新民謡「田染舞謡」(豊後高田市田染)

☆国東岬の名所とて サノ名所とて

 その名聞こえし田染郷 トコサイサイ田染郷

☆おっと田染に春が来りゃ 春が来りゃ 元宮神社の桜花 桜花

☆おっと田染に夏が来りゃ 夏が来りゃ 池部川原の夕涼み 夕涼み

☆おっと田染に秋が来りゃ 秋が来りゃ 月の間戸岩屏風岩 屏風岩

☆おっと田染に冬が来りゃ 冬が来りゃ 西叡山の雪景色 雪景色

☆日毎々々に栄えゆく 栄えゆく 田染は詩の村 幸の村 幸の村

メモ:佐藤千夜子が唄った「紅屋の娘」の替唄。「紅屋の娘」がヒットしたのは昭和4年頃で、この唄もその頃に作られたのだろう。もしかしたら、小学校などの運動会か何かのときに、この唄に合わせて踊ったりしたのかもしれない。

 

新民謡「観光高田節」(豊後高田市)

☆ハー 霞む両子の山々暮れて ヨイトサー 恋の中島

 恋の中島 灯が招く サノヨイトコ 灯が招く

☆月はお玉に晴れても晴れぬ 仇な浮名の 仇な浮名の桂河岸 桂河岸

 

新民謡「高田ヤンソ」(豊後高田市)

☆道を尋ねりゃヤンソ 霞の中で 鐘が答えるヨー 花の風

 ハヤンソレヤンソ ヤンソレヤンソ ハーヤンソレヤンソレ エーヤンソ

☆スイカみやげに在所へ子連れ 帰る日がない盂蘭の盆

☆内気娘か黄金に染めて 稲はどの田も下を向く

☆六郷満山 昔を今に 仏教日本の夜が明ける

☆壁画御仏みどりに映えて 富貴寺ほのぼの日の光

☆両手合わせりゃ二人の胸は 慈悲の花咲く真木大堂

☆旅の史跡よ仏の里よ まわろまわろか旅心

メモ:盆踊り唄「ヤンソレサ」の囃子をヒントに作られた唄で、輪踊りではなく正面踊りの振りがついている。

 

新民謡「呉崎音頭」(豊後高田市呉崎)

☆ハー 霞みのどかにヨー 雲雀の歌に ヨイトヨイヨイ

 花の呉崎 花の呉崎 夜が明ける ホンニヤレコノ夜が明ける

☆家並みほのぼの お宮の桜 染めて平和の 染めて平和の日が昇る 日が昇る

☆気立て優しい呉崎娘 励む手振りも 励む手振りも親譲り 親譲り

☆蝶にひかれて菜の花小道 参る彼岸の 参る彼岸の興隆寺 興隆寺

☆海は遠凪 日傘の虹に 浜は賑わう 浜は賑わう潮干狩り 潮干狩り

☆色も香もよい呉崎西瓜 娘ざかりの 娘ざかりの玉の肌 玉の肌

☆味が自慢のお芋にそえて さすが名を売る さすが名を売る落花生 落花生

☆蛍ちらちら夜風に濡れて 月も涼しい 月も涼しい五条橋 五条橋

☆昔拓いた苦労の土に みのり豊かな みのり豊かな波が打つ 波が打つ

☆神輿競り合う男の意気に 祭り太鼓の 祭り太鼓の音も弾む 音も弾む

☆思いひとすじ一本ねぶか 国に誠の 国に誠の根も深い 根も深い

☆出船入船 呉崎港 波に黄金の 波に黄金の花が咲く 花が咲く

メモ:昭和25年に呉崎小学校の講堂落成を紀念して作られた小唄で、当時は盛んに唄い踊られていたが衰退。平成17年に当時の呉崎小学校6年生や関係者により復元され、運動会や盆踊りなどで旧来の「レソ」等と同時に唄い踊られている。

 

新民謡「真玉音頭」(真玉町)

☆ハー 紅もほんのり権現桜 咲いて嬉しや八重一重

 伸びる街並み栄ゆる家並み 染めて平和の 染めて平和の日が昇る

 テモまったく真玉はよいところ ほんによいよい よいところ

メモ:オーソドックスな節回しで誰にでも簡単に唄える。1節がわりと長いが、振りのタームをそれに合わせてあるので、初めの所作に返るまでの手数が多い。そのため、一つひとつは簡単でも覚えにくい。残念ながら今は忘れられがちな唄だが、おそらく旧真玉町の町制発足記念か何かに作られたと思われる明るい文句は、運動会などで踊るのに適している。 

 

新民謡「香々地音頭」(香々地町)

☆ハー 長崎鼻は瀬戸しぶき 風にそよそよテント村

 エー 風にそよそよテント村 トサイサイ ソレーヤソレーヤ ヤットヤーソレサイ

☆岬まわれば周防灘 波がどんどん櫓も躍る 波がどんどん櫓も躍る

☆香々地のぼれば夷谷 鐘が鳴る鳴る霊泉寺 鐘が鳴る鳴る霊泉寺

☆焼尾の山に秋が来りゃ 紅葉ひらひら紅しぐれ 紅葉ひらひら紅しぐれ

☆七つの浦は黄金色 丘は段々みかん山 丘は段々みかん山

☆思い出流す竹田川 幸せシャンシャン八幡社 幸せシャンシャン八幡社

メモ:しっとりしたよい節だが、少し暗いような気もする。ソレーヤソレーヤヤットヤーソレサイ…のところは、香々地で親しまれている盆踊り唄「レソ」の囃子をうまく引用している。文句を見ると、旧岬村、旧三重村、旧三浦村の景物をそれぞれ2節ずつ均等に唄っている。多分、昭和30年頃の市町村合併で新香々地町が誕生したのを記念して作られた歌なのだろう。

