寝させ唄(杵築市弓町)

☆ねんねんころりよねんころり ねんねのお守はどこ行った

 あの山越えて里行った お里のおみやにゃ何よ貰うた

 でんでん太鼓に笙の笛 鳴るか鳴らぬか吹いてみよ

 鳴らねば隣のびこにやろ

 ※びこ=「(幼い)娘」の意で、親しみを込めた言い方

 

寝させ唄(杵築市溝井)

☆うちの裏の苣の木に 雀が三羽とまって 先の雀も物言わぬ

 後の雀も物言わぬ 中の雀の言うことにゃ ゆうべ貰った花嫁女

 ゆうべは納戸に直らせて 今朝は座敷に直らせて 金襴緞子を縫わすれば

 一人しくしく泣いている 何が悲しゅてお泣くのか

 お襟とおくびをつけきらん つけきらん

メモ:同じ唄が豊後高田市田染では手まり唄として唄われた。

 

寝させ唄(杵築市馬場尾)

☆ねんねこっこよー ねんねんよ ねんねのお守はどこに行た

 お暇を貰うて山越えて あの山越えて里に行た

 みやげに貰うた笙の笛 鳴るかや鳴らんかや吹いてみれ

 ねんねこっこよー ねんねんよ

 

寝させ唄(大田村)

☆ねんねんねんねん ねんころりん ねんねがお守はどこへ行た

 あの山越えて里へ行た お里の土産にゃ何ゅ貰うた

 でんでん太鼓に笙の笛 鳴るか鳴らぬか吹いてみよ

 テンテンドンドン テンドンドン 坊やはよい子だ ねんねしな

 

手まり唄(杵築市馬場尾)

☆一匁の一助さん イの字が嫌いで 一万一千一百石

 一斗一升一合一勺 お蔵に収めて二助さんに渡した

(以下、十まで)

メモ:全国的に広く唄われたもの。一斗一升一合一勺…の部分は、一斗一斗一斗豆など、いろいろな唄い方があったようだ。他県では十一以降も唄った地域もあるようで、以前「探偵ナイトスクープ」には「十三匁の花子さん、サイコロ買いました…」などの文句を唄いながらまりつきをする人が出ていた。

 

手まり唄(山香町若宮)

☆うちの隣の三毛猫が 白粉つけて紅つけて

 かいかい橋を渡るとき 人に見られてちょいと隠す

 

手まり唄(日出町真那井)

☆坊さん坊さん これのお庭にゃ梅が三本 桜が三本 合わせて六本

 から竹 唐梅 からす一羽で渡した

 

手まり唄(杵築市溝井)

☆大黒さんという人は ここのお国の人でない 唐から日本に渡るとき

 一で表を踏ん張って 二でにっこり笑うて 三で盃いただいて

 四つ世の中良い様に 五つ出雲の神様に 六つ婿さん貰うて

 七つ何事無い様に 八つ屋敷を買い広め 九つここに蔵を立て

 十でとうとう福の神 ちょいと一貫貸しました

 

手まり唄(杵築市馬場尾)

☆一列ランパン破裂して 日露戦争始まった

 さっさと逃げるはロシヤの兵 死んでも尽くすは日本兵

☆御門の兵を引き連れて 六人残して皆殺し

 七月八日の戦いに ハルピンまでも攻め込んで

○クロパトキンの首を取り 東郷大将 万々歳

メモ:この唄は文句が時勢にそぐわないため今は全く聞かれないが、昔は「一匁の一助さん」と同じくらい盛んに唄われたものである。同じ節を2回繰り返して、最後に2句余るところは後半の節を繰り返して唄う。これの替え唄の「運動会の歌」が杵築小学校で平成に入っても唄われていた。

(参考)「運動会の歌」

☆秋空高くさわやかに 今日は楽しい運動会

 元気に満ちた杵築の子 いざ立て奮え わが選手

☆臥牛の丘の校庭で…(以下失念) 

 

お手玉唄(杵築市馬場尾)

☆おんしろしろしろ お城のさん おんさま大将が一丁さのさ

 差したかドンドン忍ぶかドン ドンドと鳴るは雷さん

 

お手玉唄(杵築市弓町)

