櫨採り唄(豊後高田市田染)

☆ヤレー 鳴くな鶏ヨー ヤレまだ夜は明けぬヨー

 明けりゃお寺のヨー ヤレ鐘が鳴るヨー

☆何の因果か櫨採りを習うた 櫨の小枝に身をまかす

☆聞こえますぞえ櫨採りの唄が 朝も早うから威勢よく

☆唄も唄いなれ仕事もしなれ 唄は仕事もまぎれ草

メモ:櫨(ハゼ)の実からは蝋が取れる。櫨採りの作業は、愛媛県からの出稼ぎの人が請け負うことが多かったらしく、或いはこの唄も愛媛に由来するものなのかもしれないが、大根、木挽き唄に節回しが類似している。恐らく、木挽き唄の類は大分のものも愛媛のものも、もとより節回しに大差がなかったのではないだろうか。


台唐踏み唄(香々地町堅来)

☆アラ歳はヨー いたれど アラ江戸の吉原のヨー

 アラ女郎のヨー 手枕は アラミナサン忘りゃせぬヨー

☆うちのお殿さん長崎鼻で 波に揺られて鯛を釣る

☆香々地ゃよいとこ海山近い 娘器量良し仕事好き

☆月は重なるお腹は太る なんとしましょか忍び妻

☆静御前の初音の鼓 打てば近寄る忠信が

☆台唐踏め踏め踏まねばならぬ 踏まにゃお米が白うならぬ

メモ:台唐は米踏みに用いたシーソー型の道具。足でバタンバタンと踏みつけると、もう一方の端が米を搗くという仕組みで、ひところは農村部で盛んに用いられたそうだ。台唐の「唐」というのは、ハイカラなものに「南蛮」とつけるのと同じで、最新型の、或いは高度な、便利ななどの意味で、別に中国由来という意味ではないと思われる。


ものすり唄(香々地町)

☆香々地ゃナー よいとこ海山近い 娘器量よし仕事好き

 器量よし 娘器量よし仕事好き

☆目見の長崎 香々地の尾崎 仲を取り持つみやの山

 みやの山 仲を取り持つみやの山

メモ:製粉の際に石臼をひきながら唄ったもの。麦だけでなく、粟だの稗だの、または米も粉にしただろうし、いろいろなものをひいたから「ものすり」と呼んだと思われる。

 

ものすり唄(香々地町見目)

☆鯛は周防灘 港は香々地 海も情けも深いとこ

 情けも海も 海も情けも深いとこ

☆深い情けに命をかけて しけりゃ漕ぎ出す助け船

 漕ぎ出すしけりゃ しけりゃ漕ぎ出す助け船

☆助け上げられ抱き締められて 寝たがその子の名は知らぬ

 その子の寝たが 寝たがその子の名は知らぬ

☆浜の娘は藻に咲く花よ 波の間に間に夫婦岩

 間に間に波の 波の間に間に夫婦岩

 

臼すり唄(真玉町臼野)

☆臼はすれすれすりにこ来たれ(ア小言こまごた聞きに来ん)

 アソジャソジャ ほんに(こまごた聞きに来ん)

☆唄は唄いたし唄の数知らぬ(大根畑のくれがやし) (大根畑のくれがやし)

☆大根畑のあの菜を見やれ(誰を待つやら青々と) (誰を待つやら青々と)

☆ヤーレこの臼はすり上げの臼よ(臼にゃ暇やるみな休め) (臼にゃ暇やるみな休め)

 

臼すり唄(豊後高田市佐野)

☆臼をすり来たすらせておくれ 野越え山越えすりに来た

☆臼をすり来てすらんで帰りゃ 後で名も立つ腹も立つ

☆臼はまいますきりりとしゃんと 想う主さんが挽くほどに

☆様は三夜の三日月様よ 宵にちらりと見たばかり

☆宵にちらりと見たではすまぬ ソーリャよいかと出てござれ

☆声はすえども姿は見えぬ 様はどこかのきりぎりす

☆山は焼けても山鳥ゃたたぬ 何でたたりょか子を捨てて

☆臼は重たい相手は眠る 眠る相手は嫌じゃもの

☆隣のばあさんな欲なこた欲な 臼はすらせて餅ゃくれぬ

☆嫌じゃけれども義理づくなれば アイと返事もせにゃならぬ

 