 

新民謡「夷谷小唄」(香々地町夷)

☆峰に谷間に霞が晴れて 日の出明るい夷谷 里は朗らに ヨーソレ

 人の気持ちのよいところ ホーンニ ヨイトコ ヨイコノサ

☆松にほのぼの楽庭月夜 川も出合えば瀬もはずむ はずむ心も 夷乙女の深なさけ

☆連れて仲良く中山参ろ 紅葉燃え立つ恋時雨 濡れて行こうか 萩の花咲く霊泉寺

☆岩のそぶりに心を寄せて 焼尾桜の伊達姿 一目千両の 並ぶ六本杉 御神木

☆鬼ヶ城には行平岩屋 隠れ山からほととぎす 思い出せとて 夢もはかない古戦場

☆繭は白金 炭ゃ黒ダイヤ 菜種花咲く佐古川原 色も香もよい 娘年頃よい笑顔

メモ:夷谷の展望所に歌碑があり、2番まで紹介されている。旧三重村の景物を要領よく唄いこんだ文句もよいし、節の方もあっさりとした軽い節回しで唄い易い。陰旋だがそう暗い感じもせず、地元ではそれなりに唄われたと思う。輪踊り等にも適したリズムである。

 

新民謡「三浦音頭」(香々地町三浦)

☆尾牟礼おろしに宮川下りゃ 小畑・堅来に

 小畑・堅来に羽根・小池 見たか聞いたか三浦村

☆三浦よいとこ すみよいところ 人の情けも

 人の情けも知るところ 見たか聞いたか三浦村

☆それにあなたは素通りなさる 二度とこの地へ

 二度とこの地へ来ぬ気かえ 見たか聞いたか三浦村

☆春じゃ堅来じゃ粟島様よ 桃の花見て

 桃の花して潮干狩り 見たか聞いたか三浦村

☆夏は松津の地蔵さんで踊りゃ 袖がもつれて

 袖がもつれて夜も更ける 見たか聞いたか三浦村

☆秋じゃ小畑じゃお稲荷さんよ 松にしぐれて

 松にしぐれて燃ゆる蔦 見たか聞いたか三浦村

☆小池浜辺は夕焼け小焼け 沖のます網

 沖のます網おどる鯛 見たか聞いたか三浦村

☆羽根の港に出入りの船は 柿や唐芋の

 柿や唐芋の宝船 見たか聞いたか三浦村

☆藤と桜の八幡様や 今年ゃ豊年

 今年ゃ豊年かけ芝居 見たか聞いたか三浦村

☆村にすぎたはモダンな学校 それに御影の

 それに御影のいましょ橋 見たか聞いたか三浦村

☆三浦よいとこ すみよいところ お寺お寺にゃ

 お寺お寺にゃ鐘が鳴る 見たか聞いたか三浦村

メモ:この唄と同じ節の唄をどこかで聴いたことがあるのだが、それが何の唄なのか思い出せない。勝太郎か誰かが唄った、どこかよその地域の新民謡のレコードだったような気もするが… または全くの勘違いかもしれないが、ともかく、昭和初期の新民謡レコードでいかにも唄われそうな、とてもよい節回しである。

→(追記)やっと思い出した。佐藤千夜子の唄った新民謡「青い芒」のメロディーと同じ!青い芒は大正末期から昭和初期にかけて流行した唄で、レコードもヒットしている。おそらくレコードか、またはハーモニカ譜か何かでこの唄を覚えた人が唄い広めて、当時の三浦村でも愛唱されていたのだろう。

  参考:新民謡「青い芒」 唄:佐藤千夜子

  ☆青い芒に蛍の虫は 夜の細道 夜の細道 通うてくる(合)

   細い芒の姿がかわいネ かわい姿にこがれた蛍ネ(合)

   夏の短い夜は明けやすい 夜明け頃まで 夜明け頃まで通うてくる

  ☆夜明け星ならチラチラチラと 夜明け星なら 夜明け星ならチラチラと

   通うちゃ来なされ芒の影にヨ 芒ゃ姿は細くてかわいヨ

   明けりゃ一夜は短いとても 寝ずに通えば 寝ずに通えば夜は長い

三浦音頭とは歌詞の長さが合わないが、どういうことかというと、「青い芒に蛍の虫は、夜の細道、夜の細道通うてくる」の部分のみを利用しているのである。そして、(合)で示した間奏部分の節を使って「見たか聞いたか三浦村」と唄っている。「青い芒」の唄は今でもそれなりに知られてはいるが、もはや、知らない人の方が多くなっている。そのため「三浦音頭」を覚えている地元の人でも、「青い芒」の替え唄だということはだんだん、忘れられてきているかもしれない。三浦音頭の文句は、旧三浦村の景物をこれでもかと唄いこんでいる。村内の小畑・堅来・羽根・小池の4つの大字をほぼ均等に唄っている点など、中心部に偏らないように配慮して作詞されているようだ。「柿や唐芋の宝船」とか「モダンな学校」など素朴で田舎風の文句が微笑ましい。きっと旧三浦村の時代には盛んに唄われたのだろう。