盆踊り唄「レソ」(豊後高田市草地) <77段物>

○じわりじわりと 文句と行こかコラサノサ(アーヨイショヨイショ)

 ヨイカナ 文句と行こか(ソラエヤ ソラエヤットヤーソレサ)

☆国は豊後の 高田の御城下コラサノサ(アーヨイショヨイショ)

 御城下本町 繁盛なところ(ソラエヤ ソラエヤットヤーソレサ)

★角の伊勢屋と いう商人はコラサノサ(アーヨイショヨイショ)

 肝は太うて 大事を好む(ソラエヤ ソラエヤットヤーソレサ)

メモ:レソは宇佐と西国東で広く踊られている。祭文のこと。他地域のレソに比べるとテンポは若干のんびりとしているが、所作が易しく手数も少ないので、ヤンソレサと並んで広く親しまれている。踊り方は地区によって若干差異があるが、同じ輪の中で踊っても問題がない程度(前後とぶつかったりしない)。草地地区では大正末期頃までは12種類程度もの踊りを踊っていたそうだが、今はレソ・ヤンソレサ・マッカセ・六調子の4種類に限られている。昔はヤンテコ、エッサッサ、杵築踊り等も踊っていた由。草地のレソは、枕音頭では○のように上の句を返して下の句の頭3字の節を詰めて唄うが、文句に入ると下の句の頭3字を詰めずに唄う。そのときは、普通の節の中にところどころ高く唄い出す節(★)を挿んで、変化を持たせている。

 

盆踊り唄「レソ」(豊後高田市小田原) <77・77段物>

☆一つ手を振りゃ千部の供養 コラサノサ(アーヤンシキドッコイ)

 二つ手を振りゃ万部の供養(ソラエヤ ソラエヤットヤー ソレサイ)

 

盆踊り唄「レソ」(豊後高田市田染) <77・77段物>

☆それじゃ皆さん レソやんでやろな レソはナー

 (ヨイショヨイショ) 踊りようてまた品がよい

 (ソレソレソレー ヤットヤンソレサイ)

メモ:田染のレソは、高田市街地とは節が異なっており、山香町向野や宇佐市のものにわりと近い。下の句の頭3字分の節を上の句にくっつける点が、市街地のものとは決定的に異なっている。踊り方は草地踊りのそれと対して違わないが、内側に蹴り出すときに両手をかい繰りするように巻き上げるところに田染の踊りの特徴がよく出ている。そのあとうちわを叩くところも裏拍になっていて、足運びが草地と違う。

 

盆踊り唄「レソ」(豊後高田市田染今下駄) <77段物>

☆それじゃ皆さん レソやんでやろかコラサノサ(ヨイショヨイショ)

 ソレソレ レソやんでやろか(ソレソレソレー ヤットヤンソレサイ)

 

盆踊り唄「レソ」(真玉町) <77段物>

☆わしが口説は ぬろうて速うてコラサノサ(アヨイサヨイサ)

 アソウカナ ぬろうて速うて(ソレガエヤ ソレガエヤットヤンソレサ)

☆踊るお方にゃ 合いかねまする 合いかねまする

メモ:真玉のレソは草地踊りのそれと唄も踊りもほぼ同じ。手の振りの高さがかなり低く、素朴な印象を受ける。まれに、下の句の頭3字を省かない節(77・77)を途中に挟んで唄う人もいるようだ。

 

盆踊り唄「レソ」(香々地町香々地) <77段物>

☆やれさ音頭さんぬ 褒めたちゅなればコラサノサ(アドスコイドスコイ)

 ヨイカナ 褒めたちゅなれば(ソレーヤ ソレーヤットヤンソレサ)

☆一で声がようて 二で節がよて 二で節がよて

 

盆踊り唄「レソ」(香々地町小池) <77段物>

☆人は一代 名は末代よコラサノサ(アヨイショヨイショ)

 ソレソレ 名は末代よ(ソーラエヤ ソーラエヤットヤンソレサ)

 

盆踊り唄「レソ」(香々地町佐古) <77・77段物>

☆主人忠義の 侍なるがコラサノサ(アドッコイドッコイ)

 何の不運か 無実の難儀(ソーレガエーヤ ソーレガエーヤ アトヤンソレサ)

メモ:香々地のレソは、2回うちわを叩くところが裏拍になっており、田染のものとよく似ている。

 

