盆踊り唄「六調子」(安岐町塩屋) <77・77段物>

☆安岐の真ん中流れる川は(アラドッコイショ)

 これぞ名高い荒木の川よ(アラドッコイサッサイ ドッコイショ)

☆川のほとりに西本部落 村の中ほど鎮守の森が

メモ:安岐町全域に広く伝承されているが、手が多くて踊りが揃いにくく、若い人に好かれないので短時間しか踊らなくなった集落が多い。同じ安岐町の中でも、節回しが地域によって異なり、概ね南安岐の杵築寄りの集落では2拍子で、その他は3拍子のリズムである。ただ、その境界線は曖昧で2拍子の集落と3拍子の集落が入り乱れている。杵築の六調子と全く同じ踊り方(5回流し)のところと6回流しのところがあり、その境界線も曖昧で、大きな盆踊りのときなど混乱を極める傾向にあり、踊りの輪が崩れやすい。

 

盆踊り唄「六調子」(安岐町西本) <77・77段物>

☆しばし間は六やんでせろな(アラサーヨイヨイ)

 踊るみなさん お手振りなされ(アラヨーヤッサノ ヨーイヤヨイ)

メモ:西本は6回流しで3拍子のリズム。輪の外向きの状態で、手拍子3回で継ぎ足で輪の内向きに回り込み、その場で左右に4回流す(最初の左流しは手拍子からの連続)。輪の進む向きに、左右、右左…と内に内に、手を交互に差しかえながら6回流しで前に進み、左から3歩さがって最初に戻る(21呼間)。なお5回流しの地区の場合は右から4歩さがることになるがこちらの方が1呼間短いために(20呼間)、同じ輪の中で両者が混在するとだんだん踊りがずれていき前後でぶつかってしまい混乱する。頭3字を伏せない節の場合は、一節が20呼間である。杵築市・日出町と安岐町の一部を除いて、安岐の残り・大田村・武蔵町・国東町・田染の六調子と、国見町・香々地町・真玉町・都甲の「杵築踊り」の踊りは、ほぼ全てが21呼間である。このことから推察するに、おそらく大昔は杵築の六調子も6回流しで唄と踊りが頭が合わない踊りだったのだろうが、手が多く揃いにくいために流す回数を1回減らすことで踊りも20呼間にして、囃子のところで後ろにさがるように揃えたのではないかと思う。安岐でも、南安岐のうち杵築寄りの地域のみならず、西安岐方面でも5回流しに変化した集落が見られる。今は両者が入り乱れて混乱しているが、こと安岐地域においては、おそらく長い目で見れば5回流しに収斂していくだろう(この種の手が多い踊りの場合、唄と踊りの頭が合う方が踊りが揃い易いし、6回流しが5回流しになったところでたくさん流すことに変わりはないので)。

 

盆踊り唄「六調子」(安岐町唐見) <77・77段物>

☆今宵一夜の供養の踊り(アラサーヨイヨイ)

 誰もどなたも どなたも様も(アラヨーイヤッサノ ヨーヤヨイ)

メモ:唐見の六調子は、音頭の部分は3拍子だがお囃子になると2拍子に戻る。また、下の句の頭3字が詰まって3連符になっていて、他の集落の六調子よりも少し節が短くなっている。唐見は6回流しで踊っているが、これを5回流しに変えたところで、節が少し短いので唄と踊りの頭が揃うことはない。

 

盆踊り唄「六調子」(安岐町山口) <77・77段物>

☆安岐のマ 真ん中流れる川は(アラサイ コラサイ)

 これぞマ 名高い荒木の川よ(ヤートコサイサイ ヤートコサイ)

メモ:ヤートコサイサイ…と囃すのは2拍子のリズムのときのみ。

 

盆踊り唄「六調子」(武蔵町糸原) <77・77段物>

☆わしが口説きも囃子でしまる(アラサイ コラショイ)

