盆踊り唄「蹴出し」(山香町南畑) <47段物>

☆コーリャー どなたも速いがよかろ(アーヤレコラショイ)

 アラヨイトサデ 速いがよかろ(ヤレショー ヤレショー)

☆どなたもお疲れ様よ お疲れ様よ

メモ:盆踊りの最終に唄ったもの。中山香の三つ拍子と同種の唄。杵築・日出において、南畑地域(旧南端村の地域)には庭入行事が残っている。今も昔ながらに門廻りで行っているのは山香町上河内と日出町今畑などわずかになっているが、昔は、旧南端村以外の地域でも庭入りを行うところがあった。具体的には、山香町上地区・山浦地区で、この辺りは庭入の盛んな安心院町・南端村に隣接していることもあり、昔はほとんどの集落で庭入を行っていたという。おそらく、公民館などに「しかしか」の巻物を保存している集落もあるのではないかと思う。今も庭入をしている上河内地区では、毎年8月13日に行う。傘鉾を先頭に屋敷の坪に繰り込み、和讃、シカシカの後に四つ拍子、三つ拍子、ヤンソレ、マッカセ、蹴出しの5種類を踊り、次の初盆家庭に向かう。昔は、レソ、祭文、二つ拍子なども踊ったとのことである。また、8月16日にお施餓鬼の踊りもしたそうだが、今は13日の踊りのみになっている。日出町南端校区では踊りの種類が減り、三つ拍子と二つ拍子ばかりで、たまに祭文を踊る程度とのことである。ただし、集落によってはマッカセやレソ等も踊ると思われる。

 

盆踊り唄「蹴出し」(山香町上) <77・47段物>

☆よんべ山香の踊りを見たら(ドシタドシタ)

 かたげて鎌腰差いて(ヤーレショ ドッコイショ)

メモ:中山香の三つ拍子と同種の唄だがこちらは陽旋。下の句の頭3字を伏せる。かなりテンポが速く、上の句の部分の踊り方は中山香と同じで、左右にすくいながら引き寄せた足をいちいち後ろに引き戻しながら踊る。ところが下の句の部分の踊り方が中山香とは全く異なり、1歩さがって左を踏み2回手拍子、3歩ナンバで左足を右前に蹴り出し、中山香では手拍子を打つところでも最初の所作と同じくすくって踊る。つまり、都合6回すくうことになる。同じ「蹴出し」でも安心院町の踊り方とは全く違う。上地区は、かつてどの集落も庭入を伴う門廻りの踊りをしていたが、盆踊りの衰退が著しく、今では日指瀬口など数か所に残るのみとなっている。三つ拍子、二つ拍子、レソ、蹴出しを踊り、ところによってはマッカセも踊っている。おそらく、昔はエッサッサやセーロなども踊ったのではないかと思う。

 

盆踊り唄「三つ拍子」(杵築市守江) <77・77段物>

☆過ぎし昔のその物語(オイサオイサ)

 国は紀州にその名も高き(ヤーレショ ドッコイショ)

☆峰に紫雪のたなびきまして 高野山とて尊き山よ

メモ:宇佐地方の蹴出しと同種のものだが、蹴出しが陽旋法なのに対して杵築の三つ拍子は陰旋法である。この唄は速見地方一円に広く伝承されており、唄も踊りも易しいので平成に入っても盛んに唄い踊られている。旧杵築市内には大きくわけて3通りの踊り方が伝承されている。一つは、安岐町の三つ拍子と同じ踊り方で、八坂地区や北杵築地区、奈狩江地区などで一般に踊られている。二つ目は、途中で足を蹴り出さずに左右にかざして戻る踊り方で、杵築市街地を中心に踊られている。一つ目と二つ目の踊り方のときは左右対称に小さく流しながら継ぎ足で4歩進むのに対して、三つ目の踊り方は右側で手首を返しながらすくい、左側で開きながらおろすのを2回繰り返すうちに、継ぎ足をいちいち後ろに引き戻しながら4歩進む。この踊り方は、足の運びは山香で踊られているものによく似ているが、手の所作が独特。奈狩江地区辺りに、わずかにこの踊り方で踊るお年寄りが見られる。おそらく、足の運びはより古い型であって、手の所作は盆踊りが隆盛を極めた時代に「より品よく」踊るために工夫された、一種の流行だったのではないだろうかと思う。

 

盆踊り唄「三つ拍子」(山香町中・東・立石) <77段物>

☆よんべ山香の踊りを見たら(オイサオイサ)

 ソウカナ 踊りを見たら(ヤーレサッサー ドッコイショ)