☆お城のさん 王様蛙がいっちょごでお駕籠で一丁さのさ

 差したかドン 忍ぶかドン ドンドと鳴るは雷さん

 白木屋のお駒さん 才三さん アラ煙草の煙は

 ひい ふう み よ いつ む なな や この と

 ※「いっちょごで」は、「一丁籠で」と思われる。

メモ:この種の唄は県内各地で唄われたようだが、ところによって文句が異なっている。

 

お手玉唄(杵築市弓町)

☆一かけ二かけて三かけて 四かけて五かけて六かけて

 六かけ七かけ橋かけて 橋の欄干腰かけて はるか彼方を眺むれば

 十七八なる姐さんが 花と線香を手に持ちて

 こちらに渡って来るわいな 姐さん姐さんどちら行き

 私は九州鹿児島の 切腹なされた父親の お墓参りに参ります

 お墓の前で手を合わせ なむあみだぶつと拝んだら

 お墓の中から幽霊が ゆらりゆらりと浮かびくる

メモ:この唄は全国的に唄われたもので、普通「一番はじめは一の宮…」の唄と同じ節で唄われるが、中には「かっぽれ」の「豊年じゃ万作じゃ…」の節で唄う場合もあったようだ。また、この文句を盆踊り唄のイレコに用いることもあるようで、野津町では「三重節」のイレコに使っているのを聞いたことがある。

 

お手玉唄(杵築市弓町)

☆お初め お一つ 落としてオシャラ

 皆さん今晩は テテシャン テテシャン 落としてオシャラ

 おつかみ おつかみ 落としてオシャラ

 落ちりんこ 落ちりんこ 落としてオシャラ

 大きな川は 疲れきってオシャラ

 一山くらんで 二山くらんで 三山くらんで 四山くらんで

 五山くらんで 六山くらんで 七山くらんで

 八山くらんで 九山くらんで 十山くらんで

 おまけが一升 おまけが二升 おまけが三升

 いっちょんきり お初め なんとくさい

メモ:この唄は、5個1組のお手玉で技を繰り広げる遊び方のときに唄った。一般に「おしゃら」「おさらい」「おーしゃらい」などと呼んだ遊び方で、ぐるぐると投げ上げる遊び方よりも親しまれていたが、今は廃れている。また、余談だが杵築周辺ではお手玉のことを昔は「おじゃみ」と呼んでいたが、「おじゃみ」というだけで「おしゃら」の遊び方を指すこともあるほど、ポピュラーな遊び方だったようだ。普通、一つの玉を投げ上げている間に下に置いている他の玉を拾ったり指に挟んだりして、「おしゃら」とか「おーさらい」の掛け声でみんな下に捨てる。

 

お手玉唄(杵築市馬場尾)

☆お一つ お一つ お一つ お一つ 下ろしておーさらい

 お二つ お二つ 下ろして おーさらい

 お三つ お一つ 下ろして おーさらい

 おみんな おーさらい

 おつかみ おつかみ おつかみ おつかみ 下ろしておーさらい

 落ちりんこ 落ちりんこ 落ちりんこ 落ちりんこ 下ろしておーさらい

 大きい橋 大きい橋 大きい橋 大きい橋 おーさらい

 小さい橋 小さい橋 小さい橋 小さい橋 おーさらい

 大寄せ 大寄せ 大寄せ 大寄せ おーさらい(以下脱落)

 

お手玉唄(杵築市馬場尾)

☆おんきょろ きょろ橋 橋ごめの 紅屋のおっかさん橋本屋 立っても座ってもよう染まる

 雀の小枕 こまがらせ 行燈ぐるま 水ぐるま 水がないぞやお宿まで

 お宿は長崎 腰かけて ここは信濃の善光寺 善光寺さんに願かけて

 梅と桜をあげたなら 梅は酸いとて嫌われた 桜はよいよい褒められた 褒められた

 

お手玉唄(杵築市本庄)

☆おんどり一羽が一匁 テコテン

(以下、十まで)

 

お手玉唄(杵築市馬場尾)

☆へんべんひゃっくにこっくに十とせ

(以下、二十、三十…と百まで増していく)

メモ:この唄も広く唄われたようで、「へんべんひゃっくりこっくり…」など、文句がいろいろとあるようだ。

 

お手玉唄(杵築市弓町)

☆へんべんひゃっこく十とせ

(以下、二十、三十…と百まで増していく)

 

お手玉唄(杵築市本庄)