 みんなどなたも 囃子で頼む(アーヨーヤッサー ヨーヤヨイ)

メモ:武蔵の六調子は、安岐の踊り方とも国東の踊り方とも全く違う。「継ぎ足で手拍子」を2回し、2回目の手拍子で輪の内向きにまわってから流し始めて4歩で前向きに戻り、また「継ぎ足で手拍子」を3回し、3回目の手拍子から流し始めて後ろ向きになって

前向きに戻る。手拍子の継ぎ足のところ以外はいつも右左と交互に流すばかりで、足運びも方向がかわるだけでただ歩むだけなので、3回手拍子の後の流しが多いために次の2回手拍子の入りを間違いやすい。そのため、所作はやさしいが踊りがやや揃いにくく、しかも手が多いため若い人にはあまり好まれない。それでも、一応この地域の盆踊りの中心となる踊りである。

 

盆踊り唄「六調子」(武蔵町中武蔵) <77・77段物>

☆一つ手を振りゃ千部の供養(コラサイ コラサイ)

 二つ手を振りゃ万部の供養(アーヨイトコサーノ ヨイサノショイ)

メモ:糸原の踊り方に似ており、安岐や国東の踊り方とは全く違う。継ぎ足で手拍子を3回し、右に捨てて、継ぎ足で手拍子をまた3回、左右に流して前に進みながら反転し後ろ向きになってさがり、また反転して前向きに進むという踊り方。方向転換の仕方が、糸原では後ろ向きになるときは右回り、前向きになるときは左回りなので、輪の外は向かずに踊る。ところが中武蔵では、後ろ向きになるときも前向きになるときも右回りなので、輪の外も向くことになる。どちらにしても、輪の進む方向に動きながら体の向きだけがかわっていく。安岐にくらべると流し方などの所作はやさしいが、やはり踊りが揃いにくい。

 

盆踊り唄「六調子」(国東町豊崎) <77・77段物>

☆しばし間は六さんでやろな(アラサイ コラショイ)

 誰もどなたもお手振りなされ(ヨーヤーサ ヨーヤヨイ)

☆何がよいかよ踊り手様よ 村の若い衆の意見をきけば

メモ:国東の六調子は踊り方がたいへん難しいが、平成に入っても盛んに踊られている。右回りの輪で踊る。いわゆる「杵築踊り」系統の「六調子」の中でも国東町のものは踊りがよそと全く違う。輪の外を向いておいて、右手を振りあげて手首を返しながら右回りに反転して輪の中を向き、左手を振りあげて手首を返して輪の中向きになる。左に大きく流して輪の進む向きになり、右に巻くように3回流して輪の進む向きと反対に踏み残して左回りに踏み返し、輪の進む向きに手拍子3回で進みながら右回りに踏みかえて輪と反対向きになり、左手を高くあげて手首を返して左回りに反転して輪の進む向きに戻る。左から右に流す。左前に流して手拍子、右前に流して手拍子、左前に流して手拍子で輪の外を向いて最初に戻る。体の向きがあちらこちらに変わるのでなかなか覚えられないし、3拍子のリズムに乗せた足運びがとても難しい。単純にズンタッタズンタッタ3つ打ちに乗せてステップを踏むのではなく、微妙に食い気味の拍子の取り方をする。太鼓のリズムとつかず離れずといったところだろうが、これがまた見ている分には難しそうに見えないのだが、実際に踊ろうとしても、一見しただけではまず無理だと思われる。残念ながら対外的には全く知られておらず国東町内の各集落で供養踊りとして伝承されているのみだが、鶴崎踊り、堅田踊り、草地踊り等の著名な盆踊りと並べても全く遜色のない、たいへん優雅でよい踊りである。

 

盆踊り唄「六調子」(国東町北江) <77・77段物>

☆下手なヘの字があやぼてみましょ(アラサ ドッコイショ)

 行くか行かぬかそか知らねども(ヨーヤサー ヨーヤヨイ)

