祝儀唄「ションガエ」(杵築市納屋)

☆ハーヨイサヨイサ ションガエでやろな ハヨイサヨイサ

 私の弟の千松は 扇のオイショ 要に池掘りて

 ハヨイサヨイサ 池のぐるりにゃ田をつくり

 その田のオイショ 稲のマーエ できようは

 ハヨイサヨイサ 一鎌刈りては二千石

 二鎌オイショ 刈りてはマーエ 四千石

 ハヨイサヨイサ 三鎌になりては積りなし

 その末オイショ 取りてはマーエ 飯に炊く

 ハヨイサヨイサ 飯に炊いたら富士の山

 酒にオイショ つくればマーエ 泉酒

 ハヨイサヨイサ その御酒あがる方々は 

 延命オイショ 息災末繁昌 ションガエー

 アラ一つは不吉じゃも一つやらんせ

☆ハーヨイサヨイサ ションガエで貰うた ハヨイサヨイサ

 白鷺が 白鷺が 今年オイショ 初めて伊勢参宮

 ハヨイサヨイサ 伊勢ほど広き町なれど

 一夜のオイショ 宿をば借りかねて

 ハヨイサヨイサ 浜の小松の二の松に

 柴萱オイショ 刈り寄せ巣を組んで

 ハヨイサヨイサ 十二の卵を生み揃え

 十二がオイサ 一度に目が開いて

 ハヨイサヨイサ 親諸共に発つときは

 黄金のオイショ 銚子をくわえさし

 ハヨイサヨイサ また白銀の盃で

 飲めやオイショ 大黒唄えや恵比須

 ハヨイサヨイサ 中で酌とる福の神 ションガエー

 アー祝うて三献も一つやらんせ

☆ハーヨイサヨイサ ションガエでやろな ハヨイサヨイサ

 網舟の 網舟の 筒々オイショ 立てたる三蓋の松

 アヨイサヨイサ 一の松には銭がなる

 また二のオイショ 枝には末がなる

 ハヨイサヨイサ 三とも云われしその枝に

 鶴とオイショ 亀とが毎晩とまる

 ハヨイサヨイサ 何と云うてとまるかその鳥は

 お舟ヨイショ ご繁昌と云うてとまる ションガエー

 祝え 祝え 祝え 祝え

☆ハーヨイサヨイサ ションガエでやろな ハヨイサヨイサ

 盃が一つなり さすべきオイショ お方はあなたなり

 ハヨイサヨイサ ただ薄紅葉に八重桜

 今咲くオイショ 花にて差しましょな

 ハヨイショヨイショ 思い出しては

 さわちとなりて ア何の何の 何の織目の薄物で ションガエー

☆ハーヨイサヨイサ ションガエでやろな ハヨイサヨイサ

 これの御家の棟の木に 白いオイショ 鼠が三つ連れて

 ハヨイサヨイサ また三つ連れて六つ連れて

 塵をオイショ くわえて金運ぶ

 ハヨイサヨイサ 金をくわえて銭運ぶ

 これがオイショ お家の福の神 ションガエー

メモ:同種の唄は県内沿岸部の漁村に点々と伝わっているが、納屋集落では特に格が高い唄とされていて、宴席では必ず唄った。特に1節目から3節目までは、単独で唄われるのではなくこの3首が一組になっており、威儀を正して声高らかに唄ったようだ。

 

祝儀唄「鯛しばり大漁祝い唄」(杵築市納屋)

☆アーダシタコラ ダシタコラ 明日はサーヨーエー

 アーダシタコラ ダシタコラ よい凪 沖まで出すな

 アーヨイサヨイサ 陸の藻ばたで コリャまたためる

 ヨーイトナー ウンエーイエーイホー ヨーイヤマカセノ

 セーンホージャ ユーヤレコラ ドッコイドッコイ

☆ためたためたよ 杵築網ゃためた 今朝もためたか またためた

 

祝儀唄「大黒舞」(大田村永松)

☆めでたいな めでたいな サー大黒さんが舞い込んだ

 一で俵をふんばえて サー二でにっこり笑った チョーイショコ

 四つ世の中よいように サー五ついつものごとくなり

 六つ無病息災で サー七つ何事ないように チョーイショコ

 八つ屋敷をふみ広げ サー九つ米蔵うっ積んで

 十で十隈の伊勢の松 サー伊勢が栄えりゃ葉も茂る チョーイショコ

 これほどめでたいことはない サーこれをこの家に納め置き

 千秋万歳万々歳 サーいつの世までもめでたくて チョーイショコ

☆めでたいな めでたいな 大黒さんが舞い込んだ

 それほどめでたいお宅なら 二度と重ねてほめやんしょ

 如月山の楠を 八寸八分にわき落とし

 千石船を造りあげ それにお米を積み込んで

メモ:この唄は民謡歌手により取り上げられたこともある。そのときは「国東大黒舞」という題で紹介されることが多い。多分、大田村以外の地域でも似たような唄が唄われていたのだろう。

 

祝儀唄「三三九度」(大田村)

☆四海波静かにて 国もおさまる時津風 枝を鳴らさぬ御代なれや

 あいに相生の松こそめでたかりけれ げにや仰ぎても ことも愚かやかかる世に

 住める民とて豊かなる 君の恵みはありがたや ありがたや

☆長生の家にこそ 老いせぬ門はあるなるに これも年ふる山住の

 子代のためしぞ松蔭の 岩井の水は薬にて 老いをのべたる心こそ

 なおゆく末も久しけれ 久しけれ

☆長き命をくみて知る 心の底の曇りなき 月の桂の光そう

 枝を連ねてもろともに 朝夕なるる玉の井の 深き契は頼もしや

 深き契は頼もしや

 