☆一番はじめは一宮 二また日光修禅寺

 三は佐倉の宗五郎 四また信濃の善光寺

☆五つ出雲の大社 六つ村々天神様

 七つ成田の不動様 八つ八幡の八幡宮

☆九つ高野の弘法様 十で東京は心願寺

 これほど心願かけたのに 浪子の病は治らない

☆ゴウゴウゴウと鳴る汽車は 武夫と浪子の生き別れ

 鳴いて血を吐く不如帰 ほんに哀れじゃないかいな

メモ:全国的に唄われたもの。この唄と同じ節で「一かけ二かけ」を唄うことも多い。

 

縄跳びの唄(杵築市弓町)

☆お嬢さん お入んなさい じゃんけんぽん あいこでしょ 負けたお方は出てちょうだい

 

縄跳びの唄(杵築市馬場尾)

☆郵便屋さん 郵便屋さん 葉書が十枚落ちました 私が拾うてあげましょか

 一枚 二枚 三枚 四枚 五枚 六枚 七枚 八枚 九枚 十枚 かわりましょ

 

縄跳びの唄(杵築市弓町)

☆郵便屋さん お入んなさい はいこんにちは じゃんけんぽい 負けたお方は出てちょうだい

 はいこんにちは じゃんけんぽい 負けたお方は出てちょうだい

 おごめんなさい お入んなさい はいオッポコリキリキオッポッポ じゃんけんぽい

 負けたお方は出てちょうだい

 

縄跳びの唄(山香町若宮)

☆お月さんなんぼ 十三七つ まだ年ゃ若い 若いうちに紅カネつけて

 どこに参る いずくに参る いずくの路で 目のない鳥が

 あっちの谷でヒョーロヒョロ こっちの谷でヒョーロヒョロ

 

縄跳びの唄(杵築市馬場尾)

☆波はどんどと打ち寄せる ここは浜辺の山の上

 あの空高くそびえ立つ 錦の旗の勇ましさ

 

拳遊びの唄(杵築市弓町)

☆一兵衛さんが芋食って 二兵衛さんが肉食って 三兵衛さんが酒飲んで 四兵衛さんが酔っ払って

 五兵衛さんがごんぼ切って 六兵衛さんが毒飲んで 七兵衛さんが縛られて 八兵衛さんが腹切って

 九兵衛さんが首斬って 十兵衛さんが重箱かついでエッサッサ じゃんけんぽん

 

拳遊びの唄(杵築市弓町)

☆お寺の花子さんがヘチマの種をまきました

 芽が出てふくらんで 花が咲いてしぼんで 開いたところで じゃんけんぽん

☆一本橋こちょこちょ ひねってたたいて飛んで行け

 

鬼決めの唄(杵築市弓町)

☆ずいずいずっくりばちゃゴマみそずい たちばに遅れてトッピンシャン 抜けたらドンドコショ

 俵のねずみが米食うてチュウ チュウチュウチュウ お母さんが呼んでもお父さんが呼んでも

 行きっこなし 井戸のまわりでお茶碗欠いたなだあれ

 

くぐり遊びの唄(杵築市弓町)

☆どうどうくんど どうくんど 畑の水はどうかやす まっくりかやして こうかやせ

メモ:鬼が二人作ったアーチの中を順に通り、腕を下ろしてはさまれた者が抜ける。通りゃんせ通りゃんせ…と同じような遊び方。

 

通り抜け遊びの唄(杵築市札ノ辻)

☆イロハニ金平糖 どこから通る 上か下か真ん中か ソイヤー

メモ:鬼二人が向かい合い、縄を二本持ち(右手に一本、左手に一本)、唄に合わせて互い違いに波打たせる。長縄飛びの縄を二つに折り返してもよい。他の者は横一列に後ろ向きに並ぶ。鬼はソイヤーで好きな位置で手を止める(しゃがんでもよい)。めいめいが上、中、下を宣言してから振り向き、紐に触れないようにしてうまく通り抜ける。そのとき「上」なら二本とも越え、「中」なら一本くぐって一本越え(逆でもよい)、「下」なら二本ともくぐる。紐に触れてしまった者は外れる。次々に繰り返し最後まで残った者が勝ちで、早くに外れてしまった者二名が鬼を交代し、最初から繰り返す遊び方。または先に外れた者2名が縄の回し手となって「郵便屋さん」などの長縄遊びに移行する。類似するものは県内他地域にも見られたようだが、おそらく縄跳び遊びの広まった明治以降の、比較的新しい遊びだろう。