臼すり唄(豊後高田市呉崎)

☆臼をするなら身を揺り込んで 思う力をみな入れて(ギッコンギッコン)

☆臼をすれすれ すらんもんな帰れ 家の名が立つ損が立つ

☆臼は石臼 するのは小麦 中に出るのは粉じゃないか

☆暑や苦しや手拭い欲しや 様の浴衣の袖欲しや

 

麦打ち唄(豊後高田市呉崎)

☆ヤーレ 山の木茅は風が吹きゃなびくヨー

 私ゃあなたがノーヤレ 来りゃなびくヨー(ドスコイドスコイ)

☆殿御さんたちゃ御兄弟連れで 唄の稽古にゃ上方へ

☆思い出すよじゃ惚れよが薄い 思い出さずに忘れずに

☆親はお伊勢に子は島原に 落ちる涙はなぞなかに

 

松前木遣(香々地町)

☆ソーラエーンエーイエ 今年ゃ豊年ヤーハーエー(ヤットコセーヨーイヨナー)

 豊年 女子の昼寝 ハーヨーイトナー(ソリャ ソーリワ アリャリャリャン

 ヨーイトーコ ヨーイトーコセ)

☆富士山白雪ゃ 白雪ゃ 朝日に解ける

☆解けて流れて 流れて 三島に下る

メモ:この唄は池普請などのときに唄ったのではないだろうか。松前とついているからには北海道に何か関係があるのかもしれないが、詳細は不明。


土手搗き唄(豊後高田市)

☆鈴木主水というさむ(ヨーイヨヤナ) ハいう侍は(サノサイ)

☆女房持ちにて二人の 二人の子供

メモ:盆踊りの「六調子」(唐芋踊り)と同曲。池普請の作業唄に盆踊り唄を転用した事例は各地で見られる。たとえば「田植唄」だとかその他の作業唄の場合は無拍子のものも多く、人によって間合いが違っていたりして、息を揃えて作業をする必要がある池普請には向かない。それに比べて盆踊り唄は、大部分が2拍子で、しかも太鼓等に合わせて唄ったものだから間合いが人によって違うということもなく、息を揃えるのに向いていたのだろう。


池普請唄「ヨットンセ節」(香々地町塩屋)

☆ヤーレ わしが唄うたら大工さんが笑うたヨ

 唄に鉋が ヤレかけらりょかヨ ソラツケ ソラツケ

☆唄に鉋がかけらりょなれば 雲に梯子がかけらりょか

☆雲に梯子がかけらりょなれば 海に千鳥がかけらりょか

メモ:文句に「ヨットンセ」という囃子が出てこない。もしかしたら、もとは座興唄か何かで、元来ヨットンセーヨットンセーと囃したのを、池普請唄に転用した際に「ソラツケ ソラツケ」と囃すようになったのかもしれない。


池普請唄「いけどこ節」(香々地町)

☆ヤーレ 静御前の初音の鼓ヨー(打てば近寄るノーヤレ 忠信がヨー)

 近寄る打てばヨー(近寄るノーヤレ 忠信がヨー)

☆年はいたれど江戸吉原の(女郎の手枕 忘りゃせぬ)

 手枕 女郎の(手枕 忘りゃせぬ)

☆咲いた桜になぜ駒つなぐ(駒がゆさめば花が散る)

 ゆさめば駒が(ゆさめば花が散る)

☆沖の暗いのに白帆が見ゆる(あれは紀の国みかん船)

 紀の国あれは(紀の国みかん船)

☆みかん船なら急いでおいで(急ぎゃ寝もすりゃ買いもする)

 寝もすりゃ買いもする(寝もすりゃ買いもする)