祝儀唄「万歳」(大田村)

☆一々億々 千秋御万歳と褒め奉れば 春木がおもしろや

 まことにめでとう候いける 年の始めに年男が ゆずりはを口にくわえて

 五葉の葉とを手に持って さて南天に突っ立って 源氏が門を開き

 谷の真砂は嶺を招じ 嶺の真砂は谷を招じ ちらりさがりと春日の宝

 昔神代の時代 高天が原に権現 浅間が岳に文殊 申酉正月 天皇天は

 下には日光 伊勢皇大神宮のお宮進は 北が高うて南下りのお屋敷で

 下り坂を築きあげて 飛騨の匠 竹田の番匠 堺の大工が言い交わし

 一本の柱は磯大黒 二本の柱は日天月天 三本の柱は三又大権現

 四本の柱は四天王権現 五本の柱は牛頭天王 六本の柱は六社大権現

 七本の柱は七福神と お祝い申せばこれまためでとう候いける

 八本の柱は八幡大菩薩 九本の柱は熊野の権現 十本の柱を十社権現と

 褒め奉ればまことにめでとう候いける

 

座興唄「炭坑節」(大田村)

☆月が出た出た金色の 宮さん恨むよ来年の

 今月今夜のこの月が ぼくの涙で曇らせる テケレッツノパッパ

☆月が出た出た東山 恋も未練も振り捨てて

 三条河原に散る花火 あれは月形半平太 テケレッツノパッパ

 

座興唄「さのさ」(大田村)

☆花づくし 山茶花 桜か水仙か 寒に咲くのが梅の花

 牡丹 芍薬ネ 百合の花 ヨイショ南天 菊の花

☆あの花は 好きな花じゃが ありゃよその花 あの花 野山に咲いたなら

 一枝折りてネ 床の間に 差してしおるまで眺めたい

☆楠は 兵庫で討ち死にするときに その子正行呼びよせて

 その名も高き湊川 忠臣楠公の墓と書いてある

 

座興唄「大津絵」(大田村)

☆大阪を立ち退いて 私の姿が目にもてば 借り駕籠に身をやつし

 奈良の旅籠や三輪の茶屋 五日 チャンチャン 三日に日を送り

 二十日ばかりに四十五両 使い果たして二分のこる

 (欠落:金ゆえ大事の忠兵衛さん、科人にならしゃんしたもみんな私ゆえ)

 さぞやお腹も立ちましょうが 因縁づくじゃと諦めくださんせ

 

座興唄「耶馬溪心中」(大田村)

☆実に人生のはかなさは あしたの露のそれならで やがて消えなん定めかや

 ここに豊後の朝日村 人に知られた加藤家の 嫡子に生まれた清とて

 家に巨万の富あれど 家庭に不和の絶え間なく その悩ましを癒さんと

 程遠からぬ亀川の 松の家座敷に酒盛りの 席にはべりし春江とや

 年も二八か憎からぬ 花のかんばせ月の眉 女神のようなやさ姿

 初めて逢いしその日より 一日逢わねば千秋の 思いを焦がす胸の中

 今日しも清ひさしぶり 春江というて差し向かい 酒は飲めども気は浮かぬ

 いつに似げなく打ち沈む ふしぎな様よといぶかれて 問われて清はせんもなく(以下脱落)

 

座興唄「物の始まり」(杵築市本庄)

☆物の始まり一という 商人の担ぐを荷という 子供のでくるを産という

 子供の小便シーという 白石黒石 碁という ろくでもないのをろくという

 貧乏人の置くのを質という ぶんぶん刺すのを蜂という 三度の食事を食うという

 焼けた火箸を水につけると ジューという

 

座興唄「一つひった豆」(杵築市本庄)

☆一つひった豆 糞んつかんこたあねえ 二つ踏んだ豆 土んつかんこたあねえ

 三つ味噌豆 煮えんじゃったこたあねえ 四つ選った豆 すぼんあったこたあねえ

 五つ煎った豆 はじけんじゃったこたあねえ 六つ剥いた豆 莢んあったこたあねえ

 七つなった豆 ちぎらんじゃったこたあねえ 八つやった豆 取り戻したこたあねえ

 九つ買うた豆 金払わんじゃったこたあねえ 十で跳んだ豆 見っけ出したこたあねえ

 

座興唄「蚤の一生」(杵築市本庄)

☆ぼら県の縫い目郡 字継村に住居す垢蚤左衛門 このたび人間様にくらいつき

 死刑に処するはずなれど 今回法律改正につき 爪殺しにいたし候 ピッショッ

 

座興唄(日出町)

☆国は小そうでも木下様は 城の下まで船が着く

☆日出の名所は横津のお茶屋に万願寺 糸が浜から島の山 弁天涼みはなおよかろ

☆日出の殿さま蹴鞠が上手 走り舟でも鞠を蹴る

 鞠を蹴る蹴る 小坪じゃ手まり 門のやぐらにゃ歌かるた

☆日出の名物 城下かれいにお宮の鳥居 お寺の蘇鉄に金のかんざし