盆踊り唄「レソ」(香々地町大高島) <77・77段物>

☆髪を結うたり お化粧をしたりコラショイノショイ(アドッコイドッコイ)

 それが私は うらやましいの(ソーレガヨイヤ ソーレガヨイヤットヤンソレサ)

 

盆踊り唄「ヤンテコ」(豊後高田市草地) <77段物>

☆しばし(セーロ) しばらくヤンテコさんでやろな(ハ餅つくセーロ)

☆わしとあなたが二人でセーロ

メモ:杵築市周辺に残る「セーロ(ヤッテンサン)」と同じ唄である。昔は草地地区の盆踊りで最初に踊っていたが、草地踊りが観光化された際に単純で見栄えのしないこの踊りは捨てられてしまった。まだ覚えている人もいると思うし、易しい踊りなので復元は容易と思われる。

 

盆踊り唄「ヤッテコサン」(豊後高田市東都甲)<77段物>

☆かえた(セーロ) かえたよヤッテコサンにかえた(ヤッテコサンノ)

メモ:この踊りは豊後高田市内でも、昔は草地地区をはじめ田染の一部地区など、ところどころに伝承されていたようだが、今では東都甲に残るのみとなっているようだ。ただし、隣接する山香町、大田村、安岐町では今でもよく踊られている。東都甲のものは山香や大田より少しテンポがのろく、踊り方も違う。

 

盆踊り唄「エッサッサ」(真玉町潮見) <77・75切口説>

☆ハー わしが出しましょ(ハエッサッサ) お粗末ながら

 唄の文句は ヤレ知らぬけど(ハエッサッサ エッサッサ)

☆踊り踊るならしゃんきりしゃんと踊れ 品のよいのが嫁に行く

メモ:エッサッサは国東半島で広く踊られたが、現在は廃れている。その例に漏れず、真玉でも現在踊られていない。真玉のエッサッサは唄い出しが自由奔放で、たまにハーがついたり(ほとんどがハーなし)、頭3字を長くひっぱったりする節を自由に混ぜていた。国見町赤根地区では今でも踊られており、おそらく真玉のエッサッサも、赤根のものと大同小異だろう。唄も踊りも易しいので、復元は容易と思われる。

 

盆踊り唄「エッサッサ」(豊後高田市東都甲) <77・75切口説>

☆わしの若い時ゃ(ヨイヨイ) 夜の明けるまで

 盆の見合いで見合いをしたよ(エッサッサ エッサッサ)

☆空は日本晴れ国東半島 六郷満山よい日でござる

メモ:東都甲では今でも踊られているようだ。おそらく昔は、市街地でも踊ったのだろう。

 

盆踊り唄「らんきょう坊主」(豊後高田市界) <77・45切口説>

☆それじゃナー コリャ出します(アヨイヨイ)

 薮から笹を(おくれよ短冊よ)

☆竹に短冊 七夕様よ(思いの歌を書く)

メモ:現在は踊られておらず、山香町向野と宇佐市の一部地域に残るのみである。頭3字を伏せた下の句を囃子が取るのが特徴で、界のらんきょう坊主は特にテンポが速かったようだ。

 

盆踊り唄「マッカセ」(豊後高田市草地) <77・77段物>

☆ありゃさエー 踊りはマッカセと変わる(ソリャマッカセマカセ) 東ゃ白んでも

 (ヨイヨイ) まだ夜は明けぬ(ドッコイドッコイショ) ヨーイナコラ

 まだ夜は明けぬ(ソラ ヤヤト ハーリハリ ヤヤノ ホーイソタ)

★肥後のエー 阿蘇山 南郷の手永(アラマッカセマカセ) 村を申さば

 (ヨイヨイ) 松山村よ(ドッコイドッコイショ) ここに千石

 庄屋がござる(ソラ ヤヤト ハーリハリ ヤヤノ ホーイソラ)

☆角の伊勢屋という町人は 肝が太うて大事を好む 大事を好む

メモ:マッカセは宇佐地方の踊りだが、隣接する高田でも広く親しまれている。基本的な踊り方はレソによく似ているが、宇佐地方のうちわをくるくると翻す所作を取り入れている。草地のマッカセは、枕音頭のときは☆のように中の句の下7字を返して唄うのに対して、文句に入ると★のように中の句を返さずに唄う。下の句の入りの部分の節(ドッコイドッコイショの後ろ)が少し異なる。

 

盆踊り唄「マッカセ」(豊後高田市小田原) <77・77段物>

☆踊るみなさん(ヨイヨイ) 厭いたよにゃござる(ドッコイドッコイショ)