☆行けばそれよし行かないときは そこらここらの姉様方の

 

盆踊り唄「六調子」(国見町岐部) <77・77段物>

☆そこに出たやとちょいと捕まえて(ヤレショイ マカショイ)

 しばし間は文句の続き(ヨーイソーラ ヨーイヤヨイ)

☆判兵衛さんが腹立て顔で(ヤレショイ マカショイ)

 おとらそなたにゃ 暇とはならぬ(ヨーイソーラ ヨーイヤヨイ)

メモ:2拍子のリズムで、伊美の「杵築踊り」とほぼ同じ踊り方。国東半島で踊られる「杵築踊り」系統の六調子のうち国東町・武蔵町以外の踊り方と同系統ではあるが、ずいぶん簡略化されている。

 

盆踊り唄「六調子」(国見町櫛海) <77・77段物>

☆やあれ皆さん こりゃなんとせろか(ヤレショイ マカショイ)

 おうさそうじゃな 六やんとせろな(ヨーイ ヨヤーヨイ)

 

盆踊り唄「六調子」(国見町伊美) <77・77段物>

☆じたい三太が生まれを訊けば(ヤンショ コラショ)

 器量は吉野の桜に育つ(ヨーイ ヨヤヨーイ)

☆朝日長者と家名を名乗る 前に泉水築山つかせ

メモ:昭和22年刊行『伊美郷土誌』より。

 

盆踊り唄「杵築踊り」(国見町伊美東中) <77・77段物>

☆花のお江戸のそのかたわらに(アラショイ コラショイ)

 聞くも珍し心中話(アヨーイ ヨヤーヨイ)

メモ:伊美の杵築踊りは、赤根のものとくらべてずいぶん簡略化されている。岐部の「六調子」とほぼ同じ。流しながら3歩後ろにさがったら、よそでは手拍子をしながら右回りに輪の中向きに回り込んで両手を振り上げるなどして、左から6回継ぎ足で出て行くことが多い。ところが伊美では、3歩下がったらすぐ継ぎ足で前に進んでいく。こちらの方が手数が少なく、ごく易しい。

 

盆踊り唄「杵築踊り」(国見町伊美) <77・77段物>

☆恋に焦がれて死したる姫の(ヤンショ コラショ)

 夜道帰りは枯れ木に花よ(ヨーイソーラ ヨヤヨーイ)

☆灘の初めは玄界灘よ 橋の初めは無明の橋よ

 

盆踊り唄「杵築踊り」(国見町赤根) <77段物>

☆杵築踊りでしばらくしばし(アラサイ コラサイ)

 アラソウジャナ お手振りゅ頼む(ヨーイソーラ ヨーイヤヨイ)

☆一つ手を振りゃ千部の供養 千部の供養

メモ:赤根地区では通常、盆踊りの最初に踊る。岐部地の「六調子」や伊美地区の「杵築踊り」と同一曲だが踊り方は異なり、難しくはないがこちらの方が手が込んでいる。おそらく真玉町や香々地町の山間部から伝わってきたのだろう。

 

盆踊り唄「ヤンソレサ」(国見町赤根) <77・77段物>

☆かえたかえたよヤンソレサにかえた(アラショイ コラショイ)

 踊る皆さんお手振りなおせ(ヤーンソーレ ヤンソレサイ)

☆ヤーレ嬉しや踊りが揃うた 揃うたところで理と乗せましょか

メモ:この唄は西国東周辺に広く伝承されているが、赤根のものは極めてテンポが速い。赤根では、囃子以外は「杵築」の節回しで唄っている。踊り方は、真玉町や豊後高田市のヤンソレサと同じ。途中にイレコを挟むことも多い。

 

盆踊り唄「ヤンソレサ」(国見町伊美) <77・77段物>

☆アーヤンソレサは臼杵が元よ(ショコショイ ショコショイ)

 臼杵佐伯は米ないところ(ハヤーンソーレ ヤンソレサイ)