☆おうこかたげて鎌腰ゅ差いて 鎌腰ゅ差いて

メモ:杵築のものとほぼ同じ節だが、こちらの方がテンポが速い。特に中山香と東山香のものはその速さが際立っているが、昔はもう少しゆったりとしていたそうだ。大田のものは安岐や杵築(八坂辺りの踊り方)と全く同じ踊り方だが、山香のものは足の運びが独特で、引き寄せた足をいちいち後ろに小さく引き戻して後ろに跳ね上げるような、かなり忙しい動きをする。手の所作も杵築や大田に比べると大きく、他の地域では小さく前に流すか左右に流す程度だが、山香では左右に大きくすくい寄せるような動きで、また円心に蹴り出す部分でも両手を高く振り出すなど、他地域に比べると少し難しいようだ。

 

盆踊り唄「三つ拍子」(大田村波多方) <77・47段物>

☆よんべ山家の踊りを見たら(アードシタドシタ)

 かたげて鎌腰さいて (ヤーレヤッサ ドッコイショ)

☆踊る片手じゃ稗餅こぶる 稗餅ゃぼろぼろあゆる

メモ:大田村の三つ拍子は、杵築市八坂や北杵築のそれとほとんど同じ踊り方である。ただし継ぎ足を後ろに踏むところや、継ぎ足4回のあと前に出るところで蹴り出さず、右足を後ろにすべらせて束足になりながら輪の中向きになるところが違う。節回しは、やや高く唄い始める節と平板に唄い始める節をだいたい交互になるように、自由に取り混ぜて唄っている。概ね陽旋法で、山香や杵築市街地のそれに比べると、ずいぶんのんびりした雰囲気がある。

 

盆踊り唄「三つ拍子」(大田村小野) <77・47段物>

☆それじゃどなたかお助け頼む(アーオイサオイサ)

 どなたか声継ぎ頼む(ヤーレサッサ ドッコイショ)

メモ:小野地区は盆踊りの保存・伝承に熱心で、昔から伝わる7種類の踊り(三つ拍子、二つ拍子、祭文、六調子、ヤッテンサン、粟踏み、豊前踊り)を全部踊っている。太田村内の他集落においては、粟踏み、豊前踊り、六調子を省略することが多い。

 

盆踊り唄「三つ拍子」(日出町) <77・77段物>

☆さても豊後の藤原村の(ヤッサヤッサ)

 小字畑内 百姓の家に(ヤレコリャドッコイショ)

☆頃は元文三年の春に 今は去ること二百と余年

メモ:この唄は速見地方一円で広く唄われており、通常、盆踊りの最初に唄うものである。宇佐地方では「蹴出し」、挾間周辺では「けつらかし」と呼ばれており、かなり広範囲にわたって伝承されている。日出の三つ拍子は、節回しは杵築のものとほぼ同じだが若干テンポが速い。杵築では継ぎ足を横に添えて、山香では後ろに引き戻して踊るのに大して、日出では継ぎ足を若干前に蹴り出すようにして踊る人が多いようだ。大神のうち深江や三尺山辺りのものは山香町上地区の踊り方に似ている。藤原のうち日出寄りの地区と、豊岡のうち団地方面の地区、日出、川崎では右手に持ったうちわを振り下ろしたり振り上げたりするような踊り方で、下の句の部分で右足、左足の順に反対の足の前に大きくすべらせるように蹴り出す所作がおもしろい。大神のうち真那井や照川、藤原のうち杵築寄りの地区、豊岡のうち別府寄りの地区では、杵築市八坂と同じ踊り方である。ただし、豊岡の小浦地区では、よそと違って踊りの輪が左回りになっており、その関係で足の蹴り出しの勝手が違う。

 

盆踊り唄「二つ拍子」(山香町中・東・立石) <77段物>

☆二つ拍子でまずしばらくは(アラセ コラセ)

 アラドッコイサデ まずしばらくは(イヤコラサイサイ ヤレサノサ)

☆よんべ山香の踊りを見たら 踊りを見たら

メモ:杵築の「六調子」とよく似た唄だが、こちらは上の句・下の句の唄い出しが詰まっているので少し短い。踊り方はごく易しく、すくいながら継ぎ足で2歩進み、戻って進んで円心を向いて手拍子を打つだけ。ただ、すくいながら進むところの足運びが独特で、裏拍で足を出してすぐに反対の足を引き寄せる。しかし近年は豊前踊りと混同して、表拍で足を出す人が増えてきているようだ。昭和30年頃までは大片平をはじめ、杵築市内でも踊るところがあったようだが、今は杵築では全く踊っていない。山香町のうち中・東・立石地区(向野を除く)では、伝わっている踊りが全く同じである。三つ拍子、二つ拍子、祭文(レソ)、豊前踊り、セーロの5種に限られているが、昔は地区ごとに違う踊りも伝わっていた。具体的には、立石の三勝、東山香の六調子、粟踏みなどである。唄の節も今以上に多様性があったのではないかと思うが、今後、ますます一本化・収斂していくことになるだろう。

 

盆踊り唄「二つ拍子」(山香町向野) <77段物>

☆年に一夜の踊りじゃゆえに(アラショイ コラショイ)

 アーリャソウジャナ 踊りじゃゆえに(ヤーンソーレヤンソレサ)