 しなを変えましょこの次の句で(ヤットハーリハリ ヤーノエイエイ)

メモ:小田原のマッカセは節がとてもおもしろい。マッカセというと1節3句のものと1節2句のものがある。本場の旧宇佐市内は一様に1節3句で、他地域には1節3句のものと1節2句のものが混在している。或いは、山香町向野地区など、両者を自由に混交して唄う土地もある。

◎3句のマッカセの例

 (上) あまりエー マカセが続いたほどに(ソラマッカセマカセ)

 (中) 踊るみなさん(ヨイヨイ) 厭いたよにゃござる(ドッコイドッコイショ)

 (下) しなをかえましょこの次の句で(ヤットハーリハリ ヤーノエイエイ)

これから(中)の節が脱落したものが、2句のマッカセである。中の句の節がない都合で下の句の入り方が少し変化しているが、そう大きな違いではない。

◎2句のマッカセの例

 (上) あまりエー マカセが続いたほどい(ソラマッカセマカセ)

 (下) 踊るみなさん厭いたよにゃござる(ヤットハーリハリ ヤーノエイエイ)

小田原のマッカセも1節2句だが、おもしろいことに1節3句のマッカセから(上)の節が脱落している。そのためマッカセマカセ等の囃子も欠落しており、これはとても珍しくておもしろい。(中)の節が頭に来ているためか節回しが変化して、「エッサッサ」のような節になっている。(上)の節は音引きが多いが、ここを省いて(中)と(下)の節を繰り返すため、小田原のマッカセはよりと軽やかな印象を受ける。テンポも宇佐のものより速い。踊り方は草地のものとは少し違うが易しいので、レソやヤンソレサ等と同様、よく親しまれている。

 

盆踊り唄「杵築踊り」(豊後高田市東都甲) <77・77段物>

☆杵築踊りは速うてのろて(アラセ コラセ)

 速うてのろうてのどかな踊り(ヨーヤナ ヨヤヨーイ)

☆杵築踊りにゃだんだんご苦労 それじゃどなたもこの先頃で

メモ:この唄はかつて西国東で広く唄われたが、真玉や高田では廃れ気味である。高田では、東都甲と田染(六調子と呼んでいる)に残るのみ。速見地方の「六調子」と同じ唄で、杵築の方から伝わったというのと、唐芋踊り系の六調子と区別する目的もあり、「杵築」と呼んだのだと思う。

 

盆踊り唄「六調子」(豊後高田市田染) <77・77段物>

☆ヤーレ嬉しや一輪が立ちて(サノヨイサノヨイ)

 それじゃこれから口説いてみましょ(アラヨーイソラ ヨイヤヨイ)

☆これぞ仏の盂蘭盆経よ 巧徳利生を説き分けなさる

メモ:3拍子ののんびりとした曲調がとてもよく、同系統の節を持つ唄は国東半島一円に残るが、その中でもこの六調子は、田染独特の個性的な節である。踊り方は市街地の唐芋踊り系のものとは異なり、都甲や真玉、香々地でいうところの「杵築踊り」である。つまり、杵築周辺の「六調子」と同系統。輪の外向きから、3回手拍子の3歩で右回りに反転して、輪の中を向いて両手を振り上げて下ろし、両手を下からかいぐりするように巻き上げる。両手を高く保ってかいぐりをしては止めるのを繰り返して、左、右、左と継ぎ足で3歩出る。両手を下から巻き上げながら、右、左、右と継ぎ足で3歩出る。つまり都合6回継ぎ足で出て行くのだが、高い位置でかいぐりを3回、巻き上げるようにかいぐりを3回となっており、一応3回ずつで所作が区別されている。これは、国見町赤根や真玉、香々地の杵築踊りの踊り方から推測するに、おそらく高い位置のかいぐりのところは、古くは手拍子をしていたのではないかと思う。両手をくるくると巻き上げるところなどとても優雅な踊りで、うちわを持ってマッカセのときのように巻き上げて踊るのもまたとてもよいのだが、踊り方が難しいために若い人が輪から抜けてしまい、この踊りになると輪が少し小さくなってしまうことが多い。

 

盆踊り唄「杵築踊り」(真玉町黒土) <77・77段物>

☆花のお江戸にその名も高い(アラセ コラセ)

 音に聞こえし新宿町よ(アラ ヨーイソーラ ヨーイヤヨイ)