メモ:昭和22年刊行『伊美郷土誌』より。

 

盆踊り唄「イレコ」(国見町櫛海) <イレコの繰り返し>

☆ドッコイサッサでコラサノサ おっさん待ちないちょいと止めた

 ドッコイサッサでコラサノサ 私が一丁いれやんしょ

 ちょうど去年の盆じゃった 私が踊りに来る道に 豆腐が半丁あえちょって

 しくしくしくしく泣きよった ほんとにしくしく泣きよった なんで泣くかち聞いたなら

 そんまた豆腐の言うことにゃ もとのお豆にわしゃなりたいと(ヤーンソーレ ヤンソレサ)

メモ:イレコばかりを次々に繰り返すテンポの速いヤンソレサで、耶馬溪町や山国町に残っている「三勝」と同種のものである。

 

盆踊り唄「六調子」(国見町赤根) <77段物>

☆今度踊りは六調子(ヨーヤサヨヤサ) 六調子やろな(ソイソイ)

☆六で舞うなら速いが 速いがよかろ

☆あまり速けりゃお尻が お尻が回る

メモ:西国東の「六調子」、つまり宇佐地方の「唐芋踊り」と同一曲で、通常盆踊りの最終に踊るものである。沿岸部(岐部地区など)の「六調子」とは全く異なる。踊り方は真玉のものとも高田のものとも異なり、始終前向きで踊る。左から3歩、うちわを叩きながら継ぎ足で出るが、3歩目のときは2回連続ですばやくうちわを叩き、足運びはそのままに両手を振り上げながら右から3歩継ぎ足で出て、左右と小さくさがる。ごく易しいがテンポが速い中で両手を振り上げたりするので、なかなか忙しい。

 

盆踊り唄「三つ拍子」(安岐町西本) <77段物>

☆一つ手を振りゃ千部の供養(オイサオイサ)

 ヨイカナ 千部の供養(ヤーレショ ドッコイショ)

☆二つ手を振りゃ万部の供養 万部の供養

メモ:この唄は速見地方に広く伝承されているが、かつては東国東でも盛んに唄い踊られていた。しかし武蔵町や国東町では、現在全く踊られていないようだ。踊り方は杵築市のもののうち、八坂地区や奈多狩江地区で踊られているものと全く同じ。

 

盆踊り唄「三つ拍子」(安岐町西武蔵) <77段物>

☆後で抽選会もありますほどに(アーエッサエッサ)

 そじゃそじゃ抽選会もあるし(アーラエッサ ドッコイショ)

☆踊るみなさん最後の最後 そじゃそじゃ一等賞で帰ろ

メモ:踊り方は安岐市街地と同じだが、節回しがやや異なる。西武蔵のものは陽旋で、山香町上地区や安心院町などの「蹴出し」の節回しに大変よく似ている。西武蔵地区ではほかに「六調子」「祭文」「ヤッテンサン」「豊前踊り」「二つ拍子」なども盛んに踊られていたようだが全て廃絶し、三つ拍子を残すのみとなっている。

 

盆踊り唄「祭文」(国東町北江) <77・75切口説>

☆お前百まで わしゃ九十九まで コリャホンカイナ

 ともに白髪の生えるまで(ソレエー ソレエー ヤトヤンソレサ)

☆誰もどなたもご苦労をかけた またのお礼は馬屋の中

メモ:国東町の盆踊りは六調子と祭文に限られつつある。六調子がメインで、祭文は六調子の間に踊られることが多い。踊り方は杵築市や安岐町のものに似ているが、足の運びはこちらの方がずっと忙しく、外側に外側にいちいち継ぎ足で踏み出すのが特徴。手の振りも大きく、外に外に流しながら踊る。

 

盆踊り唄「祭文」(国東町富来) <77・75切口説>

☆色で迷わすスイカでさえも コラサーノサー

 中にゃナ 苦労の種がある(ソレエー ソレエ ヤートヤーンソレサイ)