 

子貰い遊びの唄(杵築市札ノ辻)

☆東京浅草 芝居がかかる お七が吉三に 花いちもんめ

 もんめ もんめ 花いちもんめ あの子が欲しや 花いちもんめ

 この子が欲しや 花いちもんめ あの子じゃわからん この子じゃわからん

 相談しましょ そうしましょ 「決まった」

 キクちゃんが欲しい ハナちゃんが欲しい キクちゃんはやらん

 ハナちゃんもやらん 何して決みょか 一兵衛さんで決みょか

 一兵衛さんが芋食うて 二兵衛さんが肉食うて 三兵衛さんが酒飲んで じゃんけんぽん

 勝って嬉しや 花いちもんめ 負けてはがいや 花いちもんめ

 

子貰い遊びの唄(杵築市札ノ辻)

☆勝って嬉しや 花いちもんめ 負けて悔しや 花いちもんめ

 大阪新町 花いちもんめ よりどりみどり 花いちもんめ

 あの子が欲しや あの子じゃわからん この子が欲しや この子じゃわからん

 相談しましょ そうしましょ 「決まった」

 ミヨちゃんが欲しい テルちゃんが欲しい 何して決みょか

 じゃんけんにしよか じゃんけんぽん あいこでホイ

 勝って嬉しや 花いちもんめ 負けて悔しや 花いちもんめ

メモ:数人ずつが2グループに分かれてそれぞれ横一列に並び、「勝ってうれしや花いちもんめ」と唄いながら片方が出て行き、片方はひどる。「負けて悔しや…」で出てきた方がひどって、ひどった方は出て行く。繰り返しで双方が出たりひどったりして、「相談しましょそうしましょ」の後、それぞれのグループが敵グループの1名を指名する。~さんが欲しい、~さんが欲しい云々ではまた、横一列で出たりひどったりする。じゃんけん等すぐ勝負のつく遊びを指名されたもの同士が行い、負けた者は敵チームに移動する。例示した文句の最後まで行けば、また節の頭に返って出たりひどったりを繰り返す。どちらかのチームが誰もいなくなるまで繰り返すか、または適当な回数繰り返したときに人数の多い方が勝ちという遊び方である。ルールが簡単で道具も使わないため、平成に入ってもなお遊ばれていたが、最近はあまり見ない。ともあれ、唄を伴う外遊びの中では最も寿命の長かったものと言えるだろう。 文句はそのときどきで変えてよく、地域差・年齢差があるが、ここでは二種類のみ例示した。

 

手遊び唄(杵築市弓町)

☆イーチクターチク たーえんさんが お客に呼ばれて蜂からさされて

 いてえとも言わずにただ泣くばっかりじゃ 一がさした二がさした

 三がさした四がさした 五がさした六がさした 七がさした蜂がさした ブンブンブンブンブーン

 

手遊び唄(杵築市弓町)

☆一つひよこが豆食うてタイノコネンネン 二つ船には船頭さんがタイノコネンネン

 三つ店には番頭さんがタイノコネンネン 四つ嫁さんかんざし挿してタイノコネンネン

 五つ医者さんが薬箱タイノコネンネン 六つ昔はちょんまげ結うてタイノコネンネン

 七つ泣き虫蜂にくわれてタイノコネンネン 八つ山ではコンコンさんがタイノコネンネン

 九つ乞食がお椀持ってタイノコネンネン 十で殿さまお馬に乗ってタイノコネンネン

 

手遊び唄(杵築市馬場尾)

☆一、二、三 二の四の五 三、一、二の四の二の四の五

 

手遊び唄(杵築市馬場尾)

☆一里とリャンリャン らんきょ食うてシーシー

 しんがらホケキョで とんがらしでホイ

☆二里とリャンリャン らんきょ食うてシーシー

 しんがらホケキョで とんがらしでホイ

メモ:一里、二里、三里…と数を増していくだけの単純な唄で、文句は意味不明だが同種の唄は全国的に唄われたようだ。

 

ずうにいの唄(杵築市弓町)