メモ:踊り方は宇佐地方や西国東地方の二つ拍子(ヤンソレサ)と全く同じで、中山香や立石の二つ拍子とは全く違う。唄は二つ拍子というよりもむしろ「杵築」(六調子)に近く、唄い出しの部分が詰まっていない。ごく単純な踊り方だが、太鼓が易しいので子供に覚えさせるためか、近年、向野地区では二つ拍子をかなり長時間踊る傾向にある。向野は立石地区のうちだが、立石駅側の各集落とは踊りが全く違う。今は二つ拍子、マッカセ、レソ、らんきょう坊主を踊っており、これは南宇佐や封戸と全く同じである。昔は、ほかに唐芋踊り(ヨイトナ)なども踊ったとのこと。

 

盆踊り唄「二つ拍子」(山香町上) <77・77段物>

☆誰もどなたもよく聞きなされ(アラサイ コラサイ)

 盆の踊りの由来の口説(ヤレトコサッサイ ドッコイショ)

メモ:踊り方は中山香のものとほぼ同じだが、上地区ではすくいながら継ぎ足をする部分でも全て表拍で足を出しているほか、中山香では手拍子を1回しか打たないのに対して上では2回打っている。唄は日出町豊岡のものに近い。

 

盆踊り唄「二つ拍子」(大田村石丸) <77・77段物>

☆花のお江戸のその傍らに(アラサ ヨイヨイ)

 聞くも珍し心中話(ヤンソーレ サッサーノ ヨイーヤヨイ)

☆ところ四谷の新宿町よ 紺ののれんに桔梗の紋は

メモ:安岐町の六調子とよく似た唄で、3拍子のリズム。ただこちらは上の句と下の句の唄い出しが詰まっているので、六調子よりも少し短い。踊り方は山香町向野のものとほとんど同じだが、向野では2回手拍子を打つのに大して、大田ではそのうちの1回分を右に捨てる所作に置き換えているため手拍子は1回のみ。

 

盆踊り唄「二つ拍子」(大田村波多方) <77・77段物>

☆踊るみなさん足ゃだゆかろが(アラサヨーイヨイ)

 しばし間どま本字と続く(アーヤットコサッサノ ヨイーノヨイ)

 

盆踊り唄「二つ拍子」(日出町日出) <77・77段物>

☆ここに哀れな巡礼口説(アラセーヨイヨイ)

 国はどこよと尋ねてきけば(ヤレコラサッサノ ヤレヨイヨイ)

☆阿波の鳴門の徳島町よ 主人忠義な侍なるが

メモ:市街地では六調子と混同して、二つ拍子も六調子の節で唄っている。混同したのは昔のことであり、近年のことではないようである。右、右、左、左…と踏みながら両手を揃えて右上、右上、左上、左上…と小さく流し、2歩さがって手拍子を打ちながら急に後ろ向きになり、ナンバで流しながら前向きに戻るような踊り方。日出地区(大字のない地域)では三つ拍子、二つ拍子、祭文、六調子を踊っている。セーロは廃れて久しく、高齢者でなければ覚えていない。

 

盆踊り唄「二つ拍子」(日出町豊岡) <77・77段物>

☆国は中国その名も高い(アラサーコラサ)

 武家の家老に一人のせがれ(アーエンヤコラサッサノ ヤレキタサイ)

☆平井権八直則こそは 犬の喧嘩が遺恨となりて

メモ:豊岡の二つ拍子は、六調子とは違う節で、山香町上地区のものによく似ている。踊り方は日出市街地と同じ。豊岡は踊りの種類が減っていて、二つ拍子と三つ拍子を残すのみとなっている。

 

盆踊り唄「粟踏み」(山香町今畑・上畑、大田村山香道) <47・47段物>

☆ハ粟踏みゃどこからはやる(セッコラセー)

 ハよいかな四国がもとよ(ヤンソレ ヤンソレサ)

☆粟踏みゃだんだんご苦労 どなたもこの先頃で

メモ:旧東山香村のうち、今畑、上畑などで踊っていたが、今は全く踊られていない。大田村に残るのみとなっている。二つ拍子とよく似た唄だが、上の句のみならず下の句の頭3字をも欠いている。こちらの方がテンポが速く、それにともなって節回しが平板になっている。山香町では昭和30年か40年頃までは踊られたのだろうが、今はもうこの踊りのことを知っている人はごく少ないのではないだろうか。東山香村は踊りの種類が多く、今は三つ拍子、二つ拍子、セーロ、祭文、豊前踊りの5種類のみだが、昔はこれに加えて粟踏み、六調子、一つなーえなど、10種類近くの踊りがあったとのこと。

 

盆踊り唄「粟踏み」(大田村小野) <47・47段物>

☆粟踏みゃどこからはやる(アヨイヨイ) そじゃそじゃどこから流行る(ヤーレヤレヤレナ)