メモ:富来の祭文はテンポが遅く、のんびりとした印象。陽旋で唄う人と陰旋で唄う人があるが、囃子の「ソレエーソレエ…」はいつも陽旋。

 

盆踊り唄「祭文」(国東町来浦) <77・75切口説>

☆来浦浜を鳴いて通る鴉 コラサノサ

 金も持たずに買う買うと(ソレーヤ ソレーヤート ヤーソレサイ)

☆来浦で名所は金毘羅様よ 島が見えますほのぼのと

☆三十五馬力の発動機船で 行くは漁が島 下関

☆親というもの公明の光 親がなけらにゃ くれの闇

 

盆踊り唄「祭文」(安岐町小川) <77・75切口説>

☆今宵マー よい晩嵐も吹かで コラサノサ 梅のマー

 小枝も折りよかろ(ソレエンヤコラ エンヤヤノ ヤンソレサイ)

☆今宵来るなら裏からおじゃれ 前は車戸で音がする

メモ:安岐町では近年、音頭の部分は低速で、囃子に入るとやや高速化する傾向にある。節も踊り方も杵築市のものとほぼ同じだが、所作は杵築に比べるとやや大きいようだ。鶴崎踊りの祭文の影響が色濃く残り、手拍子の数を減らして所作を簡略化しただけである。束足で手拍子をし、手拍子1回からの連続で小さくゆすりながら2歩出て、右、左と流して、右に流しながら1歩さがるだけ。

 

盆踊り唄「祭文」(安岐町西本) <77・75切口説>

☆咲いた桜になぜ駒つなぐ コリャホンカイナー 駒がネー

 勇めば花が散る(ソラエンヤ ソラエンヤ ヤットヤードッコイナ)

 

盆踊り唄「祭文」(安岐町朝来) <77・75切口説>

☆踊る皆さんだんだんご苦労 コラサノサ

 祭文踊りもこれ限り(ソラーエ ソラーエ ヤトヤンソレサイ)

メモ:囃子部分の節回しが、市街地のものとは少し異なっている。

 

盆踊り唄「祭文」(安岐町両子) <77・75切口説>

☆かえたかえたぞ祭文にゃかえた(アヨイサヨイサ)

 しばし間は祭文でやろな(ヨーイソレーヤートヤーソレサイ)

○待った待った待った音頭さん じいさんばあさんちょいとごめん

 ここらで止めるは無理じゃけど 十七八の小娘が 片手に花持ち線香持ち

 おんおんわんわん泣いていた どうして泣くのと訊いたれば

 うちの裏の竹山に 紫竹破竹は生ゆれども 私のおそそにゃ毛が生えん

 それが悲しゅて泣いていた 今のイレコはよくできました(アヨイサヨイサ)

 やれさそうともよくてきました(ヨーイソラー ヤートヤーソレサイ)

メモ:昔は盛んにイレコを挿んだとのこと。節回しが市街地とは全く違っていて、「レソ」に近い。

 

盆踊り唄「祭文」(武蔵町中武蔵) <77・75切口説> 

☆梅と桜を 両手に持ちて コラドッコイショ

 どちらネー 梅やら桜やら(ソレヨイ ソレガエ ヤットヤーソレサ)

メモ:安岐の祭文とよく似ているが、手拍子が1つ少ないほか、かざして流すのではなくすくいあげるような所作で踊る。

 

盆踊り唄「祭文」(武蔵町糸原) <77・75口説>

☆親の 意見と茄子の花は コラサノサ(アードシタ)

 千にネー 一つの徒もない(アーソーレガヨイ ソーレガヨイ ヤットナーソレサ)

メモ:中武蔵と同じ踊り方だが、こちらの方がわずかにテンポが速い。アードシタの掛け声と下の句の唄い出しが重なっており、間がつまっている。糸原では六調子、祭文、おけさ、セーロの4種類を踊っているが、武蔵町内の多くの集落では六調子と祭文の2種類に限られつつあるようだ。昔は豊前踊りや三つ拍子を踊るところもあった由。

