寝させ唄(豊後高田市河内)

☆ねんねんころりや おころりや 坊やのねんねはどこに行た

 あの山越えて里に行た 坊やの土産に何貰うた ピーピーカラカラ 笛太鼓

☆ねんねんころりや おころりや 眠らんと鷹から取らるるぞ

 眠らんと母さん連れて行かんぞ そーら眠れ 眠れや

 

手まり唄(豊後高田市田染)

☆うちの裏のチシャの木に 雀が三羽とまって 先の雀も物言わぬ 後の雀も物言わぬ

 中の雀の言うことにゃ ゆうべ貰った花嫁女 ゆうべは納戸に直らせて

 今朝は座敷に直らせて 金襴緞子を縫わすれば 一人しくしく泣いている

 何が悲しゅてお泣くのか お襟とおくびをつけきらん つけきらん

メモ:同様の唄が、杵築市では子守唄として唄われた。

 

手まり唄(香々地町塩屋)

☆そこのお裏のチシャの木に 雀が三羽とまって 一羽の雀の言うことにゃ よんべ貰うた花嫁女

 ゆうべは納戸になおらせて 今朝は座敷になおらせて 六枚屏風を引き立てて

 金襴緞子を縫わすれば しっくりこっくり泣きしゃんす 何が不足で泣きしゃんす

 何も不足はないけんど お襟とおくいをつけきらぬ それこそ持ってこいつけてやろ

 おくびはこうしてつけるもの ま一つ悲しいことがある わしの弟の千松は

 まだまだ七つにならぬうち 鉄砲かついで雉うちに 雉はシャンシャン鳴いて立つ

 泣いた涙を船に積む 船に積んだら櫓が折れた 脇差一本櫓に差いて

 さあさ押し出せ都まで 都戻りに何う貰うた 金襴緞子の帯う貰うた 帯は貰うたがまだ着けぬ

 くけの折り目に血が付いた それは血でない紅でかれ 紅はどこ紅 大阪紅

 大阪紅こそ色がよい おつばにつけたらなおよかろ なおよかろ

 

手まり唄(香々地町堅来)

☆ひいふうみっつ ななやことんで ひいふうみっつ ななやこ二十

 ひいふうみっつ ななやこ三十のチョイ

☆一つ二つ とんで 一つ二つ 二十 一つ二つ 三十のチョイ

☆すいせん とんで すいせん 二十 すいせん 三十のチョイ

☆いっちょけん にちょけん さんちょけん いったい にたい さんたいしょ

☆つかも もうも 食わずにしんきく お手ば叩いて お膝ついて

 すとんとん やれこのいっしょ

 

手まり唄(豊後高田市田染)

☆坊さん坊さん この家の座敷は祝いの座敷 梅が三本 桜が三本

 合わせて六本 清めて六本 唐竹 唐梅 烏が一羽で渡した 渡した

 

手まり唄(豊後高田市田染)

☆青葉シゲちゃん昨日は 長々お世話になりました わたし今度の日曜に

 東京女学校に参ります 皆さんよくよく勉強して 立派になって下さいね

メモ:青葉しげれる桜井の…の節で唄う。

 

手まり唄(豊後高田市河内)

☆ぼんちかわいい ねんねしな 品川女郎衆で十匁

 十匁の鉄砲玉 玉屋がかわいい すっぽんぽん

メモ:大人が唄っていた流行小唄を聞き覚えて手まり唄に転用したのだろう。

 

お手玉唄(香々地町堅来)

☆お一つ お一つ お一つ 下ろして おさら

 お二つ お二つ お二つ 下ろして おさら

 お三つ お三つ お三つ 下ろして おさら

 おみんな おさら

 大きい橋 大きい橋 下ろして おさら

 小さい橋 小さい橋 下ろして おされ

 お手乗せ お手乗せ お手乗せ 下ろして おさら

 おみんな おさら

 

鬼決めの唄(豊後高田市田染)

☆イーチクターチク 太右衛門さんが 法事に呼ばれて蜂からさされて

 アーイタもカーイタも言われぬ ただ泣くばっかりしょ ブンブラブンブラ ブンブラブン

 

鬼決めの唄(真玉町金屋)

☆イーチクターチク たーえんさんが お客に呼ばれて蜂からさされて

 痛てとん言われにゃ 痒いとん言われん ただ泣くばっかりしょ

 

十数えの唱え(真玉町山畑)

☆ちょうじ みょうじ たごん くわいん じっちょう

 

尻取り唄(豊後高田市田染)

☆鳴ると飛び立つ群雀 雀のお宿は藪の中 仲良くしましょう姉妹 もとより強い大日本

 日本は島国 松の国 お国を守る兵隊さん 算術いつも勉強する 駿河の名所は田子の浦

 浦島太郎は亀に乗る 乗ると過ぐるとは汽車の旅 宿屋の看板大きいなあ

 田舎のごちそう麦うどん ドンドンパチパチ大演習 修身のお話ためになる

☆扇子と団扇と扇風機 木から木へ吊るハンモック つるつる剥ける梨の皮

 かわいい亀の子ぶらりんこ 氷とラムネとところてん 天には星がきーらきら

 

月の唄(豊後高田市河内)

☆お月さんなんぼ 十三七つ 七つのときに 月の子を拾うた

 お千に抱かしゅか お万に抱かしゅか お千に抱かすりゃ お万がせえる

 

蛍の唄(豊後高田市河内)

☆蛍来い来い こいの町のおばさんが お提灯とぼして待っちょるぞ

☆蛍来い来い あっちの水は苦いぞ こっちの水は甘いぞ

 

冬の唄(豊後高田市河内)

☆大寒小寒 こさむかて行たら 稗餅う食わした

 

冬の唄(真玉町山畑)

☆大寒小寒 こうやんかて行たら 握り飯くれて 包むもんがなかって ヘコん端い包うだ

 

いたちの唄(真玉町金屋)

☆いたち面う見し 蟹うやるぞ いたち面う見し かんころ餅う三つやる

 

とんびの唄(真玉町山畑)

☆とびとび舞え舞え 高田んじんじに行ったら たいたい買うて投げ上げよう

 

御取越誘いの唄(豊後高田市田染)

☆御取越参っちおくれ じいさんもばあさんもこけんごち参っちおくれ

 煮豆もたけた 煎菓子も入れた みんな早う次郎やん方に参っちおくれ

 じいさんもばあさんも 早う参っちおくれ

 

からかい唄(真玉町金屋)

☆人真似 こまね 大工さんの嫁女

 

指切りの唄(真玉町山畑)

☆指切り指切り 金屋のおばさんが指切って死んだ 反物一反 銭百両

 

羅漢廻しの唄(真玉町)

☆羅漢さんが揃うたら 今からそろそろ廻ろじゃないか

 テレスコテンのスッテンテン テレスコテンのスッテンテン

メモ:車座になって次から次におもしろい所作をまねていく遊びだが、今はすっかり忘れられている。同種の唄は県内各地で唄われたと思われる。