☆粟踏みゃ四国が本じゃ みなさん輪を崩さずに

メモ:小野地区に限ったことではないが、「粟踏みゃ四国が本じゃ」「粟踏みゃどこから流行る、四国じゃ阿波から流行る」などの文句を聞いたことがあるが、おそらくこれは「粟」と「阿波」をかけたシャレ文句であって、べつにこの唄・踊りが四国由来というわけではないと思う。小野の粟踏みは、二つ拍子のテンポを速めて節を単調にしたようなもので、その関係で頭3字を欠いている。踊り方は「ヤッテンサン」と同じだが、おそらく地域によっては前に進むばかりの「二つ拍子」で踊るところもあるのではないかと思う。

 

盆踊り唄「粟踏み」(杵築市大片平・二ノ坂) <47・47段物>

☆粟踏みゃどこからはやる(セッコラセ)

 そうとも四国の阿波じゃ(ヤンソレ ドッコイショ)

☆どなたもその調子にて 音頭を引き出すような

メモ:昭和の中ごろまで、北杵築のうち大片平方面で踊られていた。山香から伝わってきた由。旧北杵築村のうち大字大片平は、大昔は東山香のうちだった。その関係で、山香方面の踊りも昭和30年頃まではよく踊っていたという。今は三つ拍子、二つ拍子、祭文、セーロのみだが、昔は豊前踊り、レソ、二つ拍子、粟踏みのほか、志賀団七の竹刀踊りや流行小唄のストトン節を加えて10種類程度、さらに余興として別府音頭なども踊ったとのことである。

 

盆踊り唄「六調子」(杵築市三川) <77・77段物>

☆まだもこの先読みたいけれど(アラサーヨヤサ)

 声が出ませぬ蚊の鳴くごとく(エンヤコラサッサノ エンヤコラサイ)

☆やあれ嬉しや太夫さんが見えた 見えた太夫さんにゃ渡すが道よ

メモ:西国東や直入郡など、比較的離れた地域ではこの唄を「杵築」と呼んでおり、これは杵築から伝わった踊りといった程度の意味だろうから、一頃は県内各地にかなり流行したと思われる。杵築の六調子は、所作は易しいが手数が多く、唄と踊りがぴたりと合う。円の外を向いた状態で、3回手拍子を打ちながら円心向きに回りその場で左右に小さく流し、輪の向きに進みながら左右に5回流して4歩戻る。ちょうど「エンヤコラサッサノ…」のとこで戻るので、「アトアトアトアト…」と囃すこともある。5回流すところの所作が地域によって異なり、八坂地区や北杵築地区の大部分では右右左左…と踏みながら内に内に流す(日出と同じ)のに対して、その他の地域では継ぎ足でいちいち踏み替えながら外に外に流す人が多いようだ。その境界線は曖昧で、継ぎ足で踏み替えながら内に内に流す人も多い。昭和40年頃までは東山香・中山香でも踊っていたが、今は全く踊っていない。踊り方が難しいので廃れたとのこと。

 

盆踊り唄「六調子」(杵築市野田) <77・77段物>

☆一で声よい 二で節がよい(アラセーヨイヨイ)

 三でさらさら 四でしなのよさ(アトアトアートノ アートアト)

メモ:八坂地区は踊りの種類が減って、三つ拍子と六調子、稀にセーロを踊るのみとなっている。

 

盆踊り唄「六調子」(大田村波多方) <77・77段物>

☆国は下総因幡の郡(アラサーヨイヨイ)

 小倉領にて岩橋村よ(アラ ヨイトーコサッサーノ ヨイーヤヨイ)

☆名主総代 宗五郎こそは 心正直 利発な者よ

メモ:安岐の六調子のうち、3拍子で唄う地域の節回しとほぼ同じ。昔は大田村内全域で踊られていたが、近頃は手数が多いためか踊らないところが多い。

 

盆踊り唄「六調子」(日出町大神・川崎) <77・77段物>

☆まだもこの先読みたいけれど(アラサーヨイヨイ)

 声が出ませぬ蚊の鳴くごとく(エンヤコラサッサノ エンヤコラサイ)

☆やあれ嬉しや太夫さんが見えた 見えた太夫さんにゃ渡すが道よ

メモ:大神地区のうち、大神中央や深江などの集落では六調子の唄に合わせて二つ拍子の踊り方で踊っている。混同したのは昔のことだと思われ、長い間そのまま伝承されているのだろう。杵築に近い照川地区などでは、杵築市八坂地区と同じ踊り方。日出地区の踊り方は、照川とよく似ているが少しだけ違い、円の外向きから2回手拍子で回り込んで輪の中向きになり、高い位置て両手を開いて手拍子、右、左と小さく流して、輪の向きに小さく継ぎ足で進んで行き「エンヤコラサッサノ…」で後ろにさがる。

 

盆踊り唄「六調子」(日出町日出) <77・77段物>

☆まだもこの先読みたいけれど(アラセーヨイヨイ)