 

盆踊り唄「レソ」(国見町赤根) <77段物>

☆やれさ音頭さんぬ 褒めたちゅなればコラサノサ(アドスコイドスコイ)

 ヨイカナ 褒めたちゅなれば(ソーレガヨイヤ ソーレガヨイヤットヤンソレサ)

☆一で声がようて二で節がよて 二で節がよて

メモ:西国東から入ってきたと思われる。節回しは真玉のものによく似ている。踊り方も、豊後高田市草地のものや真玉のものとほぼ同じだが、右足を蹴り出したあとの手拍子を、高田や真玉では表拍で打つのに対して国見では香々地と同様に裏拍で打っている。

 

盆踊り唄「レソ」(国見町櫛海・伊美) <77・77段物>

☆国は大和の海津の村にゃコラサノサ(ドスコイドスコイ)

 判兵衛さんとて有徳にゃ暮らす(ソレーヤソレーヤートヤーソレサイ)

☆有徳暮らせば世に瀬がござる 春の頃にて妻持ちなさる

 

盆踊り唄「レソ」(国見町小熊毛) <77・77段物>

☆今のヨヤナで受け取りましたコラサノサ(ハードッコイドッコイ)

 いけばそれよし いかねばままよ(ソーラエーソーラエーヤットヤンソレサイ)

★先の音頭さんななかなかお上手コラサノサ(ハードッコイドッコイ)

 ソジャソジャ 長々ご苦労(ソーラエーソーラエーヤットヤンソレサイ)

メモ:下の句を全部唄う節☆と、頭3字を欠く節★を混ぜて唄う。興が乗ればイレコを挿むこともある。小熊毛のレソは、踊り方は岐部のものと同じだが、節回しが国東町方面の「祭文」に近くなっている。祭文もレソも同じもので呼称が違うだけだが、この辺りが「祭文」と「レソ」の境界であって、これより高田方面はすべて「レソ」と呼んでおり、来浦から杵築方面はすべて「祭文」である。元をたどれば同じであっても、高田からは「レソ」として、杵築からは「祭文」としてそれぞれ海岸線に沿って伝わっていったので、その終点である国見町では呼称が「レソ」でも節は「祭文」に近くなっていると考えられる。

 

盆踊り唄「豊前」(安岐町唐見) <77・77段物>

☆花のお江戸のそのかたわらに さても珍し心中ばなし

 (ヨーイヨーイ デッカンショ)

☆ところ四谷の新宿町の 春は花咲く青山辺の

メモ:昔は南安岐地区を除く安岐町全域で踊られていたが、ほとんどの集落で廃絶しており高齢者でなければ踊れない。市街地近くでは、唐見や吉松辺りでわりと最近まで踊っていたようだが、今はもう、踊れない人ばかりで輪が崩れるのでほとんどの集落で省略するようだ。安岐町の豊前踊りはよそとくらべるとずいぶんテンポが遅く、6回継ぎ足で左右に流して後ろに3歩さがるところから「六調子」と混同しやすいが、豊前踊りのときは後ろに3歩下がったらそのまま前に3歩出て、輪の中を向いて手拍子を打つ。六調子よりは少し簡単だが、やはり手が多いので若い人に好かれなかったのだろう。3拍子ののんびりとした節回しがとてもよいし、踊りも難しくはないのでどうにか復活されればと思うが。

 

盆踊り唄「エッサッサ」(国見町櫛海) <77・75切口説>

☆わしが若い時ゃ(アラエッサッサ) 伊美の浜へ通うた

 道の小草を ホンマニなびかせた(エーッサッサ エッサッサ)