メモ:ヨットンセ節とはまた違う搗きかたのときに唄ったと思われる。この唄をずっと速めてはずみをつけると、宇佐の「エビ打ち唄」にかなり近くなるので、何か関連があるのかもしれない。

 

池普請唄「千本搗き」(真玉町臼野)

☆ヤーレしばらく(ソーラヨーイヨ) 口説でやろか(ヤレショーヤレショー)

 国はどこよと(ソーラヨーイヨ) こまかに聞けば(ヤレショーヤレショー)

☆国は上方 お江戸のことよ 江戸で緋鹿ん子 江戸紫よ

メモ:かつて西国東地方に伝承されていた盆踊り唄「三つ星」と同種のようだ。

 

池普請唄「どんぎ唄」(真玉町臼野)

☆やろうえやろうえは コラ部長さんの役目(ハヨイヨイ) 油売るのは ヤレこちの役

 (ソラヤートコセー ヨイヨナ ハレワイセ コレワイセ ササナンデモセー)

☆私この池の 監督なれば 一度休みを 二度にする

☆お伊勢参りに この子ができた 名をばつけます 伊勢松と

 

田植唄(豊後高田市)

☆生まりゃ山国育ちは中津 (命ゅ捨て場が博多町)

 捨て場が命ゅ (命ゅ捨て場が博多町)

☆博多町をば広いとは言えど (帯の幅ほどない町じゃ)

 幅ほど帯の (帯の幅ほどない町じゃ)

☆帯にゃ短し たすきにゃ長い (お伊勢編み笠の緒にゃよかろ)

 編み笠のお伊勢 (お伊勢編み笠の緒にゃよかろ)

☆お伊勢編み笠をこきゃげて被りゃ (少しお顔が見とござる)

 お顔が少し (少しお顔が見とござる)

☆見ても見あかぬ鏡と親と (まして見たいが忍び妻)

 見たいがまして (まして見たいが忍び妻)

☆忍び妻さま夜は何時か (忍びゃ九つ夜が七つ)

 九つ忍びゃ (忍びゃ九つ夜が七つ)

☆七つ八つから櫓は押し習うた (女郎抱くみちまだ知らぬ)

 抱くみち女郎 (女郎抱くみちまだ知らぬ)

☆女郎抱くにも抱きようがござる (左手枕 右で締め)

 手枕左 (左手枕 右で締め)

☆締めてよいならわしゅ締め殺せ (親にゃ頓死と言うておきゃれ)

 頓死と親にゃ (親にゃ頓死と言うておきゃれ)

メモ:別に唄の文句は何でもよかったのだろうが、中にはこのように尻取りあるいは連歌のように唄う人もいたようだ。7775の文句を尻取りでつないでいくのは姫島村の盆踊り唄の特徴として知られているが、他の地域の唄にもまま見られる。


田植唄(豊後高田市河内)

☆いつも五月の田植ならよかろ ハー様の手前で植ようものに

○様の手前で植えたる稲は ハー丈が三尺穂が二尺

 ハー三尺丈が 三尺穂が二尺

○恋し小川の鵜の鳥見やれ 鮎を咥えて瀬を登る 咥えて鮎を 咥えて瀬を登る

☆唄い声する鼓の音する あいに殿御さんの声もする

☆今年初めて田の草とれば どれが草やら田稗やら


田植唄(香々地町)

☆恋の気狂い迷いの保名 (アライヤサコサイサイ) まだも思うか

 ヤレ葛の葉を (ソラ 葛の葉を) 思うか ヤレ葛の葉を


もとすり唄(豊後高田市)

☆祝いめでたの若松様よ 枝も栄えて葉も茂る ハーギッコンギッコン

☆酒屋蔵子は乞食にゃ劣る 乞食ゃ夜も寝りゃ色もする

メモ:酒造りの作業唄。


馬子唄(豊後高田市草地)

☆野でも山でもヨ 子を持ちなされ 千の倉よりゃ子が宝ヨ