 声が出ませぬ蚊の鳴くごとく(アトアトアトアト アートアト)

 

盆踊り唄「竹刀踊り」(日出町赤松) <77・77段物>

☆姉の宮城野 妹の信夫(アラサイ コラサイ)

 ヤレナそうじゃな 妹の信夫(イヤコラサイサイ イヤコラサイ)

メモ:昔踊られていた団七踊りの唄で、節回しは「六調子」と全く同じである。現在、速見・国東地方では団七踊りは全く廃絶している。平成14年、別府の盆踊りに行ったときに会話をしたおばあさんから、「子供の頃、北杵築で、棒を持って三人で踊っているのを見たことがある。あれはおもしろかった」と言われたことがある。そのとき私は団七踊りのことを全く知らず、三人組で踊るというのが意味不明で印象深かった。北杵築のどこだったのか、どんな唄だったのか等、より詳しく質問する道を知らなかったのが悔やまれる。赤松地区では、今は二つ拍子と三つ拍子のみだが、昔は六調子やセーロ、竹刀踊り、豊前踊りなどもあったという。しかし、お年寄りでないと覚えていないようだ。

 

盆踊り唄「豊前踊り」(山香町中) <77段物>

☆豊前踊りはしなよい踊り(ハイハイ) イヤサソウカナ しなよい踊り

 (アライヤコラサッサノ ドッコイショ)

☆よんべ山香の踊りを見たら 踊りを見たら

メモ:上地区や安心院の三つ拍子と類似している。豊前踊りの名も、豊前方面(安心院など)から伝わってきた踊りの意か。二つ拍子によく似た踊りで、二つ拍子のときは2回しかすくわないところを都合6回すくい、二つ拍子では1回しか手拍子を打たないところをすばやく3回叩く。この踊りは、唄と踊りの始まりがぴたりと合っている。

 

盆踊り唄「豊前踊り」(山香町下) <77段物>

☆豊前踊りはしなよい踊り ヤレサソウジャナ しなよい踊り

 (アラエンヤラサッサノ ドッコイショ)

 

盆踊り唄「豊前踊り」(大田村小野) <77・77段物>

☆豊前踊りはしなよい踊り(ヨイ) しばし間は輪を立てなされ

 (アーヤンソーレーサッサーノ ヨイーノヨイ)

☆ちょいと出たぞな背戸屋のわくど ちょいと出たのを掻いとらまえて

 (ヨーイヨーイ デッカンショ)

メモ:3拍子のリズムで、山香のものよりもずいぶんテンポが遅い。その分、こねまわすような節回しになっており、ところどこに♭が入ってが入ってくる。山香では6回すくうのに対して、大田では左右に3回ずつ流し上げる。2歩戻ったら、3回手拍子で進んで輪の中を向いて3回手拍子を打つので、手拍子も都合6回となっている。所作はやさしいがのろまで長い踊りなので若い人には好まれず、輪が小さくなりがちである。

 

盆踊り唄「豊前踊り」(日出町赤松) <77段物>

☆豊前踊りはしなよい踊り イヤサソウカナ しなよい踊り

 (アラヨーイサッサノ ドッコイショ)

☆よんべ山香の踊りを見たら 踊りを見たら

  メモ:かつて、赤松地区の清水・川久保等の集落で踊られていた。特に清水集落はかつて東山香村だった(交通の不便もあり日出に分割編入された)こともあって、踊りも、山香の踊りが伝わっていた。

 

盆踊り唄「豊前踊り」(杵築市大片平・二ノ坂) <77・77段物>

☆豊前踊りはしなよい踊り わしが音頭で行こかは知らぬ

 (アラヨーイサッサノ ヨイサッサ)

メモ:昭和の中頃まで、北杵築地区のうち大片平方面で踊られていた。山香から伝わってきた由。実際に踊りの坪で聴いたことはないが、知人に唄ってもらったところ、現在山香町で唄われている豊前踊りよりも節回しが自由奔放な感じがした。

 

盆踊り唄「三つ拍子」(山香町上) <77・77段物>

☆よんべ山香の踊りを見たら おうこかたげて鎌腰差いて

 (アラヨーイサッサノ ドッコイショ)

メモ:節は他地区の「豊前」とほぼ同じ。「三つ拍子」の呼称は安心院と同じだが、踊り方自体は中山香の豊前とほぼ同じ。違うのは、中山香では3回手拍子を打つのに対して上では2回しか打たないことと、唄と踊りの対応(中山香では4回すくい・戻って進んで手拍子・2回すくい/上では6回すくい、戻って進んで手拍子)のみ。

 

盆踊り唄「ベッチョセ」(杵築市加貫) <77・75切口説>

☆あなた百まで わしゃ九十九までイネート

 ともに白髪のノーヤレサー 生えるまで

 (ベッチョセベッチョセ カンコロベッチョ タントタント)