☆様よ様よと恋いこがれても 末は添うやら添わぬやら

メモ:櫛海地区の盆踊りは、初盆の家を順々に廻って踊る。初盆の家が多いときは一晩で廻るのが大変なので、数夜に分けて廻っている。踊りはマッカセ、レソ、エッサッサ、六調子、イレコの5種類。

 

盆踊り唄「エッサッサ」(国見町伊美) <77・75切口説>

☆踊り踊るなら(エーッサッサ エッサッサ) しなよく踊れ

 しなのよいのを ホンマニ嫁にとる(ハーエーッサッサ エッサッサ)

 

盆踊り唄「エッサッサ」(国見町赤根、国東町豊崎) <77・77段物>

☆誰もどなたも(アエッサッサ) エッサッサにゃあいた

 あいたところで切り替えましょか(アエーッサッサ エッサッサ)

メモ:赤根では今でも盛んに踊っている。旧東国東郡でこの踊りが残っているのは赤根地区と櫛海地区など、ごく僅かとなっている。昔は国見町だけではなく、国東町豊崎の一部集落(赤松など)でも踊っていた。また、西国東にも広く伝承されていたが、近年廃れている。比較的テンポが速い唄で、節回しも易しいし踊り方もごく易しい。安心院方面の「エッサッサ」「大津絵」と同種の唄であり、かつては山香町でも踊る集落があったという。おそらく国東半島においては、六調子や祭文よりは年代の下るものと思われ、よその踊りを取り入れた余興的なものだったのではないかと思う。それが廃った原因だろう。

 

盆踊り唄「マッカセ」(国見町櫛海) <77・77段物>

☆ヤーレそうじゃなマカセにゃ変えた(ソリャマッカセマカセ)

 しばし間は(コラショイ) しゃんきりしゃんと(オイオイ)

 アヨイサコリャ 踊りておくれ(ソリャ ヤヤト ハリハリ ヤヤノ ホイホイ)

☆ヤーレ嬉しや踊り子も揃うた 秋の出穂よりゃなおよく揃うた なおよく揃うた

メモ:西国東から入ってきたのだろう。今は真玉・香々地では全く踊っていないようだが、櫛海や伊美に残っているところを見ると、高田と櫛海の間に位置する真玉・香々地の沿岸部でも昔は踊っていたと考えるのが妥当である。エッサッサと同じく宇佐や山香から高田経由で伝わってきた「流行踊り」だったのだろう。

 

盆踊り唄「マッカセ」(国見町伊美) <77・77・77段物>

☆金魚銀魚の鯉鮒生かす(ソラマッカセマカセ)

 まずは朝日の(コラセ) 御宝物は(インヤオイ インヤオイ)

 金の唐猫 まず一つがい(ソレヤートハリ ヤヤノオイ)

メモ:昭和22年刊行『伊美郷土誌』より。

 

盆踊り唄「マッカセ」(国見町伊美東中) <77・77・77段物>

☆金魚銀魚の鯉鮒生かす(ソーリャマッカセマカセ)

 まずは朝日の(コラショイ) 御宝物は(イヤホーイホイ)

 金の唐猫 まず一つがい(ソリャー ヤットハーリハリ ヤヤノホーイホイ)

 

盆踊り唄「ヤッテンサン」(安岐町大添) <77段物>

☆かえた(セーロ) かえたよヤッテンサンにゃかえた(ヤッテンセーロ)

☆踊る皆さんお手振りなおせ

メモ:元来、安岐では盆踊りの最初に、武蔵では最終に踊っていた。しかし、武蔵では平成に入ってからはほとんど踊られていないようである。安岐では盛んに踊っているが、最初に踊ることは稀。節回しや踊り方は杵築のものと同じで、数歩歩いて右に捨てて足を浮かせながら手拍子を2回打つだけ。たった4呼間で所作が一巡する上に節回しもごく単純なので、やや単調な印象があり長く踊っていると飽きる。

 

盆踊り唄「ヤッテンサン」(安岐町西本) <77段物>

☆しばし(ヤッサッサ) 間はヤッテンサンでせろな(ヤーレショドッコイショ)