☆店ののれんに橋本屋とて 紺ののれんに桔梗の御紋

メモ:かつては真玉町全域で踊られたが衰退著しく、黒土など上真玉にわずかに残るのみである。踊りの手数が多いので若い人はこの踊りを嫌い、輪が小さくなるためすぐに違う踊りにかえることが多い。真玉の「杵築」は、唄も踊り方も田染の「六調子」によく似ている。真玉では輪の外を向いた状態から、3回うちわを叩きながら3歩で右回りに反転して輪の中を向き、うちわを返しながらすくい上げる。左、右、左とうちわを叩きながら継ぎ足で出て、またうちわを返して巻き上げるようにして右、左、右と継ぎ足で出て、左から3歩下がる。こうして見てみると、杵築や安岐の「六調子」の名残が色濃く感じられる。「のんびりしてとてもよい踊りだったのに、最近はめったに踊らなくなってしまって…」とこの踊りを惜しむ声も聞かれるが、一応、となりの香々地町では今なお盛んに踊られているし、豊後高田市内でも田染では「六調子」として盛んに踊られており、広範囲で見てみるとまずまず盛んに踊られているといえる。

 

盆踊り唄「杵築踊り」(香々地町佐古) <77・47段物>

☆アラどなたもお囃子頼む(アラセ コラセ)

 アラなければこの場が切れる(アラヨーイソーラ ヨイヤーヨイ)

★わしがみたよなヒヨコのちゃぼが(アラセ コラセ)

 アラとるとは枯れ木に花よ(アラヨーイソーラ ヨイヤーヨイ)

メモ:佐古ではレソ、杵築踊り、六調子、ヤンソレサを踊っているが、その中でも杵築踊りは手数が多くて難しい。しかし真玉のように輪が崩れることはなく、みんな踊りをよく覚えている。佐古の杵築踊りは、節の頭3字を伏せるか1拍に押し込めており、節回しは確かに杵築踊りなのだが唄い出しのところが二つ拍子のような唄い方になっている。☆印のように上の句も下の句も3字伏せる節と、★のように上の句は頭3字を押し込めて、下の句のみ伏せる節とを取り混ぜて唄うが、実際はどちらも同じ節回しである。踊り方は真玉のものよりもやや難しい。ほとんど同じだが、輪の中を向いてうちわを返した後、左から交互に6歩継ぎ足で前に進んでいくところが、「手拍子2回、左に捨てて右に巻き上げる、左に捨てて右に巻き上げる」となっている。

 

盆踊り唄「杵築踊り」(香々地町大高島) <77・77段物>

☆一人旅とはどうしたわけか(アラセ コラセ)

 きけばお鶴は涙で語る(アラヨーイソーラ ヨイヤーヨイ)

メモ:佐古のように頭3字を伏せたりつめたりしておらず、オーソドックスな節である。踊り方は佐古と全く同じで少しややこしく、踊りについていけない若い人が輪から出てしまうことがある。

 

 

盆踊り唄「ヤンソレサ」(豊後高田市草地) <77・77段物>

☆それじゃ皆さんヤンソレサをやろな(アラショイ コラショイ)

 アー皆さん ヤンソレサをやろな(ヤーンソレ ヤンソレサ)

★人は一世名は末代よ(アラショイ コラショイ)

 因果応報も仏の訓え(ヤーンソレ ヤンソレサ)

★昔いにしえ神代のときも 今が世までも正直者が

メモ:二つ拍子だが、囃子言葉から「ヤンソレサ」と呼んでいる。踊り方は大変易しく、継ぎ足をしながら2回うちわを叩き、ナンバを踏みながら円心を向くだけ、わずか3呼間のみ。草地では枕音頭のときは☆のように上の句を返して、頭3字を詰めて唄うのに対して、文句に入ると★のように詰めずに唄っている。そのため、文句の部分では「ヤーンソーレヤンソレサ」と囃してはいるものの、節回しは「杵築踊り」になっている。

 

盆踊り唄「ヤンソレサ」(豊後高田市小田原) <77・77段物>

☆国は豊後で高田の御城下(アラセーヨイヨイ)

 御城下 本町 繁盛なところ(アラヤーンソーレ ヤンソレサ)

 

盆踊り唄「二つ拍子」(豊後高田市田染) <77・77段物>

☆人は一世名は末代よ(アラショイ コラショイ)

 因果応報も仏の訓え(ヤンソーレサッサーノ ヤンソーレサイ)