☆様と別れて松原行けば 松の露やら涙やら

メモ:加貫集落にしか伝わっていない。節回しや囃子言葉に、耶馬溪地方の「ネットサ(ネッチョケ)」との類似性が認められるが、間の安心院、山香等にはこの手の唄は伝わっていない。太鼓の叩き方が難しく、特別な踊りとされていたようである。かなりテンポが速いが、踊り方は祭文と同じ。旧東村のうち、納屋や加貫は踊り熱心な土地柄で、特に加貫地区は初盆供養、お地蔵さま、八朔などひと夏に何回も踊ったという。踊りは三つ拍子、祭文、セーロ、六調子、ベッチョセの5種類で、納屋ではベッチョセ以外の4種類が残っている。ほかに、年田地区のうち真那井寄りの集落では二つ拍子も踊っていたとのことだが、かなり高齢の人でなければ覚えていない。

 

盆踊り唄「祭文」(山香町中・東) <77段物>

☆伊予の松山 百万長者コラサノサ(ハドシタドシタ)

 ドッコイサデ 百万長者(ソレソレーソレヤ ヤットヤンソレサ)

☆長者屋敷に兄弟ござる 兄弟ござる

メモ:県内各地の祭文(さえもん)の中でも、極めて高速。節回しは独特で、速見地方の他地域(杵築、日出など)の祭文とは全く異なり、どちらかというと西国東地方の「レソ」に近い。わずか5呼間で一巡する単純な踊り方だが、テンポが速い上に三つ拍子と同じく引き寄せた足をいちいち後ろに引き戻して跳ね上げながら後ろを向いたり前向きに戻ったりする所作が忙しく、他地域の人にとっては山香の踊りの中でも特にハードルが高いようだ。太鼓の叩き方も難しい。

 

盆踊り唄「祭文」(大田村小野) <77・47段物>

☆花のお江戸のそのかたわらに(アーオイッサオイッサ)

 めずらし心中話(ソレイヤ ソラエヤットヤードッコイショ)

☆ところ四谷の新宿町の 暖簾に桔梗の紋は

メモ:踊り方は豊後高田市田染の「レソ」とよく似ており、輪の中に蹴り出すところなど、西国東地方の踊りの特徴が色濃く残っている。上の句にコラサノサとかホホンホーがついていないのが特徴で、上の句がぶつっと切れるような印象を受ける。この点を除けば、節回しは真玉町のレソによく似ている。大田村では「祭文」と呼んでいるものの、節回しや踊り方の特徴は明らかに宇佐・西国東系であり「レソ」の仲間であると言えるだろう。

 

盆踊り唄「祭文」(大田村石丸) <77段物>

☆ここに哀れな巡礼口説(ドシタドシタ) ヤッテンサンデ

 巡礼口説(ソーレヤットヤー ドッコイショ)

 

盆踊り唄「祭文」(杵築市南平) <77・75切口説>

☆月はマー 重なる おなかは太るコラサノサ (ヨイショヨイショ)

 様のマー 帰りは遅くなる(ソレエンヤコラ エンヤヤノ ヤンソレサ)

☆誰もどなたもだんだん厭いた それじゃ皆さん切り替えまする

メモ:山香とは逆に、テンポがのろい。唄や踊り方は安岐町のものとほぼ同じだが、杵築の方が所作が小さく、かなりおとなしい印象を受ける。かつては杵築市内全域で盛んに踊られていたが、節回しがやや難しいこともあってか、近年、廃れつつある。奈多狩江地区や東地区では今もよく踊っているが、八坂地区や杵築市街地では滅多に踊らない。

 

盆踊り唄「祭文」(杵築市王子) <77・75切口説>

☆守江ナー 港にゃいかりはいらぬ コリャサノサ

 三味やナー 太鼓で舟つなぐ(ソレエヤ ソレエヤ ヤトヤーソレセ)

メモ:旧守江村は踊り熱心な土地柄で、初盆供養のほかに魚霊供養、お地蔵さま、観音さまの踊りをしていた。近年まで守江東にお地蔵さまの踊りが残っていたほか、灘手地区では初盆供養、魚霊供養など三夜連続で踊っていたのだが、時代の流れで初盆供養以外の踊りはとんと下火になっている。踊りは三つ拍子、六調子、祭文、セーロがあるが、セーロは下火になっておりお年寄りでないと踊れない。

 

盆踊り唄「祭文」(日出町日出) <77・75切口説>

☆姉と妹に 紫着せてコラサノサ どちら姉やら妹やら

 (ソラエンヤソラ エンヤヤト ヤンソレサ)

☆高い山から谷底見れば 瓜や茄子の花盛り

メモ:市街地を除いて廃れているが、かつては全域で踊られたと思われる。短調の節。杵築のものは細かい節回しで唄うのに対して、日出のものはずいぶんあっさりとしている。3つ拍子で前に進む点など、鶴崎踊りの祭文の特徴が色濃く残っている。

 

