国東市の座興唄

座興唄「数え唄」(国東町)

☆一つとせ 人の評判うち崩し 今度の騒動は三代松が 起こそうかいな

☆二つとせ 両子手永のかかり合い 西田のばかりは今一つ 逃そうかいな

☆三つとせ 三代松もろとも吉助が 思い込んだる鷹の巣に 篭もろうかいな

☆四つとせ 横手の菊一呼び出だし 煙硝買い付けお鉄砲を 放そうかいな

☆五つとせ いつか評議が出来揃うた 松明飛ばして鷹の巣を 離りょうかいな

☆六つとせ 昔のことまで引き起こし 無理な訴状をしたためて 願おうかいな

☆七つとせ 七日の評議も窮まって 哀れな次第の打ち崩し おお打ち崩し

☆八つとせ 約束通りに田深町 哀れの次第が打ち崩し おお打ち崩し

☆九つとせ 小川の町まで進み行き 城下の役人と鉢合わせ おお鉢合わせ

☆十とや とうとう話もまとまりて 思い思いに来た道を 帰ろうかいな

メモ:同種の数え唄は全国的に伝承されている。座興唄として唄われたようだが、多分、手まり唄などとして子供にも唄われていたことだろう。

 

座興唄「ラッパ節」(国東町中田)

☆今鳴るラッパは三時半 あれに遅れりゃ重営倉

 またの日曜がないじゃなし 離せ軍刀に錆がつく トコトットントン

☆向こう通るは芸者さん 三枚重ねに五つ紋

 あれでも金出しゃ転ぶのか 人は見かけによらぬもの

 

祝い唄「ヨイヤナ」(国東町)

☆祝いめでたの若松様よ 枝も栄ゆるその葉も繁る

 繁る小枝に風が鳴る ヨイヤナー

☆これの座敷は祝いの座敷 鶴と亀との舞い遊び ヨイヤナー

メモ:ヨイヤナ節の本場は朽網地方(庄内町、直入町、久住町の接する辺り)で、大分県の内陸部に広く伝承されているが、珍しく沿岸部の国東町でも唄われたようだ。

 

祝い唄「ションガエ」(姫島村)

☆肴エー 肴と好まれて 何をエーナ トコドスコイ 肴にいたします

 ハーヨーイサヨイサ これのナーエ 裏屋の小畑に 茄子をナ トコドスコイ

 千本植え並べ ハーヨーイサヨイサ 遅蒔き種かな花盛り これをエーナ

 トコドスコイ 肴に御酒まいれ ションガエー

メモ:県内の沿岸部に広く伝わっている祝い唄で、特に杵築市納屋では盛んに唄われたようだ。蒲江町、臼杵市などの漁村部など、各地各様の節回しがあったようで、おそらく瀬戸の島々や、または愛媛県から伝わってきたのだろう。

 

祝い唄「イヨコノ節」(姫島村)

☆これのイヨコノ 座敷は アーヨイヨイ これの座敷は祝いの座敷

☆鶴と 亀とが 鶴と亀とが舞い遊ぶ

☆これを 肴に これを肴に御酒あがれ