メモ:上の句も下の句も頭3字をつめて1拍に押し込めるか、または伏せて「アラ」等に置き換えて唄う。3拍子のリズムで、大田村方面の節回しの影響が感じられる。踊り方は高田市街地のヤンソレサと同じだが、手拍子をせずにかいぐりをするようにして両手を巻き上げるところが特徴。

 

盆踊り唄「ヤンソレサ」(真玉町黒土) <47段物>

☆イヤサ お江戸のそのかたわらに(アラショイ コラショイ)

 アラソレソレ そのかたわらに(ヤーンソーレ ヤンソレサ)

☆花咲く青山辺の 青山辺の

メモ:黒土では、ヤンソレサのときは下の句の頭を伏せて「アラソレソレ」と詰めて唄っていたが、この頃は「杵築踊り」の節と混同して、下の句の頭を詰めずに唄っているのを聞くことが多い。

 

盆踊り唄「ヤンソレサ」(香々地町香々地) <47・47段物>

☆ハどなたもだんだんご苦労(アラセ コラセ)

 ハここらで中入りゅやろか(ヤーンソレ ヤンソレサ)

☆どなたもお覚悟なされ よければこの口さらば

メモ:頭3字を伏せているが、伏せずに3連符で唄う場合もあると思われる。

 

盆踊り唄「ヤンソレサ」(香々地町小池) <77・77段物>

☆じなしゅ数々述べましょよりも(アラセ コラセ)

 しばし間は理と乗せましょな(ヤーンソレ ヤンソレサ)

メモ:真玉や高田に比べるとずいぶんテンポが速い。そのため、2回うちわを叩いたあとの所作が前に歩くだけになっており、輪の進み方が速くなっている。節回しは、頭3字を伏せずに唄っているので「杵築踊り」の節を速くしただけになっている。

 

盆踊り唄「ヤンソレサ」(香々地町佐古) <47・47段物>

☆ハ忠義な士なるが(アラサイ コラサイ)

 ハ不運か刀の詮議(ヤーンソーレ ヤンソレサ)

☆よいさのイレコはないか なければこの場がとまる

★待った待った待ちなりな 待ったととめたらイレコじゃろ

 わしが言うこた変なこと(ハイ) うちん隣んそん隣ん(ハイ)

 三軒となりん嫁もろち(ハイ)

 <中略>

 やらんせ元んがき戻す(ヤーンソーレ ヤンソレサ)

メモ:テンポが早く、イレコを次々に挿む唄い方をする。イレコのときにはテンポが少しゆっくりになり、音頭に返ったらまたテンポが上がるが、特に踊りには影響しない。

 

盆踊り唄「六調子」(香々地町香々地) <47段物>

☆ハ主水さんという侍は(サノサイ)

 ハヨイサノいう侍は(ヨーイ ヨーヤヨイ)

メモ:テンポは速めだが小池の六調子とは節が違い、こちらは大田村の「粟踏み」とほぼ同じ節。

 

盆踊り唄「六調子」(香々地町佐古) <47・47段物>

☆アラこの先ゃほど長けれど(アラセ コラセ)

 アラ太夫さんにからかさ渡す(ヨーイ ヨーヤヨイ)

メモ:大田村の「粟踏み」と同種の節だが、真玉や高田の「六調子」(宇佐の唐芋踊り)の影響も感じられるし、踊り方に至っては「粟踏み」とは全然違っていて、草地の「六調子」とよく似ている。「二つ拍子」「豊前踊り」「六調子」「杵築踊り」「粟踏み」「ヤンソレサ」といろいろな呼び方の盆踊り唄があるが、いずれも少しずつ節が違いながらも明らかに同系統の節を持っている。そのこともあってか節回しがそれぞれに混線しているように感じていたのだが、唐芋踊り系統の「六調子」も或いは、この仲間なのかと思うに至って、ますますその混迷の度合いが深まり、どこをどうグループ分けすればよいのか非常に迷うところである。

 

盆踊り唄「六調子」(香々地町大高島) <77・77段物>

☆国は関東下野の国(アラセ コラセ)

 那須与一という侍は(ヨーイ ヨイヤヨイ)

メモ:上の句も下の句も頭3字を伏せておらず、「杵築踊り」のテンポを速めたような節である。ただし佐古のものと同様、「粟踏み」によく似たところもあり、分類する上で非常に紛らわしい。踊り方は佐古と同じで、真玉や草地、赤根の「六調子」(唐芋踊り系の節)と同種のものである。