盆踊り唄「レソ」(山香町立石) <77段物>

☆おうこかたげて 鎌腰さしてコラサノサ(ヨイサヨイサ)

 ヨイカナ 鎌腰さして(ソラエヤ ソラエヤット ヤンソレサイ)

☆踊る片手じゃ稗餅ゅこぶる 稗餅ゅこぶる

メモ:中山香、東山香の「祭文」とほぼ同一曲で、踊り方は全く同じ。他地域も含めて、レソ=祭文。一般に、西国東地方と宇佐地方では祭文のことをレソと呼んでいる。昔は杵築市大片平でも踊っていた。

 

盆踊り唄「レソ」(山香町向野) <77・75切口説>

☆恋し恋しと鳴く蝉よりもコラサノサ 鳴かぬ(ドシタドシタ)

 蛍が身を焦がす(ソレーヤ レソーヤ トヤンソレサ)

メモ:踊り方は立石のものと全く違い、宇佐の「マッカセ」と同じで、うちわを高い位置で回しながら踊る。節回しは豊後高田市田染や宇佐市のものとよく似ている。向野地区は旧立石町ではあるものの、立石の市街地よりもむしろ宇佐との交流が盛んだったようで、盆踊りの曲目や踊り方に宇佐の盆踊りの特徴がよく出ている。

 

盆踊り唄「レソ」(山香町上) <77・77段物>

☆音に聞こえし橋本屋とてコラサノサ 数多ヨ

 女郎のあるその中で(ソレーヤ レソーヤ トヤンソレサ)

メモ:唄い出しの節回しが2種類あり、自由に唄い分ける。踊り方が風変わりで、継ぎ足や浮き足が一切なく、常に右、左、右…と交互に踏んで腕を振り上げて前に進みながら後ろ向きになり、円心に踏み出して戻ってうちわを叩くような踊り方。かなりテンポが速いが、上の句3字の後で一息おく節回しは宇佐地方の特徴がよく出ている。おそらく安心院辺りから伝わったのだろう。立石のものとは全く異なる。

 

盆踊り唄「レソ」(山香町山浦) <77・77段物>

☆よんべ山香の 踊りを見たらコラサノサ おうこかたげて

 鎌腰差して(レソーヤ レソーヤ ヤトヤンソレサイ)

☆踊る片手じゃ稗餅ゅこぶる こぶる稗餅ゃいやりが運ぶ

メモ:安心院町のものにわりと近い。

 

盆踊り唄「らんきょう坊主」(山香町向野) <77・45切口説>

☆わしがナー コリャ出します(ヨイショヨイショ)

 はばかりながら(文句は知らねども)

☆唄の文句は ゆんべこそ習うた(しまえぬ夏の夜に)

メモ:向野地区と、宇佐市封戸など一部集落にしか残っていない。上の句を音頭取りが唄い、下の句は頭3字を伏せた上で囃子が取っている。うちわを持って踊る調子のよい踊りだが、毎年8月16日に行われる向野地区の供養踊りなど、踊る機会はごく僅かしかない。山香町内の人々も、向野に住んでいる人あるいは向野に親類のある人など、一部の人以外はこの踊り・唄のことは知らないようだ。

 

盆踊り唄「一つなーえ」(山香町倉成) <77・75切口説>

☆一つナーエ ホント出します(ヨイヨイ)

 薮から笹を(つけておくれよ短冊を)

☆様が来る夜はいつでもわかる(裏の小池の鴨が立つ)

メモ:唄い出しから「一つなーえ」と呼んでいたが、向野地区の「らんきょう坊主」と同種のものと思われる。現在踊られていないが、多分お年寄りであれば覚えている人もいるだろう。

 

盆踊り唄「セーロ」(山香町中・東・立石、杵築市王子) <77段物>

☆鈴木(セーロ) ア主水という侍は(ヤッテンセーロ)

☆女房持ちにて二人の子供

メモ:山香では盛んに踊られており、かなりテンポが速い。歩きながら輪の中向きにクルリを回り、輪の向きに戻りながら手拍子を2回打つ。杵築や大田のものは山香のものほど速くなく、踊り方は安岐と同じで数歩進んで右足を踏み込んで引き戻し、手拍子を2回打つ。どちらの踊り方もたった4呼間でひとまわりするという、ごく単純なもの。子供でも簡単に踊れるので、昔はこの踊りから初めて、輪ができたら「六調子」や「三つ拍子」「二つ拍子」などの踊りに移行する地区もあったという。杵築では近年、八坂地区や東地区を除いて滅多に踊らないようで、この踊りを知らない人も増えてきている。

 

盆踊り唄「ヤッテンサン」(大田村波多方・俣水) <77段物>

☆よいさ(セーロ) しばらくヤッテンサンでせろな(ヤッテンセーロ)

 

盆踊り唄「ヤッテンサン」(大田村小野) <77段物>

☆しばし(アヨイショ) 間は踊りておくれ(アヤッテンサンノ)