☆ずうにい ずうにい 茶を沸かせ 昼飯食うから茶を沸かせ

メモ:ずうにいとは燕麦のこと。燕麦の種を爪の上で回して遊ぶときに唄ったもの。

 

おねごの唄(杵築市弓町)

☆おねご おねご なし首をかたぐるか ひもじい候

メモ:おねごとは翁草のこと。

 

からかい唄(杵築市馬場尾)

☆汚れかたん裏に 汚れ鳥がとまって 汚れ汚れ鳴きよった

メモ:風呂に入りたがらない子供に対して「みんなにこう言われるよ」とからかい半分に親が唄ったもの。

 

お盆の唄(杵築市馬場尾)

☆盆の十六日おばんかて行たら 上がれ茶々飲め やせうま食わんか

 ほうちょうのべのべ今夜の夜食 茄子きりかけ ふろうの煮しめ

メモ:お盆の頃に親、また祖父母が子に唄ったもので、盆踊りの文句の転用。ほうちょう=やせうま

 

月の唄(杵築市馬場尾)

☆お月さんなんぼ 十三七つ まだ年ゃ若いなあ

 

 

亥の子唄(杵築市弓町)

☆亥の子亥の子 亥の子餅ゅ搗かん者な鬼ぅ生め蛇生め

 角ん生えた子生め サンヨッササンヨッサ

 搗いた餅ゃ搗き戻せ 盆のように搗くものは

 京は天竺わが朝に 一つや二つは祝いもの

 三つと搗いたらもうよかろ ワーイワッショイワッショイワッショイワッショイ

メモ:この文句は、ケチな家に対する悪口の文句で、本来は別の文句があったのだが、今では悪口の文句しか残っておらず、最早本来の意味は失われている。亥の子は男児の行事で、3~4歳の子供から小学6年生か中学3年生までの子供が参加する。年上の子供が頭取となり、頭取のうち誰かの家が座元(世話役)になる。亥の子用の石は直径が人の頭ほどで平べったく、ぐるりに溝が切られておりそこに縄をからげ、その縄から四方八方に引き縄が伸びている。集落内の家庭を一軒ずつ回り、家の坪でめいめい引き縄を引きながらこの唄を唄いドシンドシンと石で地面を搗く。そのときに頭取は御幣を振る。終わったら、搗いてできたくぼみに御幣をちぎって置くことが多い。その穴をまたぎこしてはいけないとされていた。一通りすむと、その家の人はいくらかのお礼を包む。全部の家をまわったらお礼のお金を分け合うが、年が上であればあるほど取り分も多い。昔は座元の家に泊まってみんなで夕飯を食べたりしたが、現在は公民館に集まってごはんを食べて解散になることが多い。少子化が進んでいることもあり、近年は女の子も亥の子搗きに参加する集落もあるようだ。

 

亥の子唄(杵築市馬場尾)

☆亥の子亥の子 亥の子餅ゅ搗かん者な鬼ゅ生め蛇生め

 角ん生えた子生め 京は天竺わが朝に 一つや二つは祝いのもの

 三つと搗いたらおおかたせ サンヨサンヨ

 

亥の子唄(杵築市)

☆亥の子亥の子 亥の子様を念ずれば 鶴と亀とが舞い込んで

 家は栄えて神の福 雲のえばりをつく時にゃ 京は天竺わが朝に

 ひとつと二つは祝いもの 三つと搗いたらおおかたせ サンヨサンヨ

メモ:悪口唄ではない、本来の文句だがあまり唄われていないようだ。

 

亥の子唄(杵築市)

☆亥の子亥の子 これの座敷はよい座敷 東下りの西上り

 南上りの北下り とうぼう作は八千代

 浦島太郎は九千代 千年も万年も生くるよに サンヨサンヨ

メモ:こちらも悪口ではない、本来のお祝いの文句。忘れられている。

 

亥の子唄(杵築市)

☆亥の子亥の子 大黒さんという人は ここのお国の人でない

 唐から日本に渡るとき 一で表を踏ん張って 二でにっこり笑うて

 三で盃いただいて 四つ世の中良い様に 五つ出雲の神様に

 六つ婿さん貰うて 七つ何事無い様に 八つ屋敷を買い広め

 九つここに蔵を立て 十でとうとう福の神 京は天竺わが朝に

 一つや二つは祝いもの 三つと搗いたらおおかたせ サンヨサンヨ