 

盆踊り唄「臼すれ」(豊後高田市東都甲) <47段物>

☆ヤーレ臼すれ臼すれ(ヨーイヨヤナ) 臼すりましょか(サノサイ)

☆すれすれ揃いの 揃いの法被

メモ:宇佐地方の「唐芋踊り」、高田市街地の「六調子」と同じ唄である。「臼すれ」の呼び名は「臼すれ臼すれ…」の唄い出しからだろうが、或いは、この唄はものすりの作業時にも唄われたのかもしれない。

 

盆踊り唄「六調子」(豊後高田市草地) <77段物>

☆誰もどなたも速いが(ヨンヤサヨヤサ) 速いがよかろ(ショイショイ)

☆アーリャそれでは六調子 六調子さがろ

メモ:宇佐地方の「唐芋踊り」と同じ唄だが、ずっとテンポが速い。盆踊りの最終に踊る。草地踊り保存会の六調子は大変所作が大きいが、普通の供養踊りのときに一般の人が踊る六調子は、ことさらに所作が大きいわけではない。上の句の節回しが一定でなく、自由に変えながら唄う。

 

盆踊り唄「六調子」(真玉町黒土) <77段物>

☆人に意見も言う年(ヨーヤサヨヤサ) 言う年頃に(ショイショイ)

☆金のなる木も持ちゃしゃん 持ちゃしゃんすまい

メモ:「唐芋踊り」と同じ唄だが、上の句の節回しが一定でない。草地の六調子と同じくうちわを叩く所作を基調にした踊りだが、こちらは継ぎ足をしながら後ろ向きに進んでいく。後ろに数歩さがっては輪の中向きに蹴り出すような踊り方で、躍動感がある。必ず盆踊りの最終に踊り、ハネ前ではどんどんテンポが上がりいよいよついていけなくなる。

 

盆踊り唄「六調子」(香々地町小池) <77段物>

☆四方四面に蔵建て(ヨーイヨイヤーヨイ)

 アドッコイショー 蔵建て並べ(ショイショイ)

☆池に鯉鮒 築山ついて

メモ:小池の六調子は、「ヨーイヨイヤーヨイ」の後ろに「ドッコイショー」を挿むので真玉や高田、国見の節よりもその部分が2拍長くなっている。真玉では高く入る節や低く入る節を自由奔放に唄っていくのに対して、小池では低く入る節のみを繰り返して唄っていた。踊り方は真玉町黒土とも国見町赤根とも違っていて、前を向いたまま数歩出て一歩下がり、うちわを叩きながら進む踊り方。

 

盆踊り唄「三つ拍子」(豊後高田市草地、小田原ほか) 77段物>

☆肥後の熊本(ソーラヨーイヨ) 南郷の手長(ヨンヤセー コリャセー)

☆小村申さば杉山村にゃ

メモ:草地地区では廃絶している。転訛して三つ星と呼ぶ場合もあった。小田原地区でも40年間ほど踊られていなかったが、この踊りを惜しむ声が高まり、2011年の夏に見事盆踊りに復活したとのこと。きっとこれからも小田原地区で親しまれていくだろうし、これを機会に他の地区でも復活するかもしれない。

 

盆踊り唄「手ぬぐい踊り」(真玉町潮見) <77・75切口説>

☆月のひょいと出を夜明けを違うてヨ(ハドッコイセー)

 様を帰して気にかかる(ヨイヨイ ヨイヤサノ コラマカセ)

☆臼野港に二瀬がござる 思い切る瀬と切らぬ瀬と

メモ:今は全く踊らない。加藤正人先生の音源を聴いてみると、短調の簡単な節回しで、音頭の部分は杵築方面の「祭文」に少し似ている。また、「ヨイヨイヨイヤサノ」の部分が地口とも節ともつかぬ唄い方で、楽しげな感じがする。近隣に類似する唄がまったく残っていないし手ぬぐい踊りというのも珍しく、おそらく新民謡として作られた唄ではないかと思う。もしかしたら「臼野小唄」などと呼んだ唄だったのかもしれない。しかしその確証がないし、「レソ」や「エッサッサ」等の一連の盆踊り唄と同列に扱われていたようなので、ここでは盆踊り唄のグループに入れた。伴奏は他の盆踊り唄と同様、太鼓のみ。切り替えや中入れ等の即興の文句も自由に入る。