☆いやれ そじゃそじゃ輪を崩さずに

 

盆踊り唄「セーロ」(杵築市下司) <77・77段物>

☆鈴木(セーロ) ア主水という侍は (いう侍は)

☆女房(セーロ) 持ちにて二人の子供 (ヤッチンセーロ)

メモ:下7字を囃子で返したり、ヤッチンセーロと囃したりして自由に唄う。両者は必ず交互になるわけではなく、音頭取りの好み・気分次第で、そうたいした問題ではない。最近、下司の盆踊りは三つ拍子と六調子に限られておりセーロは踊らなくなった。

 

盆踊り唄「セーロ」(日出町藤原) <77段物>

☆鈴木(セーロ) ア主水という侍は(ヤッテンセーロ)

☆女房持ちにて二人の子供

メモ:平成に入ってからはほとんど踊られていないようだ。

 

盆踊り唄「セーロ」(日出町赤松) <77段物>

☆さても(セーロ) 豊後の藤原村の(ヤッテンサンノ)

☆ヤレナ(セーロ) ソウジャナ藤原村の(ヤッテンサンノ)

☆小字 畑内百姓の家の

☆ヤレナ ソウジャナ百姓の家の

メモ:下7字を返して、1句を2節にまたがらせている。文句を少ししか覚えていなくても長く口説けるようにした工夫の名残だろう。

 

盆踊り唄「マッカセ」(山香町山浦) <77・77段物>

☆それじゃしばらくマカセでやろな(ソラマッカセドッコイセ)

 マカセマカセの(ヨイショヨイショ) お囃子頼む

 (ソレー ヤットハリハリ ヤーノエイエイ)

☆囃子一番 口説きが二番 囃子なければ口説かれませぬ

メモ:安心院町のものに類似している。

 

盆踊り唄「マッカセ」(山香町向野) <77・75切口説>

☆今宵さよい晩 嵐も吹かで(ドッコイドッコイショ)

 梅の小枝も(ヨイショヨイショ) 小枝も梅の(ドッコイドッコイショ)

 梅の小枝も ノエー身を焦がす(ヤットハリハリ ヤーノエイエイ)

○今宵さよい晩 嵐も吹かで(ドッコイドッコイショ)

 梅の小枝も ノエー身を焦がす(ヤットハリハリ ヤーノエイエイ)

メモ:宇佐のものに類似している。返しありと返しなしの、2つの唄い方があり両者を混合して自由に口説く。踊り方は同地区の「レソ」と大変よく似ており、うちわを回しながら継ぎ足で進むところに宇佐地方の踊りの特徴が色濃く出ている。多分、上記の文句で言うと「嵐も吹かで」の後の「ドッコイドッコイショ」は、昔は「マッカセマカセ」とか「マッカセドッコイショ」と囃したのだろう。

 

 

 

<地域別の一覧> ※今は踊っていないが昔は踊っていたものも含む

杵築

◎杵築  三つ拍子、六調子、祭文、セーロ

◎東   三つ拍子、六調子、祭文、セーロ、ベッチョセ、二つ拍子

◎奈狩江 三つ拍子、六調子、祭文、セーロ

◎北杵築 三つ拍子、六調子、祭文、セーロ、豊前踊り、二つ拍子、レソ、粟踏み、ストトン節、団七踊り

◎八坂  三つ拍子、六調子、セーロ、二つ拍子

日出

◎大神  三つ拍子、二つ拍子、六調子、セーロ

◎川崎  三つ拍子、二つ拍子、セーロ

◎日出  三つ拍子、二つ拍子、六調子、祭文

◎豊岡  三つ拍子、二つ拍子

◎南端  三つ拍子、二つ拍子、祭文

◎藤原  三つ拍子、二つ拍子、六調子、セーロ、豊前踊り、竹刀踊り

山香

◎東山香 三つ拍子、二つ拍子、祭文、セーロ、豊前踊り、六調子、粟踏み、一つなーえ

◎中山香 三つ拍子、二つ拍子、祭文、セーロ、豊前踊り、六調子、唐芋踊り、猿丸太夫、唄踊り

◎立石  三つ拍子、二つ拍子、レソ、セーロ、豊前踊り、六調子、唐芋踊り、三勝、半口、唄踊り

・向野  二つ拍子、レソ、マッカセ、らんきょう坊主、唐芋踊り

◎山浦  二つ拍子、三つ拍子、レソ、マッカセ、蹴出し、三勝

◎上   二つ拍子、三つ拍子、レソ、マッカセ、蹴出し

・南畑  四つ拍子、三つ拍子、ヤンソレ、マッカセ、蹴出し、レソ、祭文、二つ拍子

大田

◎田原  三つ拍子、二つ拍子、祭文、セーロ、六調子、豊前踊り、粟踏み

◎朝田  三つ拍子、二つ拍子、祭文、セーロ、六調子、豊前踊り、粟踏み