☆一つ手を振りゃ千部の供養

 

盆踊り唄「ヤッテンサン」(武蔵町糸原) <77段物>

☆国は(セーロ) どこよと尋ねてきけば(ヤーレサドッコイショ)

メモ:武蔵町のほとんどの集落では盆踊りの最終にを踊っていたが、今は省略するところが増えており、糸原など一部を除いては踊られなくなっている。踊り方は安岐町と全く同じで、節回しもほぼ同じである。最後はどんどんテンポを上げていき、みんながついていけなくなった頃にお開きになることが多い。びっくりするほど速くなり、太鼓の叩き方も忙しく大変盛り上がる。

 

盆踊り唄「おけさ」(武蔵町糸原) <77・75切口説>

☆ハー佐渡へ 佐渡へと草木もなびくヨ(ハヨイトコラドッコイナー)

 佐渡はよいかえ すみよいか(ハヨイトコラドッコイナー)

メモ:糸原では一連の地踊りの中の一つとして、「おけさ」が唄い踊られている。佐渡おけさと似た節だがそれなりに変化しており、他の盆踊り唄と連続して太鼓伴奏で踊られている。踊り方も「佐渡おけさ」とは全く違い、「おけさ」の名残をわずかに残しながらもずいぶん簡略化された踊り方である。盆踊りが盛んだった頃に「六調子」や「祭文」「セーロ」といった盆踊り唄だけでは飽き足らず、その当時、流行小唄として口ずさまれていた「おけさ節」を取り入れたのが定着したものと思われる。そのためレコード等を利用して「よその踊り」を踊っている(炭坑節等)のとは違い、一応、地元に根付いた盆踊り唄とみてよいだろう。県内では、上浦町で踊られる「ごうし音頭」や中津で踊られた「ドッコイサッサ」等の「江州音頭」の変形や、大野地方で広く踊られる「伊勢音頭」など、他県由来の民謡・俚謡や俗謡が節回し・踊り方などをかえつつ、地元の一連の盆踊り唄の中に根付いている例が見られる。その中でも「おけさ」が地踊りになっているのは、武蔵町だけと思われる。

 

盆踊り唄「糸引き踊り」(国見町伊美) <77・45切口説>

☆何が因果でヨ 糸引きを習うたヨ(アラ気を兼ね苦労するよ)

メモ:メモ:昭和22年刊行『伊美郷土誌』より。今は全く踊られていないようだが、おそらく作業唄の転用だろう。下の頭3字を伏せて囃子が取っているあたりを見るに、宇佐方面からの伝搬かもしれない。

 

盆踊り唄(姫島村) <47・75切口説>

☆唄えと責めかけられた(ノホホーヤホイ ソレワサ)

 ア唄いかねたよこの座敷(この座敷)

 ノホホーヤホイ ソレワサ(ア唄いかねたよこの座敷)

☆座敷はめでたい座敷 鶴と亀とが舞い遊ぶ

メモ:姫島の盆踊りには狐踊り、綾踊り、銭太鼓、猿丸太夫、田植え踊りなどいろいろと種類があるが、この唄は全ての踊りに共通。頭3字を伏せ、各節を尻取りのように唄い継ぐのが特徴。国東半島各地に伝わるレソ、六調子などいろいろな唄の中で、姫島の盆踊り唄に似ているものを探しても全く見つからない。国東半島どころか、大分県内に同種の唄は全く伝わっていないようだ。瀬戸内の島々から伝わって姫島に留まった唄なのか、あるいは姫島で生まれた唄なのかは定かではないが、とにかくこの唄は姫島にしか伝わっていない。カッコ内の部分は踊り手が唄う。各節終わりの部分と唄い出しの部分が重なっており、たとえば踊り手が「この座敷」と唄い終わらないうちに音頭取りが「座敷は…」と唄いはじめるのがおもしろい。