺寄らん 年寄りなりゃこそ皺寄りましょう

☆五度と廻れば わしゃ碁は打たん 旦那どんなりゃこそ碁を打ちましょう

☆六度と廻れば わしゃ櫓は押さん 船頭なりゃこそ櫓も押しましょう

☆七度と廻れば わしゃ質ゃ置かん 貧乏人なりゃこそ質置きましょう

☆八度と廻れば わしゃ鉢ゃ割らん 鼠なりゃこそ鉢割りましょう

☆九度と廻れば わしゃ鍬かたげん 百姓なりゃこそ鍬かたげましょう

 

お手玉唄(安岐町吉松)

☆おひとのさん おんさま大将が いっちょごで おかごで いっちょさのドン(以下欠落)

メモ:演唱者が冒頭部分しか覚えていなかったが、おそらくこの続きは「差したかドン、忍ぶかドン」等だろう。類似した唄が杵築市などでも唄われていた。

 

お手玉唄(安岐町吉松)

☆お一つ お一つ お一つ お一つ下ろして おさらい

 お二つ お二つ下ろして おさらい

 お三つ お一つ下ろして おさらい

 おみんな おおさらい(以下欠落)

メモ:演唱者によれば「大きい橋渡れ」とか「落ちりんこ」「お手そみ」等も覚えがある由。

 

お手玉唄(姫島村)

☆へんべんヒャックリコックリ ちょいとさ 二十さが三十さ 三十さが四十さ 四十さが五十さ

 五十さが六十さ 六十さが七十さ 七十さが八十さ 八十さが九十さ 九十さが百さ

 

からかい唄(武蔵町糸原)

☆腹立て袋 かん袋 医者どんに見せたら虫袋 勧進に聞いたら勧進袋

 

からかい唄(武蔵町糸原)

☆花ちゃんちゅうても返事がない あんまりつんつんしなさんな いい婿さんでも貰うたかえ

 

からかい唄(武蔵町糸原)

☆初めて聞いた今日聞いた 隣のハンドを吹き割った

 

鳥追いの唱え(国見町岐部)

☆粟ん鳥ゃホー 稗ん鳥ゃホー

 

しびれ取りの唱え(武蔵町糸原)

☆しびれ しびれ 京上れ わしもついて上るぞ